毎日営業しています!大阪・南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

大径車(26インチ〜)

tern CRESTとCLUTCH

tern CRESTとCLUTCH

Tern, 大径車(26インチ〜)
ternのRIJI(路地)BIKEシリーズのCRESTとCLUTCH。兄弟車種と言ってもいいこの2台、CRESTが20インチ、CLUTCHが650C(26インチに近いサイズと思ってください)という違いでデザインはどちらもternらしい、キリッとしていてストリートに馴染む良い雰囲気です。 今年に入って少々値上げがあったものの、非常にコスパの良い2台なので当店でもこのかっこよさでこの価格ですから人気車種です。でもって、そろそろ在庫が尽きます・・・・・。人気の色から順に無くなってきましたのでお探しの方はお急ぎを。お電話での在庫確認もOKです。 パーツ構成はどちらもほぼ同じで、変速はリア8段変速のみ。どちらもクロスバイク的な使い方の自転車ですが、フロント2枚もギヤ要る?ていうのがternさんの主張だそうで、僕も激しく同感です。基本は街乗りなんだし、フロント1枚で十分ですよね。部品が少ない分、軽量ですしトラブルも少ないし、価格に転嫁される部分もないって事で自転車の場合はシンプルさから来るメリットって大きいと思います。 タイヤは一般的なクロスバイクよりはちょっと太め。この辺のバランス感覚もいい感じですね。 写真は各1色づつしか撮ってませんが、CRESTはブルーグレーも店頭展示しています。CLUTCHの方はグレーとブラックも置いています。他の色やサイズはお問い合わせください。ちなみにCRESTは64,900円、CLUTCHが63,800円です。(税込)CRESTはスタンド標準装備だから1000円高いのかな。。。 ...
FUJI declaration

FUJI declaration

FUJI, 大径車(26インチ〜)
FUJIの「declaration」という車種です。「declaration」は直訳すると「宣言」らしいんですがどういう意味??なんでこんな名前??って思ってましたが乗ってみたらなんとなく分かった気がします。”FUJIらしさ”を宣言してるんじゃないかって個人的には思ってます。(本当の命名理由は聞いたことないから知りません) シンプルなホリゾンタル形状のクロモリフレームにシンプルなカラーリング。スタンダードで実直でありながらマジメ君すぎないストリートで映えるバランス感覚。これぞFUJIの得意とするところですね。 乗り味も非常に実直。多分ママチャリにしか乗ったことない方だと、スポーツ自転車のカチッとした質感や芯のブレない自転車の安定感なども感じてもらえるんじゃないかと思います。 FUJIの場合、シングルスピードは、大ヒット街乗りピスト「フェザー」やクラシックテイストで街乗りにも似合う「ストロール」もありますがこちらは程よいストリート感とトレンドをしっかり押さえたデザイン。ストレートハンドルバーに太リムの組み合わせだけでも完成車売りの市販車にしてはほんと良くやってくれた、って感じがします。 今回のご依頼では前にペップサイクルさんのカフェラックを装着。フレームの美しさを極力邪魔しないフロントラックですが、角っこの丸いところにコーヒーのカップが置けるようになっています。(荷物を積んだ時はどうなるんだろう。。。)実際にカップを置くかどうかは別としてこのユルさ好きですね。 デクラレーションはちょっと多めに仕入れていますのではまだ若干在庫の余裕ありです。だた、やたらとコスパがいい車種(税込74800円)なので早くしないとなくなります。ブラックの在庫もありますよ。 この記事のカスタムで使われている商品はこちら...
tern GRIT

tern GRIT

Tern, 大径車(26インチ〜)
4月の新シーズン開始と前後して通勤・通学自転車のご用命も多いのです。当店は。なので個人的に今お店の在庫の中から通勤自転車を選ぶとしたらこれかな。っていう一台をご紹介しましょう。 表題のとおりternのグリットです。見た目はMTB、僕らみたいな90年台のMTBブームを現役で体験してきたオジサンたちには完全にMTBです。誰がなんと言おうとMTBに見えます。ですが、、、現代のスポーツ自転車の文脈から考えてみると、MTB寄りクロスバイクとも街乗りMTBのグラベル的解釈とも、クルーザーBMX寄りのMTBとかにもとれてしまうらしいです。若いコたちには。何にせよ太いタイヤがついていて頑丈なフレームであればそれは(広義の)MTBということでお願いします。 サスペンションが前にも後ろにもついていない”フルリジッド”です。さらにクランカースタイルのハンドルバーが付いて、オールドMTBの雰囲気アリアリですね。実際に本物のオールドMTBはもちろんかっこいいんですけど今時カンチブレーキはちょっとツラかったり(時にはUブレーキだったり)ヘッド周りの交換部品がもうほとんど製造されていないとかいろんな面で維持するのが難しくなっていますので、こういったオールドMTBの雰囲気をしっかり踏襲しつつ今のパーツ構成で仕上げているあたりは非常に好感が持てますし、何より快適です。ブレーキは現代のMTBの標準である油圧式ディスクブレーキでジオメトリも現代的です。 ポイントはタイヤ径。26インチのタイヤがついています。現代のMTBは27.5インチまたは29インチ。破性や効率を考えるとタイヤサイズは大きくなるそうですが、90年代のMTBブームの頃は26インチしかなかったですよ。(稀にダウンヒル用の24インチなんてのもあったな。。。)そんなノスタルジーすら感じる26インチ...
FUJI STROLL x repaint

FUJI STROLL x repaint

FUJI, 大径車(26インチ〜)
本日はちょっと大掛かりなご納車事例。 FUJIのストロールをリペイントしてみました。元々メタリック系の自転車をお探しだった女性のお客様、結局イメージにあう車体が見つからず、思い切って塗り替えてみることになりました。これなら間違いなくイメージ通りに仕上がりますね。 ハンドルバーはフラットからブルホーンに変更。Brooksのレザーサドルにわせて同色のバーテープで仕上げています。今回はブルホーンの手前側にブレーキレバーをつけて比較的ゆったり乗れるスタイルになっています。ストロールらしく固意地はってない感じで良いですね。 少々コストと時間を頂きますが、こんなこともカスタム自転車屋velo life UNPEUなら可能です。ご興味ございましたらお気軽にご相談くださいませませ。 この記事のカスタムで使われている商品はこちら ...
Pashley Guv’nor

Pashley Guv’nor

大径車(26インチ〜)
先日のROAD STARに続いてまたパシュレーの紹介です。何せ1年に1回ペースでしか届きませんので、入荷した時にはまとめて届きます。販売店泣かせなやつでありますが、パシュレーにはパシュレーにしか出せない、他の車種に変えられない魅力がございます。 さて、本日のご紹介は「Guv'nor」、ガバナーと読んでください。日本語に訳すと、親方?兄キ?みたいな感じでしょうか。すみません知識不足で良い言葉が浮かびません。パシュレーの自転車の中では伝統的な1台で、その歴史は1930年台のレーサーへのオマージュを体現したモデルであります。 頑丈なホリゾンタルフレームに肩の下がった低いハンドルバー(ノースロードバーって言います)のシンプルな自転車ですが30年代当時はこの形がレースモデルの一般的な形でした。ここで言う「レース」と言うのは未舗装の道(当時は舗装路なんてないので)を体力に任せてゴールからスタートまで、時には昼夜を問わず走りまくる、と言うもの。パスレースというやつです。 そんな訳で、このガバナーも非常に頑丈な作り。日頃見かけるクロモリ製のロードバイクなんかよりは一回り太めなパイプは英国のレイノルズ社製。531というパイプです。レイノルズの頑丈系パイプだとモールトンTSRシリーズでも使っている525がメジャーですが、531はその前の世代。ラグ付けフレーム専用のパイプです。ちなみにクローム+モリブデン+鉄のクロモリではなく、マンガン+モリブデン+鉄であります。シートステーの作り方がパシュレーらしい独特の形状です。カッコいい。 そしてこのガバナーは3段変速。こちらも英国Sturmey-Archer(スターメーアーチャー)社の3速内装ハブを使っています。内装3段ハブは1900年当初ぐらいから生産されていたので、当時のパスレーサ...
Pashley Roadster

Pashley Roadster

PASHLEY, 大径車(26インチ〜)
ようやく1年以上ぶりにPashley(パシュレー)の自転車が入荷致しました。前回はいつ入荷したのかがもう思い出せませんが、今回お待ちいただいたお客様は最長で1年+1週間ほど。大変おまたししてしまい申し訳ありませんでした。だいたい1年に1回程度しか日本向けの便がないパシュレーですが、やはりコロナの影響が大きく、かなり不安定な状況が続いておりました。なので運良く在庫をキャッチできたお客様はかなりラッキーですよ。 何車種かまとまって入荷しておりますが、本日のご紹介はロードスター。パシュレーを代表する英国紳士のための自転車でございます。グレードは3段変速のロードスタークラシックと5段変速&前後ライトや鍵まで標準装備のロードスターソブリンの2種。写真の車体はクラシックです。 ロードスターというモデルは、上記のとおり一言でいえば紳士の自転車。チェーンは完全にガードされているフルカバータイプ。コートの裾が巻き込まないようにドレスガード(後輪についている黒い幕です)も装備。Brooksの革サドルにゴム引きのペダル。スーツやジャケット、革靴でも乗れる自転車なのです。手前に大きく曲がったプロムナードタイプのハンドルなのでスーツを来ていても腕や肩が突っ張ることも少ないですよ。 そして車両自体は非常に頑丈。もちろんその分車重はそこそこ重いですが、今ほど自転車の重量が軽くなかった頃から、そして今よりももっと自転車1台1台を大切に長く乗る習慣があった時代からずっと同じ作り方で生産されている英国パシュレー社製なのでこの背景をご理解いただける紳士なお客様なら気にならない(むしろ楽しい)と思います。 乗り味は非常にコンフォート。無理のない姿勢で乗れて、やや前向きに蹴り出すようなペダルの踏み加減も街乗りには非常に心地よいです。そこのパシュレーらしい味付けという...
How I Roll  Kick It

How I Roll Kick It

その他ブランド, 大径車(26インチ〜)
このブログではあまり紹介する機会が多くないんですけど、BMXも常時扱っております。 How I Rollのオールドスタイル26インチBMX「Kick It」です。26インチBMXっていうのはいわゆるクルーザーって言われる部類のBMXなんですけど、ゆったりした乗り味で街乗りには最高ですよね。ホイールが大きいしタイヤも太いのでガチで漕げばそれなりにしっかり走ってくれますが、どちらかといえば個人的には敢えてゆっくり走りたい。そんな雰囲気であります。 このテの自転車の最初の全盛期は1980年代あたり。最近のユーザーさんだとまだ生まれてない方も多いかも、っていう年代ですが映画の「E.T」の主人公含めキッズたちはみんなBMXに乗っていたし、日本にも少々遅れてBMX全盛期はじわじわ輸入されて来ていました。当時の日本といえば、まだまだそういう自転車文化はないですし、マウンテンバイクなんてのもまだまだなかった時代。当時はまだ子供だった僕にもやたらクールでカッコ良く映ったのをなんとなく覚えています。 そんな僕みたいな思い出を拗らせている年齢の方が乗っても、当時を知らないヤングが乗ってもきっといい味出ます。絶対カッコいいです。こういう自転車は難しく考えずに楽しんだもの勝ちです。ただ一つ自転車屋からお願いするとしたら、汚れたら拭いてお手入れしてください。常にピカピカ・ブリンブリンで乗らなきゃクールじゃないですよ。 あ、写真のCP(クロームメッキカラー)以外にもアクアメタリックも在庫ありますよ。 ...
FUJI TALAWAH

FUJI TALAWAH

FUJI, 大径車(26インチ〜)
自転車のジャンルって年々新しいものが増えていて、昔みたいにロードバイク、とかクロスカントリーとか一言で言い表せないものも多くなっていて、いやそもそもジャンル分け要るの?みたいな気分にさえなってくることもしばしばですが、、、、本日のブログはFUJ IのTALAWAH。タラワって読みます。ジャンルで言うと、、、、、どうなのよこれ。FUJIさんは「Street Crosover」というカテゴリーにしています。Crossoverというのは所謂クロスバイクと考えてもいいと思います。なので基本はクロスバイクなのですが、アドベンチャー寄り。ストリート寄り。といった雰囲気でしょうか。そもそもクロスバイクってすごく曖昧な部分なので、ガチすぎないアドベンチャー、またはライトなアドベンチャーと考えてもらえたらと思います。まぁ。ジャンル分けなんてどうでもいいんですけどね。 さて改めましてタラワ入荷です。650B(27.5インチ)x 2.1インチのちょい太めのタイヤにドライブトレインは1x10。リアスプロケットは11t-42tのワイドタイプというまさに今のトレンドを象徴するかのような構成ですが、そもそもこのトレンドって自転車を扱いやすく、気軽に楽しむための進化の結果だと僕は個人的に思っていますので、ガチ過ぎないこのクラス(と言ってもなかなかの価格しますが)にこのスペックで構成されているのは非常に好感が持てます。実際こんな自転車、乗りやすくて楽しいに決まってます。 利用シーンとしては、がっしりカッコいい通勤車としてもOKですし、パニアバッグやキャリアに荷物を積んで週末にはロングライドを楽しむも良し、サスペンションこそついていませんがちょっとした山道なら油圧ディスクブレーキと11-42スプロケットで十分楽しめます。要するにオールラウンダー。 実際乗られ...
FUJI STROLL

FUJI STROLL

FUJI, 大径車(26インチ〜)
本日はFUJIのStroll(ストロール)。FUJIらしい、スタンダードでスッキリしたデザインのシングルスピードであります。所謂ピストやトラックバイクのそれではなく、街乗りにも普段着にも馴染む気張らなくてもいいヤツです。ちなみに「Stroll」は直訳すると「散歩」です。納得。 FUJI人気車種にはどれも言えることですが、シンプルなデザインでコスパが良い。というのが僕らの印象です。これって僕らカスタム自転車屋UNPEUの脳内では、・シンプル = カスタムしがいがある。・コスパ良い = カスタムに回せる予算に余裕が出る。と変換しているわけです。人と違う自転車で個性を出したいならFUJI、良いと思いますよ。 そんな訳で、Strollなんかは僕らのカスタム心を掴んで離さないわけでありまして、(もちろんノーマルで乗っても完成度高いですよ。)色々試しています。例えばこんな感じにね こちらの詳細は以前のブログ記事で紹介していますので気になる方は見てみてください。 こちらはノーマル仕様。非常にすっきり。 こういうテイストの自転車の場合、フロントホイールのスポークパターンはスポーク同士が交差したパターンで組まれることも多いのですがStrollはスポークが放射状に配されたラジアルパターン。ロードバイクやクロスバイクでは当たり前のパターンですが街乗りだと少ない傾向にあるのです。FUJIさんのこういうチョイス、個人的には好きですよ。そのほかにも抑え目のカラーとデザインのパーツ類やロゴの配置など、細かくデザインセンスが噛み合ってStrollのちょっとクラシカルだけどコテコテのクラシックじゃない、スポーツ自転車をベースにはしているけどガチのスポーツじゃない。絶妙のテイストに繋がっているんだと思います。 本日時点ではギャラクシーブラック(上の...
tokyobike LEGER(レジェ) 入荷します

tokyobike LEGER(レジェ) 入荷します

tokyo bike, 大径車(26インチ〜)
tokyobikeの街乗りシングルスピード LEGER(レジェ)が久々にまとめて入荷してきますのでご案内。同じく先月末にまとめて入荷したtokyobike MONO と揃って、男性やちょっとキリッとしたルックスが好きな方はMONOを、扱いやすさ重視のお姉さんにはLEGERを。といった使い分けになります。 LEGERは見てのとおり跨ぐ部分が低くなっていてスカートでもOKな扱いやすいモデル。ドロヨケやカゴなんかも取り付けできるので通勤・通学や日々のお買い物号としてもご指名頂いております。 個人的にLEGERの好きなところは、サイズ展開があること。LEGERの前身に当たるtokyobike LITEやこのテの街乗り自転車って誰にでも乗りやすいように、って小さいサイズしか作られていないことが多いんです。小さめサイズで作ってくれるのはそりゃまあ誰でも乗れて助かりますしいい事なんですけど、背の高い方や手足がスラリと長い方には大きなお世話な訳で・・・。人それぞれお好みはあるかと思いますが、もし不安なく乗れるのであれば大きめサイズに乗られた方が絶対に乗ってる姿が綺麗に見えますのでやはり自転車におけるサイズ感というのはとても重要なのです。 そういえばずっと昔に行ったアムステルダムでは背の高いお姉さん方が大きな自転車を颯爽と乗っていてカッコ良かったのを思い出しました。(オランダは世界でトップクラスの平均身長です。)なのでひょっとしたら私でも乗れるかも、と思った方は大きめサイズもぜひ店頭で跨ってチェックしてもらえたら嬉しいです。 今回の入荷は全色とはいきませんでしたが人気色はできるだけ仕入れていますので、お好みの色がもうお決まりの方はお電話やメールでも結構ですので在庫の確認をお願いします。ちなみに店頭には全部出し切れませんので、ほとんどは倉庫に片付けてい...