毎日営業しています!大阪・南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

Mama`s & Utility bike

EBS LEAF LONG

EBS LEAF LONG

E.B.S / tobira, Mama`s & Utility bike
まだまだ寒ーいですが、毎年そろそろご準備のご依頼が多くなるお子様乗せ自転車。本日のブログはEBSのLEAF LONGです。 EBSは当店velo life UNPEUと同じグループのハンドメイド自転車工房で、京都の工房で1台1台手作業で制作されています。ですので僕らUNPEUの「こんなお子様乗せ自転車が欲しい」を形にしたものでもあるんです。 今回のご依頼ではやや小柄なお母さんのご依頼で通常のモデルよりも少しサドルが低めに設定できるように工房のほうで少し設計を変えてもらっています。こんなことができるのも1台づつ制作するハンドメイドだからこそ!できる限りご要望に沿った自転車を制作してくれます。 ちなみに車体の色も選べます。今回は今まで乗っていて思い入れのある自転車と同じ色に合わせて塗装してもらいました。めちゃくちゃ可愛いと思います。 その他、通常より少し太めのタイヤにしてみたり、リアキャリアもフレームと同色で作ってみたり、、、オーナーさんのこだわり満載でございます。 オーダーメイド感覚で制作しますので通常より制作期間はかかりますが、お子さんと一緒に自転車に乗れるのもほんの数年間のこと、せっかくだから最高にお気に入りの1台を作ってみませんか? 今ご注文いただければ、2022年の後半(多分夏ぐらいかな??)のご納車になりそうです。UNPEU店頭には見本も1台ございますので、店頭でお気軽にご相談くださいませ。ちなみにご予算はコダワリ度やチャイルドシートの種類によって変わりますが、20万円台半ばぐらいが多いです。ご予算優先のご相談もOKですのでお気軽にお声がけくださいね。 ...
tern Short Haul + Child seat

tern Short Haul + Child seat

Mama`s & Utility bike, Tern
ternのカーゴバイク「Short Haul」も当店では主にお子様乗せ自転車カスタムでのご案内が増えてきました。この春から保育園への送り迎えも考え中という。お父さんお母さんは参考にしてくださいませ。 そもそも、ショートホール、良くできた自転車なんですよ。スペックチャートを見ると、車体重量は15.5kg。実際僕の印象ではそんなにあるのか?と思うほど軽いです。実際には泥除けもついてるし、リアキャリアもついてるし、車体も長いので納得の(といっても十分軽い)重量なんですが、たぶん操作感が軽いのと重心が後ろ寄りの設計だから軽く感じるんだと思います。いづれにせよ操作感が軽いのはとても乗りやすいです。あとはシンプルな8段変速にがっちり効く油圧ディスクブレーキ。ストレスフリー&メンテナンスも(割と)フリー。店頭には以前からternさんのご好意で試乗車をお借りしていますので、僕らも毎日触っていますが、しっかりしていて良い感じ、頼れる奴って感じです。 こちらはまだ施工前のノーマル仕様。 ノーマルですが泥除けと片足キックスタンド(結構頑丈です)とリアキャリアは標準装備です!(しかも荷物固定のゴムまでついてる!) そんなショートホールも僕らの手に掛かればやはりお子様乗せ仕様にしてしまいます。今回はお客様からご要望頂きましてなんと前後チャイルドシート付き!かっこいいです。ちょっとした幼稚園バスですねこれは。 お子様乗せ仕様のポイントは3つ。1つめは、跨ぎやすいフレームであること。後ろからガバッと足を上げて跨がないといけない自転車の場合、後ろチャイルドシートをつけると跨げなくなります。なので前から跨げるようにフレームが低いモデルである必要があります。2つめはスタンド。がっしりと自転車が直立してくれるスタンドが必要です。例えば一本足の不安定...
BRUNO E-TOOL お子様のせもお任せください。

BRUNO E-TOOL お子様のせもお任せください。

BRUNO, Mama`s & Utility bike, 子供乗せ, 電動アシスト
あけましておめでとうございます。本年もvelo life UNPEUをよろしくお願いいたします。 新年初めのブログはBRUNO E-TOOL のご紹介です。平地多めの大阪市内なのであまり電動アシスト自転車をご紹介することは少なかった当店ですが、実は裏ではめちゃくちゃ売れてます。別に隠していた訳ではないですが、漕ぐのが楽だとか、坂道が楽だとかそう言うことじゃなくてご用途に合わせて選んでいただければ電動アシストが最適解ということも往々にしてあります訳で。 発売直後にも一度ご紹介していましたが、今回はお子様乗せバージョン。カスタム自転車屋としては非常に腕がなるお題を頂きました。新発売の自転車ですのでまだ事例が一切ないので経験をもとに、このパーツこのサイズなら大丈夫かな?とか予想しながら進めて参ります。例えば、ハンドルバー。今回は前のせチャイルドシートなので乗られるお父さん・お母さんの懐にお子さんが収まるように幅が広くて手前に曲がっているハンドルバーに変更しています。その際にワイヤーの長さが足りるかどうかがちょっと不安でしたがいい感じにセーフでした。このハンドルバーは僕らUNPEUも設計に参加しているEBSによるNITTOさんの別注ハンドルバー「EBS-40」その昔、80年代に「マウンテンバイク」っていうジャンルが生まれた頃の所謂クランカースタイルへのオマージュなデザインであります。可愛いけどちょっと無骨さもあるE-TOOLにもよく似合います。ていうかこれだけでかなりやばいカッコ良さになってると思いますよ、僕は。 ちなみに今回採用したチャイルドシートはオランダのBobikeというブランドのもの。最近の当店ではフロントはこちらが一番売れている気がします。Yeppのチャイルドシートとよく比べられるのですが、こちらの方がややコンパクトで軽量、ち...
Grown Todd 通販も受付中!

Grown Todd 通販も受付中!

GROWN, Mama`s & Utility bike, 子供車
3歳のクリスマスプレゼントに、4歳の誕生日プレゼントに。というご依頼が多い16インチのキッズ自転車。今年もその時期がやってまいりました。 当店一押しの16インチはGrown Todd。可愛いけどちゃんとアルミフレームで軽くてブレーキもスポーツ自転車基準でお子様の握力でもしっかり効きます。 そんなToddですが、実は通販も始めています。段ボール箱に入れて送りますのでどうしても届いた時に簡単な組み立てをして頂く必要がありますが、工具と説明書はありますのでIKEAの家具組み立てられる技量があれば問題なしです。ちなみに正確には、ハンドル・ペダル・補助輪の取り付けが必要になります。 通販はこちらのページからどうぞ。https://unpeu.official.ec/items/55901133 ...
UNPEUオリジナル。お子様乗せBRUNO Mixte

UNPEUオリジナル。お子様乗せBRUNO Mixte

BRUNO, Mama`s & Utility bike
マジックアワーの大阪・南堀江からこんばんは。ブログ担当の長髪メガネです。(そろそろ髪切ろうと思います)僕が自転車の仕事に就いた時にはもうすでに人気車種だったので軽く10年以上のロングセラーになっているBRUNOのMixte。小ぢんまりしていて誰にでも乗りやすいサイズ感で、特に小柄な女性にはおすすめしております。当店の場合、写真のとおりチャイルドシートを着けてお子様乗せ仕様でご用意させて頂くのもすっかり定番化しております。 お子様乗せ自転車にありがちな大柄な電動アシストじゃなくて、軽くて小さくて取り回しの良いもの、お子様を乗せなくなってからも気分良く乗り続けたい、という自転車をお探しの方には手前味噌ですが大変好評なのであります。 ポイントは当店オリジナルの専用スタンド。お子様の乗せ降ろしの際にも安心の安定感。これが子供乗せ自転車には必須条件になります。でもなかなかこういった変速付きの準スポーツ車的なミニベロに合うスタンドって市販されてないんです。なので自分たちで作りました。ちなみに他の車種にもこのスタンドを取り付けたい、というご要望を頂くことが多いのですが、取り付け部分の作りがBRUNO Mixte専用になっていますので他の車種には取り付けできません。ごめんなさい。 他にノーマルと違う点はハンドル形状。前のせタイプのチャイルドシートだとお子さんが乗るスペース(お母さんの懐あたり)を広く取らないといけないのでハンドルを大きく手前に曲がっている「プロムナード」と言われる形状のものに変えています。 基本的には上記2点の変更で完成です。後ろ乗せチャイルドシートの場合はハンドルはノーマルのままでもOKです。 この展示車には前カゴも付けています。ちなみにバッグはブルーラグさん謹製のこの前かごにぴったりサイズのトートで...
tokyobikeのニューモデル「 Jr. STEP」届きました。

tokyobikeのニューモデル「 Jr. STEP」届きました。

Mama`s & Utility bike, tokyo bike, 子供車
tokyobikeのニューモデルが到着しました。「tokyobike Jr. STEP」名前のとおり20インチのジュニア用自転車です。身長はだいたい115cmから乗れるサイズなので、初めての自転車で16インチを乗り始めたお子さんが2台目に乗るサイズ感です。小学校1年生〜2年生で乗り換えるこが多いかな?って印象です。(体格によりかなりバラつきあります) 今までもこの「Jr.」は作られていましたが、この「jr. STEP」は跨ぎやすいようにサドルの前が低くなっているモデル。スカートでも乗りやすいのでどちらかというと女の子向けかな?というデザインです。今まで同様サドルの前がまっすぐなモデルも「Jr. Comfy」という名前でもうすぐ届く予定です。 ちょっとややこしい話なんで恐縮なんですけど、20インチの自転車って実はタイヤのサイズが2種類ありまして、このJr.が採用しているのは大きい方の20インチで直径の規格サイズの「451(ヨンゴーイチ)」って呼ばれます。もう一つは「406(ヨンマルロク)」というやつです。10年ほど前からじわじわと451の方がスポーツ車で使われることが増えてきたのですが、元々は406の方が多数派でした。なのでジュニア用自転車の20インチというと406を指すことも多いのですが、tokyobikeさんは451を採用しています。406のサイズ感で考えると22インチよりちょっと小さいぐらいのサイズ感になります。実際のところ、お子さんの身長が大きくなったからタイヤサイズが大きくなる、という訳ではないのであまり気にする必要もないのですが、この自転車のtokyobikeらしいシンプルでスッキリしたシルエットを表現する上では一役買ってるのは確かですね。可愛い自転車です。 あと、前のモデル「Jr.」からのもう一つの変更点としては、後ろ...
今すぐ乗って帰れます。在庫のLEAF LONG 1台だけ作ってみました。

今すぐ乗って帰れます。在庫のLEAF LONG 1台だけ作ってみました。

E.B.S / tobira, Mama`s & Utility bike
雨なので室内撮影が続いております。。。今朝からE.B.SのLEAF LONGを組み立てていました。雨なので作業がサクサク進みます。。。(日曜なので微妙な心境です)今回組んでいるのは、珍しく在庫車。ハンドメイド&セミオーダー車なので基本的にはオーダーをお受けしてからご用意することが多いE.B.Sの自転車ですが、今年からお子さんの送り迎えのために”今すぐ欲しいんです!”という方のために1台ご用意してみました。 カラーは僕の好みでもあるんですけど、水色でご用意させて頂きました。個人的には水色&シルバーパーツの組み合わせが好きでして、昔こんな色のフィアットに乗ってました。40代のおじさんが乗るには可愛すぎましたね。。。フロントラックとリアキャリアも同色でセットしています。気に入っていただけると嬉しいのですが。 ではではここでこのLEAF LONGについてあらためてご紹介させて頂きます。もともとE.B.SではLEAF451っていう女性でも跨ぎやすいフレームデザインでスラリとした細身のフレームが美しい街乗りモデルがあるんですけど、このLEAF LONGはフレームを前後に少し長くして、個々のパイプの強度も強くしています。そしてホイールも少し太めのタイヤが使える406サイズの20インチに変更しています。要はチャイルドシートを付けても窮屈じゃないフレームの長さとお子さんと荷物の荷重にも安心して使える強度をプラスしました、っていう感じです。 サドルとハンドルの距離はしっかり広めにとって、前のせチャイルドシートが付いても自然に乗れるようにしていますが、ハンドルが遠すぎないように手前に大きく曲がったハンドルバーが標準設定です。写真の車体で使っているチャイルドシートはオランダのBobike社のもので、シンプルで優しい曲線と温かめの色使いがオランダっぽい雰囲...
MATT RAWカラーのDurcus One MOTO

MATT RAWカラーのDurcus One MOTO

DURCUS ONE, Mama`s & Utility bike, 子供車
当店ではジュニア向け自転車としてご案内することも多いDuecus One(ダーカス ワン)のMOTO。Durcus oneは日本のBMXやストリート系の自転車を専門にしているブランドさんでMOTOはこれからBMXを始めたい方向けのエントリーモデル。エントリーモデルって言うとただの廉価版だと思われそうなので、誤解なきようにきちんと説明しておきますと、、、まずBMXといってもパークやストリート、ダートジャンプなどなど他にもいろいろありますが、最初からこのジャンルを突き詰めて行こう!なんて人は数少ないわけです。まずはBMXっていう乗り物に親しんで、周りの環境とか自分の得意分野とかいろんな要素でもってそれぞれのBMXの楽しみ方を見つけていくわけです。そう言う意味でこのMOTOはまだどの路線でいくかはっきりしていない方にも安心してBMXを楽しんでもらえるように振り幅の広いオールラウンドな作り込みがされています。だから買った後から興味の向くままにいろんなことにチャレンジできる、そんな”これからの方”にいろんな可能性を見せてくれるBMXの入り口となるエントリーモデルなんです。 で、写真のモデルは去年から入荷してはすぐに売り切れる「MATT RAW」カラー。RAWって言うのは直訳すると、「生の」とか「素の」と言う感じです。要するに鉄の色そのまんま、をつや消し仕上げにしましたよ。って言う仕上げです。ですのでよく見ていただくと、パイプ同士を溶接してる部分は溶接の焼けた跡がそのまんま。鉄パイプの表面の荒れもそのまんま。これが実にかっこいい。ハンドメイドの自転車の世界では(僕らが運営しているE.B.Sとかね)ではこだわりの表面仕上げとして人気なんだけど、こういった量産メーカーさんの自転車でしかも4万円の自転車でやっちゃうなんてもうびっくりです。 元々は身長15...
tokyobike Jr.の在庫。

tokyobike Jr.の在庫。

Mama`s & Utility bike, tokyo bike
べつに、、、隠し持ってた訳ではないのですが。品薄ぎみのtokyobike Jrの在庫が今日現在だとこんな感じ。 色はモモ・ブルーグレー・シダーグリーン・アイボリー。ん?廃盤カラーも混ざってますね。モモ色なんかは指名買いも多かった色なので、少し多めに倉庫に取り込んでおりました。(隠していた訳ではないのですが)あと数台しかございませんのでお探しの方はお早めにどうぞ。女子には必須の「泥除け」もご用意していますよ。 ここにないお取り寄せカラーの場合、11月末〜12月ごろのお渡しになる予定です。 ではでは2階のキッズ売り場でお待ちしております。
Grown Toddがやってきた。

Grown Toddがやってきた。

GROWN, Mama`s & Utility bike, 子供車
当店2階のキッズ&パパママフロアに久々の新顔です。16インチのキッズバイクで名前はTodd(トッド)って言います。3歳後半〜7歳ぐらいまで乗れるサイズ感で、キックバイク(ストライダー的なやつね)を卒業した子や初めて自転車に触れる子用のサイズです。4歳の誕生日プレゼントってケースも多いかな。 さてこのトッドを作っているのがGrownていうブランド。他にも20インチミニベロのEVERYとかこれからもいろんな車種の登場が予定されているんですけど、実は僕たちNNPEUのスタッフも開発には参加しています。 自転車の設計は京都に工房を構えるE.B.S、デザインはRawLow Mountain Worksさんが担当しています。キッズ車にあるまじき気合の入ったカッコイイヘッドバッジとキノコちゃんマークが可愛いでしょ。 フレームは軽量なアルミ製です。お子さんの脚力で動かすわけですから僕たち大人のモノサシで軽いとか判断したらダメですが、とりあえず軽いに越したことは無い訳で、見た目の可愛さを損ねない範囲で軽量なアルミ素材を採用しています。 あと特筆すべきはブレーキ。一昔前のマウンテンバイクってみんなこのVブレーキっていう形式のブレーキが使われていました。要するにそれだけ制動力が強いってことで、お子さんの小さな握力でもしっかり効いてくれます。でもってブレーキ本体とセットになるブレーキレバーはちゃんとお子様サイズで小さな手にも馴染む大きさで安心です。 さてそんな新人トッド君ですが、カラーバリエーションは4色。グレー、ピンク、ベージュ、ブルー。どの色にもブラウン色のサドル・グリップにアイボリーのタイヤが可愛いです。価格は32,000円(税別)でございます。色によっては残りわずかなものもありますのでお早めにどうぞ。 ...