毎日営業しています!大阪・南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

PARTS

E.B.S LEAF-LONG 来春から必要なパパママはそろそろご検討を。

E.B.S LEAF-LONG 来春から必要なパパママはそろそろご検討を。

E.B.S / tobira, Mama`s & Utility bike, 子供乗せ
京都のハンドメイド自転車工房 E.B.Sが製作する、ファミリー向けとしてはすごーく珍しい純日本製フレームのE.B.S LEAF-LONG。パーツ仕様の変更やカラーオーダーもできるので、良いものをしっかり吟味して使い続けたい方からの絶大な支持をいただいております。 今回ご納車の1台はこちら。パーツ構成は最もベーシックな感じで製作させていただきましたが、非常にまとまりの良いパーツ構成でシンプルで素敵な仕上がりとなりました。この仕様であればチャイルドシートや前カゴも込みで20万円前後で製作可能です。国産フレームの自転車でこの価格はかなりお買い得だと思います。 LEAF-LONGをお買い上げのお客さまが一番重視しつつも、一番悩んでしまうのがフレームカラー。PANTONEやRALといった数百色のカラーチャートから選んで指定することができます。標準設定は明るめのグレー色なんですが、ほぼ皆さんカラーオーダーでのご注文にしていただいております。(12,000円のアップチャージになります)E.B.Sの場合フレームの在庫は塗装しない状態で保管されているので、オーダーを頂いてから塗装作業にかかります。時間はかかりますが、どうせならカラーオーダーしない手はないですね。ちなみに今回ご納車のこちらはマルーンカラー。そう、阪急電車カラーです。電車大好きな息子さんが選んでくれました。かなりセンスあると思います。 で、この記事のタイトルにもあるとおり、来春の入園シーズンには欲しいという方はそろそろご検討をお願いします。現在、E.B.Sさんの在庫状況は0台ですが、次ロットの生産はすでに取り掛かっているそうなので、今年中〜来年早々には仕上がるかと思います。そこから先に書いたとおり、注文を受けてから塗装しますので、それだけで1ヶ月は最低でも納期をいただきます。その後組み
MOULTON TSR-9 + パニアバッグ

MOULTON TSR-9 + パニアバッグ

Mini velo, MOULTON, カゴ・キャリア・バッグ
来年1月からいよいよ値上げ予報が発令されているMOULTONですが、実は今のところまだ具体的な値上げ金額が発表されてません。。。。だいたい5%ぐらいって言うことで聞いておりますので、この写真のTSR-9非分割モデル(一番お手頃価格なモールトンです)だと24万円→25万円台前半ぐらい?の値上げになりそうです。。。。 そんな折、とある筋からフロントパニアがキテる。と、まことしやかな情報をキャッチしましたので、早速モールトン純正フロントラックをセットしてみました。(どんな筋やねん。笑) 合わせているパニアバッグはNorth ST Bagsのマイクロパニア。名前の通り小さめのパニアですが、それって巨大なツーリング用パニアと比べれば、の話。実際 街乗り・普段使いとしてはとても使い勝手の良いサイズ(12リットル)です。ケータイ・財布・小物ポーチ・雑誌や本とちょっとおやつを入れてだいたい60%ぐらい埋まる感じですね。ツーリングに使うなら、もう一個用意して左右セットで使ってもらったら良い感じかも、と思います。 モールトンの場合、フロントラックはフロントフォークではなくメインフレームに取り付けてあります。ハンドルを切ってもラックは動かないので、荷物を載せてもフラフラしないのが良いですね。これってタイヤからハンドルまでの空間に余裕があるミニベロならではの発想ですね。 ちなみにパニアを外すとこんな感じ。パーツ単体の標準設定はブラックのみですが、お時間と費用、元になる車体のお預かりが可能であればフレーム同色への塗り替えも承ります。もしくはここだけメッキ加工してもかっこいいかもしれませんね。先端にはボトルケージも取り付けできますよ。で、困ったことにこちらもおそらく値上げです。今年中なら13000円(税別)でございます。 年内は2
tokyo bike Jr.

tokyo bike Jr.

Mama`s & Utility bike, tokyo bike, カゴ・キャリア・バッグ, 子供車
おしゃれなカラーリングとシンプルなデザインで人気の20インチジュニア自転車「tokyo bike Jr(ジュニア)」。20インチでだいたい7歳前後ぐらいから乗り始められる感じでしょうか。初めて乗る自転車が16インチで、それを卒業したらこちら、という感じで乗り換えてもらうパターンが多いです。 このぐらいの年齢になると自転車はもう立派な移動手段になってきますので、用途に合わせた装備が必要になってきます。そう例えば、前カゴとかです。 こちらは当店では大人向けの自転車への取り付けも人気なワイヤーバスケット。足の長さが調整できるので車輪の小さいジュニア車にもピタリといい感じのポジションにで設置できます。非常に頑丈で大きさもしっかりあって実用的なんですけど、やや浅めに作られているのでキッズ車に付けてもいい感じのバランスですね。 こちらの車体は女の子に乗っていただきますので、スカートの裾が汚れないように同色の泥除けも付けました。雨の日じゃなくてもうっかりスカートを汚しちゃう可能性があるので女の子は泥除けつけといた方がいいと思います。tokyobikeジュニアならフレームと同色の専用泥除けが用意されてますよ。ちなみにヘルメットと可愛い犬くんの鍵もピンクで統一しました。 こちらは男の子向け。カゴは取り外し式になっています。ドイツのリクセン カウルの商品で同じ形式のアダプターでカゴの種類はたくさん選べます。ジュニア向けには一番小さいワイヤーバスケットがお似合いです。 この他にももう少し大き目のカゴとか軽いものもご用意できますので、店頭でご相談くださいませ。2階のお子様向けフロアでお待ちしております。
韋駄天ホイール

韋駄天ホイール

Custom, other
久々にパーツのご紹介などを。「韋駄天」のミニベロ用ホイールです。 インパクトあるネーミングですがホイール自体はとてもシンプル。っていうかシンプルすぎですね。この商品はスポークが左右で対になっている「パラレル レース」という製品。 特徴としてはまずスポークパターンですね、前14本・後16本。さらにスポークはサピム社製14-16のバテッドスポークを使っています。負担のかかりやすいスポークの端は直径2ミリで、軽量化のため端以外の部分は直径1.6ミリ!という極細スポークなんです。強度は大丈夫?と思うかもしれませんがちゃんと試験済みです。メーカー公表値では95キロの耐荷重だそうです。ちなみに僕も他の自転車でこれと同じスポークを使ってガンガン乗ってますが、まだトラブルなしですね。さすがサピム。 ハブは単体の情報はあまり公表されていませんが、かなり軽量な感じです。前はとてもあっさりデザイン。標準的な軽量ハブです。リアは最近のロードバイク界隈ではワイドフランジがもてはやされていますが、ミニベロの場合はあまりワイドすぎると左右のスポークテンションの差がつきすぎるのでおそらくその辺を考慮してのデザインかと思います。ちゃんと測ってないですがシマノ105のハブと比べて5ミリぐらいナローです。ボディはシマノスプラインですがカンパ用もオプションでご用意できます。 最後になりましたが、一番重要な情報を。重量は1130g。←前後ペアですよ!!!次に2番目に重要な情報を。価格は32000円(税別)です。←もちろん前後ペアですよ!!!KHS、タイレルや451サイズのミニベロにお乗りの方、如何でしょうか?? 個人的には特殊な作りをしていない所に好感が持てますね。首曲がりスポークに普通のニップルなので、ストレートプルや埋め込みタイプのニップル
GRACIEA KLUNKER BAR CUSTOM

GRACIEA KLUNKER BAR CUSTOM

Mini velo, その他ブランド, ハンドルバー
先日のブログでチラリと紹介していましたRITEWAY GRACIEAのカスタム車ですが、諸般の事情で仕上がっておりませんで・・・代わりに別のカスタム車を作ってみました。 ハンドルをVeloOrangeのクランカーバーに、タイヤはMAXXSISのGRIFTER。ペダルもShimanoのマウンテンバイク用に変えています。ここまでやっても追加したパーツ代金は3万円あれば十分お釣りがきます。 ついでにサドルやグリップも交換を、、、と思いましたが、この辺はお好みでどうぞ。 とりあえずこのタイヤ(MAXXSIS GRIFTER)がいい仕事してますね。サイズは20×2.30。もともとGRACIEAに付いているタイヤが幅1.95なのでそこそこ太め何ですがさらにボリュームマシマシです。この太さになると大きい方の20インチ(451)規格のタイヤと外周がほぼ一緒になってきます。ディープなブラックリムにスキンサイドが絶妙に似合ってます。もうGRACIEAをお買い求めのみなさん全員に買って頂きたいタイヤです。(タイヤ&チューブで12096円です) ちなみに同様のオーダーをすでに頂いておりまして、次はシルバー系パーツで製作中です。かなりカッコよくなる予定です。 GRACIEAはまだまだ改造・カスタムのアイデアが広がる余地のある自転車なので、ご要望ございましたら是非店頭でご相談くださいませ。今現在なら全色揃ってますよ。
お子様向け新入荷イロイロ

お子様向け新入荷イロイロ

Mama`s & Utility bike, カゴ・キャリア・バッグ, 子供乗せ, 子供車
ご要望が多かったお子様向けの新製品がちょいちょい入荷してきましたのでお知らせです。 まずは「Thule Yepp Nexxt Maxi」。アルファベットにすると非常に読みにくいですが、「スーリー・イエップ・ネクスト・マキシ」という商品です。今までもカラフルさと素材の気持ちよさで人気のイェップのチャイルドシートの新シリーズ「Nexxt」(xが多いのは誤植ではございません)です。通常のイエップ製品との違いは、硬さと軽さ。正直に言いますと素材の肌触りは通常のイエップの方が僕は好きです。通常のイエップの方は金属フレームに柔らかいチャイルドシート本体が付いていますので、体の曲線にある程度沿ってくれますが、こちらは硬質なシェルの中に衝撃吸収性の高い素材がはめ込まれています。この構造は自転車用ヘルメットと一緒ですね。ですので万が一転倒した際の安全性と軽さはかなり良くなっています。あとイエップの利点でもある汚れたら丸洗い可能という撥水素材で構成されているのは一緒です。これ重要。あと今回の重要ポイントは”軽さ”。この製品で重量2.5Kgです。当店に置いているチャイルドシートはどれもEUの安全規格をクリアしたものなんですけど、その中では最軽量クラスです。ちなみに従来のイエップに比べても1キロぐらい軽くなっています。手触りとデザインは好き嫌いが分かれるところかと思いますのでぜひ店頭で手にとって見てみてください。価格は通常のイエップより1,000円高くなって26,000円(税別)です 続きましての紹介はこちら。Bern(バーン)のヘルメット「Tigre」いつもはキッズサイズの「Nino」(男の子用)と「Nina」(女の子用)を置いていましたが、こちらはさらに小さめのトドラーサイズです。推奨年齢は1〜2歳なので前乗せチャイルドシートに乗る際に使ってもらえるサイズ
ミニベロにピッタリな前カゴ

ミニベロにピッタリな前カゴ

カゴ・キャリア・バッグ
こんにちは。いつものブログ担当ナカでございます。当店「velo life UNPEU」はその名の通り、皆さんの自転車ライフをちょっと豊かにするお手伝いができれば。。。。というのが一つのテーマでして、ライフスタイル系の商品も経験とノウハウを持って対応させていただいております。そんな当店の得意分野のひとつが前カゴ。 今日は以前から気になっていたADEPTさんの前カゴをチェックしてみました。以前、別のブログ記事でも書いたのですが、ミニベロに前カゴをつける場合、トップチューブ(ハンドルからタイヤまでの縦のパイプ)が長いのでバランスがイマイチな場合が度々出てまいります。今回チェックしたカゴの場合は足の長さがかなり短めに調整できるのでミニベロの小さなタイヤでもタイヤのすぐ上に綺麗に取り付けできるんじゃない?というのが今回の命題であります。 で、早速つけてみました。選んだ車体はラレーのRSS。ドロヨケ&Wレッグスタンド標準装備なので前カゴをつけてもしっくり納まるユルめのスポーツミニベロです。個人的にこの車両にカゴやプロムナードハンドルなどユルめアイテムを使うのが好きなんです。 こんな感じで仕上がりました。パーフェクト!トップチューブとカゴの上端が一直線!この自転車のために作ったようなぴったり感です。このカゴの場合、足の長さが1mm単位で調整できるのでかなり微妙な高さ調整も可能です。ちなみに今回はぱっと見は水平だけど実はほんのちょっと前上がり、というマイベストカゴ角度に仕上げています。 余談ですがこの製品、真ん中で下から支えているプレート金具が幅広でいい感じです。実際カゴが荷重に耐えきれなくて壊れる場合はこのプレートが折れて壊れるケースが多いんですがこれは安心できそうですね。 サイズはこちらが小さい方のSサイズ。他にはかなり大きめのL
CATEYE QUICK

CATEYE QUICK

other
お気に入りのサイクルコンピューターが入荷したのでご紹介です。 サイクルコンピューターってみなさん使ってます?スマホも台頭してますし使ってらっしゃる方は昔より少なくなってるんじゃないでしょうか?でも今回ご紹介のQUICKはサイクルコンピューター(めんどくさくなってきたので以下”サイコン”)とは無縁な方にこそオススメしたいサイコンでございまして、スポーツ用のスピードメーターとしてのサイコンとは違って、あればちょっと便利。ぐらいの気持ちで使ってもらえたら毎日の自転車ライフがちょっとだけ楽しくで便利になるかもしれません。 個人的には自転車通勤の方にオススメしたいです。通勤中に気になるのって速度や距離じゃなくて時刻ですよね。わざわざポケットからスマホを出さなくても、腕時計を見るためにハンドルから手を離して袖をあげなくても、視界をちょっと下げれば時刻がわかる。ほんのタダそれだけですけど、ちょっと嬉しいものです。この便利さというかラグジュアリー感というか、コンフォート感というか・・・・解ってもらえますかねぇ。解りにくいですよねぇ。。。 とはいえたぶん使っていただければ解ります。しばらくして使い慣れた頃には時間がわからない通勤自転車がどれだけ不便か。というわけでオススメしております。自転車通勤を少しでも快適にしたい方は是非ご検討ください。 あ、機能的な部分を説明し忘れてましたが、速度・距離・時間・時刻・積算距離など基本的な昨日は網羅していますし、液晶画面は黒い背景に文字が浮き上がるので視認性が非常に良いです。そして薄くて邪魔になりません。キャットアイの長年のノウハウがありますのでシンプルかつ使いやすい製品に仕上がってますよ。
ミニベロにピッタリなフロントバスケット「WALD 1352」

ミニベロにピッタリなフロントバスケット「WALD 1352」

カゴ・キャリア・バッグ
街乗りライフスタイル系のミニベロが大得意な当店。もちろん実用的アイテムとしてのフロントバスケット(前かご)のご用命もたくさん頂いております。 最近の個人的ビッグヒッツとしましてはこちらの「WALD 1352」でございます。アメリカはケンタッキー州で1905年からバスケット一筋で作り続けているWALD社の製品は以前から当店でも定番アイテムとして扱っていましたが、本日ご紹介はそんなWALDさんの今まで国内入荷していなかった製品で今までより深型で実用的になっています。 今までの定番はWALD 137 今までの定番モデルはWALD 137というちょっと浅めのバスケットで、バスケット、というよりはフロントラックに柵がついている、といった感じのものでした。ワイドサイズの139というのもあります。浅めの137に荷物をてんこ盛りにして、ネットやゴム紐で留めるというのがとても可愛い使い方なのですが、実用面を考えるとママチャリみたいな深いカゴが便利なのは致し方ないところでした・・・ WALD 1352はミニベロに最適なのです。 今回ご紹介のWALD 1352は137に比べると深さが約2倍。137のように荷物が転げ落ちる心配はありませんね。そしてミニベロ専門店としてこれをオススメする理由がちゃんとありまして・・・ミニベロってどうしてもハンドルからタイヤまでの距離が長いので今までのWALD137だとどうしてもちょっと高めの位置に付ける事になってタイヤの上に空間が出来てしまいます。これはこれでWALD独特の太めの足がいい感じですし、バランスを微妙に崩す感じがカスタム感があって悪くない組み合わせなのですが、スマートさ重視の見た目でカスタムしたい時にはちょっとクセが強すぎるのです。そんなわけでWALD 1352はミニベロ特有の事情に合っていて最良のバランスとなるのです。
tehaamana(テハマナ)さんの自転車グッズ届きました。

tehaamana(テハマナ)さんの自転車グッズ届きました。

E.B.S / tobira, カゴ・キャリア・バッグ
本日はひさびさにパーツのご紹介。 河内長野の革小物工房tehaamana(テハマナ)さんから定番のフレームカバーと新商品のショルダーバッグが届きました。 フレームカバーは前からあるものなので今回はご紹介は端折りますが、数多のフレームカバーに比べて素材の質がよくて柔らかな質感です。クロモリパイプを使った自転車ならだいたい使える太さです。 3サイズ3カラー(ブラック・ブラウン・キャメル)共に入荷してますので、気になっていた方はお早めにどうぞ。 通販サイトでも販売していますよ。 さて、今日の本題。 新しく届いた「Oiled cotton shoulder 」 ショルダーバッグなんですが、自転車ファンの方にはサコッシュといった方がご理解いただきやすいサイズ感かもしれないですね。 スタッフまっすんが掛けるとこんな感じ。(身長170cm) 英国ミラレーン社製のオイル引きコットンを使っていますので、見た目の手触りもとても柔らかくて、使い込んだ時の質感の変化なんかも楽しみな感じです。 自転車屋視点でみた最大の特徴はやはり、ハンドルバーに取り付け可能なところ。 ショルダーベルトを外して、短い革ベルトに付け替えるとハンドルバーバッグとして使えます。サイズ感も程よいので、街乗りコミューターにちょっとした実用的なアクセントとしてつけてみてください。 本来想定している使い方ではないかもしれませんが、フレームのトップチューブにつけても可愛いんじゃないかと思います。 ちなみに撮影に使っている自転車「tobira Model-T」の革張りフロントラックの革も実はテハマナさんで作ってもらっています。 しかしまぁいい雰囲気のバッグです。 革の質感や仕上げがとても丁寧なのでたまたま入ったコットンのシワまでもきちんと狙って絶妙