毎日営業しています!大阪・南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

Mini velo

RALEIGH RSSをドロップハンドルにカスタム。

RALEIGH RSSをドロップハンドルにカスタム。

Mini velo, RALEIGH/ARAYA
ご依頼いただきましてRALEIGHのホリゾンタルフレームの街乗り〜軽いスポーツ系ミニベロのRSSをドロップハンドルにしてみました。結論から言いますと、とても乗りやすくて個人的にはかなりお気に入りの1台に仕上がりました。 もちろん、同じラレーでは1ランク上の車種にRSPというドロップハンドルのツーリング向けミニベロが存在する訳で、RSPがかなりスタイル的にもこだわり満載のクラシックツーリング/ランドナースタイルなのに対して、こちらのRSSドロップカスタムは扱いやすさ・気軽さも重視した普段乗りに気持ちいい1台に仕上がりました。いい感じに棲み分けができるというかきちんとそれぞれの良さを殺し合わない感じです。なのでランドナースタイルでバッチバチにキメたい方はRSPの方がいいかもしれません。 一応自転車屋さんなので詳しめに説明しておきますと。RSSとRSPの設計で大きく違うのがシートチューブ(サドルの下の縦の棒)の角度。RSPに比べてRSSの方が少し後ろに寝ています。角度にして2度ちょい。ほんのちょっとの差ですが、自転車の設計では結構大きな違いになります。このシートチューブが垂直に近いと前傾姿勢も深くなり、体重をペダルに乗せてぐいぐい漕げるスポーツ車的な設計になります。対してRSSのように少し後傾している設計だと、安定感が出て極端に言うと足を前に蹴り出すようなペダリングになり全体的に楽なポジション設定になります。(といっても完全にスポーツ車の範囲の話です、ママチャリみたいになるわけではないのでご安心を)そんな訳で、ちょっとした距離での使用やゆったり乗りたい方、ドロップハンドル初めての方、体が硬い方(笑)にはとても気持ちいいのです。 ハンドルは僕らUNPEUのスタッフも設計に参加させてもらっているEBS-30ハンドルバー。コンパクトなのでミニ...
RALEIGH RSM

RALEIGH RSM

Mini velo, RALEIGH/ARAYA
お問い合わせの多いRALEIGHのミキストタイプのミニベロ「RSM」今ならまだありますのでご案内を。 乗りやすさや日常使い重視の女性向けミニベロお探しなら必ず候補としてご紹介する車種ですね。跨ぎやすいフレームデザインは自転車用語で「ミキスト」という形状で、サドルの前のパイプが低くなっていていますがそれに伴う強度不足を補うようにパイプの本数を左右に分けて増やしているのが特徴です。径の細いパイプで構成されているので見た目にも綺麗ですよね。 別のブログ記事でも紹介していますが、このRALEIGHというブランド、ご存知ない方もあるかと思いますのでご紹介しておきますと、1887年にイギリスのノッティンガムで創業された自転車の世界では”超”が付くほどの老舗ブランドです。街乗り自転車からナショナルチャンピオンが乗るような本格的なスポーツ車まで幅広く作っているブランドです。このRSMについては、こちらも日本の"超"老舗メーカー、アラヤ工業さん(ツバメ自転車/MuddyFox)と共同で日本人に乗りやすい設計、日本でも入手(修理)しやすいパーツ構成で作られています。ちなみに英国の自転車メーカーさんは、その他欧米諸国の自転車メーカーさんよりミニベロには積極的なのも僕らミニベロ”ほぼ”専門店としてはなんだか嬉しいですね。 さてこのRSM、どんなところが人気かと言いますと。 乗りやすい:経験豊富なアラヤさんの設計ですから安心です。普段使いからちょっとした週末のサイクリングなら平気でこなせます。(個人的には20Km圏内ならこの自転車でOKと思ってます。)安心のパーツ構成:基本的にシマノ製のパーツを多用していまして(ワイヤーまでシマノ製です!)信頼性が高いのに加え、小さな握力でもしっかり効くVブレーキやワイドレンジな8段変速ギヤなど全体的に普通よ...
モールトン入荷しております。(2021年9月)

モールトン入荷しております。(2021年9月)

Mini velo, MOULTON
待ちに待ったモールトンが入荷しました。 今回もかなりイレギュラー感ある(しかし結構魅力的な)ものが届いております。モールトンは他のメーカーさんとは違ってカタログに載ってるモデルを僕たちショップやお客様が選んで発注ということはありません。多くの場合は「こんなのありますけど要りますか?」的な感じで案内が来ます。ですのでモデルや色を指定したお取り寄せというのができません。(お城製の上位モデルはオーダーメイドですので指定できますが。) ですので、店頭で見つけて、”いいかも”と思ったらそれは出会いです。ましてやコロナの影響で非常に品薄になっている現在ですので良いのに出会えたらご購入の検討をお勧めします。 とはいえ。今回の入荷もかなり個性的というか、当然通常のラインナップにはない面白い物が入荷しております。 まずはこちら。過去にも2台入荷していますがいづれもすぐに売れちゃってるVブレーキ仕様のTSR-9。色は艶消しのモスグリーンです。完成車で入荷していますが、このあとちょっとカスタムして販売する予定です。ご期待ください。 TSR -9はもう1台入荷していまして、こちらはブラックの分割式。外さない1台ですが、ブラックのフレームはキリッとしてかっこいいので、少々カスタムしてエレガント(←昭和の語彙か)に仕上げてあげたいものです。お値段は385000円(税込)です。 あとSSTも入荷しています。今回の入荷で一番インパクトがあったのがこちら。 色はブガッティ・ブルーです。名前からしてヤバみが強めですが。こちらはアラブの石油王ではなくても変えるお値段ですのでご安心を(税込33万円/フレーム+フォーク)やや深みのある綺麗な水色で、古いブガッティのレーシングカーを思わせる色です。シルバーパーツとのコントラストも綺麗で良い色で...
Grown HUNT 新色来ました。

Grown HUNT 新色来ました。

GROWN, Mini velo, Recommend Post
久々の入荷です(って最近どの車種でも言ってるような・・・)のGrown HUNT。待望のLサイズ(560mm)も入荷しました。 スタンダードながら洗練されたバランスのフレームデザインはE.B.SのHorizontal451譲りのしっかり煮詰められた設計を(ほぼ)そのまんま受け継いだからこそ。非常に優等生なモデルです。 今回の入荷では新色の「チャコール」が登場。予想ではもっと深いグレー系を想像してたんですが、意外にも明るめなチャコールで非常に印象いいです。代わりにと言ってはアレですがオートミール色は入荷していません。。。。オートミールはSサイズのみしか残っていませんし、残り僅かですので気になっている方はお早めに店頭へお越しくださいませ。 ちなみにHUNTは前途の通り優等生君なのでいろんなカスタムも受け付けてくれる懐の広いやつです。以前のブログでもご紹介していますが、プロムナード系のゆったりハンドル&前かごも実は定番スタイル。ちょっと小慣れた街乗りスタイルにはぴったりだと思います。その他、ドロップハンドルやブルホーンも良いですし、乗られる方のお好みに合わせて作り替えていくのがHUNTらしいスタイルなのかなと思います。ぜひ店頭でご相談くださいませ。 ...
UNPEUオリジナル 56tナローワイドチェーンリング

UNPEUオリジナル 56tナローワイドチェーンリング

Custom, Mini velo, Recommend Post
僕らミニベロ(ほぼ)専門店のUNPEUスタッフが欲しかったパーツ。どこにもなかったので制作しました。 マウンテンバイクの世界ではもう当たり前になっているナローワイドチェーンリングですが、この技術を使ったミニベロ用の歯数の大きなチェーンリングが欲しかったんです。ナローワイドチェーンリングっていうのは、文字どおりギヤの歯先がナロー(薄い)とワイド(厚い)が交互に並んでいてチェーンの凸凹の形状にピッタリとハマってくれるという世紀の大発明パーツであります。 これがあるとどういう点でメリットになるかと言いますと。今までフロントギヤがシングル(変速機が無い)の場合だとギヤの外側にチェーンガードと付けたり、内側にチェーンキャッチャーと付けたりと何かしらのチェーン外れ防止対策が必要でした。そこでこのナローワイドチェーンリングを使うことで一切のチェーン外れ防止グッズ無しで問題なく乗れるようになります。 事例を挙げてみますと。こちらのtern Surge。おそらくSurgeにお乗りの方は少しは気になっていると思われるフロントギヤのたわみによるフロントディレーラーへのチェーンタッチ。強く踏み込んだ時などにチェーンの擦れるガガガ・・・という音がしてしまいます。その解決策として、ちょっと乱暴かもしれませんがフロントシングルにしてしまうことでフロントチェーンリングも無くしてチェーンタッチを無くしてしまうことができます。何よりフロントシングルなので見た目がスッキリしてフレームのかっこよさが際立ちますし、ギヤ歯数もオリジナルの52tから56tに増えますのでトップ側の変速も1〜2段余裕を持って使うことができます。ほんとこれ全てのSurgeユーザーに採用して欲しいカスタムです。ちなみに写真のSurgeはクランク自体もアップグレードしてホイールも韋駄天に変えています。ここまで...
UNPEUオリジナル モールトン用シートポストシム

UNPEUオリジナル モールトン用シートポストシム

Mini velo, MOULTON, Recommend Post
昔々、UNPEUオリジナルで制作していたモールトン用シートシムが復活いたしました。 早速店頭のTSR-9につけてみましたが、非常にいい感じです。この展示車の場合、ステムも細身のクイルステムに変更しているのでステムとシートピラーが締まって見えて、トラスフレームともいい感じに調和しますね。 もともと太さ31.8mmというかなり太めのシートピラーを使っているモールトンですが、このシムを使うことで一般的な27.2mmのシートピラーが使えるようになります。ロードバイクのカーボン化により31.8mmのシートピラーも若干の選択肢が増えていますし、見慣れてきた感もあるのですがやはり細身のピラーもキリッとしていてかっこいいですね。 通販もしていますので是非ともご利用くださいませ。>> 通販はこちらからどうぞ「モールトン用シートポストシム」 ...
Moulton TSR-9 展示車のご紹介(もうすぐ在庫も届く予定です)

Moulton TSR-9 展示車のご紹介(もうすぐ在庫も届く予定です)

Mini velo, MOULTON
相変わらず入荷状況が読めないモールトンですが、完全に店頭からなくなってしまっては困るので店に1台飾ってあります。TSR-9の非分割タイプ、色はブラックです。モールトンは大量生産の他のメーカーさんと違って、1台づつ仕上がったものから出荷されるので、不安定ながら全くずーっと入荷がない、と言うこともないのでこうやって次の在庫が届くまでの間展示しています。 せっかくの貴重な1台なのでよりよく見栄えするようにカスタムを施して店頭展示しております。カスタムのポイントはフレームのブラックをどう活かすか。という点。ホイールを完全に真っ黒なカーボンバトンホイールにして、クランク周りもオールブラックに。こうやってブラック成分を多くして、ブレーキやハンドル、シート周りなどにチラチラと入るシルバーがブラックの光沢感をより引き立てる、そんなバランスを目指しています。 僕の個人的な製作中イメージでは「Black beauty」(←ギブソンの黒いギターの愛称です)という言葉がキーワードとしてずっと引っかかってまして、あちらは艶々のブラックにゴールドのハードウェアが入って、深いブラックの光沢感がギターの曲線美を強調する美しさなんですが、このモールトンもそんな雰囲気でブラックのツヤ感の色っぽさが強調できれば合格かなって思ってます。 そんな訳で、必要以上のシルバーパーツや野暮ったいクランク類はちょっと退場頂いて、黒系でまとめつつ、でも真っ黒にすると(見た目に)重くて品がなくなるのでシルバーでハイライトを加えるという感じにしています。 実際のところ、完成度を高めるためにはまだまだカスタムしてみたいポイントはたくさんあるのですが、最低限のところで止めています。あとはお客様の感性で最後の仕上げをするも良し、このまま乗ってみて少しずつ手を加えていくも良し、と思...
RALEIGH RSP

RALEIGH RSP

Mini velo, RALEIGH/ARAYA
指令が下りまして、RALEIGH RSPをカスタムせよと。ホンジョのフェンダーとイケてるハンドルバーに替えよと。 そんな訳で、即制作。ホンジョは東京は墨田区にある本所工研謹製のジャパンメイド。日本の伝統的なランドナー・ツーリング自転車の系譜ではホンジョかそれ以外か、というぐらいのブランドです。そんなホンジョさんの代表的な製品がこの亀甲模様のフェンダーなんですが、こちらどうやってこの凸凹をつけているかは門外不出の技術なのだそうです。実際他のメーカーさんでも同様の凸凹柄フェンダーはありますが、凸凹が浅かったり、間隔が大きかったり、表面がざらざらしていてこんなにキリッとしていないものが大半です。こんなに素晴らしくて全自転車好きが絶賛するホンジョさんですがこれがもう最高に手間のかかるやつでして、、、普通のフェンダーは自転車本体に取り付けるネジ穴などは最初から開いているのでネジで繋いでいくだけ、せいぜいステーの長さを調整する程度です。しかしホンジョの場合はフェンダー本体には何の金具も付いていない、ネジ穴も開いていない。自転車の形状に合わせて、寸法をとってネジ穴を開けたり金具をつけたりしていきます。もちろんおかしな場所に穴を開けてしまったらそれで終了。使い物にはなりません。(格安ママチャリ1台分のお値段です)ですので慎重に、一つ穴を開けては仮組みして次の穴の位置を決めて、また仮組みして・・・・・このRSPの場合ある程度の寸法のイメージはできているので比較的早いとはいえ前後の取り付けに時間をたやすこと数時間。苦労の結晶により取り付けたフェンダーはこんな感じ。通常のフェンダーに比べてアーチが深い作りなのでタイヤの太さに合わせてタイヤにピッタピタに”攻めた”セッティングに。渋いです。。。。 ハンドルは、ノーマルのものもクラシカルなドロップ部分がまん丸に曲がってい...
Moulton TSR-9を載せ替えカスタム。

Moulton TSR-9を載せ替えカスタム。

Mini velo, MOULTON
先日のブログで紹介したラレー RSPのカスタムとほぼ同時進行で実はもう一台、お手持ちの愛車からの載せ替えを進めておりまして、こちらはMoulton TSR-9。こちらもなかなか渋めのツーリングスタイルの自転車からのパーツ載せ替えで、ノーマルの9速フラットハンドルからフロント2速を追加したドロップハンドルへ。元になっている自転車がもう長年のこだわりが蓄積されていて細部までかなり選りすぐられたパーツで構成されていましたので、可能な限りこの自転車のパーツを載せ換える、というミッションでありました。結果的にコンポーネントはもちろん、クイックリリースやチェーン、ワイヤーガイドまで!できる限り移植となりました。なかなかの作業工数であります(苦笑) ベース車両は現代Moultonのベーシックモデル「TSR-9」。シンプルなフレームデザインと高いフレーム剛性で”モールトンらしさ”を感じるには十分すぎるバランスの良い自転車です。 今回は純正オプションの前後キャリアも装備してかなり良い感じのツーリング仕様の風格になっています。最近はフロントラックが人気ですね。決して新商品ではないのですが、逆に時代が追いついてきた感ありますね。 ハンドルはミニベロにも相性バッチリのDixnaのバンディーハンドル。超コンパクトな曲がりなのでミニベロに付けても頭デッカチにならないのが良いです。操作系はGevenalleのレバーにダイアコンペ のフリクションというかなりトリッキーな組み合わせ。操作感やメンテナンス性も実は良いんですが、見た目にもインパクトあって良いですね。見た目的にSTIレバーを使いたくない方や、自転車の仕様面でSTIレバーが使えない場合の参考にしてみてはどうでしょう? その他もオーナーさんのこだわり&思い入れあるパーツを可能な限り投入していま...
RALEIGH RSPを乗り馴れた愛車から組み換え。

RALEIGH RSPを乗り馴れた愛車から組み換え。

Mini velo, RALEIGH/ARAYA
コロナの影響は自転車業界のいろんなところに影響が出ていまして、、、いい影響は世界的に自転車に乗る人が増えたこと。どうしても密にならざるを得ない公共交通機関ではなく、自転車で移動しよう、という人が増えたんですね。あとテレワーク等で家にこもりがちになっているので運動のためにも一役買っています。悪い影響は、上記の理由から需要が高まりすぎて商品(特に部品類)の供給が追いつかなくなってしまったこと。それから全体的に値上げ傾向にあること。現在僕ら自転車屋さんを苦しめているのはとにかく部品が手に入らないってことでして、フレームからの組み上げや完成車のカスタムに於いてもなかなか思い通りに部品が調達できずに頓挫していることも少なくありません。 そんな状況だからこそ、という訳ではありませんが、時代にマッチしたご依頼をいただきましたのでご紹介です。 ベースになっているのはRALEIGHのRSP。ランドナーやツーリング系のミニベロの中では間違いなくお勧めの1台です。ご依頼いただいたのは自転車はもう結構なベテランの方で、ハンドメイドのランドナー(スポルティーフ)からのパーツ載せ替えとベテランならではのこだわりをさらに載っけてかなり完成度の高いミニベロランドナーが完成しました。 コンポーネントは前に乗っていた自転車からの移植でshimano Tiagraに変更、リア8段からリア10段にグレードアップしています。ハンドル周りも使い慣れたNITTOのバー&ステムにギドネットレバー。フロントバッグサポーターも前の自転車からの移植です。 泥除けは新調しまして、泣く子も黙る本所製作所の亀甲フェンダーです。最初から泥除けは標準装備されていて、それなりにかっこいいものがついているのですが、本所のこの質感と綺麗にタイヤに沿った曲線。眺めながら一杯イケる系のヤツ...