大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

Custom

ミニベロのカスタムにオススメなドロップバー。EBS-30

ミニベロのカスタムにオススメなドロップバー。EBS-30

Custom
実は毎年これからの時期、暖かくなるまでの間、カスタムのご依頼を多く頂きます。寒くてあまり自転車で遠出する機会も減りますので、春に向けてカスタムして気分を高めようという方が多いんですね。カスタムがウリの一つでもある当店としましては嬉しいご依頼でございます。 そんな皆様に向けてオススメのハンドルが入荷しております。京都のハンドメイド自転車ブランドE.B.Sより、E.B.SとNITTOのコラボハンドルシリーズ第3弾の「EBS-30ハンドルバー」です。 E.B.Sと当店は同じ傘下でもありますので、私自身もこのハンドルは試作品の時期から見させて頂いておりまして、正直言ってかなり私好みであります。(公私混同スミマセン。) ミニベロのカスタムが得意な当店ですので、ミニベロにも使いやすいデザインになっています。 まず重視したのがリーチの短さ。リーチというのは一番手前のまっすぐな部分からブレーキレバーが付く部分までの前方向への突き出し長さの事で、ここを短くする事でハンドルが遠くなりすぎず、楽な姿勢で乗ることができます。欧米人に比べて腕の短い私のようなモロ日本人体型の方でも自然に扱えると思います。 もう一つの特徴はしたハンドルが薄ーくフレア(下広がり)になっている点。最近はマウンテンドロップなどの影響もありしたハンドルが広めなデザインのドロップハンドルも多いです。確かに、ブレーキレバーの指掛かりも良く使いやすいんですけど、あからさまな下広がりだとデザイン的に車体にそぐわないケースも多々ございまして、、、このハンドルではほんの少しだけのフレアにしてみました。 あと大事なのはクランプ径。ミニベロではまだまだ多く使われている25.4mmにしています。ですので、ストレートハンドルからの付け替えも、ステムを買い換えることなくそのまま使
DAHON DashAltenaで考え中

DAHON DashAltenaで考え中

Custom, Folding
実は僕たちの予想を上回って評判が良いダホンのダッシュ・アルテナ。一見、折りたたみ自転車には見えませんが、畳めるんですねこれが。車体の真ん中あたり、上下のパイプにある六角ボルトをコキっと半回転ほど緩めると車体が真っ二つに折れるんです。 さすがに他の折りたたみモデルに比べると畳んだサイズは小さくはないですが、開いた状態が自転車としては最も安定しているダイヤモンドフレーム形状なので、実際乗ってみるとしっかりした漕ぎ応えでとても安心感があります。 見た目が普通っぽいのに畳めるということは、普通のミニベロに施すようなカスタムも同じように採用可能で、畳み方もシンプルなので、例えば、泥除けやリアキャリア、フロントラック等を取り付けても比較的折りたたみに影響しにくいという素晴らしいアドバンテージがあります。 と、言うわけで、この自転車をどんな風に使っていただこうかと、この記事のタイトル通り考え中な訳です。 まずは全くノーマルの状態で写真撮影がてら数分乗ってみました。ダホンの車種ではよくあることなのですが、他の折りたたみメーカーに比べておそらく想定している身長の振り幅が広いのではないかと思います。そのためハンドル-サドル間がやや広めに感じます。今店頭にあるのはMサイズ(小さい方)なので僕の身長では小さすぎるのですが、サドルは低すぎるけど、ハンドルはそんなに近くない(街乗りだとアリかもと言うぐらいの近さ)に感じています。そこでインスピレーションを得まして、ステムを店内スタッフ間で話題再燃中のVelo Orange Cigne Stemに変えて高さを出してみました。シートピラーを出し気味にしてバランスを取ったらいい感じにユルめのツーリングバイクの雰囲気でいけるんじゃないかと。。。 と言うわけで、まずは仮組みしてみました。今回はあくま
コリデールのハンドルカスタム多数用意しました。

コリデールのハンドルカスタム多数用意しました。

CrazySheep, Custom, Mini velo
CRAZYSHEEP Corriedal(コリデール)のハンドル違いカスタム車の店頭在庫をご用意しました。ハンドル交換カスタムのご依頼が多いコリデールなので、車両の在庫に余裕があるときはできるだけ先に作っておくことにしています。 まず、こちらがノーマルのコリデール。ストレートバーが標準装備です。このハンドルは幅51cm。じつは今店頭にあるどのミニベロよりも短いんです。日本人の体格だとこれぐらいがちょうど良いと思います。この辺が「コリデールさん解ってるわー。」と思わせてくれるポイントです。無駄に広いと疲れますし、乗ってる姿も綺麗に見えませんからね。小柄な女性ならあと1〜2cm短くカットしてみても良いかもしれません。 そしてこちらがブルホーン仕様。NITTO製のブルホーンバーを少し先端をカットして、コンパクトで扱いやすく、ブレーキレバーも握りやすくしています。ややスポーティな印象になりますので、サドルも合わせてBrooks カンビウムオールウェザーに変更しています。ハンドル・バーテープ・ブレーキレバー・ブレーキワイヤー・サドルを交換してお値段90,000円(税別)はお買い得ですよね。前回作った時の詳細はこちらに掲載しています。今お店にあるのはMサイズ(510mm)のグレーです。 こちらはドロップハンドル。これも当店ではすっかり定番で、コリデールのカスタム件数ではこのハンドルの組み合わせが一番多いと思います。とにかく小さく作られたハンドルなのでストレートハンドルからの乗り換えでも違和感少ないですし、ミニベロのシルエットともバランス良いのでオススメです。ポイントは、シフトレバー。ブルホーンのカスタムも同じですがステムにシフトレバーを引っ越しています。これなら新たにシフトレバーを用意する必要もないですし、ドロップハンドルにSTIレバーを用意
サイズ合わせます。Manhattan M451編

サイズ合わせます。Manhattan M451編

すらりとしたフロントフォークがスマートな印象で綺麗なMannhattan M451。サイズ展開は2種類あるのですが、大きいほうが510mmとまぁまぁそれなりのサイズ。身長でいえば160cm台後半〜170cm台半ばまでが適正でしょうか。それに対してSサイズは440mmってちょっと小さすぎるんですよね。。。身長なら140cm半ばから160cm弱がベストかと思います。もちろん手足の長さや体格・乗り方の好みなどありますので一概には言えませんが。 今回この車体をご用命いただいたお客様もSサイズだと小さすぎ、Mサイズだと小さすぎやや大きい、という難しい体格でした。そこで大きいほうのMサイズを小さめに調整して乗りやすく作ってみました。こ自転車の場合、Sサイズを多きく調整するよりMサイズを小さく調整した方が見た目のスマート感も残しつつ綺麗に仕上がると思います。 変更点は主にハンドル周り。ステム(ハンドルがくっついている前向きの棒の部分)やハンドルを小さめのものに変更しました。ステムはもともと突き出しが10cmだったものを8cmに。ハンドルはリーチ(一番手前のまっすぐ部分からシフトレバーまでの距離)が市販のハンドルでは最短クラスのDixnaのバンディーハンドルバーに変えています。下に向かって広がっているドロップハンドルなのでブレーキレバーの指がかりも良くて女子にはオススメなのです。 他にはシートピラーに付いていたリフレクターを別の位置に変更してサドルを低くしても、「一番下までベタベタまで下げました」感が出ないようにしてみたり、ちょっとした工夫も入れてます。
BRUNO ミニベロ完璧ツーリング仕様でご納車。

BRUNO ミニベロ完璧ツーリング仕様でご納車。

BRUNO, Custom, Mini velo
本日は当店で以前からご贔屓にしていただいているベテラン(というには早すぎる?)サイクリストのお客様のニューマシンをご納車。 赤いBruno Minivero Road 20 Dropに合わせて赤いオルトリーブの防水パニアバッグ&ハンドルバーバッグ。赤色基調の全体にハイライトを与えているのが、ポリッシュシルバー系のパーツたち。リアキャリアは京都のE.B.Sさんによる特注品、ペダルはMKSの通常モデルよりワンランク上の輝き&回転性能のNEXTシリーズで輪行も考慮して取り外し可能なタイプです、泥除けはツーリング車といえばコレ、本所製作所謹製であります。 個人的にはトップチューブにつけたフレームポンプがお気に入りです。もっとコンパクトな携帯ポンプより空気を入れやすいのは言うまでもありませんが、ツーリング気分を盛り上げてくれる大事な小物でもあります。 オーナーさんはこの自転車で日本一周にチャレンジするそうです。羨ましい限りですが、僕としてはこうやってお手伝いさせていただけるのもなんだか嬉しいです。気をつけて行ってきてくださいね。
E.B.S Horizontal 451 Disk ツーリング仕様にてご納車です。

E.B.S Horizontal 451 Disk ツーリング仕様にてご納車です。

Custom, E.B.S
以前のブログでもご紹介しました、数量限定で制作されていたディスクブレーキ仕様のE.B.S Horizontal 451。 ツーリング仕様に仕上げご納車となりました。 グロスブラックにシルバーパーツが程よく配置されて、上質だけど重すぎないグールな印象に仕上がっています。 今回追加したパーツのうち、まずいちばん見て頂きたいのはリアキャリア。 シムワークスさんのOn The Roadリアキャリアをチョイスしています。キャリアの横パイプとホリゾンタルなトップチューブが良い感じでマッチしていますが、実は見てほしいのはシートステーとキャリアのバランス。 普通に取り付けるとシートステーとキャリアが近すぎてパニアバッグが踵に当たりやすくなるので、少し後ろにオフセットして取り付ける為にステーを制作してベストなポジションで取り付けています。 これで横と斜めのラインが平行に。完璧です。 あと、特筆すべきはハブダイナモ。 ここ数年はUSB充電式のライトの進化が著しいのでハブダイナモを採用される方はやや減っていたのですが、先月ぐらいから当店でもご依頼が増えてきていますし、個人的に僕の周りでも気にしている人多いです。波が来てますねハブダイナモ。 ドイツのB+Mの製品が定番ですが明るくてオシャレなものも多いので気になる方は店頭でご相談くださいませ。 そんな訳ではとても良い仕上がりになりました。 本格ツーリング仕様なパーツチョイスながら、全体的にはクールな印象です。 コテコテなツーリング車も男子の夢が詰まっててカッコいいですが、こういうセンスを感じるツーリング車も素敵です。(ランクルとGクラスの違いというと大げさでしょうか。) ただ残念なのはこれが限定生産モデルだということ。 ご要望が多ければまた再生産してくれるかもしれないので、ディスク仕様のHorizontal451がほしい方
雨上がりのサビ対策のお話。

雨上がりのサビ対策のお話。

BRUNO, Custom
大雨の被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。 当店も、常勤スタッフのうち2名が出勤できない状況になり、臨時休業とさせて頂きました。 かく言う私も出勤できなかったうちの1名でして、大雨でこんなに不安な思いをしたのは初めてです。 実を言うと、5日〜6日で自転車ソロキャンプに出かけるつもりでコツコツ準備してたので残念です。。。。 梅雨が明けたら紹介しようと思っていたのですが、散々雨に振られたので、このタイミングでこんなご案内を。 お客様ら度々いただくご相談なのですが、「部品のサビ、落とせませんか?」とよく聞かれます。 頑張れば落とせない訳では無いのですが、労力(=作業工賃)を考えれば部品ごと交換した方がいい場合も多いです。 例えばココ。 BRUNOのベストセラー「Mixte F」のフロントブレーキワイヤーのガイドです。 メッキ処理されていますが、どうしても錆びます。気になりだすと走行中でもチラチラ見えるのでテンション下がりますよね。 そんな訳でサビにくいアルミ製に交換してしまいます。 この部品に変えることで、ワイヤーの曲げ角度も緩くなるのでブレーキレバーの動きもスムーズ、非常にいけてる部品です。 部品自体は1000円ぐらいで作業工賃は数百円〜2000円ぐらいです。ワイヤーを新調しないといけない場合もあるので、作業工賃は前後します。 そのほかにもサビたネジやチェーンもサビたら交換するのが手っ取り早いです。 ネジは100円ぐらいで新しくなりますので、店頭でご相談ください。
当店オリジナルWレバー台座。レバー付きで販売しています。

当店オリジナルWレバー台座。レバー付きで販売しています。

Custom
  コンスタントにご用命いただいております、当店オリジナルのクイルステムWレバー台座。 1インチクイルステムにシフトレバーを取り付けられる台座でございます。 スポーツ車ではほとんと見なくなって久しい、というかスポーツ車でもこのステム形式を使っていた時代があることを知らない人も多くなって来てるのでは。。。。と言うぐらいニッチなジャンルになってしまっているクイルステムですが、当店取扱の商品では結構普通。よく使います。かっこいいです。 例えばCRAZYSHEEPやRALEIGH、BRUNOのミニベロや街乗り系モデルではこのクイルステムを使っています。 クロモリのフレームによく似合う細身でシンプルな外見や機能的にも色々と優れた点もございます。 さて、今日ご紹介するのはそんなクイルステムにシフトレバーを取り付けてしまおうと言うパーツです。 どんな時にこのパーツが欲しくなるかと言いますと・・・ ・ドロップハンドルを使用するけどSTIレバー(ブレーキとシフトが一体型になっているレバー”デュアルコントロールレバー”とも言いますね)はスポーティーすぎて使いたくない。 ・ミニベロなど、特殊な形状で、フレーム(ダウンチューブ)にシフトレバーを取り付けにくい。またはそもそも付けるための土台がない。 ・ドロップ以外のハンドルバーで直径が23.8mmなどの、普通のシフトレバーがつけられない場合。 ・ハンドルまわりをシンプルですっきり見せるためにハンドル以外にシフトレバーをつけたい場合。 主にこんな感じでしょうか。 当店の得意パターンとしては、モールトンTSRのフロントフォークを加工してクイルステム化した上で、このレバー台座を使うと言うもの。 こちらもブログでも紹介していますのでご参考にどうぞ。 そんなニッチなご要望にお
E.B.S カラーオーダー無料キャンペーン[6/30まで]

E.B.S カラーオーダー無料キャンペーン[6/30まで]

Custom, E.B.S
  ハンドメイドの良さは、素材の吟味や溶接の制度、少量生産ならではの特徴あるデザインなどなどいろんな要素が考えられますが、フレームカラーも自由に選べる、というもの実は大きな要素なんじゃないかな、って思います。 国産素材を使ってシンプルに作られた自転車は素材の劣化も少なく、お手入れ次第では一生モノの1台になってくれるかと思います。 そんなE.B.Sの自転車だからこそ、自分らしく仕上げてみてください。 6月末までは塗装代(単色のみ:通常10,000円UP)を当店が負担いたします。 パーツの適合・組み付けもお気軽にご相談を。 ロードバイクやマウンテンバイクだけではなく、グラベルロードやファットバイク、コミューターなど自転車のジャンルが増えたことに伴いパーツ企画や互換性も年々複雑になっていますね。 お手持ちのパーツが使えるかどうか、とか、ご希望のパーツ構成が実現可能かどうかはお気軽にお問い合わせください。 もちろん車種を決めていただいて、「後はお任せ」でも承ります。 また、フレーム単体でのお渡しも可能です。 オーダーメイドをもっと手軽に。 フレームから組み上げるとなると、特別な知識が必要なような、難しい印象はありませんか? E.B.SのVooka、Stuff、Horizotal451、Leafシリーズ、Floatシリーズなどはお手頃な価格で手に入る当店独自のコンプリートモデルもご用意しています。 すぐに走り出せる状態のパーツ構成が決まっていますので、そのままでもOKですし、これを元に自分だけのアレンジを加えてもOK。 完成車をご注文いただくのと変わらない手軽さでご用意いたします。 キャンペーンは6月末まで ・6月30日までにご注文手続きが完了し、代金を全額または内金をお支払いいただいた場合にのみ適用いたします。 ・ご指定いた
BRUNO Minivelo Road 20 Drop 売り切れる前に見に来てください。

BRUNO Minivelo Road 20 Drop 売り切れる前に見に来てください。

BRUNO, Custom
気軽な街乗りからまぁまぁそれなりのサイクリングにも使えてしまうBRUNOの定番モデルMinivelo Road20 Drop。 写真はご納車前のスカイブルー。サイズは一番大きい540mmです。170cm台半ばの方や、身長160cm台でも手足がスラリと長い方にちょうどいいサイズです。 他のサイズ(460mmと510mm)はメーカーさんの在庫は完売みたいですが、UNPEUにはまだ少量残っています。 あとレッドの方もやや品薄になってきました。 こちらは店頭用にカスタムモデルを鋭意製作中。 ノーマル仕様は扱いやすい”ストレートハンドルに限りなく近いドロップハンドル”なんですが、今作っているのは普通のドロップハンドル仕様。長距離走るならこっちがいいです。 逆にストレートハンドルに変えたものなんかも店頭にあったりします。 ぜひ店頭で触ってみて違いを確認してみてくださいませ。