大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

BRUNO

BRUNO 2019モデル入荷のお知らせ第二弾。

BRUNO 2019モデル入荷のお知らせ第二弾。

BRUNO, Mini velo
当店の、というか日本中のBrunoのラインナップの中で一番売れているモデルは、やはりダントツで「Mixte(ミキスト)」でございます。そんなミキストさん、2019年モデルも到着しております。 こちらが2019年モデル。お店の外側の目立つところに置いております。カラーは左からホワイト(限定)、グロスブラック、ピンク(限定)、ターコイズです。他にもレッド、ブラウン(限定)、マットグレーがありますが、この写真を撮った時点では組み立てが間に合いませんでした。全色入荷していますが売り切れる可能性もありますので、実物を見て色を決めたい方はできるだけ早めに見に来てくださいね。 ち な み に 。2018年モデルもまだ残ってます。はっきり言いまして、自転車自体は何も変わりません。色が違うだけです。真ん中の2018スカイブルーと2019ターコイズの違いなんかほとんどわかりません。。。。でも、値段は2019モデル(54,000円)より2,000円安いです。ご検討中の方はお急ぎください。
BRUNO 2019モデル入荷のお知らせ第一弾。

BRUNO 2019モデル入荷のお知らせ第一弾。

BRUNO, Mini velo
やっと暑い暑い夏が終わったかと思ったらもう来年の話ですよ。(鬼じゃなくても笑けてきます。) Brunoの2019モデルが一気に入ってきています。色々入荷してるのですが、今日のご案内はBrunoのミニベロの上級クラス「Ventura(ベンチュラ)」です。 2019モデルのベンチュラは写真のマットブラックとマットモスターコイズの2色。早速マットブラックを組み上げてみました。カラーはマットブラックですが実際には限りなく黒に近いチャコールグレーと言った雰囲気で、ツヤ感も完全なマットではなくいわゆるエッグシェルと言われるぐらいの質感でちょっと艶のある卵の殻ぐらいの質感です。これぐらいが見た目に重すぎず、汚れや小傷が目立ちにくいのでいい感じだと思います。 パーツ構成は今までとさほど大きな変更はなく、ステムに変速レバーを配置した前2段×後ろ8段と言う構成です。今日組み上げたブラックについてはサドルがBrooksのチームプロ。バーテープが同じくBrooksの本革バーテープとなかなか贅沢なチョイスです。写真ではちょっと伝わりにくいのですが、レザーの黒光り感と、完全な黒では無いグレー寄りのフレームカラーがいい具合にマッチしています。(多分フレームが普通のグロスブラックだったら少し安っぽく、昆虫っぽい色合いになってるかと・・・) 個人的には、Brooksのチームプロは好きなサドルで、このサドルは手打ちリベット&サイドカットありの上級グレードのサドルなのですが、チームプロに関してはリベットが他のサドルよりも大きいんですね。ここがポイントです。 あと本当に細かいところで誰も気にしてないかもしれませんが、僕が個人的にベンチュラのデザインで好きなところは後ろブレーキアウターの受け部分。ここがまん丸で可愛いんです。と細かすぎて共感を得にくい個人的な好みをお伝えして今
Bruno 2018モデルまだ手に入りますよ。

Bruno 2018モデルまだ手に入りますよ。

BRUNO, Mini velo
このところモールトンやE.B.Sのようなちょっとマニアックな商品のご紹介が続いてましたが、今日はみんなの人気者。Brunoさんです。ミニベロ専門店の当店ですからBrunoに関しては最近あまりご紹介できていなかっただけで、実は毎年相当な台数を販売させていただいております。ですので店頭のストックも極力切らさずおいているのですが、自転車業界は秋〜年明けにかけてが年度切り替えの時期でして、在庫が減っていく時期でもあります。 気になる2019モデルは? 2019モデルの詳細については、また改めて車種ごとに紹介していこうと思いますが、全体的には値上げ、もしくはスペックダウンになる予定です。素材の価格が上がってたり、その他諸々の事情でこればっかりは致し方無いですね。ミニベロのラインナップに関しては、新モデルや大幅なデザイン変更というのはありません。いち早く詳細を知りたい方は店頭でご相談ください。 2018モデルもまだ在庫あります。 今現在入って来ている情報ですと各モデルとも少々値上げになりますし、カラー変更も一部の車種ではあるのですが、カラーは年式問わず気に入ったものを選んでいただきたいので、Brunoの購入をご検討中の方は来年モデルを待つより2018モデルを選ぶのが得策の場合もあるかもしれませんよ。 本日(9月9日)時点で在庫があるのは・・・ Mixte F 52,000円(税別)スカイブルーとディープグリーン Mixte F Black Edition 52,000円(税別)ベージュとクールグレー※クールグレーはUNPEUオリジナル仕様です。 Minivelo Road Drop 86,000円(税別)レッド(460mm・510mm)とブルー(460mmのみ) Ventura 115,000円(税別)レッド前後にBrooks製バ
今度はBruno Mixte。チャイルドシート付き展示車更新しました。

今度はBruno Mixte。チャイルドシート付き展示車更新しました。

BRUNO, Mama`s & Utility bike, Mini velo
お子様乗せ自転車も安定してご用命いただいております当店ですが、先日ご紹介しましたROMNEYが売れてしましましたので、新たなお子様乗せ仕様の展示車をご用意しました。 今回はBruno Mixteです。 価格も小慣れていて人気のモデルです。 今回もE.B.S謹製のMixte専用スタンドを取り付けまして、かなりの安定感でございます。 車輪の剛性とかハンドル周りの扱いやすさなどを比較すると、やはりチャイルドシートをつける事も前提にして設計されているRomneyの方が優れている点も多いのですが、お求めやすい価格だったり見た目の可愛さ(コレ重要)だったり、捨て難い点も多いのがこのMixteさん。 チャイルドシート・スタンド・フロントバスケットの3点が付いたこの状態でジャスト10万円(税別)でございます。 スタンドの在庫が残りわずかですので、もう少し暑さがやわらいでから・・・なんて言ってると売り切れると思いますよ。 前乗せ仕様もご用意可能ですのでご相談お待ちしております〜。
雨上がりのサビ対策のお話。

雨上がりのサビ対策のお話。

BRUNO, Custom
大雨の被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。 当店も、常勤スタッフのうち2名が出勤できない状況になり、臨時休業とさせて頂きました。 かく言う私も出勤できなかったうちの1名でして、大雨でこんなに不安な思いをしたのは初めてです。 実を言うと、5日〜6日で自転車ソロキャンプに出かけるつもりでコツコツ準備してたので残念です。。。。 梅雨が明けたら紹介しようと思っていたのですが、散々雨に振られたので、このタイミングでこんなご案内を。 お客様ら度々いただくご相談なのですが、「部品のサビ、落とせませんか?」とよく聞かれます。 頑張れば落とせない訳では無いのですが、労力(=作業工賃)を考えれば部品ごと交換した方がいい場合も多いです。 例えばココ。 BRUNOのベストセラー「Mixte F」のフロントブレーキワイヤーのガイドです。 メッキ処理されていますが、どうしても錆びます。気になりだすと走行中でもチラチラ見えるのでテンション下がりますよね。 そんな訳でサビにくいアルミ製に交換してしまいます。 この部品に変えることで、ワイヤーの曲げ角度も緩くなるのでブレーキレバーの動きもスムーズ、非常にいけてる部品です。 部品自体は1000円ぐらいで作業工賃は数百円〜2000円ぐらいです。ワイヤーを新調しないといけない場合もあるので、作業工賃は前後します。 そのほかにもサビたネジやチェーンもサビたら交換するのが手っ取り早いです。 ネジは100円ぐらいで新しくなりますので、店頭でご相談ください。
BRUNO Minivelo Road 20 Drop 売り切れる前に見に来てください。

BRUNO Minivelo Road 20 Drop 売り切れる前に見に来てください。

BRUNO, Custom
気軽な街乗りからまぁまぁそれなりのサイクリングにも使えてしまうBRUNOの定番モデルMinivelo Road20 Drop。 写真はご納車前のスカイブルー。サイズは一番大きい540mmです。170cm台半ばの方や、身長160cm台でも手足がスラリと長い方にちょうどいいサイズです。 他のサイズ(460mmと510mm)はメーカーさんの在庫は完売みたいですが、UNPEUにはまだ少量残っています。 あとレッドの方もやや品薄になってきました。 こちらは店頭用にカスタムモデルを鋭意製作中。 ノーマル仕様は扱いやすい”ストレートハンドルに限りなく近いドロップハンドル”なんですが、今作っているのは普通のドロップハンドル仕様。長距離走るならこっちがいいです。 逆にストレートハンドルに変えたものなんかも店頭にあったりします。 ぜひ店頭で触ってみて違いを確認してみてくださいませ。
BRUNO Mixte専用フロントバスケットと便利なスタンド。

BRUNO Mixte専用フロントバスケットと便利なスタンド。

BRUNO, オリジナル
BRUNO Mixte専用のオリジナルフロントバスケットを製作しました。 じつはこの製品は過去にもいくつか作っていたのですが、久々に再生産してもらいました。 作っているのは京都に工房を構えるE.B.S。同社のLEAFシリーズやカーゴバイクで使われているような頑丈で低床なフロントバスケットをBRUNO Mixteに合わせてあつらえてもらいました。 今回の製作は限定5個。この先は当分作る予定がないので「これだ!」と思った方は今すぐご連絡ください。 価格は16,000円(税別)です。 汎用品の前カゴを流用するのではなくMixte専用に作っているので、20インチタイヤに合わせて低めに付いています。前にチャイルドシートをつけている方にもお勧めですね。(カゴが高い位置にあるとお子さんの足が当たるんです。) 頑丈なスチール製。 底面は木製です。 ハンドルまでの高さも余裕があるので、大きな荷物も問題なしです。 ハンドルのふらつきを抑えるスプリングの併用がおすすめです。 只今店頭にあるのはシルバー(ダルメッキ)だけですが、近日中にブラックが届く予定です。 合わせて5個しかないので、お早めにお問い合わせを。 あと、このバスケットに限らず、大きなカゴ類を取り付ける際にお勧めなのがこちらのダブルレッグスタンド。 RaleighのRSMやRSSに標準装備されているのと同じものですが、こちらMixteにも取り付け可能です。 立てた状態だともちろん車体が直立。ハンドルがグルンって横を向いてしまうことがない、というのは当然ですが、畳んだ時も左側に行儀よく収まってくれるので車体のシルエットを邪魔しなくていい感じです。 こんなに便利なのに2800円(税別)というナイスな奴です。こちらもぜひご一緒にどうぞ。
BRUNO Mixte 春の新色届きました。

BRUNO Mixte 春の新色届きました。

BRUNO, Mini velo
今朝、届きました人気のBRUNO Mixteの春の新色です。 本日の入荷は3色。 まずは「MINT」 ちょっとグレーっぽい彩度落としめのミント色です。 天気が良すぎて色がイマイチわかりにくいのですがこんな色です。 どんな服の色にも合わせやすいので、この色は人気出ると思います。 ほいーやハンドルなどパーツは全てブラック系になっています。 そしてこちらは、桜の季節にぴったりな新色「SAKURA」(そのままやん。) 今朝届いたばかりなのでまだ組み立て中です。 淡くて優しいトーンのピンク色ですので、「ピンク」と聞くとちょっと可愛いすぎるんじゃない?と思う方にもたぶん悪くないって思ってくれると思います。 ブログが書き終わると同時に仕上がったので一応写真載せておきますね。 あと、最後は「WHITE」こちらもまだ組み立て整備中ですが想像つきますよね。。。。 ロゴとストライプが映える柔らかいトーンの白です。男女問わず人気ですよ。 春の新色以外にも沢山在庫ありますので、店頭で見比べてみてくださいね。 どのカラーも52,000円(税別)です。カゴやドロヨケ、ライトなどオプションも各種ご用意してますよ。お待ちしておりますー。
BRUNO Mixteの春なんです。

BRUNO Mixteの春なんです。

BRUNO, Mini velo
春の新生活に合わせて新しい自転車を・・・というご注文で賑わっておりますUNPEUです。 有難うございます。 こちらはご納車待ちのBRUNO MIXTE(ブルーノ ミキスト)。 通勤通学にも使いやすいこの時期にご注文の多いモデルであります。 今回はオプションで前カゴ、ドロヨケ、ライトを取り付けてご用意させて頂きました。 当店に置いている自転車はほとんど(先日紹介したRaleigh RSS RSMは割と例外)でドロヨケがついていません。 でもMixteの場合は専用品が用意されてますし、他の車種でもほとんどどのモデルでもドロヨケは付きます。 もちろん無くて済むなら無いほうが軽快なんですが、実用面を考えると必要です。 そしてこの車体みたいに、きちんと実用的に仕上げつつ、可愛くも仕上げることも出来ますのでご安心を。 このMixteはブラックエディションというホイールやハンドル、クランクなどが全てブラックパーツで纏められたキリッとした仕様です。 なのでもちろんドロヨケはブラックで合わせていますが・・・・ 前カゴとライトはシルバーにしてみました。 狙いとしては「前カゴ付けたった感」。 もちろんカゴもライトもブラックにして統一感を出すもの素直な組み合わせですが、全部ブラックだと見た目が重くなりそうなのと、ともすればママチャリ感が出てしまいそうな、前カゴ&ドロヨケをきちんとカスタム感が出るように配色してみた感じです。そうこれが「前カゴ付けたった感」。雰囲気解っていただけたでしょうか? ちなみにもっとワザとらしく「前カゴ付けたった感」を出すならアメリカ製のWALDのバスケットなんかも(実用面はやや劣りますが)インパクトあって面白いと思います。 >>こんな感じです そんなこんなで、オプションコミコミで7万円代半ばほど。
今年ももうすぐ届きます。B-ant 406STEEL

今年ももうすぐ届きます。B-ant 406STEEL

BRUNO, Mini velo
はい。今年もやって参ります。 お洒落自転車の代名詞的存在BRUNO上位グレードの「B-ant」の人気モデルが今年も台数限定で販売でございます。 今年はクロームメッキが引き立つブラックパーツ&ターコイズのアクセント このモデルでは毎年お馴染みのメッキ処理されたフレームに、今年はパーツをほぼ全て黒で統一しています。 そして、バーテープだけはターコイズ。 このセンス、ですよ。これがB-ant。 今年のモデルは特にクロームメッキの質感が映えると思います。 非常にビビットな印象ですね。 ちなみに去年はブラウン系のサドル・ハンドル周りにシルバーパーツという絶対にハズさないパーツチョイスでした。 あと、3年前ほど前はこんな感じだったり。。。 毎年抜群のセンスを提案してくれます。 限定25台しか作りません。 こちらのモデル、完全限定でたったの25台+フレーム単体販売5本という希少モデルとなっております。 当UNPEUにはフレームサイズ460mm(153~163mm)、500mm(適応身長160~167cm)、520mm(適応身長170~180cm)が入荷予定ですが。 各サイズ1台しか入荷しません。 (限定25台を10店鋪限定で販売するので仕方ないですね。。。) 細部までこだわったフレーム設計は健在 まだ実物を見ていないのではっきりした事は、店頭に届いてからレポートしようと思いますが、フレームの設計自体は今までと変更ないと思います。 BRUNOのMinivelo20Roadと比較するとシートチューブの角度が少し立ち気味に設計されていて個人的にはこちらの方が好きです。 トップチューブの延長線から弧を描くようにデザインされているシートステーの角度とも相まって非常にスマートないでたちです。 アウターワイヤ受けの金具に丸