大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

Mini velo

19日まで!KHS・MANHATTAN試乗できます!

19日まで!KHS・MANHATTAN試乗できます!

KHSとManhattanの人気車種の試乗車が届きました。明日から来週の月曜(19日)まで乗っていただけます。 試乗できるのは下記の3台です。 F-20RC(170,000円)KHSを代表する、走る系折りたたみ自転車の定番モデルです。レイノルズ社製クロモリパイプを使ったフレームにカーボンフォーク&ソフトテールという盤石の構成でございます。コンポーネントはシマノ ティアグラ(2×10s)で重量は11.1kg。輪行してしまなみ海道やビワイチ、アワイチなどロングライドには特にお勧めです。 P-20RC(200,000円)こちらはF-20シリーズほど折りたたみ・携帯性は良くないですが、走りは抜群。フレーム素材はF-20よりも上位グレードのレイノルズ725熱処理クロモリ鋼で、車重は10.2kg標準でフロントギヤが56tなので、かなり踏みごたえあるパーツ構成です。ロードバイクに迫るスピード感とミニベロならでは漕ぎ出しのシャープさをぜひ試乗で体感してください。 ちなみに、P-20シリーズの最高位グレードP-20R TI(280,000円)のフレームセットも店内に展示しております。こちらはチタンフレームの特別な1台。DI2にも対応したフレームです。商品は来年3月の入荷予定なので、ご予約前に現物を見たい方はこのタイミングでどうぞ。 Manhattan M451SD(100,000円)街乗りもツーリングもスポーツも。全てを1台で済ませたいならこれです。クロモリのしなやかさを最も感じられるフレーム設計にドロップハンドル&STIレバー。前後キャリアの取り付けダボも装備しています。ディスクブレーキはストップ&ゴーの多い街乗りでの安心感はもちろん、荷物を満載にしたツーリングでのブレーキング性能にも安心感があります。 月曜まで
E.B.S Horizontal451

E.B.S Horizontal451

E.B.S, Mini velo
ご納車から少し時間が経ちましたが、シンプルさが活きる綺麗な車体をご納車しましたのでご紹介を。 E.B.Sのホリゾンタル451ですが、こちらはちょっとイレギュラーなディスクブレーキ仕様。今回は街乗り用としてご注文頂きました。 グロスブラックのフレームにハニー色で揃えたBROOKSのレザーサドル&グリップ。パーツ類はブラックとシルバーを程よくミックスしています。コンポーネントはshimano SORAをメインにしているので、ブラックで合わせられるのも隠れたポイントです。(ティアグラやクラリスだとグレーになるので。) こういう究極にシンプルな車体を作るとなると、フレームのバランスが重要になります。ミニベロの場合、スポーツ車に比べてサイズ展開が少ないこともあって誰にでも乗りやすいようにトップチューブはやや短めに設定されているモデルも多くあります。そんな中E.B.Sのホリゾンタル451は他車種に比べてトップチューブがやや長めです。きちんと前傾姿勢でしっかり踏み込める設計のためこうなっているのですが、このトップチューブの長さが奏功して今回のようなプロムナードハンドルバーとも相性が良く、あまり窮屈にならずゆったり乗れる1台に仕上がりました。 意外と反響があったディスクブレーキ仕様のホリゾンタル451は残念ながら次回生産未定ですが、通常のキャリパーブレーキ仕様はメーカー在庫ありなのできになる方はご相談ください。(受注後に塗装しますので早めのご注文をおすすめします。)
コリデールのハンドルカスタム多数用意しました。

コリデールのハンドルカスタム多数用意しました。

CrazySheep, Custom, Mini velo
CRAZYSHEEP Corriedal(コリデール)のハンドル違いカスタム車の店頭在庫をご用意しました。ハンドル交換カスタムのご依頼が多いコリデールなので、車両の在庫に余裕があるときはできるだけ先に作っておくことにしています。 まず、こちらがノーマルのコリデール。ストレートバーが標準装備です。このハンドルは幅51cm。じつは今店頭にあるどのミニベロよりも短いんです。日本人の体格だとこれぐらいがちょうど良いと思います。この辺が「コリデールさん解ってるわー。」と思わせてくれるポイントです。無駄に広いと疲れますし、乗ってる姿も綺麗に見えませんからね。小柄な女性ならあと1〜2cm短くカットしてみても良いかもしれません。 そしてこちらがブルホーン仕様。NITTO製のブルホーンバーを少し先端をカットして、コンパクトで扱いやすく、ブレーキレバーも握りやすくしています。ややスポーティな印象になりますので、サドルも合わせてBrooks カンビウムオールウェザーに変更しています。ハンドル・バーテープ・ブレーキレバー・ブレーキワイヤー・サドルを交換してお値段90,000円(税別)はお買い得ですよね。前回作った時の詳細はこちらに掲載しています。今お店にあるのはMサイズ(510mm)のグレーです。 こちらはドロップハンドル。これも当店ではすっかり定番で、コリデールのカスタム件数ではこのハンドルの組み合わせが一番多いと思います。とにかく小さく作られたハンドルなのでストレートハンドルからの乗り換えでも違和感少ないですし、ミニベロのシルエットともバランス良いのでオススメです。ポイントは、シフトレバー。ブルホーンのカスタムも同じですがステムにシフトレバーを引っ越しています。これなら新たにシフトレバーを用意する必要もないですし、ドロップハンドルにSTIレバーを用意
サイズ合わせます。Manhattan M451編

サイズ合わせます。Manhattan M451編

すらりとしたフロントフォークがスマートな印象で綺麗なMannhattan M451。サイズ展開は2種類あるのですが、大きいほうが510mmとまぁまぁそれなりのサイズ。身長でいえば160cm台後半〜170cm台半ばまでが適正でしょうか。それに対してSサイズは440mmってちょっと小さすぎるんですよね。。。身長なら140cm半ばから160cm弱がベストかと思います。もちろん手足の長さや体格・乗り方の好みなどありますので一概には言えませんが。 今回この車体をご用命いただいたお客様もSサイズだと小さすぎ、Mサイズだと小さすぎやや大きい、という難しい体格でした。そこで大きいほうのMサイズを小さめに調整して乗りやすく作ってみました。こ自転車の場合、Sサイズを多きく調整するよりMサイズを小さく調整した方が見た目のスマート感も残しつつ綺麗に仕上がると思います。 変更点は主にハンドル周り。ステム(ハンドルがくっついている前向きの棒の部分)やハンドルを小さめのものに変更しました。ステムはもともと突き出しが10cmだったものを8cmに。ハンドルはリーチ(一番手前のまっすぐ部分からシフトレバーまでの距離)が市販のハンドルでは最短クラスのDixnaのバンディーハンドルバーに変えています。下に向かって広がっているドロップハンドルなのでブレーキレバーの指がかりも良くて女子にはオススメなのです。 他にはシートピラーに付いていたリフレクターを別の位置に変更してサドルを低くしても、「一番下までベタベタまで下げました」感が出ないようにしてみたり、ちょっとした工夫も入れてます。
BRUNO ミニベロ完璧ツーリング仕様でご納車。

BRUNO ミニベロ完璧ツーリング仕様でご納車。

BRUNO, Custom, Mini velo
本日は当店で以前からご贔屓にしていただいているベテラン(というには早すぎる?)サイクリストのお客様のニューマシンをご納車。 赤いBruno Minivero Road 20 Dropに合わせて赤いオルトリーブの防水パニアバッグ&ハンドルバーバッグ。赤色基調の全体にハイライトを与えているのが、ポリッシュシルバー系のパーツたち。リアキャリアは京都のE.B.Sさんによる特注品、ペダルはMKSの通常モデルよりワンランク上の輝き&回転性能のNEXTシリーズで輪行も考慮して取り外し可能なタイプです、泥除けはツーリング車といえばコレ、本所製作所謹製であります。 個人的にはトップチューブにつけたフレームポンプがお気に入りです。もっとコンパクトな携帯ポンプより空気を入れやすいのは言うまでもありませんが、ツーリング気分を盛り上げてくれる大事な小物でもあります。 オーナーさんはこの自転車で日本一周にチャレンジするそうです。羨ましい限りですが、僕としてはこうやってお手伝いさせていただけるのもなんだか嬉しいです。気をつけて行ってきてくださいね。
程よく抑えたE.B.S Horizontal451完成車在庫ございます。

程よく抑えたE.B.S Horizontal451完成車在庫ございます。

E.B.S, Mini velo
即納できるE.B.SのHorizontal451のご紹介です。グロスブラックのフレームをシンプルにドロップハンドルで組み上げました。 ハンドル周りはスタンダードなオーバルな曲がりのドロップハンドルにBrooksのレザーバーテープのマルーンカラーを選んで程よいアクセントになっています。ブレーキレバーはハンドルの一番手前〜ショルダーあたりを掴む設定にしていますので、ゆったり街乗りからそれなりのスポーツ的な使い方まで気分で乗ってみてください。 その他はBrooksのカンビウムサドル、クランクはスギノ、ペダルは三ヶ島、変速系はシマノ クラリス(2×8speed)とスタンダードで信頼できるパーツで組み上げています。 あまり文字で書くよりもできれば店頭で見ていただきたい車体です。展示在庫車ということでスタンダード&ちょっと抑えめのパーツ構成ですが、見れば見るぼど味のある1台ですね。 サイズは520mm(Mサイズ)で適応身長は160〜175cm前後、価格は193,000円(税別)です。
CRAZYSHEEP CORRIEDAL 新色マットブラック登場です!

CRAZYSHEEP CORRIEDAL 新色マットブラック登場です!

CrazySheep, Mini velo
特に小さいサイズが長らく品切になっていました、クレイジーシープのコリデールですが、突然新色が届きました。 新色はちょっと渋めなマットブラック。完全なマットではなくやや艶ありのマットです。分かりにくい表現ですみません。俗にいう「エッグシェル」というちょっと艶のある卵の殻ぐらいの艶感であります。 フレームカラー以外は従来のコリデールと全く同じなので、パーツは全体的にシルバー系、サドル・グリップ・タイヤはブラウン系ですので、マットブラックのフレームですがあまり重い印象にならないので個人的にはこういう組み合わせは好きです。 写真の状態は全くのノーマルですが、ドロップやブルホーンハンドルへの変更やその他色々なカスタマイズもかなり実績あるモデルなので”良いミニベロ”をお探しの方は、コリデールをベースにして自分の好きなパーツ構成に変えてみるのも良いかもしれませんね。 今回の入荷はMサイズ(510ミリ)とSサイズ(460mm)です。写真の車両は小さいほうの460mです。価格は今までと据え置きの83,000円(税別)です。
BRUNO 2019モデル入荷のお知らせ第三弾。「MiniVelo Road 20 Drop」

BRUNO 2019モデル入荷のお知らせ第三弾。「MiniVelo Road 20 Drop」

BRUNO, Mini velo
ちょっと間があいてしまいましたがBrunoの2019年モデルの速報も第三弾のこれが最後です。「MiniVelo Road 20 Drop」こちらも当店ではド定番のモデルで、街乗りからソコソコな距離のツーリングまでこなせる人気車種であります。 2019年のラインナップはですね、2018年からの継続カラーのターコイズとレッド、それから2019年モデルだけのワールドツアーエディションとしましてマットグレーが追加になっています。(写真の車両です) このワールドツアーエディションの要になっているのが、サドル。BrooksのB-17セレクト「ワールドトラベラー」が付いています。まだ残ってたんですね。。。。数年前に限定生産されていたサドルで、今はもう生産されていないBrooksの”セレクト”シリーズのサドルに昔のBrooksの広告で使われていたワールドトラベラーさんのイラストがレーザー刻印されているモデルです。この”セレクト”シリーズですが、通常のBrooksサドルよりもよりハードでヘビーな扱いにも長く耐え抜くために通常より厚めで硬めの革で作られています。そもそも牛の産地が通常と違うとかいう話を聞いたような気がします。表面はややマットな質感でこのままエイジングしてもよし、オイルを塗って磨き上げれて良い感じのアメ色に仕上げるのもよし、というレアものサドルです。あ、Brooksのウンチクが長くなりましたね。。。。 肝心の車体の方はサドル以外は2018年モデルとなんら変更無しでございます。手前のフラット部分が握りやすい安心感あるドロップハンドルも健在です。もう今更改善点も無いと思いますし、これで良いと思います。 レッドとターコイズの通常エディションは2018年モデルはBrooksのB-17ナローという革サドルが付いていましたが、2019
BRUNO 2019モデル入荷のお知らせ第二弾。

BRUNO 2019モデル入荷のお知らせ第二弾。

BRUNO, Mini velo
当店の、というか日本中のBrunoのラインナップの中で一番売れているモデルは、やはりダントツで「Mixte(ミキスト)」でございます。そんなミキストさん、2019年モデルも到着しております。 こちらが2019年モデル。お店の外側の目立つところに置いております。カラーは左からホワイト(限定)、グロスブラック、ピンク(限定)、ターコイズです。他にもレッド、ブラウン(限定)、マットグレーがありますが、この写真を撮った時点では組み立てが間に合いませんでした。全色入荷していますが売り切れる可能性もありますので、実物を見て色を決めたい方はできるだけ早めに見に来てくださいね。 ち な み に 。2018年モデルもまだ残ってます。はっきり言いまして、自転車自体は何も変わりません。色が違うだけです。真ん中の2018スカイブルーと2019ターコイズの違いなんかほとんどわかりません。。。。でも、値段は2019モデル(54,000円)より2,000円安いです。ご検討中の方はお急ぎください。
BRUNO 2019モデル入荷のお知らせ第一弾。

BRUNO 2019モデル入荷のお知らせ第一弾。

BRUNO, Mini velo
やっと暑い暑い夏が終わったかと思ったらもう来年の話ですよ。(鬼じゃなくても笑けてきます。) Brunoの2019モデルが一気に入ってきています。色々入荷してるのですが、今日のご案内はBrunoのミニベロの上級クラス「Ventura(ベンチュラ)」です。 2019モデルのベンチュラは写真のマットブラックとマットモスターコイズの2色。早速マットブラックを組み上げてみました。カラーはマットブラックですが実際には限りなく黒に近いチャコールグレーと言った雰囲気で、ツヤ感も完全なマットではなくいわゆるエッグシェルと言われるぐらいの質感でちょっと艶のある卵の殻ぐらいの質感です。これぐらいが見た目に重すぎず、汚れや小傷が目立ちにくいのでいい感じだと思います。 パーツ構成は今までとさほど大きな変更はなく、ステムに変速レバーを配置した前2段×後ろ8段と言う構成です。今日組み上げたブラックについてはサドルがBrooksのチームプロ。バーテープが同じくBrooksの本革バーテープとなかなか贅沢なチョイスです。写真ではちょっと伝わりにくいのですが、レザーの黒光り感と、完全な黒では無いグレー寄りのフレームカラーがいい具合にマッチしています。(多分フレームが普通のグロスブラックだったら少し安っぽく、昆虫っぽい色合いになってるかと・・・) 個人的には、Brooksのチームプロは好きなサドルで、このサドルは手打ちリベット&サイドカットありの上級グレードのサドルなのですが、チームプロに関してはリベットが他のサドルよりも大きいんですね。ここがポイントです。 あと本当に細かいところで誰も気にしてないかもしれませんが、僕が個人的にベンチュラのデザインで好きなところは後ろブレーキアウターの受け部分。ここがまん丸で可愛いんです。と細かすぎて共感を得にくい個人的な好みをお伝えして今