毎日営業しています!大阪・南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

Mini velo

Moultonのレストア

Moultonのレストア

Mini velo, MOULTON
2度目の緊急事態宣言になりましたが、自転車屋としましては普段と変わらずいつも通り営業しております。 さてこんな真冬でしかも不要不急の外出を自粛となると自転車や各店がお勧めしますのがレストアやオーバホールなどでありまして。春や秋に比べて少し時間の余裕を作りやすい時期なので、レストアやオーバーホールなど大きな作業もしっかり対応できるわけです。 そして早速頂きましたのがこちら、Moulton APB。90年代前半ぐらいの生まれだと思います。なかなかやり甲斐ありそうな雰囲気でしょ?サスペンションのスプリングがヘタっていてコシが抜けたような感触でしたので、スプリングや関節部分のパーツを新品に交換いたします。諸般の事情によりフロント部分のみの写真になっていますが、他には前後車輪の交換とリアドライブトレインをまるっと2020年代のパーツに載せ替えてまだまだ走って頂きます。 Moultonの場合、APBやAMなんかでしたらサスペンション周りの消耗品、スプリングやワッシャー、ピストンなどが今でも入手可能です。しかも国内輸入元のダイナベクターさんが在庫持ってくれているので、1週間もしないうちに手に入っちゃう。30年前の自転車としてはかなり神がかっていると思いませんか? そんなわけでこちらも約1週間で作業完了。一部現在のパーツがそのまま付かないとか、固着してる部品があったりとか困難もありますが、まぁそれぐらいは僕らにとっては想定内。作業そのものは半日レベルです。 こんな感じでお手入れ次第ではまだまだ現役で走ってくれるモールトン。購入した当初とは生活スタイルも異なっているでしょうし、今乗りたい仕様でガラッと違う雰囲気に変えてみるのもお勧めですよ。っていう内容で姉妹店のvelo style TICKETさんもブログをしたためております。ご興味ある方はぜ...
tern Surge / silk polish

tern Surge / silk polish

Mini velo, Tern
ほんとは小声で紹介したいところなんですが・・・最後の1台を店頭に出しましたのでご紹介を。 ternのSurge 2020年モデル”シルクポリッシュ”です。サイズは52cm。これが最後の1台です。 2021年モデルでは作られていないカラーです。写真だとちょっとわかりづらいと思いますが、アルミのフレーム素地を磨いて磨いて磨いで・・・・仕上げにクリア塗装をしています。要するにアルミそのものの質感です。ピカピカに磨き上げているわけではなく薄いヘアライン仕上げで柔らかな光沢感がまたいい表情を見せてくれています。 2021年モデルには残念ながらラインナップに含まれていませんが、制作工程で大量に粉塵が出てしまいますので、制作されている方々の手間や安全を考慮すると致し方ないですね。 というわけでラスト1台(クドイ)早いもの勝ちになると思いますので、ご興味ある方は(コロナ禍なのに申し訳ございませんが)店頭へお急ぎください。 ちなみにこの写真の状態で店頭に置いています。せっかくポリッシュのシルバーが美しいので、と言う事でホイールもフレームの質感に合わせて韋駄天のスポークがめっちゃ少ないやつに変えています。20インチだと完組ホイールがそもそも少ない世界ですが、このホイールは完全にシルバーパーツで構成されていて、デザイン性も良し、回転も重量も申しぶん無し、そして安い(35,000円也)。 ホイールだけはどうしてもカスタム欲が抑えきれず変えましたが、その他は全くノーマルにしていますので、最後の仕上げはお客様のお好みでどうぞ。(個人的にはもうちょっと質感のいいバーテープに変えたかった)あと付属のペダルでけは如何ともし難いオマケ的クオリティなので是非ともグレードアップして頂きたいという気持ちを表すために、とりあえず外しておきま...
GROWN HUNT

GROWN HUNT

GROWN, Mini velo, Recommend Post
只今12月27日の夕方6時過ぎ。今年の営業も残すところあと1日とちょっと。 29日(火曜日)の午前中まで営業致します。毎年年末はクリスマス向けのお子ちゃま自転車の組立て&ご納車がまとまってやって来たり、年内中にご納車を済ませておきたいご予約済み車両で大忙しですが、コロナ禍の今年もなぜか相変わらず。。。 ブログの更新もやや滞り気味になっておりましたね。 そんな状況でもどーしてもご紹介しておきたかったニューモデルが到着しましたので年末ご納車ラッシュの隙をついてご紹介です。。。 GROWN HUNT 僕らUNPEUも運営に関わっているGROWNのミニベロ、「HUNT(ハント)」が到着しました。 GROWNは僕らUNPEUと同じ傘下にある京都のハンドメイド自転車ブランドE.B.SとアウトドアブランドのRawLow Mountain Worksによる新しい自転車ブランド。準備期間から携わっている僕らからすればもう何年もやってる気がしてますが、2020年にスタートしたばかりのブランドになります。 今日ご紹介しているHUNTは、もともとE.B.Sが作っているHorizontal451というミニベロがベースになっている、っていうかジオメトリ(骨格のサイズ感)はほぼHorizontal451と同じです。 ただどうしてもHorizontal451の場合、国産のKaisei社製のパイプを使ってハンドメイドで仕上げているのでどんなに頑張っても15万円ぐらいはしてしまうんです・・・ そこで、同じジオメトリでもって、台湾のファクトリーさんで一気に大量生産、パーツも最もカスタマイズしやすい構成で完成車に仕上げて・・・という事でグッと身近な価格で作ることができました。実際には使用しているパイプの違いや、ほんのちょっとジオメトリもHorizontal451...
Custom, FUJI, Mini velo, Tern
作業している僕らもテンションがアガるハンドル周りのカスタマイズを続けてご依頼いただきましたのでサクッとご紹介。 まずはこちら。ternのCRESTをクランカーバーに変えてみました。最近注目度が上がっているクランカーバー、僕の周りだけ?って思ってましたがそうでも無いようで、、、アップライトなポジションは今のストリートの雰囲気に合うでしょ? 次に紹介するモデルもそうですが、カスタムのポイントはハンドルだけじゃなくて全体の調和を意識するってこと。このCRESTの場合はグリップとペダルも交換して全体的に硬派なイメージに持って行ってます。ノーマルのままだとともすればクロスバイクっぽく見えちゃうCRESTも一気にストリート感がグッと出てきますね。ちなみ写真だと判りにくいですけどブレーキワイヤーはニッセンのクリアブラックに変えています。普通の真っ黒ワイヤーじゃなくてうっすらと中のステンレスコイルが透けて見えるので自転車全体が綺麗に引き締まって見えます。で、最後の仕上げにちょっとインパクトあるサドルを。これがもし真っ黒サドルだとちょっと寂しくないですか? 続きまして、こちらはFUJIのDECLRATION。正統派ストリート用ピストって感じのDECLARATIONを敢えてのほどよくユルめのハンドルバーに。使っているのはEBS+NITTOのカモメハンドル(EBS-20)大きくバックスイープしていて乗りやすいんですけどライズが0mmなので見た目にもユルすぎずキリッとしてます。手前味噌ながらかなり使えるヤツです。 このカスタムの見どころは、シルバー系のパーツを投入してるってこと。バランスを間違えると有り合せのパーツで組み上げたような、ただのツギハギ感になってしまいますが、ステムを同じシルバーにするのはもちろん、シートピラーも...
2021シーズンのFuji Herion Rはちょっと進化してますよ。

2021シーズンのFuji Herion Rはちょっと進化してますよ。

FUJI, Mini velo
安定の人気で毎シーズンご指名をいただくことも多いFUJIのHerionとHerion R。 HerionがフラットバーでHerion Rがドロップハンドルになります。 今シーズン(2021年度)からはHerion Rがすこーし方向性を変えて出て参りしました。どのへんが?と言いますと。。。。 ステムです。(ハンドルを支えている前向きの棒。)今まではHerionと同じクイルステムという形式で、昔ながらの形式なので軽さや剛性の面で近年のスポーツ車には採用されなくなったのですが、ハンドル周りをシンプルに細くすっきり作れるのでHerionシリーズのような線の細いクロモリフレームにはよく似合います。ところが今年からはHerionはクイルステム、Herion Rはアヘッドステム、と形式をそれぞれ変えてきました。僕個人としては好きですね。まぁ前途の通りアヘッド形式にすることでややゴツゴツした見た目になるのはちょっと残念ですが、クラシックでシンプルなクロモリフレームに今のスポーツ車基準のパーツを組み合わせるそのバランス感は割と好きです。 あと当店ではよくやるんですが、ステムの長さやハンドル形状を変更して体格にジャストフィットにカスタマイズ、というのもやりやすくなります。どうしても高級スポーツ車のようにサイズがたくさん展開されている訳ではない(3サイズで女子から大柄な男性まで対応させます)のでサイズ感がしっくり来ない方やミニベロなので気楽にハンドル近めでゆったり乗りたい方にはハンドル周りの変更をご提案しています。 パーツ関連では、変速系は主にシマノ クラリスを採用して前2段 x 後ろ8段の変速になっています。前にもこのブログで書いたことあるかもしれませんが、クラリスのSTIレバーが価格の割にとにかく使いやすいのでエントリークラスのパーツで...
IDATENホイールに新色レッド追加です。

IDATENホイールに新色レッド追加です。

Custom, Mini velo
選択肢が少ないミニベロ用完組ホイール。当店でもすっかり定番になっている韋駄天のパラレル組みホイールに新色でました。 シルバー、ブラックに続いて出てきたのがこちらのマットレッド。表面がブラスト加工でざらっとした質感にマットな赤色を施してありますのでかなり落ち着いた印象の赤色になります。 とはいえレッドです。使用する車両を選ぶ色ですし、好みも分かれるところでしょう。今回はサンプルとしてternのSurgeにつけてみましたが、こういう組み合わせが多分王道でしょうね。今ざっと店内を見渡しただけでも、KHSのPシリーズ、Fシリーズ、ternのCREST、ManhattanのM451SDなど、上の写真と同様のマットブラック一色のモデルもちらほらありますので、そういう車両にもきっと似合うと思います。 ちなみにアルミ素材はブラスト加工をすると表面の強度が上がります。でもってアルマイト加工することでも強度が増します。実際のところどのぐらい硬くなるのかは、あまり詳しいデータを見たことが無いのでひょっとしたらプラセボ的な話かもしれませんが、数多のスポーツバイク用ホイールにブラックアルマイトが圧倒的に多いことを考えればきっと意味があるのでしょう。何れにせよ(ミニベロは特に)ホイールは硬いほうが良いですし、プラスに働いていると思います。 ホイールそのものは今までのシルバー、ブラックと同じ構成で、軽量リムにシールドベアリングを採用した軽量ハブ(11S対応)にサピムの#14/16という極限の細さのスポークを組み合わせた見た目にもなかなか、清々しいまでにスポークが少ない構成です。レッドの場合は前後セットで36000円(税別)です。他の色よりは少々高くなりますが、性能を考えると安すぎですね。 あと余談ですが、スポーク本数の少なさからスポ...
E.B.S-40クランカーバー発売です。

E.B.S-40クランカーバー発売です。

E.B.S / tobira, Mini velo, ハンドルバー
4作目となるE.B.SとNITTOさんによるオリジナルハンドルバーが仕上がって来ました。 今回は見ての通りクランカースタイル。渋いです。クランカーていうのは簡単にいうとマウンテンバイクっていう自転車が出来上がるちょっと前のスタイル。80年代のお話です。僕自身は90年代のマウンテンバイクブームから自転車に乗り始めた世代なので当時のムーブメントはリアルタイムでは知りませんが当時のことを見聞きすればするほどカッコいいし皆んな楽しんでいて本当にリスペクトしてます。 で、このハンドルバー何ですが、僕らも運営に携わっているGrownのATB「Hey Joe」にコンセプト的にもバッチリ似合います。 https://www.instagram.com/p/CGy7CHVhCHN/?utm_source=ig_web_button_share_sheet そんな渋いクランカースタイルなハンドルバーですが、ミニベロが得意な僕らUNPEU的視点でも非常に待ち焦がれていた製品でして、過去にも他社製クランカーバーを付けてみて非常に好評だったモデルもございますね。 注:上の写真は別メーカーのバーです。 ハンドル幅やバックスイープ角度なんかはかなり煮詰めて日本人でも使いやすいサイズ感(でもダサくならない大きさで!)に仕上がってます。是非店頭で触ってみてください。 ・幅:680mm・バックスイープ:42度・ライズ:80mm・クランプ径:25.4mm・グリップ径:22.2mm・素材:クロモリ※ステムは必ず4本締めタイプをご使用ください。 あ。オンラインショップにも早速掲載してますので遠方の方はこちらからどうぞ。>>UNPEU オンラインショップ ...
E.B.S / tobira, Mini velo
外見ではわからないカスタムメイドHorizontal451 京都に工房を構えるE.B.S のミニベロ「Horizontal451」をカスタムメイドで製作させていただきました。今回のカスタムポイントはなんとパイプ。体格に合わせて標準のパイプよりも少々頑丈なものを使って製作しています。見た目は普通のHorizontal451なんですけど、パイプの厚みが違います。 通常使っているのは福島県のカイセイ社製「022」という品番のパイプですが、今回は同じくカイセイ社の「024」を使っています。古くはランドナーやMTBなんかで使用するのには定番だったスポーツ車の標準的なパイプが022なんですが、特別大きなフレームや体格の良い方には少々頑丈な024というパイプが用意されています。パイプの肉厚は022の場合0.9~0.6ミリ、024の場合は約0.1ミリずつ厚くなります。ちなみにE.B.SのHoboなんかでも使われている軽量な019とかさらに軽いものもございます。(Horizontal451にはちょっと向いてないかもですが) 塗装はE.B.Sの定番になりつつあるマットパーカーRAWカラーです。溶接が終わったフレームを磨いて、その後防錆処理をした上につや消しのクリアー塗装を施した、ハンドメイドらしい金属の質感を生かした仕上げです。防錆皮膜のグレーっぽい色になりますが、溶接部分や金属の質感が透けて見えるので1台ずつ表情が違って面白いです。写真では伝わりにくいのが辛いところです。。。。 コンポーネントはフロント1 × リア10s。自転車の質感に合わせるためにマイクロシフト製のリアディレーラーを使っています。今現在、アルミそのものの質感で作られているものはほんの一握りですし、普通にこういったカスタム車に使用できるものとなると多分もうこれしか無いですね。頑張って...
RALEIGH RSPをストレートハンドルカスタム

RALEIGH RSPをストレートハンドルカスタム

Custom, Mini velo, RALEIGH/ARAYA
年間でかなーりの数をご納車させて頂いているRALEIGHですけどなぜかカスタム事例が少なめなんですね。なぜでしょう?元々の完成度が高いから? でも今回はドロップハンドルの正統派ツアラーRSPをガラッとイメージの変わるハンドル周りのカスタム依頼を頂戴しましたのでご紹介。 元々はクラシックなスタイルのドロップハンドル+ブレーキレバーですが、今回はストレートハンドルにブレーキレバーはオポジット(逆引き)タイプに変更です。 どうでしょう?RALEIGHらしいクラシック感は損なわず、雰囲気ある街乗り仕様に変身です。オポジットレバーは実は指掛かりも良くて見た目以上に使いやすいんですよ。ちょっとカスタム感というか見た目のインパクトも狙えるのでおすすめです。 RSPの場合、シフトレバーにはいっさい手をつけずにハンドル周りを交換できるメリットがありますので、比較的気軽にこんなカスタムも可能です。もちろん他の車種でも承りますので気軽にご相談いただければ嬉しいです。 ...
E.B.S / tobira, Mini velo
ブログ担当ナカが一番乗って欲しい自転車E.B.S のLEAF451をペールトーンで3色仕上げてみました。E.B.Sは僕らが運営にも携わっている今日に工房を構えるハンドメイド自転車ブランドで、国産のパイプ素材(作ってる工場は日本に1件しかございません)を使い1台ずつ職人がハンドメイドで仕上げています。 基本はフレームだけの状態からパーツ構成をお客様と相談しながら作り上げていくのですが、如何せん納車までに時間がかかってしまうのでこうやってすぐに乗れる状態のものも作ったりしています。 今回は僕の好みで可愛めの色で、出来るだけ飽きのこない雰囲気になるように色をチョイスしています。あと、この先永く乗っていただいた時にもしっかり磨いていつまでも綺麗に扱って頂きたいので艶あり塗装にしています。(艶なしマット塗装は強く磨くとテカテカになっちゃうので) パーツ構成は至ってシンプルに。車体の色に合わせてタイヤは真っ黒じゃあちょっと可愛くないので、ブラウンサイドに。他のパーツもキラキラとシルバー系のパーツにしています。ワイヤーもステンレスの芯が透けて見えるタイプで綺麗ですよ。 さて、お値段ですが、、、148,000円(税込)とさせて頂きます。実際にフレームとパーツと塗装代金と・・・と足し算していくともっと高いはずなんですが、怖いから正確には計算していません。正直言ってあんまり利益出てない気もしますが、皆さんに乗って欲しい1台ですのでかなりお得価格だと思います。(どれくらいお得かは怖いから計算していません) とりあえず即納できるのはこちら3台ですのでお早めにご相談いただければ嬉しいです。 ...