毎日営業しています!大阪・南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

Blog

カタログにもホームページにも載っていないDAHON HIT

カタログにもホームページにも載っていないDAHON HIT

DAHON, Folding, Recommend Post
世界最大の折り畳み自転車メーカー DAHON折り畳み界のリーディングカンパニーとしての凄みを感じさせるモデルが入荷しました。 DAHON 「HIT」 このモデル、カタログにもホームページにも掲載されていません。今年になって急遽企画・生産されたモデルです。その背景はやはりコロナウィルス。今年6月、こんなメッセージとともに情報が入りました。 「HIT」・・・「Hit the pandemic」= 「パンデミックに打ち勝つ」という想いを込めて命名されました。 コロナ禍により日常生活が一変し、ライフスタイルの変化に乗じて、世界的な自転車ニーズの高まりをみせています。 現在世界的に自転車の安定供給が困難な状態が続いていますが、ライフラインの一つでもある自転車を枯渇することなく供給したい、 コロナ禍でも通勤や外出しなければならない人へ少しでも活用していただければという想いを込めて、急遽このモデルが特別に開発されました。 ライフスタイルの変化、自転車ニーズの高まり・・・僕ら自転車店も日々感じていますが、どちらも日本だけでなく世界規模で変化していますので例えば自転車の商品の安定供給という面ではかなりの影響が出ています。そんな状況でも急遽作れるものを作って少しでも供給していこう、現状をプラス方向に回していこうという意思が詰まっています。さすがはダホンさん、行動の規模感が違います。 ではどんな自転車か紹介していきましょう。まず先に言っておきます。価格は47300円(税込)です。嘘みたいな価格です。でもどうやら嘘ではないみたいです。何回も確認しました。 フレーム素材はアルミ。折り畳み方式はダホンではもっとも多く採用されているハンドルを畳んだフレームの内側に収納する収まり良くてコンパクトなタイプです。色はブラックのみですがフレ...
UNPEUオリジナル 56tナローワイドチェーンリング

UNPEUオリジナル 56tナローワイドチェーンリング

Custom, Mini velo
僕らミニベロ(ほぼ)専門店のUNPEUスタッフが欲しかったパーツ。どこにもなかったので制作しました。 マウンテンバイクの世界ではもう当たり前になっているナローワイドチェーンリングですが、この技術を使ったミニベロ用の歯数の大きなチェーンリングが欲しかったんです。ナローワイドチェーンリングっていうのは、文字どおりギヤの歯先がナロー(薄い)とワイド(厚い)が交互に並んでいてチェーンの凸凹の形状にピッタリとハマってくれるという世紀の大発明パーツであります。 これがあるとどういう点でメリットになるかと言いますと。今までフロントギヤがシングル(変速機が無い)の場合だとギヤの外側にチェーンガードと付けたり、内側にチェーンキャッチャーと付けたりと何かしらのチェーン外れ防止対策が必要でした。そこでこのナローワイドチェーンリングを使うことで一切のチェーン外れ防止グッズ無しで問題なく乗れるようになります。 事例を挙げてみますと。こちらのtern Surge。おそらくSurgeにお乗りの方は少しは気になっていると思われるフロントギヤのたわみによるフロントディレーラーへのチェーンタッチ。強く踏み込んだ時などにチェーンの擦れるガガガ・・・という音がしてしまいます。その解決策として、ちょっと乱暴かもしれませんがフロントシングルにしてしまうことでフロントチェーンリングも無くしてチェーンタッチを無くしてしまうことができます。何よりフロントシングルなので見た目がスッキリしてフレームのかっこよさが際立ちますし、ギヤ歯数もオリジナルの52tから56tに増えますのでトップ側の変速も1〜2段余裕を持って使うことができます。ほんとこれ全てのSurgeユーザーに採用して欲しいカスタムです。ちなみに写真のSurgeはクランク自体もアップグレードしてホイールも韋駄天に変えています。ここまで...
UNPEUオリジナル モールトン用シートポストシム

UNPEUオリジナル モールトン用シートポストシム

Mini velo, MOULTON, Recommend Post
昔々、UNPEUオリジナルで制作していたモールトン用シートシムが復活いたしました。 早速店頭のTSR-9につけてみましたが、非常にいい感じです。この展示車の場合、ステムも細身のクイルステムに変更しているのでステムとシートピラーが締まって見えて、トラスフレームともいい感じに調和しますね。 もともと太さ31.8mmというかなり太めのシートピラーを使っているモールトンですが、このシムを使うことで一般的な27.2mmのシートピラーが使えるようになります。ロードバイクのカーボン化により31.8mmのシートピラーも若干の選択肢が増えていますし、見慣れてきた感もあるのですがやはり細身のピラーもキリッとしていてかっこいいですね。 通販もしていますので是非ともご利用くださいませ。>> 通販はこちらからどうぞ「モールトン用シートポストシム」 ...
Grown HUNT 新色来ました。

Grown HUNT 新色来ました。

GROWN, Mini velo, Recommend Post
久々の入荷です(って最近どの車種でも言ってるような・・・)のGrown HUNT。待望のLサイズ(560mm)も入荷しました。 スタンダードながら洗練されたバランスのフレームデザインはE.B.SのHorizontal451譲りのしっかり煮詰められた設計を(ほぼ)そのまんま受け継いだからこそ。非常に優等生なモデルです。 今回の入荷では新色の「チャコール」が登場。予想ではもっと深いグレー系を想像してたんですが、意外にも明るめなチャコールで非常に印象いいです。代わりにと言ってはアレですがオートミール色は入荷していません。。。。オートミールはSサイズのみしか残っていませんし、残り僅かですので気になっている方はお早めに店頭へお越しくださいませ。 ちなみにHUNTは前途の通り優等生君なのでいろんなカスタムも受け付けてくれる懐の広いやつです。以前のブログでもご紹介していますが、プロムナード系のゆったりハンドル&前かごも実は定番スタイル。ちょっと小慣れた街乗りスタイルにはぴったりだと思います。その他、ドロップハンドルやブルホーンも良いですし、乗られる方のお好みに合わせて作り替えていくのがHUNTらしいスタイルなのかなと思います。ぜひ店頭でご相談くださいませ。 ...
DAHON Speed Falco久々に入荷しました。

DAHON Speed Falco久々に入荷しました。

DAHON, Folding
ダホンのスタンダードモデルの1つ、と僕は思っています。Speed Falco(スピード ファルコ)ダホンはラインナップが豊富なので、ディスクブレーキだったり、変速段数が多かったり魅惑的なモデルも多数ありまして、ご用途に合わせて選べる振り幅の広さが魅力ですが、一番シンプルに輪行やサイクリングを楽しむためのスタンダードはこの車種じゃないかな、と。 しっかりしていて、振動吸収性や力の伝達性にも優れたクロモリ素材のフレームはシンプルなストレートなデザイン。実はSpeedシリーズって軽く10年以上続いているので年々進化していますが、安定した実績を持っています。そのフレームにトラブルの少ないフロントシングルxリア8速。ブレーキもまあそれなりに必要十分なVブレーキです。 そんなスタンダードなSpeed Falcoですが、素質がいいだけに僕らカスタム自転車屋としてはどうしてもさらなる性能アップや快適性アップを目指してカスタムしたくなる訳であります。僕がまず手をつけるならペダル・タイヤ・グリップってとこからでしょうか。お使いの用途や目指すところに合わせてお好みにカスタムしやすい車体なので店頭でお気軽にご相談いただければうれしいです。 今回の入荷は写真のマットガンメタルとマットブラック。マットガンメタルは写真で見るより暗めの色合いです。人気車種なので売り切れる前にお急ぎください。価格は98,780円(税込)です。 あ、ちなみに畳むとこんな感じ。ハンドルを外側に畳むタイプなので畳んだサイズは最小クラスではありませんが、ハンドル周りの自由度が高いのと、操作が簡単なのがいいですね。 ...
ダホン愛が溢れている DAHON D-ZERO

ダホン愛が溢れている DAHON D-ZERO

DAHON, Folding
ダホンさんの商品開発の振り幅はいつも僕らの想像を超えてきます。あるときは折り畳みミニベロに恐ろしく高級なコンポーネントを載っけてきたり、綺麗に畳めるようにリアディレーラーを自社開発したり、あるときは他メーカーさんのそっくりさんが出てきたり・・・・。そして今回もやってくれてます。オールドダホン風のルックスで、ダホンなのにほとんど畳まない(!)自転車。自由すぎないか? 最初このモデルの話を聞いた時はちょっとどう対処していいかわからなかったんですが、実物見てみると個人的にはすごく好きです。ルックスからしてもオールドダホンそのままですしダホン愛が溢れている、そんなモデルです。 で、僕がここで申し上げたいのはこの可愛いルックスについて。もちろんオールドダホンそのままのデザインですが、今の現行車種でこんな脱力系デザインは無いいんじゃないかな。と思います。もちろん自転車って軽くてキビキビ走ればそりゃあ気持ちいいですけど、普段使いの自転車にそういうのは求めていないゆるのりくん(R)な方には絶対おすすめのユルさですので、「私にはコレじゃないかしら」と思った方は早めに検討したほうがいいと思います。このユルさ感はダホンさんじゃないと出せません。もう一歩踏み込んで申し上げるとすると、ユルいユルいと言っていますが実は構造的もしっかりしていて実際に乗ってみるとバランス良くしっかり進んで扱いやすい自転車なんですが、この辺は話すと長くなる上に面白くないので割愛します。 ちなみに自転車屋目線で見ると、当時の雰囲気漂うロゴと金属製フェンダー(現行の他車種はプラスチック製)に開発者の愛をひしひしと感じます。 ちょっと機能的なお話もしておくと、メインフレームそのものは畳めませんが、ハンドルとペダルは折り畳んで、サドルはぐーっと下がりますのでマンショ...
UNPEUは大径車もやってます。FIRDALEも取り扱いスタート!

UNPEUは大径車もやってます。FIRDALEも取り扱いスタート!

E.B.S / tobira, FIARDALE, 大径車(26インチ〜)
”大径車”って言葉が世間一般でどれぐらい浸透しているのかわかりませんが、もともと小径車が得意な僕らvelo life UNPEUのスタッフは26インチ以上の自転車を大径車って呼んでます。ミニチュアプードルが世間では一般的だから普通サイズのプードル(子供の背丈ぐらいあるやつね)をわざわざスタンダードプードルって呼ぶような感覚でしょうか。 前々からその26インチ以上の所謂”大径車”がじわじわと強化していってます。メインは1階の奥の方。店のスペースの都合上かなり詰め込んで並んですが僕らUNPEUらしい街乗りに最適なシングルスピードやクロスバイク的なものなど選りすぐっておいております。基本的には僕らのチョイスなのでスポーツ用品的なルックスのクロスバイクやロードバイクはちょっと苦手です。逆に街に馴染むシンプルで扱いやすさ・心地よさ重視のものが得意ですので街乗りや通勤派の皆さまもご安心ください。 2階には納車前のお預かり車両とちょっとこだわり深めの車体を置いています。こちらはご納車前のtern Grit。このフロントバスケットとの組み合わせが今シーズンのちょっとしたヒットになっています。Gritの車体そのものはあと数台在庫がありますが購入検討中の方は絶対急いだほうがいいです。 こちらはこだわりのE.B.S 。メイドイン京都。基本的にオーダーメイドなので店頭で打ち合わせをさせていただいて数ヶ月の制作期間を経てお渡しになりますが、たまに即納できてちょっとお買い得な在庫車も置いていますので店頭でチェックしてみてください。 でもって、今日お伝えしたかったもう一つのこと。「FAIRDALE」(フェアデール)の取り扱いを始めました。フェアデールはBMX界のレジェンドライダー”タジ・ミヘリック”が立ち上げた自転車ブランドで、BXRライダーらしい、複雑...
Moulton TSR-9 展示車のご紹介(もうすぐ在庫も届く予定です)

Moulton TSR-9 展示車のご紹介(もうすぐ在庫も届く予定です)

Mini velo, MOULTON, Recommend Post
相変わらず入荷状況が読めないモールトンですが、完全に店頭からなくなってしまっては困るので店に1台飾ってあります。TSR-9の非分割タイプ、色はブラックです。モールトンは大量生産の他のメーカーさんと違って、1台づつ仕上がったものから出荷されるので、不安定ながら全くずーっと入荷がない、と言うこともないのでこうやって次の在庫が届くまでの間展示しています。 せっかくの貴重な1台なのでよりよく見栄えするようにカスタムを施して店頭展示しております。カスタムのポイントはフレームのブラックをどう活かすか。という点。ホイールを完全に真っ黒なカーボンバトンホイールにして、クランク周りもオールブラックに。こうやってブラック成分を多くして、ブレーキやハンドル、シート周りなどにチラチラと入るシルバーがブラックの光沢感をより引き立てる、そんなバランスを目指しています。 僕の個人的な製作中イメージでは「Black beauty」(←ギブソンの黒いギターの愛称です)という言葉がキーワードとしてずっと引っかかってまして、あちらは艶々のブラックにゴールドのハードウェアが入って、深いブラックの光沢感がギターの曲線美を強調する美しさなんですが、このモールトンもそんな雰囲気でブラックのツヤ感の色っぽさが強調できれば合格かなって思ってます。 そんな訳で、必要以上のシルバーパーツや野暮ったいクランク類はちょっと退場頂いて、黒系でまとめつつ、でも真っ黒にすると(見た目に)重くて品がなくなるのでシルバーでハイライトを加えるという感じにしています。 実際のところ、完成度を高めるためにはまだまだカスタムしてみたいポイントはたくさんあるのですが、最低限のところで止めています。あとはお客様の感性で最後の仕上げをするも良し、このまま乗ってみて少しずつ手を加えていくも良し、と思...
RALEIGH RSP

RALEIGH RSP

Mini velo, RALEIGH/ARAYA
指令が下りまして、RALEIGH RSPをカスタムせよと。ホンジョのフェンダーとイケてるハンドルバーに替えよと。 そんな訳で、即制作。ホンジョは東京は墨田区にある本所工研謹製のジャパンメイド。日本の伝統的なランドナー・ツーリング自転車の系譜ではホンジョかそれ以外か、というぐらいのブランドです。そんなホンジョさんの代表的な製品がこの亀甲模様のフェンダーなんですが、こちらどうやってこの凸凹をつけているかは門外不出の技術なのだそうです。実際他のメーカーさんでも同様の凸凹柄フェンダーはありますが、凸凹が浅かったり、間隔が大きかったり、表面がざらざらしていてこんなにキリッとしていないものが大半です。こんなに素晴らしくて全自転車好きが絶賛するホンジョさんですがこれがもう最高に手間のかかるやつでして、、、普通のフェンダーは自転車本体に取り付けるネジ穴などは最初から開いているのでネジで繋いでいくだけ、せいぜいステーの長さを調整する程度です。しかしホンジョの場合はフェンダー本体には何の金具も付いていない、ネジ穴も開いていない。自転車の形状に合わせて、寸法をとってネジ穴を開けたり金具をつけたりしていきます。もちろんおかしな場所に穴を開けてしまったらそれで終了。使い物にはなりません。(格安ママチャリ1台分のお値段です)ですので慎重に、一つ穴を開けては仮組みして次の穴の位置を決めて、また仮組みして・・・・・このRSPの場合ある程度の寸法のイメージはできているので比較的早いとはいえ前後の取り付けに時間をたやすこと数時間。苦労の結晶により取り付けたフェンダーはこんな感じ。通常のフェンダーに比べてアーチが深い作りなのでタイヤの太さに合わせてタイヤにピッタピタに”攻めた”セッティングに。渋いです。。。。 ハンドルは、ノーマルのものもクラシカルなドロップ部分がまん丸に曲がってい...
UNPEUオリジナル。お子様乗せBRUNO Mixte

UNPEUオリジナル。お子様乗せBRUNO Mixte

BRUNO, Mama`s & Utility bike
マジックアワーの大阪・南堀江からこんばんは。ブログ担当の長髪メガネです。(そろそろ髪切ろうと思います)僕が自転車の仕事に就いた時にはもうすでに人気車種だったので軽く10年以上のロングセラーになっているBRUNOのMixte。小ぢんまりしていて誰にでも乗りやすいサイズ感で、特に小柄な女性にはおすすめしております。当店の場合、写真のとおりチャイルドシートを着けてお子様乗せ仕様でご用意させて頂くのもすっかり定番化しております。 お子様乗せ自転車にありがちな大柄な電動アシストじゃなくて、軽くて小さくて取り回しの良いもの、お子様を乗せなくなってからも気分良く乗り続けたい、という自転車をお探しの方には手前味噌ですが大変好評なのであります。 ポイントは当店オリジナルの専用スタンド。お子様の乗せ降ろしの際にも安心の安定感。これが子供乗せ自転車には必須条件になります。でもなかなかこういった変速付きの準スポーツ車的なミニベロに合うスタンドって市販されてないんです。なので自分たちで作りました。ちなみに他の車種にもこのスタンドを取り付けたい、というご要望を頂くことが多いのですが、取り付け部分の作りがBRUNO Mixte専用になっていますので他の車種には取り付けできません。ごめんなさい。 他にノーマルと違う点はハンドル形状。前のせタイプのチャイルドシートだとお子さんが乗るスペース(お母さんの懐あたり)を広く取らないといけないのでハンドルを大きく手前に曲がっている「プロムナード」と言われる形状のものに変えています。 基本的には上記2点の変更で完成です。後ろ乗せチャイルドシートの場合はハンドルはノーマルのままでもOKです。 この展示車には前カゴも付けています。ちなみにバッグはブルーラグさん謹製のこの前かごにぴったりサイズのトートで...