大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

Blog

大人の普段使い自転車 Tobira T-26

大人の普段使い自転車 Tobira T-26

tobira, 大径車(26インチ〜)
国産ハンドメイド自転車の「tobira」 限定生産の26インチがまだ購入可能です。 個人的には大人の男性の通勤車として使って頂けたらきっと素敵だろうと思っています。 現在UNPEUにある在庫車は雰囲気あるグリーン。 黒や紺系のスーツとも相性いいと思います。 イギリスのビンテージ自転車のような雰囲気も少し感じさせるtobiraですが、作っているのは前途の通り国内生産。京都のE.B.Sの工房で作られています。 使っているパイプも国産のカイセイ024を使用しています。 スポーツ車ではもう少し肉薄で軽量な022や019パイプが使われますが、こちらは頑丈さ優先の024。街乗り車はこうでないと。 写真の車体についているバッグは別売りで、車両価格は85,000円(税別)です。国産の自転車(しかもE.B.S製!)でこの値段はとりあえず1台買っといて損は無いと思います。 毎日暑いですが、日が落ちた会社帰りにでも見に来てください。夜8時まで営業しております。
CRAZYSHEEP Romney 親子で乗ったらきっと自転車が好きになると思います。

CRAZYSHEEP Romney 親子で乗ったらきっと自転車が好きになると思います。

CrazySheep, Mama`s & Utility bike
今日、お昼にちょっと外出する際にお店の試乗用のRomneyを借りたんですが、久しぶりに乗るととても楽しい自転車ですね、漕ぎが軽くて、ハンドル操作も安定していて、速くはないけどゆったりした姿勢でちょっとそこまで、を走るにはとても気持ち良い自転車です。 と、言うわけで、先日から機会があれば紹介しようと思っていた店頭在庫のRomney君を紹介します。 お子様乗せ仕様であります。 E.B.S製の頑丈なウッドボトムバスケットにHamaxのチャイルドシート、あともちろん頑丈なRomney専用両立スタンド(こちらもE.B.S製)も付いて、今すぐでもお子さんとお出かけできるように仕上がっております。 テーマ的にはママさんだけじゃなくてお父さんにも乗ってもらえそうな、乗る楽しさと実用性を良いバランスで両立させています。 スタンドは今回から改良されまして、より動きがスムーズになりました。 Hamaxのチャイルドシートは不要な時はベース部分を残して、工具無しでスポっと抜くことができます。 これなら使い方の幅が広がりますね。 写真のこの状態でお値段は111,000円+消費税。 イチゴちゃんのヘルメット(よく間違われますがスイカじゃないです。)は別です。 程よいお値段に収まってます。 あとは必要に応じて泥除け付けたりも可能です。 とても乗りやすい自転車なので、あまり普段から乗ってなかった奥様もお子さんと一緒に乗ればきっと自転車でのお出かけが好きになるんじゃないかな、って思います。 検討中の方はぜひ店頭で試乗して見てくださいね。
雨上がりのサビ対策のお話。

雨上がりのサビ対策のお話。

BRUNO, Custom
大雨の被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。 当店も、常勤スタッフのうち2名が出勤できない状況になり、臨時休業とさせて頂きました。 かく言う私も出勤できなかったうちの1名でして、大雨でこんなに不安な思いをしたのは初めてです。 実を言うと、5日〜6日で自転車ソロキャンプに出かけるつもりでコツコツ準備してたので残念です。。。。 梅雨が明けたら紹介しようと思っていたのですが、散々雨に振られたので、このタイミングでこんなご案内を。 お客様ら度々いただくご相談なのですが、「部品のサビ、落とせませんか?」とよく聞かれます。 頑張れば落とせない訳では無いのですが、労力(=作業工賃)を考えれば部品ごと交換した方がいい場合も多いです。 例えばココ。 BRUNOのベストセラー「Mixte F」のフロントブレーキワイヤーのガイドです。 メッキ処理されていますが、どうしても錆びます。気になりだすと走行中でもチラチラ見えるのでテンション下がりますよね。 そんな訳でサビにくいアルミ製に交換してしまいます。 この部品に変えることで、ワイヤーの曲げ角度も緩くなるのでブレーキレバーの動きもスムーズ、非常にいけてる部品です。 部品自体は1000円ぐらいで作業工賃は数百円〜2000円ぐらいです。ワイヤーを新調しないといけない場合もあるので、作業工賃は前後します。 そのほかにもサビたネジやチェーンもサビたら交換するのが手っ取り早いです。 ネジは100円ぐらいで新しくなりますので、店頭でご相談ください。
Float451S RAWフィニッシュ 店頭完成車

Float451S RAWフィニッシュ 店頭完成車

E.B.S, Mini velo
先日のブログで紹介しましたFloat451Sのフレームを組み上げてみました。 実は過去にもFloat451をRAWフィニッシュで組んだ事例は結構あるのですが、何度見ても素晴らしく雰囲気のいい1台に仕上がっています。 RAWの質感にシルバーパーツ、レザーサドル。小細工のないこの雰囲気がたまりません。 僕はE.B.Sの持つ性格の一つに「道具っぽさ」があると勝手に思っています。 LEAF LONGのような実用的なモデルやカーゴバイクも作っているからなのか、競技者から作り手に転身したチーフビルダーの佐々木さんらしい実用主義を感じさせる雰囲気からなのか、過度な装飾や必要以上の作り込みはありませんが、実直に使っていて楽しいいい仕事をする自転車だと思っています。 今日ご紹介するこの1台も、RAWフィニッシュにした事でその道具っぽい性格がより感じて頂けるのではないかと思っています。 見ようによっては無骨や素朴と言う言葉が連想されるRAWフィニッシュですが、いい素材と、職人の手仕事、ブランドやモデル設計思想などいろんな要素が合わさる事でとても深みのある表情が出ていると思います。 今回は割とオーソドックスな組み方で、ダイアコンペのハブで組んだホイール、スギノのクランク、日東のステムハンドルと日本製品多めですが、サドルはブルックスのスイフトです。 ペダル別売ですが、展示車に限り230,000円+税で販売致します。サイズはSサイズです。 先日紹介したMサイズの方もまだフレームの状態で在庫していますのでご希望の方はご相談ください。
お買い得仕様のTyrell FX 即納可です。

お買い得仕様のTyrell FX 即納可です。

Folding, TYRELL
そろそろ梅雨明けでしょうか?(関東地方はもうしたとかしてないとか?) そんな日にぴったりの爽やかカラーのFXをご紹介します。 カラーはターコイズ、ギヤ周りはSimano Tiagraを使った10速(フロントシングル)でホイールはTyrell AM3と言った標準的かつ即戦力な仕様であります。 が、しかし。 タイヤだけSCHWALBE(シュワルベ ) 1( ワン)が付いています!しかもお値段は通常のまま(189000円+税) シュワルベ ワンはタイヤだけで前後で22,000もしますので、かなり大きいと思います。 ちなみに標準仕様のタイヤ「シュワルベ デュラノ」は2本で6,800円です。 自転車の乗り味が一番変わるのがタイヤの交換ですので、初めからミニベロ用タイヤの最高峰「シュワルベ ワン」が試せると言うのはなかなかいいでしょ? もちろん2台限りのご提供です。 この夏は折り畳み自転車でしまなみ海道とか言ってみたいなー、とお考えの方、 いいチャンスだと思いますよ。写真映えする綺麗なカラーのFXで行ってみませんか?  
Raleigh RSC 久々の入荷です。

Raleigh RSC 久々の入荷です。

Mini velo, RALEIGH
英国の老舗ブランド「 Raleigh(ラレー)」のミニベロのフラッグシップモデルというか、いま販売されている現行のミニベロの中でもフラッグシップの1つと言っても間違いないモデル「RSC」が久々に店頭に並びましたよ。 若干車名がわかりづらいラレーの車種なのですが、基本的にはそのモデルの素性を示す単語の頭文字の組み合わせになっています。 「RSC」の場合は ・R:Raleigh(ラレーの) ・S:Small Wheel(小径車の) ・C:Carlton(カールトン) という意味になります。 「Carlton」というのはRaleigh社の中で昔から続くスポーツ車部門のサブブランド名(元々は別会社でした)で、要は本気のクラシックスポーツ社ですよ。という証です。 大雑把に言うとメルセデスとAMGみたいな関係でしょうか。 ざっくりとスペックを紹介しますと、 ・クロモリフレーム(素材は英レイノルズ社520チューブ) ・カーボンフォーク ・シマノ105コンポーネント(変速系・ハブ・ブレーキ・ワイヤーも!) ・クランクとチェーンリングはSugino製(105だとこのモデルにはギヤ比が不十分なので) 他にもフレームの細かな作り込みや、完全にスポーツ向きなジオメトリなど、紹介したい点は多いのですが、説明しきれないので、店頭でご説明させてください。 個人的にも好きなモデルなので、いつもよりちょっと手間暇かけて組み上げました。 ユルさの無い設計のフレームは立ち姿も美しいですね。 サイズは2種類あるうちの大きい方、520mmです。 身長170cm代前半の方にぴったりです。 価格は155000円+税です。 Raleighの車種はどれもそうなのですが、全体的にコスパが良いですね。 普通サイズのロードバイクじゃなくて敢えてミニベロで!
Manhattan M451SDは素材とコスパに注目。

Manhattan M451SDは素材とコスパに注目。

先日のブログでも軽く紹介していました、ManhattanのミニベロM451SDでございます。 Manhattanのトレードマークとも言える長ーいフロントフォークと細身でスッキリしたシルエットが特徴を踏まえつつ、スポーティにしあげた"S"とディスクブレーキ仕様の”D”でもってM451SDと言う商品名になっていると勝手に理解しています(合ってますでしょうか?メーカーさん) あまり知られていないんですが、実はM451シリーズのフレーム素材って、車種グレードによってちょっと違うんです。 どちらもイギリスのレイノルズ社製のクロモリを使用していますが、街乗り向けモデル(M451Jなど)には堅強なレイノルズ500のシングルバテッド菅を、スポーツ向けモデル(M451SDなど)にはレイノルズ520のダブルバテッド菅を使用しています。 と言うわけで、今日ご紹介のM451SDにはレイノルズ520が使われています。 ダブルバテッドと言いまして、パイプの肉厚が2段階に薄くなっている菅で軽。パイプ肉厚は0.8-0.6-0.8mmです。 ちなみに今現在の店内で全く同じパイプを使った自転車はないのですが、一番近いパイプを使用しているのはなんとモールトンです。こちらはレイノルズ525と言うパイプで、金属の組成は520と同じですが、作っている工場が違う、と言うだけです。(525:イギリス製/520:台湾製) 素材のウンチクが長くなりましたが、それもこれもこのM451がクロモリ素材の良さを感じさせてくれる乗り味だからこそ。 ミニベロの場合、ホイールが小さい分フレームが大きくなりますので、ミニベロのフレーム素材って実は重要なのかもしれませんね。 そう言う部分をきちんとやってくれているManhattan M451SDですが、扱い安いシマノ CrarisのSTIレバーに機械式ディ
まさにハンドメイドの魅力が詰まったE.B.S Float451S

まさにハンドメイドの魅力が詰まったE.B.S Float451S

E.B.S
みなさま地震の経経過はいかがでしょうか? 当店は特に被害もなく通常運転しております。 そんな折、塗装工場から届きましたのがこちら、E.B.SのFloar451Sでございます。 今日届いたということは、地震のその日にもお仕事されてたんですね、ありがとうございます。 色はRAWフィニッシュという金属の素地にクリア塗装をしただけの仕上げにしています。 ただそれだけではつまらないのでシートステーの集合ラグのみに色を着けてみました。 RAWというのは、直訳すると”生”とか”生地”という意味で、このフレームも金属の生の質感を感じさせる仕上げになっています。 正確には、まず溶接が終わったフレームを磨いてから艶のあるクリアーでコーティングしています。ほんとうに生のままだと錆びますもんね。。。 ですので、溶接の際に用いるロウの金色がところどころに見え、パイプ表面の鉄の質感など、手作業で作られるフレームの息使いが感じられます。 サイズはSとMがそれぞれ1本ずつで、Sのほうは渋みのある赤(ボルドー色)で、Mのほうは濃い目の緑(ブリティッシュグリーン)でラグ1か所のみ塗り分けています。抑えが効いてて渋いチョイスだと思います。 Float独自のフレームデザインもあって、全身RAWでも相当な存在感があるのですが、一部を塗り分けにすることで既製品にはないカスタム感というか、色気があるというか・・・店頭で実物を見ていただけると良さをわかって頂けると思います。 なんだか色の話に終始しましたが、今までの組み上げた事例やFloatの特徴については過去のブログをご覧いただければ幸いです。 このフレームは今後、組み上げて完成車の状態にして店頭に並ぶ予定ですが、今すぐお声掛け頂ければフレームのみでの販売も可能です。その場合はフレーム+フォークで14万
Manhattan M451シリーズ入荷

Manhattan M451シリーズ入荷

長めのフロントフォークが特徴的なManhattan のM451シリーズが届きました。 英レイノルズ社製のクロモリパイプを使用し、クロモリの優しい乗り味+ふらつきにくい安定感と操作しやすさを重視したフレームデザインになっています。 今回の入荷はドロップハンドル+ディスクブレーキ仕様のM451SDと、フラットバーのM451J。 今日はM451Jをご紹介しますね。 Manhattanを選んでいただいているお客様はなんとなく僕のイメージですが、センスが良い。服装とか、振る舞いとか。。。 そんなお客様と呼応してこのM451Jもなかなかセンスが良い仕上がりでございます。 カラーは「Patina」という色名でして、、、 馴染みのない色名なので辞書引いて見ました。 <古さび、緑青、古つや、古色、古趣>という意味らしいです。 ちょっとはっきりしない感じですが、グレーのような緑青のような感じで落ち着いた雰囲気ある色合いです。 街乗りや普段使いには服装や風景に馴染みやすい絶妙に良い色だと思います。 僕の文才では表現できないよ、と脳内のもう一人の僕が言ってるので説明は割愛しますが、本当にいい色です。 全体的に眺めてみると、、、 ちょっと専門的になりますが、フロントフォークの角度やシートチューブの角度、ハンドル・サドルの距離感などなどとても乗りやすそうな設計がされています。 他の車種と見比べるとわかりやすいので是非店頭で見てみてください。 ちなみに写真のサイズは小さい方の440mmです。他メーカーだと小さいフレームは460mmぐらいが多いんですけど、さらに小さめになっています。 しかしながらフロントフォークが長くてクロモリの細いパイプで構成されたデザインなので小さいサイズでもスマートな印象なのが良いと思います。
当店オリジナルWレバー台座。レバー付きで販売しています。

当店オリジナルWレバー台座。レバー付きで販売しています。

Custom
  コンスタントにご用命いただいております、当店オリジナルのクイルステムWレバー台座。 1インチクイルステムにシフトレバーを取り付けられる台座でございます。 スポーツ車ではほとんと見なくなって久しい、というかスポーツ車でもこのステム形式を使っていた時代があることを知らない人も多くなって来てるのでは。。。。と言うぐらいニッチなジャンルになってしまっているクイルステムですが、当店取扱の商品では結構普通。よく使います。かっこいいです。 例えばCRAZYSHEEPやRALEIGH、BRUNOのミニベロや街乗り系モデルではこのクイルステムを使っています。 クロモリのフレームによく似合う細身でシンプルな外見や機能的にも色々と優れた点もございます。 さて、今日ご紹介するのはそんなクイルステムにシフトレバーを取り付けてしまおうと言うパーツです。 どんな時にこのパーツが欲しくなるかと言いますと・・・ ・ドロップハンドルを使用するけどSTIレバー(ブレーキとシフトが一体型になっているレバー”デュアルコントロールレバー”とも言いますね)はスポーティーすぎて使いたくない。 ・ミニベロなど、特殊な形状で、フレーム(ダウンチューブ)にシフトレバーを取り付けにくい。またはそもそも付けるための土台がない。 ・ドロップ以外のハンドルバーで直径が23.8mmなどの、普通のシフトレバーがつけられない場合。 ・ハンドルまわりをシンプルですっきり見せるためにハンドル以外にシフトレバーをつけたい場合。 主にこんな感じでしょうか。 当店の得意パターンとしては、モールトンTSRのフロントフォークを加工してクイルステム化した上で、このレバー台座を使うと言うもの。 こちらもブログでも紹介していますのでご参考にどうぞ。 そんなニッチなご要望にお