毎日営業しています!大阪・南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

Mini velo

2022.4.24~GW モールトン試乗会

2022.4.24~GW モールトン試乗会

Mini velo, MOULTON
気候も良くなってきまして、蔓延防止措置も一旦落ち着きましたので、モールトンの試乗会を開催いたします。もちろんコロナ対策は万全を期した上で開催いたしますので皆様ご協力お願い致します。 今回はTSRとSST推し。最もベーシックなモデルだけどモールトンの凄さは十分詰まっているTSR-9の試乗車をご用意いたします。販売台数で言えばもちろん全モールトンの中ではダントツ1位なTSR-9ですので、その乗り味が気になっている方も多いのではないかと思います。なかなか店頭で実車を見られる機会も、ましてや実際に試乗できる機会も少ないモールトンですので是非この機会にお試しくださいませ。 DV-1も試乗できます!モールトンの国内代理店「ダイナベクター」の日本一モールトンを知る男、富成氏が設計した現代版モールトンとも言えるDV-1の試乗車もご用意いたします。モールトンの設計思想を進化させ、よりシルキーに、より高次元なエンジニアリングで制作されたDV-1もぜひご体験ください。 試乗会だけのご成約特典もご用意いたします。・モールトンお城プレートプレゼント(なくなり次第終了します)・オプションパーツ代金10,000円OFF 車体と同時にご注文いただいた用品やカスタムパーツ代を10,000円引かせて頂きます。 モールトンの価格変更について今年1月に値上げがあったモールトン各製品ですが、昨今の戦争の影響からの輸送費や為替の変動に伴い今後は価格が流動的に変わる可能性があります。近い将来にも今の価格では購入できなくなる可能性がございますのでこのタイミングでご検討頂きたく試乗会を開催いたしました。価格については国内輸入元のダイナベクターさんのホームページもご覧くださいませ。 店頭には現在7台のTSR-9と4台のSSTがございます。かなりレアなカラーや...
RALEIGH RSM + Opposite Brake Lever

RALEIGH RSM + Opposite Brake Lever

Mini velo, RALEIGH/ARAYA
とあるRALEIGH(ラレー) RSMのご納車事例、第2弾です。実はカスタム事例が少ないRALEIGH RSMなのですがまさかの2回連続でのブログでご紹介です。普段は前の記事の通り、前カゴを付けたりとか実用系のカスタムが多い(それだけ完成度が高く出来上がってるから)RSMですが今回は割とガッチリめのカスタムでございます。 ハンドル周りをフラットバー&オポジットレバーで、サドルとグリップはレザーです。ハンドルはかなり特徴ある形になってますね。オポジットレバーと言って普通のブレーキレバーと逆方向に取り付けをするタイプです。ちょっとクセのあるパーツですが、私個人としては大好物であります。操作性も悪くないですよ。このレバーを使うとグリップが通常のハンドルバーに差し込むタイプじゃなくてバーテープを使うことになります。(ブレーキワイヤーを巻き込まないといけないのでね)そうすることでハンドルバーの上は完全にフラットになるのが綺麗ですね。バーテープを広めに巻くのもカッコいいですし、このスッキリしたハンドル周りこそこのカスタムの魅力です。 ハンドルの上がフラットに何もなくなるので見た目がかなりシンプル。悪くいえばちょっと間伸びした見た目になるので、自転車の種類によっては微妙になんだか物足りない感になる場合もあるんですが、Raleighの場合はフレームのグラフィックも伝統あるRaleigh社の歴史にのっとって渋めにデザインされているので非常に調和しますね。ちなみにこのグリップを使用するためにブレーキ本体とシフトレバーも変える必要があります。そこそこ大手術ですわ。 サドルはもちろんBrooksのレザーサドル。このモデルはB-17というBrooksのサドルの源流というべき最もスタンダードなシリーズで...
とあるRALEIGH RSMのご納車事例

とあるRALEIGH RSMのご納車事例

Mini velo, RALEIGH/ARAYA
女性のお客様が多い当店では実はベストセラーかもしれないRALEIGH(ラレー)のRSM。跨ぎやすい「ミキスト」タイプのフレームの20インチ。使用しているパーツ類は信頼性の高いものばかりで構成されているので僕らも安心しておすすめしています。 今回のご納車事例は、もともと乗りやすいRSMですが、さらに優しい乗り味にすべくハンドルバーをプロムナードタイプ(手前に大きく曲がっているタイプね)に変えています。それからRSMをお買い上げの方の8割ぐらいの方にご要望いただいている前カゴも取り付けました。 まずハンドルを。 RSMの狙いどころは、日常使いや通勤から、週末はちょっとしたサイクリングもしてみようかしら。という感じ。なので所謂ママチャリみたいにユルユルな乗車姿勢でどしっとサドルに座り込む形ではなく、緩やかな前傾姿勢(しんどくない範囲です)になるストレートハンドルがついています。それを今回は少々ユルめな方向にカスタマイズ。プロムナードハンドルは手前に曲がっているので前傾姿勢がよどよく緩やかになります。乗られる方の体格はもちろん人それぞれですので場合によってはハンドルちょっと遠いな・・・とか、もう少し高い位置にハンドルあったらいいのにな・・・とか感じられる場合もございます。そういう場合はとりあえず僕らにご相談ください。だいたい何とかなります。(たぶん)今回採用したのは僕らUNPEUのスタッフも意見を出して日東(←泣く子も黙るハンドル界のトップブランドです)さんに作ってもらってるEBS-10ハンドルバー。綺麗なシェイプでRALEIGHの気品を損なわず可愛く仕上がったと思います。ちなみに、ハンドルバーが変わることで、ブレーキやシフトワイヤーの長さが変わりますので、新たに作り直しています。こちらのワイヤーは泉南にあります日泉ケーブルさん謹製。ワイヤー内部...
BRUNO Mixte F(2022.3.1 値下げしました)

BRUNO Mixte F(2022.3.1 値下げしました)

BRUNO, Mini velo
2022年3月1日更新価格が改定(値下げ)になりました。旧価格69,993円 → 新価格59,950円(税込)春の新シーズンからの自転車生活をお考えの方は売り切れ前にご相談くださいね。 本日のブログはBRUNOのベストセラーモデル「Mixte F」MIXTEって書いてミキストてって読みます。この「ミキスト」っていうのは自転車用語でして跨ぐ部分のフレームが2本に分かれて低くなっているフレーム形状のものをこう言います。(正式にはもっと厳密な定義があるようですが難しいことは言いっこなしです。) さてこのミキストというモデル、実はもう10数年作ってるんじゃないかと思います。僕が自転車屋で働き始めた時にはもうすでに生産されていたと思うのできっと10年は軽く経っているでしょう。基本的な設計やフレーム設計はそのままに細かなバージョンアップを繰り返して年々良くなってますね。近年では(念願の!)ブレーキがグレードアップされて、ブレーキタッチも良く、ばちーんと効くようになっています。日頃から整備している私個人としてはいつもブレーキだけが残念だったのでモヤモヤがかなり解消されました。 ミキストの良いところと言えばやはりデザイン。カラーもグラフィックも、ロゴも、どれをとっても絶妙にセンスがいいのですが、自転車屋視点で見るとフレームの造りもなかなかこだわっているのでそういう細部のデザインにも注目してもらえたら嬉しいです。例えばトップチューブの溶接ポイントなんかもこんな感じ。 斜めに切ったパイプの側面で溶接しています。通常だったらパイプ断面でベタっと溶接しますがちょっと凝ってますよね。あとは後ろ三角も緩く曲げられたパイプで構成されています。ほんのちょっとの事ですけど、自転車全体の綺麗さというか格が全然違ってきます。 カ...
ミキスト?スタッガード?女性にもオススメのミニベロ

ミキスト?スタッガード?女性にもオススメのミニベロ

BRUNO, Mini velo, tokyo bike
(この記事は過去に公開されたものの再掲です、製品仕様・価格・在庫状況は現在とおこなりますのでご注意ください) 女性のお客様からのご相談も多い当店。女性へのオススメはこれが全てでは無いのですが、今回はよくご相談いただく「スカートなんかでも服装を選ばずに乗れますか問題」を解決してくれる車種に限っていくつかご紹介してみようと思います。 今回ご紹介するのはどれもトップチューブ(サドルの前の跨る部分のパイプです)が後ろ下がりになっていて跨ぎやすいフレームデザインになっています。自転車用語では、ミキストとかスタッガードって言われる種類のフレームです。 紹介するのは、RALEIGH、BRUNO、tokyobike、Grownのそれぞれ女性にもオススメな跨ぎやすいモデル。余談ですが、こちらもよくご相談いただくお悩み??なのですが、、、車輪が小さいからって、いっぱい漕がないと進まない、なんてことはないですよー!少なくとも今回ご紹介する車種で都市部の使用においてスピードが物足りない、なんてことはほぼ無いと思います。どの車種も前ギヤが普通の自転車よりウンと大きい&後ろギヤも可能な限り小さい物が付いていますので、ペダル1回転で普通よりたくさんグルグル車輪が回ってくれます。(逆に言えばこういう調整ができていない低価格な自転車はいっぱい漕がないと進みません。。。) さてと、車種のご紹介を・・・ RALEIGH RSM 当店でもトップクラスに売れている自転車ですね。RALEIGH(ラレーと読みます)はイギリスの超老舗自転車ブランド。自転車マニアなおじ様も黙らせる歴史あるブランドです。この先10年・15年・ひょっとすると20年、長くなり続けてお年を召されても色褪せない重みがありますね。過去のブログでも触れているのですがRALEIGHさんの自転車...
RITEWAY GLACIER BLOCK

RITEWAY GLACIER BLOCK

Mini velo, RITEWAY
先日このブログでも紹介したばっかりのライトウェイ グレイシアですが、実は同じタイミングでこんなのも入荷していました。 「GLACIER BLOCK」車体は今までのグレイシアと同じですが、タイヤがスキンサイドで太っといブロックタイヤに変わっている今年からの新バージョンです。実は僕らもグレイシアには太めのタイヤをスキンサイドで太めのものに変えるカスタムはよくやっていて、かなり好評をいただいておりました。それの後を追って(ニヤリ)ライトウェイさんが最初からスキンサイド+太めというタイヤ設定で出してきてくれた訳であります。 僕らがいつもお勧めしていた交換用のタイヤは主にMAXXSISのグリフターやシュワルベのビリーボンカーズなど。タイヤ代だけで軽く1万円を超えてきますので、最初からタイヤがカスタムされていると考えればかなりコスパ良しですね。ただし、MAXXISやシュワルベは競技仕様のタイヤなのでめっちゃくちゃ走りが軽くなりますよ。そこは十分に1万円以上の価値ありです。 いつもカスタムの制作事例ばかり紹介していたので逆に新鮮ですが、此方のグレーのものがノーマル仕様です。標準的なフラットハンドルが付いています。 「BLOCK」ではない普通のグレイシアだとタイヤが真っ黒でツルッとした少し細めになります。「GLACIER BLOCK」の場合はタイヤがゴリッとマッチョになってますので同じようにハンドルも少々迫力のあるヤツに、、、サドルやペダルももうちょっと、、、、とか、ついつい思ってしまいます。 グレイシアブロックはマットブラックも入荷しています。で。。。性懲りも無くハンドル・サドル・ペダルはカスタムしているわけで。。。こちらも店頭に置いていますのでノーマルと見比べてみてくださいね。 ...
DAHON CALM

DAHON CALM

DAHON, Mini velo
ダホンさんからある意味究極の一台、届きました。DAHON CALM ダホンといえば、世界最大の折り畳み自転車専門メーカーでその歴史は80年代からずーっと折りたたみ自転車だけを作り続けてきて、本格的な折りたたみ自転車メーカーとしては間違いなく生産台数は一位です。そんなダホンさんが遂に・・・・畳 ま な い 自転車を作ってしまいました。いやほんとびっくり。 元々ボードウォークのような街乗り用としても超優秀なモデルも作っていましたし、Dashシリーズのような一見折りたたみには見えないモデルもありました。だからという訳ではありませんが、ダホンの歴史から考えても十分にノウハウをお持ちのメーカーなので、とても信頼の置けるダホンらしいミニベロに仕上がっています。 ブログ担当の僕の印象では「とても良い意味で普通」。という感じです。街乗り自転車として全くストレスなく、長く、安心して使っていただける自転車だと思います。例えば今年から自転車通勤始めてみようかな?とお考えの方で、ママチャリよりはもう一歩良いものをちゃんと選びたい方はこういう自転車をどうぞ。とお勧めしたくなる一台です。 このクラスのミニベロになるとペダル1回転に対して自転車が進む距離は車輪の大きな自転車(26インチとか)と比べても遜色なく進んでくれます。前ギヤをうんと大きく、後ろギヤをうんと小さくしているので、小さい車輪でもしっかり進みます。ミニベロはいっぱい漕がないとスピード出ないというのはこのクラスの自転車においてはもう忘れて頂いて大丈夫です。ちなみに車輪が小さいとスピード0kmからの漕ぎ出しが軽いという特性があります。車輪が大きければ大きいほど加速に時間がかかるんですね。そんな訳で信号の多い街中なんかではミニベロのメリットって多いんですよ。 当店の定番ラインナップでライバ...
ライトウェイ グレイシア(Lサイズ)

ライトウェイ グレイシア(Lサイズ)

Mini velo, RITEWAY
2021年の営業日もあと1日とちょっと。というタイミングでやっと届きました。ライトウェイのグレイシア。今回は新しい大きめサイズの470mmが新登場。男性のお客様で、今までのサイズだとちょっと小さいんだよなぁ・・・と感じて諦めていた方も多いのでは?早速私(身長175cm)も乗ってみましたが、全く違和感なし。これで街中や公園をユルユル流すとか最高やろなー、と想像できるサイズ感です。 で、届いたグレイシアをその日のうちに速攻カスタム。せっかくの大きいサイズなのでメンズ向けの漢のカスタムをキメてやりました。 ハンドルバーは僕らの企画でもあるE.B.Sの「EBS-40ハンドルバー」所謂クランカースタイルのハンドルです。元々はブラックのフラットバーなんですが、ガラッと印象を変えて漢らしいイメージでCP仕上げで、それに合わせてステム・ヘッドスペーサー、シートピラー、シートクランプまで全部交換です。自転車の上半身をシルバーでキメてます。ハンドル幅もかなり広めになるので見た目の迫力も乗り味もかなり上がります。ちなみにグリップはOURY。前から見て文字が読めるように付けるとドヤ感2割増しですね。 タイヤはノーマルよりも少し太めの幅2.3インチの「MAXXIX GRIFTER」ボリュームもありながら回転も軽いし何よりカッコイイ。人気のタイヤです。ここ半年ぐらい入荷がなかったのですが、ちょうど先週入荷しました。 ここまででも十分サマになるのですが、さらにダメ押しというか仕上げというか、サドルをBrooksに。ペダルも交換して、チェーンリングもチェーンガードがなくても大丈夫なUNPEUオリジナルの56tナローワイドチェーンリングを。ナローワイドだとギヤ板がむき出しの状態でも基本的にチェーン外れしないので自転車がシンプルで綺麗に仕上がります。 ...
モールトン用D型バスケット

モールトン用D型バスケット

Mini velo
モールトン用シートシムや56tナローワイドチェーンリングに続いてこんな運ぺうオリジナルパーツが届きました。「モールトン用フロントバスケット」いつはこちら、UNPEUでは結構昔から作っていた商品ですが、作ってくれている京都のEBSさんが多忙を極めているのでなかなか製作できずにいました。 久々に作成した今回はほんの少量ですが在庫もご用意しました。街乗りモールトンには最高に可愛いデザインとサイズ感。いい雰囲気です、カラーはブラックのみですが、できれば純正リアキャリアも付けてもらえたらきっと可愛いと思います。 在庫分はまだこれから塗装しますので、お渡しは来年になりますが、モールトンにフロントバスケット付けてみたい方はぜひご検討ください。TSRとSSTにネジ4本で簡単い取り付け可能です。 残りわずかですのでお早めにどうぞ! あ、ちなみに。こちらは参考出品ですが、こんなのも作ってみました。トラックの幌に使われる頑丈なキャンバス地で留め具部分は本革です。使い込んでもい雰囲気出そうなアイテムです。気になる方はお問い合わせください。 ...
Fuji HERION

Fuji HERION

FUJI, Mini velo
本日のブログですが、Fujiのヘリオンが久々に届いたから待ってた皆様はお早めにどうぞ。っていうので伝えたいことのおよそ半分は終了なんですが、、、、 もう少しご案内しておくと、今回のロットから使用しているパーツ類がちょっとずつ変えてきています。 わかりやすところではタイヤがアメ色とブラックのツートンだったのがブラック1色に変わりました。最近の自転車界のトレンドではアメサイドが優勢?な気もしますが、Fujiのブランドイメージで言えばシンプルな真っ黒も良いし・・・どちらが正解とは言いにくいですね。料金アップチャージにはなりますが、色付きのタイヤにも変えられますのでご相談くださいませ。 他にはブレーキとはクランクとか、ちょいちょい変更されていますが、多分言われないと気づかないかも、ってぐらいの変更です。逆に変えてくれなくて嬉しかったパーツはリム。ポリッシュ仕上げ(普通のアルミ色やブラックよりもちょっと高価)を採用してくれているのはこの自転車の性格を体現する上でかなり重要だと思うのです。 そんな訳で、お伝えしたかったのは以上です。自転車そのものはFujiさんらしくシンプル&スタンダード、コスパも良いので写真の見た目だけで気に入って選んでも間違いないですよ。写真のもの以外の色・サイズも入荷しています。 ...