毎日営業しています!大阪・南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

FUJI

FUJI HERION オポジットレバーでカスタムしてみました。

FUJI HERION オポジットレバーでカスタムしてみました。

FUJI, Mini velo
作業している僕らもテンション上がるハンドル周りのカスタマイズ。ガラッと雰囲気が変わりますし、もちろん乗ってもらっているユーザー様はずっと手に触れる部分ですから特別感もひとしおかと思います。 今回はスタンダードなミニベロの中では定番のFUJI HERION。ノーマル状態ではハンドル周りもスタンダード。フラットバーに使いやすいラピッドファイヤータイプのシフトレバー。すっきり感と使いやすさを考えればこれも一つの正解ですが、今回はぐーっと雰囲気ある変更を加えて頂きました。 ハンドルバーはノーマルのものをそのままで、オポジット(逆引き)レバーをつかってみました。個人的にはかなり好きなパーツでして、これを使うことで、おのずとブレーキワイヤーの取り回しの関係上、普通の差し込み式のグリップではなくバーテープを巻き込むかたちになります。そして今回はシフトレバーもステム側に移設してますのでハンドルバーにはブレーキレバーとバーテープのみ、という非常にスッキリしたルックスになります。ハンドル上がスパッとフラットでバーテープの質感が活きてくる。これが最高に美しいと思うのです。余談ですがバーテープをハンドル中央ギリギリまで巻いてみるのもかなりクセのある見た目になりますが面白いですよ。 ちなみにシフトレバーはダイアコンペのレトロな雰囲気なものをチョイス。もっと使い勝手の良いものもあるんですが、ここは雰囲気重視。ヘリオンの雰囲気にもよく似合います。 こんな感じでハンドル交換系カスタムはいろんなレシピをご用意してますので、お持ちの自転車の雰囲気を変えたい、とか新しい自転車欲しいけど人とはちょっと違うものに。。。とお考えの方はお気軽にご相談くださいませ。 ...
Custom, FUJI, Mini velo, Tern
作業している僕らもテンションがアガるハンドル周りのカスタマイズを続けてご依頼いただきましたのでサクッとご紹介。 まずはこちら。ternのCRESTをクランカーバーに変えてみました。最近注目度が上がっているクランカーバー、僕の周りだけ?って思ってましたがそうでも無いようで、、、アップライトなポジションは今のストリートの雰囲気に合うでしょ? 次に紹介するモデルもそうですが、カスタムのポイントはハンドルだけじゃなくて全体の調和を意識するってこと。このCRESTの場合はグリップとペダルも交換して全体的に硬派なイメージに持って行ってます。ノーマルのままだとともすればクロスバイクっぽく見えちゃうCRESTも一気にストリート感がグッと出てきますね。ちなみ写真だと判りにくいですけどブレーキワイヤーはニッセンのクリアブラックに変えています。普通の真っ黒ワイヤーじゃなくてうっすらと中のステンレスコイルが透けて見えるので自転車全体が綺麗に引き締まって見えます。で、最後の仕上げにちょっとインパクトあるサドルを。これがもし真っ黒サドルだとちょっと寂しくないですか? 続きまして、こちらはFUJIのDECLRATION。正統派ストリート用ピストって感じのDECLARATIONを敢えてのほどよくユルめのハンドルバーに。使っているのはEBS+NITTOのカモメハンドル(EBS-20)大きくバックスイープしていて乗りやすいんですけどライズが0mmなので見た目にもユルすぎずキリッとしてます。手前味噌ながらかなり使えるヤツです。 このカスタムの見どころは、シルバー系のパーツを投入してるってこと。バランスを間違えると有り合せのパーツで組み上げたような、ただのツギハギ感になってしまいますが、ステムを同じシルバーにするのはもちろん、シートピラーも...
2021シーズンのFuji Herion Rはちょっと進化してますよ。

2021シーズンのFuji Herion Rはちょっと進化してますよ。

FUJI, Mini velo
安定の人気で毎シーズンご指名をいただくことも多いFUJIのHerionとHerion R。 HerionがフラットバーでHerion Rがドロップハンドルになります。 今シーズン(2021年度)からはHerion Rがすこーし方向性を変えて出て参りしました。どのへんが?と言いますと。。。。 ステムです。(ハンドルを支えている前向きの棒。)今まではHerionと同じクイルステムという形式で、昔ながらの形式なので軽さや剛性の面で近年のスポーツ車には採用されなくなったのですが、ハンドル周りをシンプルに細くすっきり作れるのでHerionシリーズのような線の細いクロモリフレームにはよく似合います。ところが今年からはHerionはクイルステム、Herion Rはアヘッドステム、と形式をそれぞれ変えてきました。僕個人としては好きですね。まぁ前途の通りアヘッド形式にすることでややゴツゴツした見た目になるのはちょっと残念ですが、クラシックでシンプルなクロモリフレームに今のスポーツ車基準のパーツを組み合わせるそのバランス感は割と好きです。 あと当店ではよくやるんですが、ステムの長さやハンドル形状を変更して体格にジャストフィットにカスタマイズ、というのもやりやすくなります。どうしても高級スポーツ車のようにサイズがたくさん展開されている訳ではない(3サイズで女子から大柄な男性まで対応させます)のでサイズ感がしっくり来ない方やミニベロなので気楽にハンドル近めでゆったり乗りたい方にはハンドル周りの変更をご提案しています。 パーツ関連では、変速系は主にシマノ クラリスを採用して前2段 x 後ろ8段の変速になっています。前にもこのブログで書いたことあるかもしれませんが、クラリスのSTIレバーが価格の割にとにかく使いやすいのでエントリークラスのパーツで...
カスタムでさらに良くなる!FUJI HELION

カスタムでさらに良くなる!FUJI HELION

FUJI, Mini velo
今、UNPEU店内で一番スタンダードなミニベロといえばFUJIのヘリオンが候補に上がるんじゃないかと思います。そんなヘリオンをブルホーンハンドルで少々味付けをしてレザーパーツでまとめてみました。的なカスタム事例です。カスタムのお手本としても参考にしていただければ嬉しいです。 今回最大の変更点はハンドルバー。元々ストレートバーだったところをブルホーンにしています。レーシーな印象かつ肩の力を抜いて乗りやすいブルホーンはハンドル周りがスッキリしているのでミニベロとも相性が良いと思います。使用しているのはNITTOのバーですが先端をカットしてコンパクトに仕上げるのがUNPEU流ですね。 サドルはBROOKSのSWIFTをチョイス。定番はB-17ですが、こちらはより細く、横からのシルエットも薄めでBROOKSの中ではロードモデルになります。多数あるBROOKSのラインナップの中では、伝統的なデザイン・製法を守りながらもっとも美しいシェイプに仕上げたのがこのSWIFTという位置付けになります。もちろんバーテープも同色のBROOKSレザーバーテープです。使い込むほどに風合いが出ると思います。 他には、駐輪時に立てかけたりする際に傷を防ぐとともに、ハンドルが切れ込んでブレーキレバーが当たるのを防ぐトップチューブカバーが良いアクセントになっていたり、ペダルをMKS シルヴァンストリームネクストにして、リムと揃いのポリッシュ感を足してみたりしています。 あと、おすすめなのはワイヤーを全てニッセンのクリアー色にしています。ステンレス地が透けて綺麗なワイヤーで、車体全体の印象を明るくグレードアップしてくれます。渋めのフレームカラーに、シルバー系のキラキラしたカラーが映えますね。 ヘリオン以外の車種でもハンドル周りの交換など、カ...
FUJI HERION

FUJI HERION

FUJI, Mini velo
先日のブログでもご紹介した通りFUJIの取り扱いを再開いたしまして、、、ミニベロほぼ専門店の当店としましては、こちらを置かない訳にはいきませんよね、と言うわけでヘリオン、入荷してます。 フロントシングル×リア8速、ストレートハンドルバー。ミニベロの基本とも言えるようなシンプルでスタンダードなモデルです。クロモリ素材なのでフレームのパイプ一本一本が細くて綺麗ですね。 実際に乗ってみると、街乗り要素とスポーツ要素のバランスがすごく良くて、ちょっとしたサイクリングから普段使いまで、割と幅広くこなせる1台だと思います。街乗り仕様の方には、泥除け、かご、プロムナードハンドルなどのカスタマイズも容易ですのでご要望あればどしどしスタッフにぶつけてください。ノーマル状態よりスポーティーに振っていきたい方はカスタムするもよしですが、上位クラスのヘリオンRも在庫届いておりますのでこちらもご検討を。 ちなみにヘリオンのフレームサイズは、Sサイズが44cm、XLサイズが55cmと振り幅がすごく広い!ので身長150cm代前半の方から180cm近い方までご検討いただけます。特に大きい方はあまりこのサイズを作っているメーカーさんは多くないので嬉しいですね。(写真の車両が55cmサイズです。) 価格は普段使いでも使いやすい66,000円(税別)です。カスタムベースとしても面白いと思いますので、店頭でご相談くださいませ。 ...
FUJIも久々のお取り扱いスタートです。BALLAD到着しました。

FUJIも久々のお取り扱いスタートです。BALLAD到着しました。

FUJI, 大径車(26インチ〜)
今シーズンから取り扱いをはじめました、っというか昔は取り扱いあったんですけどね。FUJIさん。 久々に復活いたしました。バチバチのスポーツ車も作っているFUJIさんですがもちろん当店では街で使える洒落たモデルを中心に取り扱いしていきます。まず今日のご紹介はBALLAD。 FUJIさんのカテゴリー分けとしてはビンテージスタイルという扱いになっております。本気のビンテージでは英国パシュレー社のどっしりした自転車や我らがE.B.Sの弟分ブランドtobira、アメリカのLINUSなんかも扱っていますが、日本人にも扱いやすい重量とサイズ感、パーツチョイスを考慮するとBALLADのような位置付けの自転車って片意地張ってなくていいなーと思う訳です。雰囲気あって、扱いやすい、メンテも容易、ほんとにいい自転車ですよ。 今現在だと店頭にはブラックがございます。よりビンテージ感を押し出していくなら、レザーサドル&グリップにしてもいいでしょうし、フロントバスケットやちょい太めのタイヤなんかに変えて小慣れた日常感を出しても素敵かな、とか貴方のライフスタイルに合わせて如何様にも味付けいたしますよ。店頭のはXSサイズ(49cm)なので女性の方もぜひご検討くださいませ。 価格は74,000円(税別)。もちろん他のサイズやカラーもお問い合わせください。 ...