毎日営業しています!大阪・南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

Blog

E.B.S FLOAT451R

E.B.S FLOAT451R

E.B.S / tobira, Mini velo, Recommend Post
E.B.SのFLOAT451Rの在庫車を製作しました。クロモリ素材の”しなり”を活かす、シーステーを長く取った独特のフレームデザインに、kitt designの3バトンカーボンホイールにコンポーネントはアルテグラをチョイス。 例えば、エッジの効いた見た目に反してしっかり抑えの効いた乗り味だったり、そのフレームに硬いカーボンホイールが絶妙な面白さだったりするのですが、この自転車についてはあまり蘊蓄を語るより実物を肉眼で見て、デザインやディテール、ハンドメイドバイクの面白さを感じ取っていただければと思います。 もちろん1台限定の在庫です。即納可能です。(税別428,000円) ...
Bruno Mixte ブルホーンカスタム

Bruno Mixte ブルホーンカスタム

BRUNO, Mini velo
続く時には続くものでして、、、このところ立て続けにBruno Mixteのカスタム依頼を頂戴しております。今回はブルホーン! こぢんまり、可愛いMixteですが、レザーサドル&バーテープが白いフレームに映える上品な街乗りスポーツに変身しました。 実はこちら、元々はチャイルドシートを付けてお子様乗せ仕様でずっと使って頂いていた自転車でして、チャイルドシートももうそろそろ卒業、ということで晴れて第2のキャリアを歩んでいただく事になりました。 自転車屋やってて個人的に一番嬉しいのはこういうカスタム。1台をずっと長く乗っていただくのが自転車や冥利に尽きるというものです。そんな訳で、フレームがホワイトなだけにそこそこ汚れていたのも結構真剣に磨き上げて、この先ずっと使ってもらえるようにしています。そもそもこういう大きなカスタムをするタイミングじゃないと分解して清掃なんてできませんもんね。 ちなみにお預かりした時にはボトムブラケットが半分抜けてました。これではすぐにチェーンが外れますね。。。こういうのもきっちり治してこれからも末長く乗っていただきます。 別件ですが、前回ご紹介したドロップバーへの変更カスタムもほぼ同様の内容でもう1台ご依頼いただいております。今回も綺麗に仕上がっております(自画自賛) ...
Bruno Mixte + ドロップハンドルでコンパクトなツアラーに。

Bruno Mixte + ドロップハンドルでコンパクトなツアラーに。

BRUNO, Mini velo
なんだか久しぶりな気がしますが、BrunoのMixteのカスタムご依頼を頂きまして。。。今回はサイクリング仕様という感じでドロップハンドルに変更です。個人的にはミキストタイプのフレームでドロップハンドルというのは好みのタイプなのでしが、いざ小径車でこれを実現しようとするとなかなか全体のバランスが歪になりまして難しいのであります。。。今回の場合はハンドルバーを超浅曲がり&超コンパクトなDixnaのバンディーを使用することで綺麗にまとまった気がします。きっとこれが最適解というやつでしょう。 ちなみにこちらが取り付け前に下ごしらえしておいたハンドル一式。もともとのハンドル周りをズボッと抜いて、ドンっと置き換えます。その後ワイヤーを適正な長さのものに変更したら出来上がりです。そんな訳でとてもコンパクトで可愛いミニベロツアラーが出来上がりました。 そもそもどうしてこのMixteをベースにドロップハンドル化することになったかと言いますと、、、オーナーさんがやや小柄な女性だったので、という訳なのです。フレームサイズ(シートチューブ:サドル下のパイプ)が420ミリで街乗りにも適したフレーム形状なのでサドル-ハンドル間も短めなのでドロップハンドルに変更しても比較的無理のない乗車ポジションでお乗りいただけますね。 この仕様だとだいたい身長が140センチ台の方からお乗りいただけます。逆にスラリと長身の方はごめんなさい、やや小さすぎるかも。。。 今回はちょっと大掛かりなハンドル交換でしたけど、もともとのストレートハンドルから手前にやや曲がったプロムナードタイプへの変更やグリップ変更なんかのプチカスタムも承ります。特にBruno Mixteあたりはご提案できるカスタムの引き出しも多いほうですので、色やデザインが気に入ってるんだけどもうちょっと...
Grown Toddがやってきた。

Grown Toddがやってきた。

Mama`s & Utility bike, 子供車
当店2階のキッズ&パパママフロアに久々の新顔です。16インチのキッズバイクで名前はTodd(トッド)って言います。3歳後半〜7歳ぐらいまで乗れるサイズ感で、キックバイク(ストライダー的なやつね)を卒業した子や初めて自転車に触れる子用のサイズです。4歳の誕生日プレゼントってケースも多いかな。 さてこのトッドを作っているのがGrownていうブランド。他にも20インチミニベロのEVERYとかこれからもいろんな車種の登場が予定されているんですけど、実は僕たちNNPEUのスタッフも開発には参加しています。 自転車の設計は京都に工房を構えるE.B.S、デザインはRawLow Mountain Worksさんが担当しています。キッズ車にあるまじき気合の入ったカッコイイヘッドバッジとキノコちゃんマークが可愛いでしょ。 フレームは軽量なアルミ製です。お子さんの脚力で動かすわけですから僕たち大人のモノサシで軽いとか判断したらダメですが、とりあえず軽いに越したことは無い訳で、見た目の可愛さを損ねない範囲で軽量なアルミ素材を採用しています。 あと特筆すべきはブレーキ。一昔前のマウンテンバイクってみんなこのVブレーキっていう形式のブレーキが使われていました。要するにそれだけ制動力が強いってことで、お子さんの小さな握力でもしっかり効いてくれます。でもってブレーキ本体とセットになるブレーキレバーはちゃんとお子様サイズで小さな手にも馴染む大きさで安心です。 さてそんな新人トッド君ですが、カラーバリエーションは4色。グレー、ピンク、ベージュ、ブルー。どの色にもブラウン色のサドル・グリップにアイボリーのタイヤが可愛いです。価格は32,000円(税別)でございます。色によっては残りわずかなものもありますのでお早めにどうぞ。 ...
TSR-9 Duck Egg Blue

TSR-9 Duck Egg Blue

Mini velo, MOULTON
ブログで告知するべきかどうか、ちょっと迷ったんですけど・・・・モールトンのTSR-9、今までにないちょっと可愛いヤツが届きました。 コロナの影響で世界的にはかなり自転車の需要が高まっておりまして、特にモールトンのように世界中に展開しているけれどそもそもの生産台数が多くないブランドの場合、商品の確保が今かなり難しい状況になっています。 でもそんな中、ひょっこり届きました。「ダッグエッグブルー」っていう可愛い水色?のTSR-9です。あひるの卵の青色です。ミント色って言っちゃってもいい雰囲気ですが、とても上品で可愛い、薄めの青緑ですね。(事前情報ではもっと青かったんですけど実際は緑に近いです。オースチンヒーレーの水色をイメージしてたんですけど、BMW Miniのアイスブルーみたいな色でした。)もちろんMoultonではこんな色は今まで作ってなかった訳で、TSR-9を作っているパシュレー社の別の車種で採用されている色なんです。どう言う経緯で作られたのかは不明ですが、新色と言うよりスポット物と考えた方がいいかもです。まぁ経緯はどうあれとりあえずめちゃくちゃ可愛いヤツが届きました。2台です。2台しかありません。西日本ではウチにしかありません。(東日本だと姉妹店のTicketにございますよ。1台のみ。) パーツ構成はいつもの通りのTSR-9です。お好みに合わせて手を加えて頂いても楽しいかと。僕のオススメとしては、クイルステム化とグリップ&サドルはハニー色のレザーにしましょうかね。フレームの色が可愛いのでワイヤーなども変更して黒色を減らしたらもっと可愛くなると思います。 なお前途の通り、モールトンは特に商品の確保が難しくなっていまして、TSR-9の場合、次の入荷は来年かもしれません。モールトンのご購入を検討されていた方はこのチャンスを逃すとしばらく...
ミキスト?スタッガード?女性にもオススメのミニベロ

ミキスト?スタッガード?女性にもオススメのミニベロ

BRUNO, Mini velo, tokyo bike
女性のお客様からのご相談も多い当店。女性へのオススメはこれが全てでは無いのですが、今回はよくご相談いただく「スカートなんかでも服装を選ばずに乗れますか問題」を解決してくれる車種に限っていくつかご紹介してみようと思います。 今回ご紹介するのはどれもトップチューブ(サドルの前の跨る部分のパイプです)が後ろ下がりになっていて跨ぎやすいフレームデザインになっています。自転車用語では、ミキストとかスタッガードって言われる種類のフレームです。 紹介するのは、RALEIGH、BRUNO、tokyobike、Grownのそれぞれ女性にもオススメな跨ぎやすいモデル。余談ですが、こちらもよくご相談いただくお悩み??なのですが、、、車輪が小さいからって、いっぱい漕がないと進まない、なんてことはないですよー!少なくとも今回ご紹介する車種で都市部の使用においてスピードが物足りない、なんてことはほぼ無いと思います。どの車種も前ギヤが普通の自転車よりウンと大きい&後ろギヤも可能な限り小さい物が付いていますので、ペダル1回転で普通よりたくさんグルグル車輪が回ってくれます。(逆に言えばこういう調整ができていない低価格な自転車はいっぱい漕がないと進みません。。。) さてと、車種のご紹介を・・・ RALEIGH RSM 当店でもトップクラスに売れている自転車ですね。RALEIGH(ラレーと読みます)はイギリスの超老舗自転車ブランド。自転車マニアなおじ様も黙らせる歴史あるブランドです。この先10年・15年・ひょっとすると20年、長くなり続けてお年を召されても色褪せない重みがありますね。過去のブログでも触れているのですがRALEIGHさんの自転車の作りはとても真面目。細部に渡るまで手抜きやコストカットのないパーツ選びがされています。例えば、車輪のハブ、ブレーキ...
電動アシストBESV PSA-1がチョイモデルチェンジです。

電動アシストBESV PSA-1がチョイモデルチェンジです。

BESV, Mini velo
(↑こちらは旧デザインです。) 梅雨が開けて一気に夏本番ですが、、、同時に電動アシスト自転車のお問い合わせが増えております。コロナの影響もあって公共交通機関ではなく自転車で通勤を、とお考えの方もさすがにこの暑さで汗だくで自転車に乗るものちょっとなぁ。。。となる気持ち、よくわかります。 そんな折ですが、当店では一番人気のBESV PSA-1がちょっとモデルチェンジします。と言っても変わるのは塗装だけ、フレームデザインやパーツ類は一切変更なしです。 基本的なデザインの方向性は今まで変わりなく、他社の電動アシスト車とは一線を画す都会的なデザイン性は今までどおりです。新デザインは写真の通りでホワイト、レッド、イエロー、ブラックに加え限定生産のピンク(大部分は白だけどね。。。)が用意されます。入荷時期はお盆明けを予定しておりますが、具体的な日にちはお問い合わせいただければと思います。すでに新デザインの方ではご予約も頂いております。(ブラックに関しては初回入荷分は全て完売となっておりますので、本日時点ではブラックの納期は9月になる予定です。) 価格は新デザインになっても変わりなく185,000円(税別)です。価格だけを捕まえるとややお高い?と思われる方もあるかもしれませんが、前後サスペンションが付いて、満充電での航続距離90キロ、加えてこのデザイン性と考えれば、他社製品よりやや高いぐらいなのでどちらかと言えばコスパいい方だと僕は思います。タイミングが良ければ店頭に試乗車がございますので乗ってみてください。きっと価格に相応の乗り心地とパワー感を感じてもらえると思います。(試乗ご希望の方はできればご来店前にご相談いただけると助かります。) ちなみにもうちょっと贅沢してみたい方は、カーボンフレームのPS-1をどうぞ。こちらは今現在は入荷待ちです...
在庫届いたよ!little tokyobike

在庫届いたよ!little tokyobike

Mama`s & Utility bike, tokyo bike
写真は先日ご来店頂いた女の子からもらった”夢のじてんしゃ”の注文書。残念ながらご希望ぴったりの自転車は見つけられなかったけど、店頭のもので気に入ったのを選んでいただきました。(さすがにむらさきのタイヤはハードル高かったね・・・・ごめんなさい) さて、春ぐらいからずーっと品薄で、ご予約必須だったlttle tokyobikeですが、徐々に在庫が揃って参りました。本日時点の在庫状況としましては、モモ・アイボリー・シダーグリーン・ミルク・タンジェリンといった感じです。あ・く・ま・で、本日時点の在庫です。日々状況はコロコロ変わりますので、ご希望の色がある場合は事前にお問い合わせくださいね。 こちらは、今シーズンからの新色、ミルクとタンジェリン。男の子も女の子も使えてとても可愛い色ですね。 人気のピータボロの木製前カゴや犬のカギも在庫ありますよ。 ...
Moulton TSR-9久々の入荷です。

Moulton TSR-9久々の入荷です。

Mini velo, MOULTON
コロナの影響で工場がストップしていたせいか入荷状況が混迷を極めているMoultonなのですが、急遽2台ほど入ってきました。なんでもイギリス国内で販売予定のものが少しあぶれたようで。。。 今回の入荷はモールトンの中でも一番スタンダードなTSR-9の分割タイプ、色はホワイトとバーガンディの2色です。バーガンディは今までTSR-30で用意されていたカラーですが、ちょっとイレギュラーで生産されたようです。ホワイトの方は今までもごくたまに入荷がありましたが、フレームデザインの美しさが映えるので僕は個人的にも結構好きな色です。 価格は305,000円(税別)、もちろん完成車価格です。上位機種(所謂お城製など)とくれべてどう違うんですか?ってよく聞かれるのですが、フレームの造りや素材など全体的に違うのですが、簡単に言うと、上位機種の方が軽くてしなやかです。「軽さ」と言う指標については軽い方が良いに決まっている、と言う意見に異論はございませんが(ただし、コストに一番響く部分でもあります)、「しなやかさ」については僕個人としてはTSRシリーズのフレームの硬さ+前後サスペンションの動きの良さ、という組み合わせは非常に好きです。モールトン以外の自転車と比べると圧倒的に違うフレームのねじれ剛性の強さをしっかり感じていただければきっとモールトンの虜になると思いますよ。 余談ですが後ろに写っているグレーのSSTは本日嫁いで行きました。TSR-9も次回の入荷は少し先になりそうですので、きになる方はお早めに店頭で実物をご覧ください、特にバーガンディは写真では伝わりにくい渋い色なので実物を見ていただきたいです。 ...
Moulton博士生誕100年記念モデル

Moulton博士生誕100年記念モデル

Mini velo, MOULTON, Recommend Post
 兼ねてからマニアの間では噂されていましたモールトン博士生誕100年記念モデルがやっと正式発表の運びとなりました。 Moulton New Series Century - a tribute to Alex Moulton 「Century(センチュリー)」と名付けられたこのモデル、フレームデザインはNewシリーズと同様ですが、モールトンのオリジナルへのオマージュとして17インチで再設計されています。 完成車とフレームセットのみの2タイプでの販売ですが、生産台数は100台限定となります。カラーは写真のオリーブグリーンのみ、フロントディレーラーは取り付けできない設計になっています。 完成車の方はSRAM製1x11コンポーネントで、リアは9-36tとなっていますのでフロントシングルの17インチでも安心の設計です。また、ウイッシュボーンステムにモールトンオリジナルの「サファリ」ハンドルバーがセットになっています。このサファリハンドルバーは扱い安い浅めのドロップでモスキートハンドルバーと同様にトップ側が内側に絞られた形状になっています、このステムとハンドルが付いているだけで完成車を選ぶ理由としては十分かと思います。 最後に気になる価格ですが、、、フレームセット:104万円完成車:125万円という設定です。去年発表されたコーンエディションもですが、完成車の価格設定が安すぎない??と思ってしまいます。フレームセットもNewシリーズですがステンレスではなくクロモリ製なのでいい感じのお値段ですね。 入荷はおそらく来年初頭(今年が100年記念なんですが・・・)かと思われます。世界で100台限定ですし、価格設定もかなり良心的ですのでご予約必須です。”じっくり検討してから・・・”という暇はないかもしれません、お早めの...