毎日営業しています!大阪・南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

Recommend Post

tern SURGE X

tern SURGE X

Mini velo, Recommend Post, Tern
SURGE Xとかいてサージュ・カイと読むのが正解だそうで。正確にはXじゃなくてχなんだと思います。そんなひとクセあるところも含めて抜群にカッコいいternの新モデルが届きました。 もともと誰がどこから見てもカッコいい、SURGシリーズですが、さらに完成度を高めたモデルがこちらのSURGE Xといったところでしょうか。 パッと見た感じはメインフレームは普通のSURGEと同じ?と思われそうですが、ちゃんとこのSURGE X専用にデザインされたフレームで使い回しじゃありません!ヘッドチューブのテーパー具合やシートステーの繊細なライン、トップチューブの形状などなど細部をブラッシュアップされている感じです。そして何より溶接部がスムージングされている点が格の違いを明確にしていますね。眺めながら日本酒なら1合ぐらいいけるレベルの仕上がりです。 コンポーネントはシマノ105。これは僕もよく使うテですが、105のブラックは一番素直に黒いんです。自転車の格からするとその上のアルテグラを採用しても悪くないんですが、若干メタリック感が出てくるのでフレームデザインを邪魔しかねない、というわけでデザインに馴染む105を選んでるのではないかと勝手に予想しております。ちなみに105を採用することでフロントギヤは53tが使えるのもミニベロには嬉しいですよね。(普通のSURGEは52tです。) あとルックス面で特筆すべきはディスクブレーキ、と採用したホイール周り。フロントは当店でも人気のKITT DESIGNのカーボンバトンホイール。カーボンホイールだとやはりリムブレーキの摩擦が気になりますのでディスクブレーキが相性いいですね。リアホイールは敢えてカーボンバトンホイールではないKINETIXのホイールを。自転車全体のデザインを見てみると前半分がボリューム感あ...
DAHON K3 カーボンホイールモデル到着しました。

DAHON K3 カーボンホイールモデル到着しました。

DAHON, Folding, Recommend Post
ファンクション重視の折り畳み自転車の世界では度々「ちょっとそれやりすぎじゃない??」と言ってしまいそうなモデルが出てきたりします。今回もダホンさんやってくれました。最高です。 以前から、軽量モデルにSRAM REDが標準装備されていたり、ものすごくスポークの少ない”攻めまくり”のホイールを作ったりといつもハイスペック車の製作には容赦ないダホンさんですが、今回はここ数年の超ベストセラーモデル「K3」の特別バージョンになんと・・・・カーボンホイール装備!であります。 14インチのカーボンホイールなんてもう、正気の沙汰ではございません。どう考えてもこの車種以外に使い回しできませんもんね。採算とれる?大丈夫?とちょっと心配になりますが、写真を見て頂いたとおり他とは別格の格好良さに仕上がっております。 ちなみに諸般の事情によりホイール重量の公表はここでは差し控えますが、BORA ULTRAよりはるかに軽いです(笑)スポークもサピム製なんだとか、本気です。 車体の色は限定のマットブラック。落ち着いた質感で間違いなくキマります。カーボンホイールのと組み合わせは絶対に間違いないですし、大人が乗る折り畳み自転車としては最高に洒落が効いてる一台だと思います。(個人的には同じ真っ黒のAudiのラゲッジルームからこのK3が出てきたら最高に格好いいと想像しています。) 価格はこのブラック限定カラーのものにカーボンホイールのセットで19万円(税別)になります。車体は9万円(税別)とホイールセット単体は113,000円(税別)なので13000円ほどお得になっております。 余談ですが、マットブラックの車体にはもともと通常のアルミホイールがセットされてお店に届きます。ですのでもしご希望の場合はカーボンホイールと別でアルミホイールも1セット...
TOKYOBIKE LEGER 春の新車種が到着しました。

TOKYOBIKE LEGER 春の新車種が到着しました。

Recommend Post, tokyo bike, 大径車(26インチ〜)
3月に入って新生活へのご準備ということでTokyobikeのお問い合わせが、ムチャクチャ増えております。ありがとうございます。お問い合わせが多いのはTokyobike MONOとLite、そしてLEGERの3車種。Liteが生産終了になり今後はLEGERに切り替わっていきます。そして昨日LEGERの第一便が到着致しましたのでご紹介でございます。 まず「LEGER」何ですが、僕は最初読めませんでした。「レジェ」だそうです。フランス語ですね。ウチの店名「UNPEU」もフランス語をベースにしてますので読み方がわからないってよく言われます・・・スミマセン。 tokyobikeさんのカタログをじっくり見られた方はお気づきかもしれませんが、今までもラインナップに含まれていたtokyobike Bisouと同じフレーム設計でもって変速がない、というとてもシンプルな作りになっています。 tokyobike Liteに比べるとやや甘さがなくなってスッキリと、乗り手を選ばないデザインになっていますね。跨ぎやすくて服装を選ばないフレームデザインやゆったりと握りやすいハンドルのデザインは健在です。 春からの新生活、特にここ大阪市のように坂道の少ない環境なら非常に使いやすいモデルだと思います。カゴや泥よけもご用意できますよ。入荷第一便では写真のアイボリーとブルーグレーが入荷しましたが、アイボリーはすでに予約完売。またお取り寄せしますのでブルーグレー以外がご希望の方はお問い合わせくださいませ。 あと、実は。tokyobike Liteも少量ですけど在庫持ってます。本日時点でブルーグレー、ブルージェイド、モスグリーンなら各1〜2台ありますので早い者勝ちですよ。 ...
今すぐ乗って帰れます。在庫のLEAF LONG 1台だけ作ってみました。

今すぐ乗って帰れます。在庫のLEAF LONG 1台だけ作ってみました。

E.B.S / tobira, Mama`s & Utility bike, Recommend Post
雨なので室内撮影が続いております。。。今朝からE.B.SのLEAF LONGを組み立てていました。雨なので作業がサクサク進みます。。。(日曜なので微妙な心境です)今回組んでいるのは、珍しく在庫車。ハンドメイド&セミオーダー車なので基本的にはオーダーをお受けしてからご用意することが多いE.B.Sの自転車ですが、今年からお子さんの送り迎えのために”今すぐ欲しいんです!”という方のために1台ご用意してみました。 カラーは僕の好みでもあるんですけど、水色でご用意させて頂きました。個人的には水色&シルバーパーツの組み合わせが好きでして、昔こんな色のフィアットに乗ってました。40代のおじさんが乗るには可愛すぎましたね。。。フロントラックとリアキャリアも同色でセットしています。気に入っていただけると嬉しいのですが。 ではではここでこのLEAF LONGについてあらためてご紹介させて頂きます。もともとE.B.SではLEAF451っていう女性でも跨ぎやすいフレームデザインでスラリとした細身のフレームが美しい街乗りモデルがあるんですけど、このLEAF LONGはフレームを前後に少し長くして、個々のパイプの強度も強くしています。そしてホイールも少し太めのタイヤが使える406サイズの20インチに変更しています。要はチャイルドシートを付けても窮屈じゃないフレームの長さとお子さんと荷物の荷重にも安心して使える強度をプラスしました、っていう感じです。 サドルとハンドルの距離はしっかり広めにとって、前のせチャイルドシートが付いても自然に乗れるようにしていますが、ハンドルが遠すぎないように手前に大きく曲がったハンドルバーが標準設定です。写真の車体で使っているチャイルドシートはオランダのBobike社のもので、シンプルで優しい曲線と温かめの色使いがオランダっぽい雰囲...
グラベルツーリング的Moulton TSR-9

グラベルツーリング的Moulton TSR-9

Mini velo, MOULTON, Recommend Post
本日はちょっとテンショ上がる1台のご紹介を。コロナの影響からかモールトンは定番ではないイレギュラーなモデルがぽつりぽつりと届いています。先日入荷したダッグエッグブルーもかなり珍しいイレギュラーモデルで、すぐに売れちゃいましたね。 今回の入荷は、マットモスグリーン + Vブレーキ仕様 + 同色フロントラック付属 のTSR-9。めちゃくちゃかっこいいです。 Vブレーキ仕様のTSR-9はヨーロッパ圏内で流通しているTSR-9ではたまに見かける仕様でしたが、日本では年に数本見かける程度ですね。往年のモールトンAPBのような雰囲気で太いタイヤが使えるのが魅力です。日本の場合、日本全国どこでもアスファルトは凸凹なく綺麗なので通常のキャリパーブレーキ仕様のTSR-9がメインになっていたんですけど、国ごとに道路事情も違うわけで、乗られる方の体格も違うのでより太いタイヤが必要な環境に合わせたモデルという位置付けです。もともと入荷時にはシュワルベのマラソンレーサー(幅1.5インチ)が付いていましたが、真っ黒にシルバーのリフレクトラインというちょっと野暮ったい(個人的には嫌いじゃない野暮さなんだけど)せっかくなのでより太くて味のあるサイドスキンのマキシス グリフター(幅1.85インチ)に変えています。太いタイヤですけど重量もほどほどで抵抗も少ない、ついでに価格も程よい優秀なタイヤです。 本当はもっとフレーム以外全てのパーツを変更する勢いで本気でカッコいいカスタム車に仕上げたいところですが、欲望をグッとこらえてこのブログでも折に触れ訴えているTSR-9のもうちょっと頑張ってほしいところを重点的に変更しています。 まずハンドルはE.B.SとNITTOのコラボモデルのカモメバー。個人的にはこのハンドルの場合、地面と平行に付けるのが好みでしたが、...
GROWN HUNT

GROWN HUNT

GROWN, Mini velo, Recommend Post
只今12月27日の夕方6時過ぎ。今年の営業も残すところあと1日とちょっと。 29日(火曜日)の午前中まで営業致します。毎年年末はクリスマス向けのお子ちゃま自転車の組立て&ご納車がまとまってやって来たり、年内中にご納車を済ませておきたいご予約済み車両で大忙しですが、コロナ禍の今年もなぜか相変わらず。。。 ブログの更新もやや滞り気味になっておりましたね。 そんな状況でもどーしてもご紹介しておきたかったニューモデルが到着しましたので年末ご納車ラッシュの隙をついてご紹介です。。。 GROWN HUNT 僕らUNPEUも運営に関わっているGROWNのミニベロ、「HUNT(ハント)」が到着しました。 GROWNは僕らUNPEUと同じ傘下にある京都のハンドメイド自転車ブランドE.B.SとアウトドアブランドのRawLow Mountain Worksによる新しい自転車ブランド。準備期間から携わっている僕らからすればもう何年もやってる気がしてますが、2020年にスタートしたばかりのブランドになります。 今日ご紹介しているHUNTは、もともとE.B.Sが作っているHorizontal451というミニベロがベースになっている、っていうかジオメトリ(骨格のサイズ感)はほぼHorizontal451と同じです。 ただどうしてもHorizontal451の場合、国産のKaisei社製のパイプを使ってハンドメイドで仕上げているのでどんなに頑張っても15万円ぐらいはしてしまうんです・・・ そこで、同じジオメトリでもって、台湾のファクトリーさんで一気に大量生産、パーツも最もカスタマイズしやすい構成で完成車に仕上げて・・・という事でグッと身近な価格で作ることができました。実際には使用しているパイプの違いや、ほんのちょっとジオメトリもHorizontal451...
E.B.S FLOAT451R

E.B.S FLOAT451R

E.B.S / tobira, Mini velo, Recommend Post
E.B.SのFLOAT451Rの在庫車を製作しました。クロモリ素材の”しなり”を活かす、シーステーを長く取った独特のフレームデザインに、kitt designの3バトンカーボンホイールにコンポーネントはアルテグラをチョイス。 例えば、エッジの効いた見た目に反してしっかり抑えの効いた乗り味だったり、そのフレームに硬いカーボンホイールが絶妙な面白さだったりするのですが、この自転車についてはあまり蘊蓄を語るより実物を肉眼で見て、デザインやディテール、ハンドメイドバイクの面白さを感じ取っていただければと思います。 もちろん1台限定の在庫です。即納可能です。(税別428,000円) ...
スタンダード、だけど軽い。E.B.S HORIZONTAL451

スタンダード、だけど軽い。E.B.S HORIZONTAL451

E.B.S / tobira, Mini velo, Recommend Post
実を言いますと・・・・組み立てた私が一番驚いてるかもしれません。最近よくあるセットアップでごくフツーに組み立てたE.B.S Horizontal451がなんと、完成車重量8.8Kg!(ペダル別です) コンポーネントはフルShimano105。ホイールは韋駄天パラレルレース。その他はごく普通グレード(特別軽量・高級なものではない)で組んで実測8.8Kgでした。こんなに簡単に9キロ切っちゃうのね。本気でパーツチョイスすれば割と簡単に8キロ台前半もいけるはずです。 ミニベロって大きいホイールの自転車に比べると”フレームが縦に大きい=長いくて強度あるパイプを使わないといけない”ということになりますので、重量面では気を使う部分も多いのですが(逆にタイヤはちっちゃいから軽いんですけどね。)。ミニベロで、しかもクロモリフレームでと考えればなかなかの出来でございます。ちなみに使用しているパイプは福島県にある日本で唯一の自転車用パイプメーカーKAISEI(カイセイ)さんの022パイプセットです。トップチューブの肉厚は0.9mm-0.6mm-0.6mmという極薄パイプです(中央が薄く作られているダブルバテッドというタイプです)が、例えば同じE.B.SのロードモデルBirdに使われているパイプなんかはもっともっと薄くて強度ありますので、もしご要望多ければいつかは上級グレードの究極のミニベロを作ってみたいですね。7キロ台とかで。。。 で、お値段も程よい感じです。この内容で27万円。国産パイプ&ハンドメイド&カラーオーダー、そしてこの重量ともうしぶん無いスペック。これで27万円は価値あると思いますよ。 クロモリって一言で言っても、組成も熱処理も、もちろん肉厚も多様ですので、僕らE.B.Sが使っているkaiseiのパイプと他の完成車で使っている...
実はこの春最大のヒット作かも?新生MASI Fennec

実はこの春最大のヒット作かも?新生MASI Fennec

MASI, Mini velo, Recommend Post
3月初旬の入荷以降あまりブログにも登場せず、他のメディアでもあまり目にすることのなかった新生 MASI の Fennec を再度ご紹介しようかと。。。 ほとんど皆さんに紹介していなかったので、店頭で初めて見る方も多いはずなんですが、店頭で一目見て、跨ってみて、即決。というケースがかなり多いなかなか実力あるモデルでございます。 みなさんにご好評頂いているポイントは「乗りやすさ」 Fennecは所謂ピストバイクのデザインをミニベロに落とし込んだような設計なので前回のブログでもご紹介した通り、BBいちが高く、ホイールベースも短めなので、瞬発力があってキビキビ走ってくれるのが気持ちいいんですよね。ハンドル位置も高めで、ハンドル-サドルの間も変に広すぎないので誰でも安心してお乗りいただけます。 シングルと8スピード モデルとしては、8段変速と、シングルスピードの2車種用意されています。どちらもフレーム自体は同じで、後輪を支えているエンド部分の形状が違います。そしてどちらもディスクブレーキです。制動力も安心感ありますし、効き具合も安定しています。そして自転車が汚れにくい(←これ実は重要)現在、シングルスピードがやや在庫薄になってきていますが、どちらも店頭でご覧いただけます。 細部も抜かりなく その他のパーツチョイスも絶妙に上手いので価格以上の質感がありますし、一切カスタムしなくても十分カッコいいのも店頭で即決していただくことが多い要因かもしれませんね。サドル・グリップも同価格帯の他の製品よりは全然良いものを使っていますし、ペダルやブレーキレバーなどコストダウンの対象になりやすい部分も”とりあえず的”な選び方はしてないですね。ほんとイケてます。 この先若干在庫が少なくなる可能性がありますので気になる...
安全・快適な通勤自転車をお探しなら電動アシストも良いんじゃない?

安全・快適な通勤自転車をお探しなら電動アシストも良いんじゃない?

Mini velo, Recommend Post, 電動アシスト
コロナウィルスによる厳しい状況は依然続いております。。。。最近お声を多くいただくのが、会社から電車をやめて自転車で通勤するように言われまして・・・というご相談。そうですよね、やはり電車はリスクが高すぎてみなさん避けるようになってきています。 そんなこれから自転車通勤始めようかな、的な方から熱い視線を集めているのが電動アシスト。当店でも去年から本格的に扱い始めています。もちろん当店が扱うからには、それなりにコダワリのある満足度の高い自転車をご用意しております。 BESVの電動アシストミニベロのフラッグシップ「PS-1」 今回ご依頼頂きました車両はBESVのPS1。もう最高にデザイン性に富んだミニベロ電動アシストであります。BESV(←ベスビーって読みます)では大きく分けると2種類ミニベロタイプの電動アシストを用意していまして、これとは別ラインで折りたたみタイプの電動アシストもございます。その中にあって今回ご紹介のPS-1は最上位機種という扱いになります。 軽さとデザインを追求したカーボンモノコックフレーム ミニベロでカーボンフレームを採用している車種がそもそも少ない中にあって、電動アシストタイプでカーボンフレームというのはほとんど見かけませんね。きちんとした(いろんな意味で)車両ではこの車種しかないと言っていいと思います。カーボンを採用することで、通常のアルミフレームに比べて軽くできるのはいうまでもありませんが、デザイン面も綺麗な曲線を表現できてすごく美しく仕上がっています。個人的にはフレームを真上から見たときの微妙な膨らみ加減なんかにグッときます。完成度高いですよ。 電動アシスト+フルサスペンションは完璧な組み合わせ BESVのミニベロタイプ電動アシストはどれも前後サスペンション付きになっています。乗ってい...