毎日営業しています!大阪・南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

GROWN

Grown HUNTプロムナードバー

Grown HUNTプロムナードバー

GROWN, Mini velo
Grown HUNTのハンドルをプロムナードバーに交換してみました。元々はほんのちょっと幅狭めの小気味良い乗り味のストレートバーですが、こちらはゆったり系ですね。前カゴも付けたりしてこの小慣れた感じが良いバランスでございます。 実際に乗ってみるとフレームの素質が良いからでしょうか、ハンドリングのバランスも良く日常の足としてスイスイ働いてくれそうな気持ちいい乗り味です。通常はこのテのカスタムの場合、乗り味は「まぁそんなもんじゃね?」的な感じに落ち着くんですが、HUNTの場合はハンドルを変えてもいい感じで走ってくれます。これが設計の妙ってやつですね。 細かいところだと、2本足スタンドを追加、ペダルをMKSのものに変更ワイヤー類は全てニッセンのクリアケーブルに、カギとライトも追加させてもらっております。 ちなみにこちら色違いで全く同じ仕様もオーダー頂きました。公共交通機関よりも自転車移動が圧倒的に便利な大阪の街にはベストな選択ですね。 ...
Grown EVERY

Grown EVERY

GROWN, Mini velo
Grownっていうメーカーは僕らUNPEUも運営に携わっている自転車ブランドで、もともと同じく僕らが運営している京都のハンドメイド自転車工房「E.B.S」の設計ノウハウを元に海外の工場で、価格を抑えて制作しています。 女性でものいやすいサイズ感と跨りやすさに加え、カゴやキャリア、チャイルドシートだって付けられるユーティリティ性の高さ、さらに軽い力でよく進む走りの良さ。最後の走りの良さ、っていうのは自転車の性能を測る上では当たり前に必要なことなんだけど、なかなか納得いくレベルで仕上がっている自転車って少ないんです。 このEVERYの場合、街乗りで女性の方が乗られる方が多くて、荷物もしっかり積む、時にはお子さんを乗せたりもという使われ方ですので、むやみにスピードが出るような走りの良さではなくて、漕ぎ出しの軽さとかスムーズな加速感とかにこだわって、必要十分な”走りの良さ”を感じてもらえる設計になっていると思います。試乗車も用意していますので、気になる方は店頭で試してみてくださいね。乗車姿勢はすごくゆったりなのにスイスイ加速していくので気持ちいいですよ。 さてさて、このページ一番上の写真は全くのノーマル状態ですが、下の写真は、ドロヨケ・チェーンガード、前カゴなどなど便利系オプション盛り盛り、その下はリアキャリアにパニアバッグ、タイヤとサドルも変えています。イキってますね。 その他、ハンドルを変えて少しスポーティにしたり、チャイルドシートを付けてママさんパパさん仕様にしたりとか実はかなりのバリエーションを僕らは用意しています。このテの引き出しの多さはちょっと自信あります。 そんな訳で僕らも自信を持っておすすめしているGrownのEVERY。Grownの自転車はどれも僕ら自転車屋の人間が本気で企画している製...
GROWN, Mini velo
年の瀬にこのブログでもご紹介していましたGrownのHUNT(ハント)。もともとはストレートハンドルですがドロップハンドルへの載せ替えカスタムをサンプル的に作ってみました。 実はこのテのカスタムは僕らとしてはもう小慣れたものでして、いろんな車種でハンドル交換やってます。ただ、HUNTの場合は特にこういう大幅なハンドル変更も簡単にできるので、よくご提案しています。 なんで簡単いできるのかと言いますとその秘密はシフトレバーにあります。HUNTはフロントシングル × リア8段変速のシンプルな構成なのでシフトレバーは1つ。標準設定ではストレートバーにサムシフターって言われるちょっとクラシックなレバーが付いています。このレバーの場合、写真の通りステムにシフトレバーを移設することもできるので、新たにレバーを買い足す必要がありません。他の車種ですとよく使われるのがシマノのラピッドファイヤーと呼ばれる親指と人差し指で操作するタイプのものが多いですよね。ラピッドファイヤーは操作性は良いのですが、ストレートハンドル以外には使えないのでドロップハンドルにした時にはお役御免でございます。残念。 そんなわけで、HUNTの場合最小構成であれば、ドロップハンドルとブレーキレバー、バーテープ、ワイヤーを用意すればドロップハンドルに載せ替え可能です。同じ要領でブルホーンにもすることが多いですね。また近いうちに作ってみようと思います。 今回は、ちょっと渋め?な落ち着いた感じで、BROOKSの革サドルを採用、バーテープもBROOKSです。(お値段抑えめにしたかったのでマイクロファイバーです。)ハンドル周りの交換費用であればパーツ代だけで1万円前後でいけちゃいます。 ちなみに「だったら初めからドロップハンドルの車種を選べば良いじゃないか?」と思われる...
GROWN HUNT

GROWN HUNT

GROWN, Mini velo, Recommend Post
只今12月27日の夕方6時過ぎ。今年の営業も残すところあと1日とちょっと。 29日(火曜日)の午前中まで営業致します。毎年年末はクリスマス向けのお子ちゃま自転車の組立て&ご納車がまとまってやって来たり、年内中にご納車を済ませておきたいご予約済み車両で大忙しですが、コロナ禍の今年もなぜか相変わらず。。。 ブログの更新もやや滞り気味になっておりましたね。 そんな状況でもどーしてもご紹介しておきたかったニューモデルが到着しましたので年末ご納車ラッシュの隙をついてご紹介です。。。 GROWN HUNT 僕らUNPEUも運営に関わっているGROWNのミニベロ、「HUNT(ハント)」が到着しました。 GROWNは僕らUNPEUと同じ傘下にある京都のハンドメイド自転車ブランドE.B.SとアウトドアブランドのRawLow Mountain Worksによる新しい自転車ブランド。準備期間から携わっている僕らからすればもう何年もやってる気がしてますが、2020年にスタートしたばかりのブランドになります。 今日ご紹介しているHUNTは、もともとE.B.Sが作っているHorizontal451というミニベロがベースになっている、っていうかジオメトリ(骨格のサイズ感)はほぼHorizontal451と同じです。 ただどうしてもHorizontal451の場合、国産のKaisei社製のパイプを使ってハンドメイドで仕上げているのでどんなに頑張っても15万円ぐらいはしてしまうんです・・・ そこで、同じジオメトリでもって、台湾のファクトリーさんで一気に大量生産、パーツも最もカスタマイズしやすい構成で完成車に仕上げて・・・という事でグッと身近な価格で作ることができました。実際には使用しているパイプの違いや、ほんのちょっとジオメトリもHorizontal451...
Grown Toddがやってきた。

Grown Toddがやってきた。

GROWN, Mama`s & Utility bike, 子供車
当店2階のキッズ&パパママフロアに久々の新顔です。16インチのキッズバイクで名前はTodd(トッド)って言います。3歳後半〜7歳ぐらいまで乗れるサイズ感で、キックバイク(ストライダー的なやつね)を卒業した子や初めて自転車に触れる子用のサイズです。4歳の誕生日プレゼントってケースも多いかな。 さてこのトッドを作っているのがGrownていうブランド。他にも20インチミニベロのEVERYとかこれからもいろんな車種の登場が予定されているんですけど、実は僕たちNNPEUのスタッフも開発には参加しています。 自転車の設計は京都に工房を構えるE.B.S、デザインはRawLow Mountain Worksさんが担当しています。キッズ車にあるまじき気合の入ったカッコイイヘッドバッジとキノコちゃんマークが可愛いでしょ。 フレームは軽量なアルミ製です。お子さんの脚力で動かすわけですから僕たち大人のモノサシで軽いとか判断したらダメですが、とりあえず軽いに越したことは無い訳で、見た目の可愛さを損ねない範囲で軽量なアルミ素材を採用しています。 あと特筆すべきはブレーキ。一昔前のマウンテンバイクってみんなこのVブレーキっていう形式のブレーキが使われていました。要するにそれだけ制動力が強いってことで、お子さんの小さな握力でもしっかり効いてくれます。でもってブレーキ本体とセットになるブレーキレバーはちゃんとお子様サイズで小さな手にも馴染む大きさで安心です。 さてそんな新人トッド君ですが、カラーバリエーションは4色。グレー、ピンク、ベージュ、ブルー。どの色にもブラウン色のサドル・グリップにアイボリーのタイヤが可愛いです。価格は32,000円(税別)でございます。色によっては残りわずかなものもありますのでお早めにどうぞ。 ...