大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

Blog

Moulton試乗会は明日まで開催中!

Moulton試乗会は明日まで開催中!

Folding, MOULTON
本日も開催しています。モールトンの試乗会。今回の目玉はやはりDV-1でしょうか、これに乗れる機会は今後そうそう無いかと思います。 他には、お城製のAMシリーズ。ウイッシュボーンステムが綺麗なスポルティーフもいい感じです。 もちろんいつも当店の試乗車として常時試乗できるTSR-9もありますのでぜひ乗り比べてぜひ乗り比べて見てください。一つづつ個性がありますので乗り比べると面白いですよ。 試乗会は明日(24日)まで、期間中はBrooksのサドルプレゼントの試乗特典付きですよ。
BRUNO 2019モデル入荷のお知らせ第二弾。

BRUNO 2019モデル入荷のお知らせ第二弾。

BRUNO, Mini velo
当店の、というか日本中のBrunoのラインナップの中で一番売れているモデルは、やはりダントツで「Mixte(ミキスト)」でございます。そんなミキストさん、2019年モデルも到着しております。 こちらが2019年モデル。お店の外側の目立つところに置いております。カラーは左からホワイト(限定)、グロスブラック、ピンク(限定)、ターコイズです。他にもレッド、ブラウン(限定)、マットグレーがありますが、この写真を撮った時点では組み立てが間に合いませんでした。全色入荷していますが売り切れる可能性もありますので、実物を見て色を決めたい方はできるだけ早めに見に来てくださいね。 ち な み に 。2018年モデルもまだ残ってます。はっきり言いまして、自転車自体は何も変わりません。色が違うだけです。真ん中の2018スカイブルーと2019ターコイズの違いなんかほとんどわかりません。。。。でも、値段は2019モデル(54,000円)より2,000円安いです。ご検討中の方はお急ぎください。
BRUNO 2019モデル入荷のお知らせ第一弾。

BRUNO 2019モデル入荷のお知らせ第一弾。

BRUNO, Mini velo
やっと暑い暑い夏が終わったかと思ったらもう来年の話ですよ。(鬼じゃなくても笑けてきます。) Brunoの2019モデルが一気に入ってきています。色々入荷してるのですが、今日のご案内はBrunoのミニベロの上級クラス「Ventura(ベンチュラ)」です。 2019モデルのベンチュラは写真のマットブラックとマットモスターコイズの2色。早速マットブラックを組み上げてみました。カラーはマットブラックですが実際には限りなく黒に近いチャコールグレーと言った雰囲気で、ツヤ感も完全なマットではなくいわゆるエッグシェルと言われるぐらいの質感でちょっと艶のある卵の殻ぐらいの質感です。これぐらいが見た目に重すぎず、汚れや小傷が目立ちにくいのでいい感じだと思います。 パーツ構成は今までとさほど大きな変更はなく、ステムに変速レバーを配置した前2段×後ろ8段と言う構成です。今日組み上げたブラックについてはサドルがBrooksのチームプロ。バーテープが同じくBrooksの本革バーテープとなかなか贅沢なチョイスです。写真ではちょっと伝わりにくいのですが、レザーの黒光り感と、完全な黒では無いグレー寄りのフレームカラーがいい具合にマッチしています。(多分フレームが普通のグロスブラックだったら少し安っぽく、昆虫っぽい色合いになってるかと・・・) 個人的には、Brooksのチームプロは好きなサドルで、このサドルは手打ちリベット&サイドカットありの上級グレードのサドルなのですが、チームプロに関してはリベットが他のサドルよりも大きいんですね。ここがポイントです。 あと本当に細かいところで誰も気にしてないかもしれませんが、僕が個人的にベンチュラのデザインで好きなところは後ろブレーキアウターの受け部分。ここがまん丸で可愛いんです。と細かすぎて共感を得にくい個人的な好みをお伝えして今
次の週末はモールトン試乗会!

次の週末はモールトン試乗会!

Folding, MOULTON
試乗車が早く届きましたので、20日よりご試乗いただけます!微妙な天気が続いていますが、24日までお待ちしております! 次の週末の3連休(22日〜24日)はモールトンの試乗会でございます。定番のTSR-9、お城製のAMスポルティーフ、日本製のDV-1が試乗できます。なかなか無い機会ですので、お時間ある方はぜひお越しください。 モールトンって敷居が高いと感じてませんか? 確かに、他の自転車とはどう見ても違うルックスですから目立ちますし、見るからに高級感&マニアック感ありますよね。でも実際のところ一番の売れ筋のTSR-9は24万円からスタートですし、普段乗りの自転車としても非常にリラックスして乗れるので難しく考えずに一度店頭で乗って見てもらえれば嬉しいです。例えばTSR-9なら、モールトン博士の設計によるスペースフレームの手の込んだ作りで、英国パシュレイ社の専属スタッフにて生産(一部パーツはお城製と同じ)されていて、これで24万円はかなり値打ちあると思うんです。もちろん安くはない金額ですけど、もしこの先ずっと乗り続けられる伴侶をお探してあれば、決して高すぎる買い物ではないと思いますので選択肢の一つとして入れるべき1台ですよ。 「価値が落ちない」自転車 モールトンの面白さの一つに、英国製らしいクラフトマンシップという点が挙げらえると思います。部品点数の多いトラス構造のスペースフレームに前後サスペンション。普通の自転車とは部材の点数がまるで違います。部材が多い分だけフレームの溶接時にひずみが出やすく、フレーム製作には熟練の技が必要になります。ですので、この特殊な構造のフレームはどこの自転車メーカーでも作れるわけではなく、モールトンだけを作り続けているから出来る技術なんです。この独自のスタイルを作って一途作り続けると言うところに英国らしさを感じま
ミニベロという自転車について

ミニベロという自転車について

いつの間にか夏も終わってますね。もう秋ですよ。自転車屋さんとしては「スポーツの秋」って言った方が良いのかもしれませんが、当店としましてはスポーツ自転車以外の比率も高めなので個人的には「文化の秋」も推しています。ぜひ自転車で公園に行って日陰で読書してください。外で本を読むのはすごく気分が良いのでオススメです。 さて。本日のブログは、当店がオススメしている「ミニベロ」って言う自転車について。僕らがオススメしている理由やミニベロのメリット&デメリットについて改めてご紹介しようと思います。 ざっと店内の9割がミニベロと言う商品構成の当店。ミニベロ推しでかれこれ10年目となります。 ミニベロの定義 「ミニベロ」ってどんな乗り物何でしょう?言葉の通り”ミニ(Mini:小さい)” な”ベロ(Velo:自転車の意味)”と言うわけですが、具体的にはタイヤ径が24インチ以下の自転車をミニベロって言ってます。日本語でいうと「小径車」になります。ですので、折り畳み自転車でも車輪の24インチ以下のものはミニベロと括ることができます。 そもそもなぜ車輪が小さいのか? 自転車の歴史はもう200年以上になりまして、発明された当初から車輪は大きなものが中心でした。もちろん時代ごとの進化の過程で色々な車輪径の自転車が作られてきましたが、今現在僕らが販売しているミニベロの生い立ちを遡ると、都市部での取り回しの良さや収納性の良さ(盗難の多い海外では室内保管が基本なので)を意識して便利な街乗り自転車として世に出た商品が「ミニベロ」という一つのジャンルを築いたと言えます。そこから技術の進化によってものすごくよく走るスポーツタイプのミニベロや、より収納性を高めた折りたたみ自転車や、小さい車輪の利点を生かしたカーゴバイク等色んなタイプに進化しています。 ミニベロはいっぱ
もうすぐ値上げ!ラレー買うなら今月ですよ。

もうすぐ値上げ!ラレー買うなら今月ですよ。

Mini velo, RALEIGH
本日入ってきたお知らせです。当店でも主力選手な英国ブランド「Raleigh(ラレー)」が来月から、残念ながら値上げになります。。。来年モデルで仕様変更するモデルは新モデル入荷時に値上げとなる予定ですが、仕様変更しない継続車種についてはもう来月から値上げになります。 当店で常に在庫しているミニベロ達としては以下3車種が10月からの値上げ対象です。 RSS現在の価格:60,500円 → 10月から:62,000円(税別) RSM現在の価格:60,500円 → 10月から:62,000円(税別) RSP現在の価格:92,500円 → 10月から:94,000円(税別) どれも1500円ほどの値上げなので、最小限に抑えてくれていますが、どうせ買うなら安いほうが良いですよね。と言うわけでこの秋から自転車乗ってみようかな、と思ってた方は今月中に見に来てくださいね。ラレーはほんとよく出来た優等生ばかりなので、僕たちもきちんと良いところや他の車種との違いと説明させていただきます。ご来店お待ちしておりますー。 英国つながりのお知らせ。9月22〜24日の3連休はMoultonの試乗会です。気軽に乗れるTSRシリーズから、なかなか試すことのできない高級車まで、モールトンのシルキーなフォーリングを試すチャンスです。お見逃しなく!
お待たせ!メリノ届いたよ。

お待たせ!メリノ届いたよ。

ご予約頂いていたお客様分を組み立て整備していたら日が暮れちゃったので狭い店内の写真しかありませんが。。。。延期に次ぐ延期の末にようやく届きました。CRAZYSHEEPの16インチキッズ自転車「Merino(メリノ)」です。 今回の入荷は、レッド、ターコイズ、グレーの3色。店頭には他にも前から在庫していたグリーンとチョコレート、ブラックもあります。(チョコとブラックは生産終了カラーでラスト1台です。) 今回から残念ながら値上げとなりまして、32,000円(税別)になっていますが、軽量なアルミフレームで、弱い力でもしっかり効くVブレーキなど、内容を考えれば致し方ないかと思います。 店頭にはこちらも人気のTokyo bikeのLittleもあります。どちらも可愛いですが、よくよく見ると違いも多い(フレーム材質とか)ので気になっている方は店頭でご相談ください。詳しくご紹介いたします。 適応身長の目安は90センチから。店頭でまたがってチェックしてみてください。4歳の誕生日プレゼントとしても人気ですよ。今回はお待ち頂いていた方が多かったので、店頭在庫も早めになくなる可能性があります。もしお目当の色があれば事前に在庫確認がオススメです。(お問い合わせはこちら。) ちなみに、送料かかっちゃいますが通販も可能ですよ。
Bruno 2018モデルまだ手に入りますよ。

Bruno 2018モデルまだ手に入りますよ。

BRUNO, Mini velo
このところモールトンやE.B.Sのようなちょっとマニアックな商品のご紹介が続いてましたが、今日はみんなの人気者。Brunoさんです。ミニベロ専門店の当店ですからBrunoに関しては最近あまりご紹介できていなかっただけで、実は毎年相当な台数を販売させていただいております。ですので店頭のストックも極力切らさずおいているのですが、自転車業界は秋〜年明けにかけてが年度切り替えの時期でして、在庫が減っていく時期でもあります。 気になる2019モデルは? 2019モデルの詳細については、また改めて車種ごとに紹介していこうと思いますが、全体的には値上げ、もしくはスペックダウンになる予定です。素材の価格が上がってたり、その他諸々の事情でこればっかりは致し方無いですね。ミニベロのラインナップに関しては、新モデルや大幅なデザイン変更というのはありません。いち早く詳細を知りたい方は店頭でご相談ください。 2018モデルもまだ在庫あります。 今現在入って来ている情報ですと各モデルとも少々値上げになりますし、カラー変更も一部の車種ではあるのですが、カラーは年式問わず気に入ったものを選んでいただきたいので、Brunoの購入をご検討中の方は来年モデルを待つより2018モデルを選ぶのが得策の場合もあるかもしれませんよ。 本日(9月9日)時点で在庫があるのは・・・ Mixte F 52,000円(税別)スカイブルーとディープグリーン Mixte F Black Edition 52,000円(税別)ベージュとクールグレー※クールグレーはUNPEUオリジナル仕様です。 Minivelo Road Drop 86,000円(税別)レッド(460mm・510mm)とブルー(460mmのみ) Ventura 115,000円(税別)レッド前後にBrooks製バ
ミニベロにピッタリなフロントバスケット「WALD 1352」

ミニベロにピッタリなフロントバスケット「WALD 1352」

カゴ・キャリア・バッグ
街乗りライフスタイル系のミニベロが大得意な当店。もちろん実用的アイテムとしてのフロントバスケット(前かご)のご用命もたくさん頂いております。 最近の個人的ビッグヒッツとしましてはこちらの「WALD 1352」でございます。アメリカはケンタッキー州で1905年からバスケット一筋で作り続けているWALD社の製品は以前から当店でも定番アイテムとして扱っていましたが、本日ご紹介はそんなWALDさんの今まで国内入荷していなかった製品で今までより深型で実用的になっています。 今までの定番はWALD 137 今までの定番モデルはWALD 137というちょっと浅めのバスケットで、バスケット、というよりはフロントラックに柵がついている、といった感じのものでした。ワイドサイズの139というのもあります。浅めの137に荷物をてんこ盛りにして、ネットやゴム紐で留めるというのがとても可愛い使い方なのですが、実用面を考えるとママチャリみたいな深いカゴが便利なのは致し方ないところでした・・・ WALD 1352はミニベロに最適なのです。 今回ご紹介のWALD 1352は137に比べると深さが約2倍。137のように荷物が転げ落ちる心配はありませんね。そしてミニベロ専門店としてこれをオススメする理由がちゃんとありまして・・・ミニベロってどうしてもハンドルからタイヤまでの距離が長いので今までのWALD137だとどうしてもちょっと高めの位置に付ける事になってタイヤの上に空間が出来てしまいます。これはこれでWALD独特の太めの足がいい感じですし、バランスを微妙に崩す感じがカスタム感があって悪くない組み合わせなのですが、スマートさ重視の見た目でカスタムしたい時にはちょっとクセが強すぎるのです。そんなわけでWALD 1352はミニベロ特有の事情に合っていて最良のバランスとなるのです。
Leaf long picnic

Leaf long picnic

E.B.S
今日のブログは当店のInstaramからの転載です。読みものとしても面白いインスタなのでチェックしてみてくださいね。velo_life_unpeu Instagram ツーリングバイクからライフスタイルまで他にはない視点で自転車作りをする手作り自転車結社「E.B.S」よりE.B.Sらしいインダストリアルなオーダーのカラーリング。そしてお客様の要望と僕のワガママでスタートしたsuper bigなフロントバスケット。 これだけ見るとなんでも積めそうないい感じのカーゴバイク、って感じなんだけども実は何かがそのまま乗る様になってる。 答えは「可愛い柴犬。」製作前に持ってきてもらったキャリーバッグを計測して、後ろにはキャリーのベルトが巻けるように。視界を妨げないように、ギリギリのところに枠を。 後は皆様ご存知ミニベロ専用の両立スタンドで停車時の安定をハンドルが振られないように強めのスプリングで走行時の安定を国産パイプでひとつひとつ作られたフレームは良く走り、走りも重量もかなり軽いです。 で、もうひとついつもと違うところに工作を。ABUSのロックは自社設定のセキュリティレベルが7を超えると、通常使用での盗難被害にお見舞金がついてて、10万円返ってくる。もちろんかなり丈夫な鍵で、まず切れないけど、10万円ってのははじめてのハンドメイドバイクを買う、駐輪するって時にはかなり精神的負担を軽減してくれるはず。 そんでUNPEUで一番売れてるABUSの「BORDO LITE LV.7」はドリンクホルダーの台座にそのままオンできるようになってる所を活用して、手元ですぐ鍵を出せるようにフロントバスケットに組み付け。せっかくオーダーするなら便利なところに便利なものをつけよう◡̈ こういった車体以外の特別製作は、お金がかかるって