毎日営業しています!大阪・南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

BRUNO

UNEPUは通常営業。ちょっとこだわりのお子様乗せ自転車も即納できます。

UNEPUは通常営業。ちょっとこだわりのお子様乗せ自転車も即納できます。

BRUNO, Mama`s & Utility bike
非常事態宣言発行中の大阪よりこんにちは。UNPEUはこんな状況でも通常通り定休日なしで営業中です。 こういう状況ですので、普段の生活に根ざした実用的な自転車のご相談を多く頂いております。例えば今日ご紹介のお子様乗せ自転車なんかもそのひとつ。 お洒落な街乗り自転車の代表選手「BRUNO Mixte(ブルーノ ミキスト)」です。最近はライバル車種(例えばラレーRSMとかね)に押され気味なところもあるのですが、フレームサイズが他より小さいので足つき性重視になるお子様のせ自転車としてはおすすめしています。 専用スタンド作ってます。(当店オリジナル!) チャイルドシートそのものを自転車に取り付けるのは、この車種の場合、カンタンなんですが、チャイルドシートとセットで絶対必要になる頑丈できちんと自転車が直立するスタンド、これがムズカシいのです。 通常、よくあるタイプの子乗せ自転車の多くは変速機に内装変速機というのを使っています。外見的にシンプルなので、ママチャリのようにスタンドをつけても特に影響なく使えます。ただし、重量が重く、動きも重いというデメリットがあります。逆に当店で取りつかうようなスポーツ車としての要素も持ち合わせている車種に関しては外装変速機です。外見はあのギヤがお皿を重ねたようにくっついているやつですね。この場合、機械が全て外に出ているのでスタンドが取り付けできません。。。軽量に作れて動きもスムーズなのでこういった自転車には基本的に外装変速機が使われます。 説明が長くなりましたが、何を言いたいかと言いますと、取り付けできる頑丈できちんと自転車が直立するスタンドがなかったので自分たちで作りました!という事です。制作しているのは京都にあるハンドメイド自転車工房「E.B.S」。日本には世界的に見てもハンドメイド
Bruno Mixte 夏の新色です。

Bruno Mixte 夏の新色です。

BRUNO, Mini velo
誰でも乗りやすい街乗りミニベロの定番、BrunoのMixte(ミキスト)の新色が届いてます。 追加されたのは、パーツやホイールの色が全部シルバーの「シルバーエディション」でブルーとモス ターコイズの2色。どちらもツヤツヤピカピカではなく、ややつや消しでとても雰囲気あります。 パーツの仕様は今までのMixteとなんら変わりありません。 あとついでにブラックエディションのエメラルドグリーンも入荷しました。 こうやってシーズンごとに突然限定カラーが出るのがBrunoさん。購入検討中の方で色が気に入ったならなくならないうちにスパッと決めちゃった方がいいです。売り切れちゃったらもう手に入らないことも多いので。。。 ちなみに店頭では2020年モデルも(値上げ前の入荷だから5800円も安いよ!)も在庫ございます。お早めに。
2020 BRUNO Mixte入荷しています。

2020 BRUNO Mixte入荷しています。

BRUNO, Mini velo
G20サミットの影響で非常に寂しい南堀江からこんにちは。グレートな20カ国の要人がお越しになるとはいえ、商売をする上では非常にきついですよコレ。不要不急の外出は控えて・・・なんて言われていますが、正直言って今日も明日も皆さんに来ていただきたいです。確かに交通手段では少々ご不便をおかけしますが、頑張ってご来店頂いたお客様にはちょっとサービスさせていただきますので「ブログ見たぞっt!」って言ってください。 さて、愚痴が長くなりましたが、安定のブルーノ ミキストです。2020モデルのイエローとグレーが届いています。スペック的には2019モデルと特に変更点なし。グラフィックが少々新しくなっております。あと、残念ながら価格が59,800円に値上がりしています。(2019モデルは54,000円) 当店でも毎年、相当な数を売らせてもらっている定番車種ですので、ここはひとつ、街中で他の誰かとカブらないようにちょっとカスタムしてみませんか?ハンドルの形状、グリップやサドルを変えてみたり、リアキャリアや前カゴもいいですね。カスタムパターンの引き出しの多さは自信ありますので、お気軽にご相談くださいませ。 あ、最後にひとつお知らせを、2019モデルのミキストもまだ2色残っています。ホワイトとピンクです。こちらは2020モデルより5,800円も安いのでカラーがお嫌いでなければ売り切れる前に見に来てくださいね。
BRUNO Ventura

BRUNO Ventura

BRUNO, Mini velo
最初のモデルからはたぶん10年ぐらい経ってるんじゃないでしょうか、BRUNOの「Ventura(ベンチュラ)」です。当店でもずっと人気のモデルですので可能な限り在庫は置くようにしています。 今期のベンチュラは2色。ブラックとターコイズで、ブラックにはBrooksのレザーサドルを、ターコイズには同じくBrooksのカンビウムサドルがついてくるちょっとコスパ良さげな感じです。 ちなみに過去にいはいろんなバリエーションが作られていまして、例えば、451ホイールにシマノ アルテグラ仕様というレーシーなヤツやフラットバーもありました。どのモデルもBrunoさんらしくセンスのいい、誰がみてもカッコ良いものばかりでしたね。 こちらは今期のノーマル仕様。ターコイズです。絶妙に綺麗な色ですね。あ、正確にはマット モス ターコイズという色名が正式名称です。 で、こちらはマットブラック。こちらはお客様のオーダーでクランクをWhiteIndustries製(渋い!)のものに変更、ヘッドパーツはクリスキングでちょっと差し色をプラス。ライトも付けてみました。 フレームデザインがしっかりしているので、インパクトあるクランクも変な目立ち方をせず綺麗に収まりますね。サドルとバーテープは標準仕様のママですがどちらもBrooksの本革製なのでとても良い質感ですね。ちなみにこの2点だけで3万円ぐらいするのでなかなかのコスパです。あとベンチュラってフレームサイズは1手のみなんですが、サドルもハンドルも下げる方向にはかなり下がりますので、小柄な女性の方にも結構選んでもらってます。ちなみに意外と女性にもマットブラックが人気です。 ベンチュラってフレームデザインが独特ですが、決して重くなることなく、乗り味も変なクセもなくて、体格さえ合えばとても
BRUNOミニベロをリペイント

BRUNOミニベロをリペイント

BRUNO, Custom, Mini velo, Recommend Post
写真をみてもピンと来ないかもしれませんが、BRUNOのMinivelo Road 20 Dropを組みました。 ハイ、見ての通りリペイントでございます。車種やスペックは好みでも、色は別の車種の方が好み、なんて場合は思い切って塗り直してみるというのも最高にお気に入りの一台を選ぶ上では最短ルートかもしれませんね。 もちろん少々の費用とお時間はかかりますが、新車購入時に同時に再塗装であれば割安で対応させて頂きます。 さて、車体の方はサドルをBrooksのレザーサドルに変更、バーテープも色を合わせています。パープル系のフレームとも良い組み合わせですね。 木になる方はお気軽にご相談くださいませ。
カスタム妄想が捗る季節ですね。

カスタム妄想が捗る季節ですね。

BRUNO, Custom, Mini velo
こんにちは。いつものブログ担当ナカでございます。このブログを書いているのが日曜日の午前中なんですが2月の始めとしてはちょっと暖かいですね。こんな日は、春からの自転車ライフの計画(妄想?)が捗ります。寒くて自転車乗る気にならない時期ももうそろそろ飽きてきて、徐々に自転車乗りたくなってる頃ではないでしょうか?実は僕もそんな感じで通勤自転車を新調してみました。 そんな朝に目についたのが店頭にあるこのカスタム車。Brunoの定番Minivelo 20Road Dropです。 ハンドル周りを街乗りでも使いやすいBrunoオリジナルのハンドルバーから、正統派のドロップバーに変更しました。元々は手前の真っすぐな部分を掴むことがメインの設計をしていたハンドルですが、普通のドロップの前についたブレーキレバー(ブラケット)を掴むように変更です。これによりもっと長時間・長距離を走るのにも楽ですし、同じドロップ部分を物にしてもハンドル幅が狭く(元々のBrunoのハンドルが一般的なハンドルより広いのですが、、、)なりますので自然で疲れにくくなります。 あとはフレームバッグに、大型サドルバッグ、ボトルケージ&ボトル。リュック背負って入れればOKかな、っていう荷物もぜひ自転車にバッグ付けて入れてみてください。体がラクなのは言うまでもないですが、ツーリング気分が盛り上がるのできっと自転車乗るのが楽しくなりますよ。 ちなみにこの展示車はMKSの取り外せるペダルも付けています。輪行仕様ですね。フレームバッグなら輪行の時も荷物ごと輪行バッグに入れてしまえるのでとても合理的で便利ですよ。 ではでは、皆様の春からの自転車計画に向けたカスタム依頼お待ちしております。
BRUNO Mixteを通園用に子ども乗せカスタム。

BRUNO Mixteを通園用に子ども乗せカスタム。

BRUNO, Mama`s & Utility bike
今日は寒いですねー。人一倍寒がりなので実は恥ずかしいぐらい厚着しているブログ担当ナカでございます。 こんな寒い時期に気が早いと思われそうですが、昨日も触れました子ども乗せ自転車のご紹介です。これから先、口を酸っぱくしてブログでもご案内していこうと思っていますが、春の新入園に間に合わせるためにも今から自転車のご準備をお願いします。特に当店でオススメしている車種はオーダーメイドだったり、当店オリジナルのハンドメイド部品を使用していますのでご入園の直前でご検討いただいても間に合わない場合がございます。何とぞご理解くださいませ。 さてさて、本日のご紹介はBRUNO Mixteの子ども乗せカスタムです。当店の通常ラインナップで子ども乗せ用としてオススメしているのは、E.B.SのLEAFシリーズ、CRAZYSHEEPのロムニー、BRUNOのMixte(ミキスト)の3車種がメインなんですが、その3つのうちではBRUNOが一番安価になります。後ハンドル〜サドル間が一番短くて、こぢんまりしているのもこの車種になります。(跨る部分の低さではLEAFの方が低いです)街乗り自転車としてももうすっかりド定番の車種ですので、あからさまに子ども乗せ自転車っぽい形の自転車はちょっと・・・という方にもオススメですね。 子ども乗せ使用のカスタムでは、まず第一にスタンドをE.B.Sさんで作ってもらっているBRUNO専用両立スタンドを取り付けて、前乗せチャイルドシートに対応するために懐のスペースが広くなるプロムナードハンドルバーに変更しています。店頭サンプルでご用意している車体はホワイトのフレームにホワイトのチャイルドシートがすごく似合ってますね。ちなみにチャイルドシートに乗っかってるヘルメットはbernのイチゴちゃん模様です。(スイカと間違えられがちですがイチゴですよ。) この
BRUNO Minivelo 2018・2019いいとこ取りのセールやってます。

BRUNO Minivelo 2018・2019いいとこ取りのセールやってます。

BRUNO, Mini velo, SALE商品
Brunoを代表するミニベロ「Minivelo 20 Road Drop」。 毎年少しずつ仕様を変更しながらずっと続いているロングセラーです。ドロップハンドルだけどフラットバーのようにゆったり楽な姿勢で乗れるので街乗りからログツーリングまで幅広くこなせて、BRUNOならではの細部にこだわったおしゃれな外観。カスタムしながら長く乗りつづけている方も多いモデルです。 2018年モデルから2019年モデルへの変更点は2つ。 【変更点1:サドル】 2018年モデル:Brooks B-17ナロー  ↓↓↓2019年モデル:Brunoオリジナル(セラロイヤル製)サドル 新モデルは残念ながらサドルは本革から合成皮革にグレードダウンしました。 【変更点2:価格】 2018年モデル:86,000円  ↓↓↓2019年モデル:79,800円 サドルのグレードダウンを受けて価格も6,200円安くなりました。 (Brooksサドル単体の価格は14,600円です。) 他のパーツ構成・フレーム設計は全く同じです。 今回のセールはいいとこ取り! ・サドル→2018年と同じBrooksのレザーサドルに!・価格→安い方の79,800円!2018年モデルと2019年モデルの条件のいい所をそのままにご用意いたします。 さらに、絶対必要になるカギ・ライト・スタンドもセットでお付けしますよ! 当店の売れ筋商品から、ABUSのカギ(三年間・最大3万円の盗難見舞金付き)とKnogのUSB充電式ライト、BRUNO純正スタンドもお付けします。 キャンペーンを要約すると。。。BRUNO Minivelo Road Drop 2019年モデルの価格79,800円(税別)で下の4点がついてきます! ・サドル:Brooks B-17・・・・14,600円
BRUNO ミニベロ完璧ツーリング仕様でご納車。

BRUNO ミニベロ完璧ツーリング仕様でご納車。

BRUNO, Custom, Mini velo
本日は当店で以前からご贔屓にしていただいているベテラン(というには早すぎる?)サイクリストのお客様のニューマシンをご納車。 赤いBruno Minivero Road 20 Dropに合わせて赤いオルトリーブの防水パニアバッグ&ハンドルバーバッグ。赤色基調の全体にハイライトを与えているのが、ポリッシュシルバー系のパーツたち。リアキャリアは京都のE.B.Sさんによる特注品、ペダルはMKSの通常モデルよりワンランク上の輝き&回転性能のNEXTシリーズで輪行も考慮して取り外し可能なタイプです、泥除けはツーリング車といえばコレ、本所製作所謹製であります。 個人的にはトップチューブにつけたフレームポンプがお気に入りです。もっとコンパクトな携帯ポンプより空気を入れやすいのは言うまでもありませんが、ツーリング気分を盛り上げてくれる大事な小物でもあります。 オーナーさんはこの自転車で日本一周にチャレンジするそうです。羨ましい限りですが、僕としてはこうやってお手伝いさせていただけるのもなんだか嬉しいです。気をつけて行ってきてくださいね。
BRUNO 2019モデル入荷のお知らせ第三弾。「MiniVelo Road 20 Drop」

BRUNO 2019モデル入荷のお知らせ第三弾。「MiniVelo Road 20 Drop」

BRUNO, Mini velo
ちょっと間があいてしまいましたがBrunoの2019年モデルの速報も第三弾のこれが最後です。「MiniVelo Road 20 Drop」こちらも当店ではド定番のモデルで、街乗りからソコソコな距離のツーリングまでこなせる人気車種であります。 2019年のラインナップはですね、2018年からの継続カラーのターコイズとレッド、それから2019年モデルだけのワールドツアーエディションとしましてマットグレーが追加になっています。(写真の車両です) このワールドツアーエディションの要になっているのが、サドル。BrooksのB-17セレクト「ワールドトラベラー」が付いています。まだ残ってたんですね。。。。数年前に限定生産されていたサドルで、今はもう生産されていないBrooksの”セレクト”シリーズのサドルに昔のBrooksの広告で使われていたワールドトラベラーさんのイラストがレーザー刻印されているモデルです。この”セレクト”シリーズですが、通常のBrooksサドルよりもよりハードでヘビーな扱いにも長く耐え抜くために通常より厚めで硬めの革で作られています。そもそも牛の産地が通常と違うとかいう話を聞いたような気がします。表面はややマットな質感でこのままエイジングしてもよし、オイルを塗って磨き上げれて良い感じのアメ色に仕上げるのもよし、というレアものサドルです。あ、Brooksのウンチクが長くなりましたね。。。。 肝心の車体の方はサドル以外は2018年モデルとなんら変更無しでございます。手前のフラット部分が握りやすい安心感あるドロップハンドルも健在です。もう今更改善点も無いと思いますし、これで良いと思います。 レッドとターコイズの通常エディションは2018年モデルはBrooksのB-17ナローという革サドルが付いていましたが、2019