毎日営業しています!大阪・南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

Folding

Tyrell FX α

Tyrell FX α

Folding, TYRELL
タイレルを代表する折りたたみ、FXシリーズの最もスタンダードなモデルです。FXの3車種の中では一番お求めやすい価格(とはいえ20万円弱ですが・・・)という設定ですが、重量も軽く10kgを切ってカタログ値で9.5kg(折りたたみで10kg以下ってかなり頑張ってます)フレーム素材も上位機種と同じく7000系アルミを使用、フロントフォークはカーボンです。 画面ではちょっとわかりづらいのですが、今回入荷分のカラーは「黒鉄スパークマット&ブラック」というもの。少しメタリックがかったブラックですが、ギラギラ系ではなく深く黒光りする感じで落ち着いた質感です。単純なマットブラックの場合ともすれば安っぽく見えてしまうこともあるのですが、かなり深みある色なので大人の趣向品といった面持ちです。フロントフォークはどの色も共通で艶ありブラックなのですが、それと呼応する形でシートステーも艶あり塗装。FXシリーズももう10数年のロングランですので、完成度の高さがこういうデザインにも反映されていると思います。塗装の質はパッと見ただけで他メーカーさんとは一味違うな、とわかって頂けると思いますので是非店頭で実物をご覧いただきたいです。 パーツ構成はShimano SORAの1 x 9Speedの変速系に上位機種Tyrell FXと同じAM-3ホイールが標準装備です。ブレーキはレバーもキャリパーもShimano SORA。まずまず過不足ないコンポーネントでこのままずっと使い続けてもきっと快適ですが、フレームの素質は良いので後々アップグレードしてもアンバランスになることはないでしょう。 走行性能は、もう説明の必要はないかな、って思ってます。折りたたみ機構の影響で畳まないモデルに比べるとやや剛性が落ちますが、「畳める」っていうことを考慮すればオツリが来るぐらい、”走れる折...
DAHON DOVE plus

DAHON DOVE plus

DAHON, Folding
ある意味、究極の1台なんですよ。こんなミニマルで可愛い見た目ですが、当店取り扱いの自転車の中で最軽量です。もちろん世の中にはもっと軽い自転車があることは知っていますが、僕らは今のところ取り扱いを見合わせています。理由は・・・ご想像にお任せします。 走る距離は少なめだけど、ちょっと車に積んでおきたい。とか、輪行でのフットワーク重視!とか、マンションの階段担いで室内保管なんです。とか、いろいろな事情でこの自転車じゃないとダメという方がいらっしゃいます。 こんなに軽いのに、ダホンクオリティの頑丈さ、もちろん走りもちゃんとしてます。ほんとに大丈夫?と思ってる方、ぜひ店頭で見てみてください。 ちなみにこのDOVEのアニキ的ポジションであるK3よりちょっとこぢんまりした乗車姿勢です(ていうかk3がちょっと大きめです)ので女性にも使いやすいですよ。 入荷数は少なめなので気になる方は事前にお電話等で在庫確認してからお越しいただいた方がいいかもです。お待ちしております。 ...
ちょっとカジュアルな iruka C 登場。

ちょっとカジュアルな iruka C 登場。

Folding, その他ブランド
ここ数年の折り畳み自転車界隈ではダントツにデザインが尖っている、っていうか丸いけど。irukaに待望の弟分モデルが登場しました。従来のirukaをスポーツタイプとし、今回の新登場はちょっとカジュアル&コンフォート。変速段数を減らして(5段変速です)、ハンドルやサドルもちょっとリラックスポジションで扱えるものになっています。 僕が初めてirukaに乗った時の感想は、予想以上に走る。という感じ。乗車姿勢がしっかりとスポーツっぽい感じになっていてしっかりと踏み込める印象でした。でもこれって裏を返すと、女性や小柄な方には乗りにくいんじゃないか?もっとゆったりポジションでユルく乗りたい方にはちょっとしんどいんじゃないかな?って思ってました。 今回登場のiruka Cはハンドル位置もちょっとゆったり高め。サドルも少しコンフォートになっています。あと変速や一部のパーツは必要十分な範囲でグレードダウンしてちょっとお手頃なお値段になっています。 このフレームデザインに一目惚れしちゃって欲しかったんだけどいかんせんお値段が。。。と思われていた方には朗報ですね、ハッキリ言ってこれだけのデザインと折りたたみ機構を妥協なく製品として実現したことを考えると安すぎです! とりあえず店頭にはシルバーがやってきます。折りたたみの世界ではまだまだ新参者な感じはしますが、完成度はなかなかの物です。ぜひ店頭で実物をご覧くださいませ。 ...
使い勝手で考えればDAHON D-ZERO アリなんじゃない?

使い勝手で考えればDAHON D-ZERO アリなんじゃない?

DAHON, Folding
店頭の在庫の中で、割と過小評価されてるんじゃない?って個人的に思っているDAHONのD-ZERO。 オールドダホン風の可愛い(脱力系)のルックスに現代のダホンさんの安心感で設計されています。 このD-ZEROはダホンのラインナップにはちょっと違和感ある畳まない自転車。ダホンといえば世界で流通している世界最大の折りたたみ自転車メーカーですが、D-ZEROは完全に畳まない系。ハンドルとペダルだけ畳めます。あとサドルはぐーッと下げられます。そうやって車体のフレームそのものは畳まない簡単な設計になっています。16インチなので実際、畳まなくてもそこそこ小さいんですね。ハンドルとサドルだけをコンパクトにしてあげればご自宅の玄関先に置いておくのも、車に積んでおくのも大して邪魔にならないです。 実際、店頭でご相談を受けることも多いのですが、自転車の保管場所がないので、毎日畳んで家に持ち込みたい、と仰るお客様がよくいます。でも実際のところ”毎日”となるとめんどくさいんです。完全に折り畳む車種でも大体のものは1分あれば畳めます。(慣れれば)ただその1分が結構めんどくさい。。。(想像してみてください)そんな訳でハンドルのみ畳んでみるようなご提案はよくしています。それなら数秒ですし、車体を持ち上げたり、チェーンの油で汚れたりする心配もないですね。 あともう一つ今日のブログで言いたかったのは、D-ZEROって見た目以上にちゃんと走ります。って事。畳まないフレームなのでしっかりしていてペダルを踏んだ力を逃さず動力に変えてくれます。7段変速もついているので16インチですけど街乗りであれば十分走ってくれますよ。 フレームデザインが低めにできているので、スカートでも跨げますし、女性にはとてもおすすめであります。ちょっと可愛い自転車をお探しなら是非とも候...
DAHON K3

DAHON K3

DAHON, Folding
ここ数年の折り畳み自転車界の超ベストセラー、ダホンのK3が久々に入荷しました。 今回届いたのはガンメタル。半分ブラック+半分ガンメタルの光沢感が綺麗なカラーで、K3では一番落ち着いた色合いかなと思っています。ご予約も沢山頂いておりましたがご予約のお客様へのご案内がひと段落しましたので、少々ではありますが在庫分をご案内できるようになりました。 K3の良さについては今まで過去のブログ記事でも折に触れご紹介しておりますのでご興味ある方はご覧くださいませ。→DAHON K3のブログ記事ですので今日はK3のスペック的な部分とは違う、ご検討中のお客様によくご質問いただく内容をご紹介しようと思いますので購入をご検討中の方は参考にどうぞ。こんな感じです。 ・車輪が小さい(14インチ)ですけどちゃんと走りますか?→車輪が小さい分、前ギヤをうんと大きく、後ろギヤをうんと小さくしていますので、ペダル1回転でもタイヤは沢山回ってくれるので大きなタイヤの自転車に匹敵します。・折り畳んで玄関に収納したいのですが・・・→毎日の折りたたみは流石にめんどくさくなっちゃうかもしれませんが、例えば、ハンドルだけ、メインフレームだけとか部分的に畳むことでだいぶ楽になると思いますよ。・故障した時のことが心配です。→変速機等は専用品なので万が一故障した時は部品の取り寄せ交換という形でしか修理できませんが、信頼性は高いので神経質になる必要はないと思います。その他、ブレーキ等は一般的な設計なので汎用品の部品でどこでも修理できますよ。当店の場合は点検調整は永年無料なので定期的なメンテナンスもご利用くださいね。・カゴはつけられますか?→DAHONが用意しているものも、それ以外もございますよ。・自転車本体以外に何が必要ですか?→絶対必要なのはカギとライト。キックスタンドと輪行カバーもご検討...
カタログにもホームページにも載っていないDAHON HIT

カタログにもホームページにも載っていないDAHON HIT

DAHON, Folding
世界最大の折り畳み自転車メーカー DAHON折り畳み界のリーディングカンパニーとしての凄みを感じさせるモデルが入荷しました。 DAHON 「HIT」 このモデル、カタログにもホームページにも掲載されていません。今年になって急遽企画・生産されたモデルです。その背景はやはりコロナウィルス。今年6月、こんなメッセージとともに情報が入りました。 「HIT」・・・「Hit the pandemic」= 「パンデミックに打ち勝つ」という想いを込めて命名されました。 コロナ禍により日常生活が一変し、ライフスタイルの変化に乗じて、世界的な自転車ニーズの高まりをみせています。 現在世界的に自転車の安定供給が困難な状態が続いていますが、ライフラインの一つでもある自転車を枯渇することなく供給したい、 コロナ禍でも通勤や外出しなければならない人へ少しでも活用していただければという想いを込めて、急遽このモデルが特別に開発されました。 ライフスタイルの変化、自転車ニーズの高まり・・・僕ら自転車店も日々感じていますが、どちらも日本だけでなく世界規模で変化していますので例えば自転車の商品の安定供給という面ではかなりの影響が出ています。そんな状況でも急遽作れるものを作って少しでも供給していこう、現状をプラス方向に回していこうという意思が詰まっています。さすがはダホンさん、行動の規模感が違います。 ではどんな自転車か紹介していきましょう。まず先に言っておきます。価格は47300円(税込)です。嘘みたいな価格です。でもどうやら嘘ではないみたいです。何回も確認しました。 フレーム素材はアルミ。折り畳み方式はダホンではもっとも多く採用されているハンドルを畳んだフレームの内側に収納する収まり良くてコンパクトなタイプです。色はブラックのみですがフレ...
DAHON Speed Falco久々に入荷しました。

DAHON Speed Falco久々に入荷しました。

DAHON, Folding
ダホンのスタンダードモデルの1つ、と僕は思っています。Speed Falco(スピード ファルコ)ダホンはラインナップが豊富なので、ディスクブレーキだったり、変速段数が多かったり魅惑的なモデルも多数ありまして、ご用途に合わせて選べる振り幅の広さが魅力ですが、一番シンプルに輪行やサイクリングを楽しむためのスタンダードはこの車種じゃないかな、と。 しっかりしていて、振動吸収性や力の伝達性にも優れたクロモリ素材のフレームはシンプルなストレートなデザイン。実はSpeedシリーズって軽く10年以上続いているので年々進化していますが、安定した実績を持っています。そのフレームにトラブルの少ないフロントシングルxリア8速。ブレーキもまあそれなりに必要十分なVブレーキです。 そんなスタンダードなSpeed Falcoですが、素質がいいだけに僕らカスタム自転車屋としてはどうしてもさらなる性能アップや快適性アップを目指してカスタムしたくなる訳であります。僕がまず手をつけるならペダル・タイヤ・グリップってとこからでしょうか。お使いの用途や目指すところに合わせてお好みにカスタムしやすい車体なので店頭でお気軽にご相談いただければうれしいです。 今回の入荷は写真のマットガンメタルとマットブラック。マットガンメタルは写真で見るより暗めの色合いです。人気車種なので売り切れる前にお急ぎください。価格は98,780円(税込)です。 あ、ちなみに畳むとこんな感じ。ハンドルを外側に畳むタイプなので畳んだサイズは最小クラスではありませんが、ハンドル周りの自由度が高いのと、操作が簡単なのがいいですね。 ...
ダホン愛が溢れている DAHON D-ZERO

ダホン愛が溢れている DAHON D-ZERO

DAHON, Folding
ダホンさんの商品開発の振り幅はいつも僕らの想像を超えてきます。あるときは折り畳みミニベロに恐ろしく高級なコンポーネントを載っけてきたり、綺麗に畳めるようにリアディレーラーを自社開発したり、あるときは他メーカーさんのそっくりさんが出てきたり・・・・。そして今回もやってくれてます。オールドダホン風のルックスで、ダホンなのにほとんど畳まない(!)自転車。自由すぎないか? 最初このモデルの話を聞いた時はちょっとどう対処していいかわからなかったんですが、実物見てみると個人的にはすごく好きです。ルックスからしてもオールドダホンそのままですしダホン愛が溢れている、そんなモデルです。 で、僕がここで申し上げたいのはこの可愛いルックスについて。もちろんオールドダホンそのままのデザインですが、今の現行車種でこんな脱力系デザインは無いいんじゃないかな。と思います。もちろん自転車って軽くてキビキビ走ればそりゃあ気持ちいいですけど、普段使いの自転車にそういうのは求めていないゆるのりくん(R)な方には絶対おすすめのユルさですので、「私にはコレじゃないかしら」と思った方は早めに検討したほうがいいと思います。このユルさ感はダホンさんじゃないと出せません。もう一歩踏み込んで申し上げるとすると、ユルいユルいと言っていますが実は構造的もしっかりしていて実際に乗ってみるとバランス良くしっかり進んで扱いやすい自転車なんですが、この辺は話すと長くなる上に面白くないので割愛します。 ちなみに自転車屋目線で見ると、当時の雰囲気漂うロゴと金属製フェンダー(現行の他車種はプラスチック製)に開発者の愛をひしひしと感じます。 ちょっと機能的なお話もしておくと、メインフレームそのものは畳めませんが、ハンドルとペダルは折り畳んで、サドルはぐーっと下がりますのでマンショ...
tern VEKTRON S10

tern VEKTRON S10

Folding, Recommend Post, Tern, 電動アシスト
久々にternの電動アシスト自転車「VEKTRON S10」が店頭に並びました。がっしりしたフレームデザインと抑えめのメタリックカラーがかっこいい折りたたみタイプの電動アシストです。以前のブログ記事で私もそこそこ長い距離を乗らせてもらいましたが、個人的にはクイックレバー2本でハンドルポジションをスポーティにもゆったり系にも変更できる点が気に入ってまして、モーターにアシストしてもらってゆったり乗りたいときとある程度移動時間が長い時などバランスの良い乗車姿勢の方がいい場合など、状況に合わせてちょっと信号待ちの間にでも変更できるので非常にマルチな使い方ができます。ハブなどの回転系のポテンシャルも高いVektronですので、条件のいい道路環境だとアシスト上限を超える時速25キロ以上になることも十分ございます。そんな時にしっかり踏み込める前傾姿勢に変えたり、逆に街中だとあまりスピードが出せないのでアシスト中心の動力で、視界の良い高めのハンドルポジションに変えて・・・という使い分けが工具無しで数秒でできてしまうのは有り難いですよ。 ちなみに電動ユニットはBosh製。ドリルとか電動工具で有名なメーカーさんですが、欧州で高級電動アシストといえばBoshユニットが採用されていることが多いです。ハイパワーと安定感。画面表示は日本語にローカライズされています。こういう気配りは高級グレードならではです。 あとブレーキはMagra製。自転車用油圧ブレーキといえばマグラ。マウンテンバイクの世界では知らない人はいない一流ブランドですね。でもって変速系はShimano。もはや説明不要かと。このVektronにはリア10速のTiagraが採用されています。変速段数の多さも魅力ですが、Shimanoの場合フラットバー用の変速レバーはこれぐらいのグレード以上からがレバーのタ...
KHS F-20RCフラットバー仕様で組んでみました。

KHS F-20RCフラットバー仕様で組んでみました。

Folding, KHS・Manhattan, Recommend Post
いやほんとの話、「今すぐ折り畳み自転車1台買って(←予算問わず)しまなみ街道走ってこーい!」って指令が出たら、僕ならこの自転車を選ぶと思います。 過去にも何台か作っているんですが、KHSを代表するフォールディングバイクF-20RCをフラットバーで組んでいます。今回はKHSさんからフレームセット単体を極秘入手しまして、完成車のカスタムではなく、フレームから1つ1つパーツを選んで組んでおります。とはいえ、昨今のコロナ禍においてはパーツが全然手に入らない、という切実な問題がございまして正直かなりハードル高めです。実際今回も駆動系はシマノティアグラですが、ブレーキは105を採用という感じでミックスになっています。 もっともシンプルにして堅実なKHSの折りたたみ方式にストレートハンドルバーを合わせるというのが非常にいい組み合わせなんだけど、なんで皆さんもっとやらないんだろう、って思います。本当に。 ストレートバーの扱いやすさに加えて、ハンドル周りもシンプルになるので軽量です(ハンドルm周りの軽量化は直感的に使いやすくなるのでオススメです)し、折りたたみサイズも小さくなる。そしてKHSならではの信頼性の高さと走りの良さ。本当にいい自電車に仕上がるんですけどね。みんなやれば良いのに。 もちろん、うんと長い距離をシリアスに走りきるならドロップハンドルにSTIレバーの組み合わせが最高ですけど、そこまでシリアスではない方や、走ること以外の楽しさ重視の方には何も気負わなくてもグイグイしっかり走るのでおすすめです。 あと今回は、僕らミニベロ(ほぼ)専門店には救世主的な新製品パーツを採用してみました。フロントギヤが1枚のみのシンプル構成ですが、マウンテンバイク等ではもう当たり前になっているナローワイドチェーンリングを使っています。ナローワイドを使うこと...