毎日営業しています!大阪・南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

Folding

STRIDA LT

STRIDA LT

Folding, STRIDA
久々の入荷です。(なんか最近どのメーカーさんでもこんな事ばっかり言ってる気がします)ストライダです。 お子さんが乗るのはストライダー。こちらはストライダ。お間違えなく。ちなみにアルファベットで書くときはSTRiDA。「i」を小文字で書くのがマナーです。(何の?) 私自身、自転車屋を長くやっていますが何故か1度も所有する機会に恵まれなかったストライダですが、常に一目置いている。独自の折りたたみ機構と独特の乗り味で我が道を行き続ける骨太なやつです。 歴史を辿ると実はもう35年も前から作られている自転車なんです。設計したのはイギリスの工業デザイナー、マーク・サンダースさん。サンダースさんといえばカーネルさんしか思いつかない私ですが、先日見つけたんですよ。京都の恵文社さん(とても素敵な本屋さんです)でマーク・サンダースさんの作品集を。一瞬テンション上がったんですがよく見るとマーク・マンダースさんでした(でっかい顔の彫刻の現代アートの人です。) 気を取り直して。。。35年の歴史を誇るストライダです。初代からはもう何世代かバージョンアップされて実はここ数年は落ち着いています。もうある程度の完成の域に達してるって事でしょう。機構がシンプルなので壊れにくいという、さすが工業デザイン側からの視点で作られただけあって非常に合理的です。僕ら自転車屋としても、ホイール外さなくてもタイヤ交換ができる、とかベルトドライブだから手が汚れないしメンテナンスフリーという点でなかなか良い子です。 あと個人的に好きなのは”乗り味”悪い言い方をすれば”めっちゃクセある”。良い言い方をすれば”超ゆったり感”。な乗り心地。普通の自転車と比べると、ハンドル・サドル・ペダルの位置関係がちょっと変わってます。ハンドルは高...
いつもとチョットチガウDAHON K3届きました。

いつもとチョットチガウDAHON K3届きました。

DAHON, Folding
ちょっとイレギュラーなんですけど、人気のK3が届きました。海外向けに作られたK3でいつも国内で流通しているモデルとちょっと仕様が違うんです。 ・フロントラゲッジ取り付けのネジ穴がありません。 前カゴが付けられないんです。(付けている方が少ないのも事実ですが)・ペダルが折り畳めないタイプです。 輪行サイズがちょっと大きくなるのは残念ですが、畳めるタイプのペダルもちょっとプアーな感じなので・・・・差し引きゼロということで(笑)・タイヤチューブのバルブが米式です。 今までは仏式でした、特に問題はないかと。・スタンド付属です。 これチョー嬉しい。太いタイヤに付け替えても大丈夫な長さ可変式です。と、こんな感じの仕様違いになります。 カラーは去年?一昨年だっけ?過去に生産されていたイエローとブルー。当時はほんのちょっとしか入荷しなくてほとんど見なかったカラーですね。個人的にちっちゃい自転車は明るい楽しい色使いが好きなので交換もてますね。マットな質感でキレイな色ですよ。(最近のポラロイドみたいなポップで可愛い感じですね) 自転車そのものはもはや言わずもがななここ数年のベストセラー。とにかく軽い(重量7.8kg!)んですが、単純に部品減らして軽い素材で小さく作ってといったものとは違って、ちゃんと大人の男性が乗っても漕ぎやすいサイズ感で強度設計もきちんとしています、そして何よりちゃんと進む。フロントが53Tという大きめのギヤに対して後ろは9/13/17Tというウンと小さいギヤを使っています。このギヤはどちらもダホンがオリジナルで作っているもの。こういう特殊パーツを自前で作れるからこそのこのクオリティです。折りたたみ専門メーカーの意地を感じますね。 お値段は税込95480円。あれ、通常の国内向けモデ...
DAHON BOADWALK

DAHON BOADWALK

DAHON, Folding
折りたたみ自転車のザ・スタンダードDAHONのボードウォーク。2022年の新色が入荷しています。スペック的には去年から変更なしなので、フレームカラーだけの変更になります。 折りたたみ自転車のトップブランドとして40年近く存在するDAHONの中でもとりわけベーシックな車種ですので、もう十分なロングセラーですし、性能面でも安心感あります。強いて言えば、新しい車種が色々出てきますので、ちょっと置いていかれてる感もありますが、そこはスタンダードさゆえの性格でしょうか。 ボードウォークはこんな方におすすめです。・シンプルなデザインのミニベロが欲しい方。・普段、折り畳むことはほとんどないけど、畳めた方がいいかも?と思う方。・通勤などで毎日しっかり使いたい方。・スカートを履いていても跨ぎやすい自転車がいい方。ざっくりこんな感じでしょうか。 カスタム自転車屋の当店としましては、ご予算が許すならブレーキをカチッとタッチの良いものに変更、タイヤももう少し回転の良いものに変えてあげるとさらにストレスフリーで安心して使える1台になります。あとはカゴやキャリアを付けたり、座りやすいサドルに変えたり・・・・ご用途に合わせてご提案させて頂きます。 今店頭に並んでいるのは「マットブルーグレー」「ブリックブラウン」「チョコレート」の3台。ブラックも倉庫に在庫がありますが店内スペースの関係で出せていません。見たい方はお声がけくださいね。 ...
Tyrell FXα Spring Campaign

Tyrell FXα Spring Campaign

Folding, TYRELL
そろそろ、本気で走れる折りたたみ自転車の中では「定番」といえるポジションになってきているタイレルのFXシリーズ。その中でもフラットバー&最低限のコンポーネントに絞り込んでパッケージングされている「FXα」限定でキャンペーン実施中です。 今なら「輪行カバー」と「専用キックスタンド」が付いてきます。 どっちもFXαを買ったなら絶対欲しくなるものなのでこういう実用的なものをプレゼントしてくれるのは嬉しいですよね。キャンペーン期間は4月末までではありますが、肝心の車体の在庫が心配なのでお早めに店頭でご相談くださいね。 ちなみに店頭には今現在「黒鉄スパークマット&グロスブラック」が一台ございます。写真の「ターコイズブルー&ダークシルバー」は売れてしまったのですが取り寄せの可否はご相談くださいませ。 ...
KHS F20T3

KHS F20T3

Folding, KHS・Manhattan
KHSのFシリーズはたくさんのバリエーションがあって、一番有名なのはF-20RC、またはF-20R。しっかり本気で走れる折り畳み自転車の代名詞的な存在であります。そんな本気モデルの性能を受け継ぎながら気軽に乗れるのがこのF-20T3です。 一言で言ってしまえば、ラクに乗りたい方向け。 ・ロードバイクみたいなスピードを出したい訳じゃない、・激坂を必死で登って己に挑戦したい訳じゃない、・強いて言えば長い距離は走ってみたい。(もちろんマイパースでね。)という方におすすめであります。 特徴的なのはハンドル位置が割と高めなので乗車姿勢がラク。ってこと。前傾姿勢にならないのでお腹も首もしんどくないです。ハンドルとサドルの距離感も日本人の体格には十分楽チンな感じ。170cm台後半の方だとちょっと窮屈かもしれませんがそれ以下の方なら割とラクなポジションで乗ることが出来ます。 もう一つの特徴は変速系。フロント3段xリア10段という構成です。現行の製品でそこそこしっかり走れるクラスのミニベロでフロント3段の車種ってほとんどないと思います。少なくとも当店にはこれしかないですし、ここ数年はこの車種しかフロント3段の自転車を見ていような気がします。そもそも坂道が得意な特性を持つミニベロにフロント3段の軽ーいギヤ比が加われば六甲山でも涼しい顔して登れるかも。それぐらいの装備です。ちなみに使っているのはシマノのティアグラ。ん?F-20シリーズの最上位機種F -20RCと同じですね。(F-20RCはフロント2段変速)スピードやパワーを追い求める車種ではありませんが、快適でラクに乗れるために必要十分なパーツチョイスになっています。 折りたたみ方法も上位機種に比べると少しラクな作りになっています。基本的には本体を2つ折りににしてハンドルも手でネジ...
KHS F-20RC ドロップハンドルカスタム

KHS F-20RC ドロップハンドルカスタム

Folding, KHS・Manhattan
入荷してもすぐに嫁ぎ先が決まってしまうKHS F20RC。本気でスポーツ車として使える折り畳み自転車の中では抜群の信頼性でこの世界ではもうド定番ですね。 今回はお客様からのご依頼でドロップハンドルに変更。ハンドルバーは既にお持ちのロードバイクからの載せ替えでした。F-20シリーズは基本的にロードバイクのパーツがそのまま使えるので楽ですね。 当然STIレバーを使うことになりますので、オリジナルのブルホーンバーよりも使い勝手は間違いなくアップします。もちろんオリジナルのブルホーンバーも気楽に使えて見た目もカッコいいので捨て難し、なのですが気が変わったらいつでも元に戻しましょう。 折り畳み自転車ということで、サイズやジオメトリにもやや制限があったりしますが、既にロードバイクにお乗りの方のサブバイクとして、または輪行で行動範囲を広げたりなど折り畳みならではの楽しさもたくさんございます。 今回入荷分は一瞬で完売となってしまいまして、次回は6月以降の予定です。。。ご購入検討中の方はお早めにご相談くださいませ。2月20日追記。1台だけ追加で入荷しました!早い者勝ちですね。完売いたしました。有難うございます。次回入荷分のご予約お待ちしております。 ...
Tyrell FX α

Tyrell FX α

Folding, TYRELL
タイレルを代表する折りたたみ、FXシリーズの最もスタンダードなモデルです。FXの3車種の中では一番お求めやすい価格(とはいえ20万円弱ですが・・・)という設定ですが、重量も軽く10kgを切ってカタログ値で9.5kg(折りたたみで10kg以下ってかなり頑張ってます)フレーム素材も上位機種と同じく7000系アルミを使用、フロントフォークはカーボンです。 画面ではちょっとわかりづらいのですが、今回入荷分のカラーは「黒鉄スパークマット&ブラック」というもの。少しメタリックがかったブラックですが、ギラギラ系ではなく深く黒光りする感じで落ち着いた質感です。単純なマットブラックの場合ともすれば安っぽく見えてしまうこともあるのですが、かなり深みある色なので大人の趣向品といった面持ちです。フロントフォークはどの色も共通で艶ありブラックなのですが、それと呼応する形でシートステーも艶あり塗装。FXシリーズももう10数年のロングランですので、完成度の高さがこういうデザインにも反映されていると思います。塗装の質はパッと見ただけで他メーカーさんとは一味違うな、とわかって頂けると思いますので是非店頭で実物をご覧いただきたいです。 パーツ構成はShimano SORAの1 x 9Speedの変速系に上位機種Tyrell FXと同じAM-3ホイールが標準装備です。ブレーキはレバーもキャリパーもShimano SORA。まずまず過不足ないコンポーネントでこのままずっと使い続けてもきっと快適ですが、フレームの素質は良いので後々アップグレードしてもアンバランスになることはないでしょう。 走行性能は、もう説明の必要はないかな、って思ってます。折りたたみ機構の影響で畳まないモデルに比べるとやや剛性が落ちますが、「畳める」っていうことを考慮すればオツリが来るぐらい、”走れる折...
DAHON DOVE plus

DAHON DOVE plus

DAHON, Folding
ある意味、究極の1台なんですよ。こんなミニマルで可愛い見た目ですが、当店取り扱いの自転車の中で最軽量です。もちろん世の中にはもっと軽い自転車があることは知っていますが、僕らは今のところ取り扱いを見合わせています。理由は・・・ご想像にお任せします。 走る距離は少なめだけど、ちょっと車に積んでおきたい。とか、輪行でのフットワーク重視!とか、マンションの階段担いで室内保管なんです。とか、いろいろな事情でこの自転車じゃないとダメという方がいらっしゃいます。 こんなに軽いのに、ダホンクオリティの頑丈さ、もちろん走りもちゃんとしてます。ほんとに大丈夫?と思ってる方、ぜひ店頭で見てみてください。 ちなみにこのDOVEのアニキ的ポジションであるK3よりちょっとこぢんまりした乗車姿勢です(ていうかk3がちょっと大きめです)ので女性にも使いやすいですよ。 入荷数は少なめなので気になる方は事前にお電話等で在庫確認してからお越しいただいた方がいいかもです。お待ちしております。 ...
ちょっとカジュアルな iruka C 登場。

ちょっとカジュアルな iruka C 登場。

Folding, その他ブランド
ここ数年の折り畳み自転車界隈ではダントツにデザインが尖っている、っていうか丸いけど。irukaに待望の弟分モデルが登場しました。従来のirukaをスポーツタイプとし、今回の新登場はちょっとカジュアル&コンフォート。変速段数を減らして(5段変速です)、ハンドルやサドルもちょっとリラックスポジションで扱えるものになっています。 僕が初めてirukaに乗った時の感想は、予想以上に走る。という感じ。乗車姿勢がしっかりとスポーツっぽい感じになっていてしっかりと踏み込める印象でした。でもこれって裏を返すと、女性や小柄な方には乗りにくいんじゃないか?もっとゆったりポジションでユルく乗りたい方にはちょっとしんどいんじゃないかな?って思ってました。 今回登場のiruka Cはハンドル位置もちょっとゆったり高め。サドルも少しコンフォートになっています。あと変速や一部のパーツは必要十分な範囲でグレードダウンしてちょっとお手頃なお値段になっています。 このフレームデザインに一目惚れしちゃって欲しかったんだけどいかんせんお値段が。。。と思われていた方には朗報ですね、ハッキリ言ってこれだけのデザインと折りたたみ機構を妥協なく製品として実現したことを考えると安すぎです! とりあえず店頭にはシルバーがやってきます。折りたたみの世界ではまだまだ新参者な感じはしますが、完成度はなかなかの物です。ぜひ店頭で実物をご覧くださいませ。 ...
使い勝手で考えればDAHON D-ZERO アリなんじゃない?

使い勝手で考えればDAHON D-ZERO アリなんじゃない?

DAHON, Folding
店頭の在庫の中で、割と過小評価されてるんじゃない?って個人的に思っているDAHONのD-ZERO。 オールドダホン風の可愛い(脱力系)のルックスに現代のダホンさんの安心感で設計されています。 このD-ZEROはダホンのラインナップにはちょっと違和感ある畳まない自転車。ダホンといえば世界で流通している世界最大の折りたたみ自転車メーカーですが、D-ZEROは完全に畳まない系。ハンドルとペダルだけ畳めます。あとサドルはぐーッと下げられます。そうやって車体のフレームそのものは畳まない簡単な設計になっています。16インチなので実際、畳まなくてもそこそこ小さいんですね。ハンドルとサドルだけをコンパクトにしてあげればご自宅の玄関先に置いておくのも、車に積んでおくのも大して邪魔にならないです。 実際、店頭でご相談を受けることも多いのですが、自転車の保管場所がないので、毎日畳んで家に持ち込みたい、と仰るお客様がよくいます。でも実際のところ”毎日”となるとめんどくさいんです。完全に折り畳む車種でも大体のものは1分あれば畳めます。(慣れれば)ただその1分が結構めんどくさい。。。(想像してみてください)そんな訳でハンドルのみ畳んでみるようなご提案はよくしています。それなら数秒ですし、車体を持ち上げたり、チェーンの油で汚れたりする心配もないですね。 あともう一つ今日のブログで言いたかったのは、D-ZEROって見た目以上にちゃんと走ります。って事。畳まないフレームなのでしっかりしていてペダルを踏んだ力を逃さず動力に変えてくれます。7段変速もついているので16インチですけど街乗りであれば十分走ってくれますよ。 フレームデザインが低めにできているので、スカートでも跨げますし、女性にはとてもおすすめであります。ちょっと可愛い自転車をお探しなら是非とも候...