大阪・南堀江と中津のライフスタイル自転車専門店

BESV

【BESV PSA1】電動アシスト自転車を新生活のお供に!

【BESV PSA1】電動アシスト自転車を新生活のお供に!

BESV, 電動アシスト
こんにちは、ナナです🐷春の陽気を感じれるような暖かい日が増えてきましたね。ぽかぽか気持ちの良いお天気の日にサイクリングを楽しめるように自転車のメンテナンスは済ませておきましょうね👌さて、もうすぐ、新生活が控えている方々も増えてきていることかと思います。私自身も転居を控えており新しい生活がスタートする予定です。その時に、今使っている自転車が転居先で果たしてちゃんと活躍してくれるのかと考える機会になりました。実際、転居先のことを考えると電動自転車がベストなんですよね。新生活で、就職や転勤を控えてる方たちも同じ悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。そこで、今回は電動自転車を紹介しようかと思っています。転勤や就職で転居される方で、勾配のある地域に転居される方は必見です! BESV PSA1 余計なものを取り払ったからこそできた、すっきりと美しいフォルム。海外で、数々のデザイン賞を受賞し、日本においてもグッドデザイン賞2017を受賞しました。アルミフレームを採用したエントリーモデルでありながら、高性能バッテリーを搭載し、フル充電で90kmの航続が可能。デザインと走行性能において、ハイパフォーマンスのベストセラーモデルです。小型フルカラー液晶ディスプレイは、9つのパラメーター(※)を自由に選択表示できるサイクルコンピューター機能を搭載しています。また、スマートフォンとの連携機能で、ナビ機能や走行データの記録も可能です。(※)速度/平均速度/最高速度/走行可能距離/総走行距離/ケイデンス/パワーメーター/時計表示/カロリー公式サイトより引用 ・独自アルゴリズムを組み込んだオリジナルの駆動システム・直感的なスマートモード機能を含む4つのモード(Mode1~3+Smart Mode...
Besv / PSA-1

Besv / PSA-1

BESV, 電動アシスト
こんにちは、ナナです!寒くなったのでお布団を変えたり、アウターを出したりしているうちに、部屋の模様替えと大掃除がはじまって本来の目的が何やったか忘れかけていたナナです!(笑) 今回は電動自転車、BesvのPSA-1を紹介したいと思います!🚲🚲まず見た目は、他の自転車にはないような、シンプルおしゃれ感。そんなシンプルの中にも、フレームやバッテリーの形で個性がしっかり出ているので、シュッとしたアーバンな雰囲気も感じられるなァーと。最近、街中で走ってるのを見かける事が多いんですが、やっぱり他の電動自転車とは一味違う感じします。"かっこえ!"って周りの人が振り返っちゃうんじゃないかなァって思ったり…!ちなみに、PSA-1はグッドデザイン賞2017を受賞しているらしいですよー! そして、電動自転車で重要になってくるのって、どれぐらいアシストしてくれんのー?ってところと、バッテリーの持ちはどんなもんなのー?ってところかなと思うんですが、アシストに関しては、私が初めて試乗してみた時「うわぁぁぁあああ!w」って声が出たくらいアシストしてくれました(わかりづらい笑)。漕ぎ出しのスピードの立ち上がりがめちゃくちゃ良いし、1漕ぎ目の"うんとこしょ"感が全く無し。グーンと後ろから優しく押してもらってるような、そんな感覚でした。漕いでる最中も、少し漕ぎにくさがあるような坂道とか段差があるような場所とかになると、また優しくアシストしてくれるので、漕いでる最中に頑張って踏み込むような感覚は無かったです。そして、バッテリーの持ちは、フル充電で90キロ!日常使いだったら1週間充電しなくてもバッテリーが持つレベル。めんどくさがりな私にはめちゃくちゃ魅力的に感じる部分です。バッテリー部分が三角なのもなんかおしゃれで魅力的~。バッテリーの取外しは鍵を刺したら取...
BESV PS-1

BESV PS-1

BESV, 電動アシスト
当店ではコンスタントに人気の電動アシスト自転車BESVのPSシリーズ。アルミフレームのPSA-1とカーボンフレーム(!)のPS-1の2車種が特に人気で、価格はPSA-1が215,600円とPS-1が316,800円(税込)とざっくり10万円の違いがあるのですが、ここ最近の傾向でいえばPS-1の方がやや人気という感じです。 なので本日のブログはPS-1とPSA-1の違いについて、10万円だけの価値はどこにあるのか、という点を中心にご紹介したいと思います。 PSA-1(アルミフレーム)とPS-1(カーボンフレーム)の違い。 まずはフレーム素材。なんと言ってもこの違いが一番大きいのです。これにより車体重量はPS-1は17.4kg、PSA-1は19.6kgと2.2kgも違うんです。後述しますがもちろん他のパーツも違うので総合的に、ですがカーボンフレームに占める割合はかなり大きいと思います。17.4kgといえばだいたい一般的なママチャリぐらいと思ってください。 デザイン面でいえばこちらは個人の好き・嫌いもあるかと思いますが、基本的には同じデザインコンセプトで、PSA-1はパシっとアルミらしい直線で構成されたデザイン。PS-1はカーボンならではの成形特性を活かして艶かしい曲線を描いています。今回の写真はレッドなので特にまるで某スーパーカーのような力強くもあり、セクシーさも感じるような曲線がめちゃくちゃカッコいいです。 次に大きな違いはブレーキ。どちらもディスクブレーキですがPS-1は油圧式。軽い力でバチッと止まります。電度アシストの場合、車重がどしてもそれなりになりますのでブレーキがしっかりしているのはストレスがぐんと減ります。せっかく電動アシストで漕ぐ力が少しで済むのだからブレーキも極力少ない力で楽に動作して欲しいですよ...
電動アシストBESV PSA-1がチョイモデルチェンジです。

電動アシストBESV PSA-1がチョイモデルチェンジです。

BESV, Mini velo
(↑こちらは旧デザインです。) 梅雨が開けて一気に夏本番ですが、、、同時に電動アシスト自転車のお問い合わせが増えております。コロナの影響もあって公共交通機関ではなく自転車で通勤を、とお考えの方もさすがにこの暑さで汗だくで自転車に乗るものちょっとなぁ。。。となる気持ち、よくわかります。 そんな折ですが、当店では一番人気のBESV PSA-1がちょっとモデルチェンジします。と言っても変わるのは塗装だけ、フレームデザインやパーツ類は一切変更なしです。 基本的なデザインの方向性は今まで変わりなく、他社の電動アシスト車とは一線を画す都会的なデザイン性は今までどおりです。新デザインは写真の通りでホワイト、レッド、イエロー、ブラックに加え限定生産のピンク(大部分は白だけどね。。。)が用意されます。入荷時期はお盆明けを予定しておりますが、具体的な日にちはお問い合わせいただければと思います。すでに新デザインの方ではご予約も頂いております。(ブラックに関しては初回入荷分は全て完売となっておりますので、本日時点ではブラックの納期は9月になる予定です。) 価格は新デザインになっても変わりなく185,000円(税別)です。価格だけを捕まえるとややお高い?と思われる方もあるかもしれませんが、前後サスペンションが付いて、満充電での航続距離90キロ、加えてこのデザイン性と考えれば、他社製品よりやや高いぐらいなのでどちらかと言えばコスパいい方だと僕は思います。タイミングが良ければ店頭に試乗車がございますので乗ってみてください。きっと価格に相応の乗り心地とパワー感を感じてもらえると思います。(試乗ご希望の方はできればご来店前にご相談いただけると助かります。) ちなみにもうちょっと贅沢してみたい方は、カーボンフレームのPS-1をどうぞ。こちらは今現在は入荷待ちです...
もう他のは乗れなくなるかも。BESV再入荷です。

もう他のは乗れなくなるかも。BESV再入荷です。

BESV, Mini velo, 電動アシスト
この春から非常にたくさんのご用命を頂いております電動アシストのBESVですが連休の最初にすぐ売り切れてしまってせっかくの連休中なのにオススメのBESVを見てもらうことができす。。。。 本日再入荷いたしましたのでご案内致します。あ、明日も追加で1台入荷します。 今回の再入荷は最もスタンダードなPSA-1。価格はお手頃(185,000円)ながらBESVらしい他の電動アシスト自転車とは一線を画す超オシャレなデザインに、前後サスペンション搭載で乗り心地も最高でございます。 僕は長年自転車屋やってきまして、こうやってブログ記事をもう数千件書いてると思うんですけど「乗り心地」って言葉はほとんど使ったことがないんです。なぜかって言うと「乗り心地」って人それぞれ感じ方が違いますし、いわゆる「乗り心地」がよく感じる"理由"を僕らは伝えないと、と思ってたんですが、、、このBESVは単純に乗り心地がいいです(笑)電動アシストの楽さも言うまでもありませんし、もうこれに慣れてしまったら他の自転車には乗れなくなるかもしれませんよ。 では乗り心地のいい”理由”をご紹介しましょう。もちろん、一番の要素は前後に装備されたサスペンションですね。前はコイルスプリングを使ったトラベル量(へっこむ量ですね)50mmのものを使っています。街乗りだとちょうどいい?もしくはトラベル量ありすぎ?ぐらいの感じです。乗られる方の体重に応じて硬さの調整はできるのですが全体的にはかなりソフトなサスペンションです。ちなみにあまり使われる方はいないかもですが、全く動かなくするロックアウト機能もついています。後ろはコイルスプリングではなくエアサスです。空気を圧縮してクッションにしています。こちらも乗られる方の体重に合わせて空気圧を調整しますのでお好みに合わせて調整させていただきます。 ...
BESV 電動アシストはじめます。

BESV 電動アシストはじめます。

BESV, Mini velo, 電動アシスト
ついにUNPEUにも電動アシストの波がやってきました(遅っ)今回、取り扱いを開始したのはBESVという電動アシスト専門のブランド。「ベスビー」って読みます。 見ての通りとてもお洒落。所謂ママチャリの延長上にある電動アシスト車とは一線を画していますね。実物をじっくり見ても細部まで安っぽくないきちんとした造りで、デザイン先行じゃなくて製品としてすごくしっかりしているのが解ります。 さっそく実際に乗ってみましたが、まぁ快適。前後サスペンションで歩道の凸凹も全く気になりませんし、何より車体が軽い!今回入荷したPSA1のカタログスペックでは19.6kgで、上位モデルののPS1よりは2キロちょい重いのですが、この重量なら走行中はまず何も気になりませんし、小径ホイールととコンパクトなフレームデザインのせいもあってか非常に取り回しが良いです。 バッテリー満充電での航続距離は約90km。日本国内で使える規格なので時速20キロ手前ぐらいからアシストが弱くなり始めるのでもちろんビュンビュンスピードがでるわけじゃないですけど、普通にボーッと漕いでいても20キロ〜22キロぐらいで巡航できます。ただただ足を回してさえいれば一定ペースで走ってくれますし、前後サスペンションで路面状況に神経を尖らせる必要もない、ほんと何も気にしないでボーッと乗れてしまいます。そのぐらいのペースでのんびりサイクリングするのも楽しいかもですね。 ちなみにアシストの特性は、漕ぎはじめから一瞬遅れてググッとアシストが始まる安全&やさしさ設計です。(海外製の電動ユニットに多く見られるタイプですね。)自転車の運転がやや不安。。。という方には漕ぎ出しが不安定になりにくいので安心ですよ。あとブレーキも電動ユニットに繋がっていまして、ブレーキレバーを握っている間はアシストが切れる「エ...