大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

Mini velo

Float451S RAWフィニッシュ 店頭完成車

Float451S RAWフィニッシュ 店頭完成車

E.B.S, Mini velo
先日のブログで紹介しましたFloat451Sのフレームを組み上げてみました。 実は過去にもFloat451をRAWフィニッシュで組んだ事例は結構あるのですが、何度見ても素晴らしく雰囲気のいい1台に仕上がっています。 RAWの質感にシルバーパーツ、レザーサドル。小細工のないこの雰囲気がたまりません。 僕はE.B.Sの持つ性格の一つに「道具っぽさ」があると勝手に思っています。 LEAF LONGのような実用的なモデルやカーゴバイクも作っているからなのか、競技者から作り手に転身したチーフビルダーの佐々木さんらしい実用主義を感じさせる雰囲気からなのか、過度な装飾や必要以上の作り込みはありませんが、実直に使っていて楽しいいい仕事をする自転車だと思っています。 今日ご紹介するこの1台も、RAWフィニッシュにした事でその道具っぽい性格がより感じて頂けるのではないかと思っています。 見ようによっては無骨や素朴と言う言葉が連想されるRAWフィニッシュですが、いい素材と、職人の手仕事、ブランドやモデル設計思想などいろんな要素が合わさる事でとても深みのある表情が出ていると思います。 今回は割とオーソドックスな組み方で、ダイアコンペのハブで組んだホイール、スギノのクランク、日東のステムハンドルと日本製品多めですが、サドルはブルックスのスイフトです。 ペダル別売ですが、展示車に限り230,000円+税で販売致します。サイズはSサイズです。 先日紹介したMサイズの方もまだフレームの状態で在庫していますのでご希望の方はご相談ください。
Raleigh RSC 久々の入荷です。

Raleigh RSC 久々の入荷です。

Mini velo, RALEIGH
英国の老舗ブランド「 Raleigh(ラレー)」のミニベロのフラッグシップモデルというか、いま販売されている現行のミニベロの中でもフラッグシップの1つと言っても間違いないモデル「RSC」が久々に店頭に並びましたよ。 若干車名がわかりづらいラレーの車種なのですが、基本的にはそのモデルの素性を示す単語の頭文字の組み合わせになっています。 「RSC」の場合は ・R:Raleigh(ラレーの) ・S:Small Wheel(小径車の) ・C:Carlton(カールトン) という意味になります。 「Carlton」というのはRaleigh社の中で昔から続くスポーツ車部門のサブブランド名(元々は別会社でした)で、要は本気のクラシックスポーツ社ですよ。という証です。 大雑把に言うとメルセデスとAMGみたいな関係でしょうか。 ざっくりとスペックを紹介しますと、 ・クロモリフレーム(素材は英レイノルズ社520チューブ) ・カーボンフォーク ・シマノ105コンポーネント(変速系・ハブ・ブレーキ・ワイヤーも!) ・クランクとチェーンリングはSugino製(105だとこのモデルにはギヤ比が不十分なので) 他にもフレームの細かな作り込みや、完全にスポーツ向きなジオメトリなど、紹介したい点は多いのですが、説明しきれないので、店頭でご説明させてください。 個人的にも好きなモデルなので、いつもよりちょっと手間暇かけて組み上げました。 ユルさの無い設計のフレームは立ち姿も美しいですね。 サイズは2種類あるうちの大きい方、520mmです。 身長170cm代前半の方にぴったりです。 価格は155000円+税です。 Raleighの車種はどれもそうなのですが、全体的にコスパが良いですね。 普通サイズのロードバイクじゃなくて敢えてミニベロで!
Manhattan M451SDは素材とコスパに注目。

Manhattan M451SDは素材とコスパに注目。

先日のブログでも軽く紹介していました、ManhattanのミニベロM451SDでございます。 Manhattanのトレードマークとも言える長ーいフロントフォークと細身でスッキリしたシルエットが特徴を踏まえつつ、スポーティにしあげた"S"とディスクブレーキ仕様の”D”でもってM451SDと言う商品名になっていると勝手に理解しています(合ってますでしょうか?メーカーさん) あまり知られていないんですが、実はM451シリーズのフレーム素材って、車種グレードによってちょっと違うんです。 どちらもイギリスのレイノルズ社製のクロモリを使用していますが、街乗り向けモデル(M451Jなど)には堅強なレイノルズ500のシングルバテッド菅を、スポーツ向けモデル(M451SDなど)にはレイノルズ520のダブルバテッド菅を使用しています。 と言うわけで、今日ご紹介のM451SDにはレイノルズ520が使われています。 ダブルバテッドと言いまして、パイプの肉厚が2段階に薄くなっている菅で軽。パイプ肉厚は0.8-0.6-0.8mmです。 ちなみに今現在の店内で全く同じパイプを使った自転車はないのですが、一番近いパイプを使用しているのはなんとモールトンです。こちらはレイノルズ525と言うパイプで、金属の組成は520と同じですが、作っている工場が違う、と言うだけです。(525:イギリス製/520:台湾製) 素材のウンチクが長くなりましたが、それもこれもこのM451がクロモリ素材の良さを感じさせてくれる乗り味だからこそ。 ミニベロの場合、ホイールが小さい分フレームが大きくなりますので、ミニベロのフレーム素材って実は重要なのかもしれませんね。 そう言う部分をきちんとやってくれているManhattan M451SDですが、扱い安いシマノ CrarisのSTIレバーに機械式ディ
6月末まで!Moulton TSR-9のサドル、BROOKSに替えますキャペーン

6月末まで!Moulton TSR-9のサドル、BROOKSに替えますキャペーン

Custom, Mini velo, MOULTON
タイトル通りのキャンペーン、開催します。 本日から6月30日までの1ヶ月の間にご契約いただきましたTSR-9のサドルをBROOKSのB-17 standardに取り替えてお渡し致します。 Moultonと同じMade in England 。少なく見積もっても半分ぐらいの方がBROOKSのサドルに替えているような気がしますが、その中でもとりわけ多くの方に選ばれているのがこのB-17 Standard 。 初めから取り付けてご納車することも多いので、早い話が約15,000円引きだとお考えればと思います。 BROOKSが付いたイメージはこんな感じです。(ハンドルとその他も変わっちゃてますが・・・) ちなみに、TSR-9は分割フレームタイプが270,000円、非分割フレームなら240,000円(どちらも税別)となっております。 現在、店頭の在庫は分割タイプのモスグリーンとネイビーの2台。 どちらも人気の定番カラーです。 他の色をご希望の方は店頭でお尋ねください。 あ、大事な事を書き忘れましたが、先着5名限定でお願いします。 モデルチェンジの少ないMoultonは僕たちとしても買って頂くタイミングをご提案しにくいのですが、こういうチャンスを利用していただけたら嬉しいです。
GIOS FELUCAもマットブラックエディション

GIOS FELUCAもマットブラックエディション

GIOS, Mini velo
先日、フラットバータイプのミニベロ「MIGNON」を先行してご紹介しましたが、じつは一緒にドロップバーのミニベロ「FELUCA(フェルーカ)」も同じマットブラック仕様が入荷しています。 カラーリングはMIGNONと同じくマットブラックにグロスブラックでロゴが入っています。 タイヤのサイドもブラックなのでとても締まりますね。 コンポーネントはShimano SORA。9×2Speedです。 ブラケットが小ぶりなので女性でも扱いやすいですよ。 ちなみに通常のツヤツヤカラーのブラックとホワイトも店頭に在庫ありです。 どれもサイズは510です。適応身長はカタログ上では168cm〜180cmとなっていますが、正直なところもう少し低めなんじゃないかと思います。。。 手足の長さで大きく違ってきますので少々小柄な方でも一度またがってみることをお勧めします。違和感なく乗れるのであれば可能な範囲で大きいサイズの方がカッコよく見えると思いますよ。
P-20R × Kittdesign carbon wheel

P-20R × Kittdesign carbon wheel

ぐうの音もでない組み合わせってこういうことだと思います。 KHS P-20R の少しガンメタがかったマットブラックにKittdesignのカーボンホイール。 価格は234000円(税別)です。 もっとカッコよくしたい方はサドルとペダルから手をつけてみてください。
GIOS MIGNON マットブラック届きました。

GIOS MIGNON マットブラック届きました。

GIOS, Mini velo
ロードバイクやクロスバイクが得意なブランドのようで、実はミニベロも息の長いモデルを作り続けてくれているGIOS。 気軽に使えて結構走るフレットバーのミニベロ「Mignon(ミグノン)」の最新カラーが届きました。 写真ではちょっと判りにくいかもしれませんが、マットブラックの車体に「GIOS」のロゴがグロスブラックで入っています。 イタリア国旗のモチーフが所々に浮き上がって見えるのが良い感じであります。 個人的にはギヤカバーを変えてあげるとさらに精悍でカッコよくなるのでは。。。と妄想中です。 写真のモデルは小さい方の470mmサイズで、適応身長は155cm〜170cmです。 大きい方の510mmサイズ/適応身長168〜180mmも在庫ありです。 価格は61,800円(税別)です。 誰にでも乗りやすい設計なので、スポーツ自転車これからさんにもお勧めですよ。
【速報】MOULTON ロイヤルウエディング記念モデル発売です!(5/22追記しました)

【速報】MOULTON ロイヤルウエディング記念モデル発売です!(5/22追記しました)

Folding, Mini velo, MOULTON
モールトンより、英王室のヘンリー王子とメーガン・マークルさんのロイヤルウェディングを記念した限定モデルが発売になります。 オールドイングリッシュホワイトのフレームに、写真のとおり前半分イギリス、後ろ半分がアメリカをモチーフにしたペイントになっています。 塗り分けが施されたフレームは少ないのでとても新鮮な印象ですね。 車両はTSR-9をベースに、Brooksのレザーサドルとリアにデイキャリアが付属します。グリップもレザーグリップです。 価格は30万円(税別)になります。 通常のTSR-9が27万円なので、レザーサドル+グリップとリアキャリアが付属する事を考えればかなり良心的な価格設定かと思います。 近日中に入荷時期等の詳細はお伝えできるかと思いますが、非常に人気が出ると思われますので、きになる方はお問い合わせフォームまたはお電話でご連絡ください。 確実に手に入れたい方は出来るだ早くご連絡ください。 (発注の都合上5/31以降のご注文がお受けできない可能性があります) >>お問い合わせはこちらからお願いします。   5/22追記価格を予定価格から正式な価格に変更しました。 税別300,000円になります。
E.B.S Horizontal451 Disk仕様を極秘入手

E.B.S Horizontal451 Disk仕様を極秘入手

E.B.S, Mini velo
スペシャルな1台が届きました。 Horizontal451のディスクブレーキバージョンです。 もちろん、通常のラインナップにはない特注モデルです。 東京の姉妹店「Velo style TICKET」が別注オーダーしていたのを少々分けてもらいました。 ディスクブレーほどの制動力が必要??って声が聞こえてきそうですが、この仕様の場合、メカニカル(ワイヤー引き)なので油圧ディスクブレーキほどの過度な制動力になっていません。まぁ仮に油圧だったとしても少ない力でブレーキ操作ができる、という程度なので、コントロールしにくいほどの強烈なブレーキ力、という事はございません。 個人的には雨でも制動力が変わらない、とかリムサイドが汚れない、という点が嬉しかったりします。 それと一番の利点は後ろ姿がカッコよくなる事。 シートステー(後ろハブからサドルにつながるパイプ)がミニベロの場合長く見えますので、ここにブレーキがつかない、しかも特に線が細くて美しいHorizontal451ならなおさら後ろ姿がカッコ良く見えます。 カラーはグロスブラック。 ツヤッツヤのウエット塗装で仕上げています。 個人的にはパウダー(粉体塗装)よりウエット(液体塗装)の方がなまめかしい艶が出るので好きなんです。 展示車は写真の通りブラック&ポリッシュで仕上げてみました。 間違いなくカッコいいです。 総ブラックパーツで組み上げるのもアリだと思うんですけど、シルバー(ポリッシュ)をバランスよく配置することでブラックが引き立ちます。 写真のこの状態で約20万円ほどになります。(←ちょっと展示車割引しています) コンポーネントはShimano Soraグレードでフロントシングル× 9スピード、Brooks カンビウムオールウェザー&ラバーバーテープ。サイズは520mmなので
人気のRALEIGH。ハンドルをちょいちょい。

人気のRALEIGH。ハンドルをちょいちょい。

Mini velo, RALEIGH
今年の春はもうやたらと売れておりますRALEIGH(ラレー)のミニベロ達。 このブログでも取り扱いの各車種については度々ご紹介しておりますが、その英国情緒あるルックスだけじゃなくて品質もしっかり、さらにコスパもかなりなものなので、僕たちも安心してお勧めしています。 そもそもRALEIGHはイギリスを代表する老舗自転車ブランドの一つ。 1886年創業なので130年前からある自転車メーカーということになります。 ちなみに日本の年号でいうと明治19年ですって、すごいですね。 そんな超老舗ブランドのRALEICHですが、現在日本国内で流通している製品はこちらも日本の老舗ブランド新家工業(ARAYA)さんが企画して製造販売しています。って普通はこんなウラ話はしないんですけどね。 アラヤさんの場合は、そもそもが非常に優れた自転車メーカー(ARAYAブランドやツバメ自転車然り)ですし、アラヤさんのRALEIGH愛というか自転車愛が製品からひしひしと伝わってきますのでただの名前貸しのライセンスではなく、非常にいい形のライセンス契約になっているんだろうなぁと個人的には思っています。 詳しくはラレージャパンのホームページで感じてみてください。 そんな訳で、ブランドバリューを抜きにしても非常によくできた自転車のラレーのミニベロたちですが、当店のように立て続けに何台も販売しているとちょいちょい気になる(というか好みの問題??)も出てきます。 それは、ハンドルバー。 オリジナルの物も程よい幅と扱いやすいアップライズ&バックスイープで使い勝手は申しぶんないのですが、優等生すぎると言いますか、悪く言えば平凡に感じてしまいます。(見慣れてしまったが故の病でしょうか・・・) 例えばこんなの。 ハンドルバーはやはり自転車の性格をい