大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

E.B.S

E.B.S Horizontal451

E.B.S Horizontal451

E.B.S, Mini velo
ご納車から少し時間が経ちましたが、シンプルさが活きる綺麗な車体をご納車しましたのでご紹介を。 E.B.Sのホリゾンタル451ですが、こちらはちょっとイレギュラーなディスクブレーキ仕様。今回は街乗り用としてご注文頂きました。 グロスブラックのフレームにハニー色で揃えたBROOKSのレザーサドル&グリップ。パーツ類はブラックとシルバーを程よくミックスしています。コンポーネントはshimano SORAをメインにしているので、ブラックで合わせられるのも隠れたポイントです。(ティアグラやクラリスだとグレーになるので。) こういう究極にシンプルな車体を作るとなると、フレームのバランスが重要になります。ミニベロの場合、スポーツ車に比べてサイズ展開が少ないこともあって誰にでも乗りやすいようにトップチューブはやや短めに設定されているモデルも多くあります。そんな中E.B.Sのホリゾンタル451は他車種に比べてトップチューブがやや長めです。きちんと前傾姿勢でしっかり踏み込める設計のためこうなっているのですが、このトップチューブの長さが奏功して今回のようなプロムナードハンドルバーとも相性が良く、あまり窮屈にならずゆったり乗れる1台に仕上がりました。 意外と反響があったディスクブレーキ仕様のホリゾンタル451は残念ながら次回生産未定ですが、通常のキャリパーブレーキ仕様はメーカー在庫ありなのできになる方はご相談ください。(受注後に塗装しますので早めのご注文をおすすめします。)
程よく抑えたE.B.S Horizontal451完成車在庫ございます。

程よく抑えたE.B.S Horizontal451完成車在庫ございます。

E.B.S, Mini velo
即納できるE.B.SのHorizontal451のご紹介です。グロスブラックのフレームをシンプルにドロップハンドルで組み上げました。 ハンドル周りはスタンダードなオーバルな曲がりのドロップハンドルにBrooksのレザーバーテープのマルーンカラーを選んで程よいアクセントになっています。ブレーキレバーはハンドルの一番手前〜ショルダーあたりを掴む設定にしていますので、ゆったり街乗りからそれなりのスポーツ的な使い方まで気分で乗ってみてください。 その他はBrooksのカンビウムサドル、クランクはスギノ、ペダルは三ヶ島、変速系はシマノ クラリス(2×8speed)とスタンダードで信頼できるパーツで組み上げています。 あまり文字で書くよりもできれば店頭で見ていただきたい車体です。展示在庫車ということでスタンダード&ちょっと抑えめのパーツ構成ですが、見れば見るぼど味のある1台ですね。 サイズは520mm(Mサイズ)で適応身長は160〜175cm前後、価格は193,000円(税別)です。
Leaf long picnic

Leaf long picnic

E.B.S
今日のブログは当店のInstaramからの転載です。読みものとしても面白いインスタなのでチェックしてみてくださいね。velo_life_unpeu Instagram ツーリングバイクからライフスタイルまで他にはない視点で自転車作りをする手作り自転車結社「E.B.S」よりE.B.Sらしいインダストリアルなオーダーのカラーリング。そしてお客様の要望と僕のワガママでスタートしたsuper bigなフロントバスケット。 これだけ見るとなんでも積めそうないい感じのカーゴバイク、って感じなんだけども実は何かがそのまま乗る様になってる。 答えは「可愛い柴犬。」製作前に持ってきてもらったキャリーバッグを計測して、後ろにはキャリーのベルトが巻けるように。視界を妨げないように、ギリギリのところに枠を。 後は皆様ご存知ミニベロ専用の両立スタンドで停車時の安定をハンドルが振られないように強めのスプリングで走行時の安定を国産パイプでひとつひとつ作られたフレームは良く走り、走りも重量もかなり軽いです。 で、もうひとついつもと違うところに工作を。ABUSのロックは自社設定のセキュリティレベルが7を超えると、通常使用での盗難被害にお見舞金がついてて、10万円返ってくる。もちろんかなり丈夫な鍵で、まず切れないけど、10万円ってのははじめてのハンドメイドバイクを買う、駐輪するって時にはかなり精神的負担を軽減してくれるはず。 そんでUNPEUで一番売れてるABUSの「BORDO LITE LV.7」はドリンクホルダーの台座にそのままオンできるようになってる所を活用して、手元ですぐ鍵を出せるようにフロントバスケットに組み付け。せっかくオーダーするなら便利なところに便利なものをつけよう◡̈ こういった車体以外の特別製作は、お金がかかるって
特別仕様のE.B.S Leaf451即納できます。

特別仕様のE.B.S Leaf451即納できます。

E.B.S, Mini velo
センスのいい街乗り自転車をお探しの方に自信を持っておすすめしております、京都のハンドメイド自転車メーカーE.B.SのLeaf451。フロントバスケット&別注リアキャリア付きの特別仕様が仕上がりましたのでご案内を。 前後ともにしっかり積める特別仕様です。 フロントバスケットは同じE.B.SのLeafシリーズでもより積載性を重視したLeaf-Longに使用されるバスケットを、リアにはこの車両に合わせて別注製作した細身のリアキャリアを付けました。写真の通りリアは横にぶら下げるパニアバッグを付ける前提で、今回はこのバッグもセットで販売いたします。 後ろ姿が素敵なのです。 個人的にこの仕様で気に入ってるのは後ろ姿の可愛さ。実用性たっぷりの積載量とLeafの特徴でもあるスマートで線の細いフレーム構成がいいバランスです。パニアバッグ用と割り切ってリアキャリアを細身にしているので、キャリアの野暮ったさが無くてフロントバスケットとのボリューム感も丁度いいです。 なお、お値段ですが、18万円+消費税となります。展示品価格なので普通にオーダーするよりだいぶお買い得な価格設定にしていますので、たぶんすぐに売り切れるんじゃないかと予想しています。もちろん1台限りですのできになる方は早めに見に来てくださいませ。
Float451Sご納車

Float451Sご納車

E.B.S, Mini velo
以前フレームの状態でも、組み上げた状態でもご紹介していましたE.B.SのFloat451SのRAWフィニッシュ。展示車と同じ仕様でサイズ違いのご注文を頂きましたのでご紹介です。 フレームデザイン・乗り味・カラー、どれを取っても味のある自転車です。シングルスピードなのでじっくりとフレームの持ち味を確かめながら対話するように乗って頂けたら嬉しいです。
E.B.S Horizontal 451 Disk ツーリング仕様にてご納車です。

E.B.S Horizontal 451 Disk ツーリング仕様にてご納車です。

Custom, E.B.S
以前のブログでもご紹介しました、数量限定で制作されていたディスクブレーキ仕様のE.B.S Horizontal 451。 ツーリング仕様に仕上げご納車となりました。 グロスブラックにシルバーパーツが程よく配置されて、上質だけど重すぎないグールな印象に仕上がっています。 今回追加したパーツのうち、まずいちばん見て頂きたいのはリアキャリア。 シムワークスさんのOn The Roadリアキャリアをチョイスしています。キャリアの横パイプとホリゾンタルなトップチューブが良い感じでマッチしていますが、実は見てほしいのはシートステーとキャリアのバランス。 普通に取り付けるとシートステーとキャリアが近すぎてパニアバッグが踵に当たりやすくなるので、少し後ろにオフセットして取り付ける為にステーを制作してベストなポジションで取り付けています。 これで横と斜めのラインが平行に。完璧です。 あと、特筆すべきはハブダイナモ。 ここ数年はUSB充電式のライトの進化が著しいのでハブダイナモを採用される方はやや減っていたのですが、先月ぐらいから当店でもご依頼が増えてきていますし、個人的に僕の周りでも気にしている人多いです。波が来てますねハブダイナモ。 ドイツのB+Mの製品が定番ですが明るくてオシャレなものも多いので気になる方は店頭でご相談くださいませ。 そんな訳ではとても良い仕上がりになりました。 本格ツーリング仕様なパーツチョイスながら、全体的にはクールな印象です。 コテコテなツーリング車も男子の夢が詰まっててカッコいいですが、こういうセンスを感じるツーリング車も素敵です。(ランクルとGクラスの違いというと大げさでしょうか。) ただ残念なのはこれが限定生産モデルだということ。 ご要望が多ければまた再生産してくれるかもしれないので、ディスク仕様のHorizontal451がほしい方
Float451S RAWフィニッシュ 店頭完成車

Float451S RAWフィニッシュ 店頭完成車

E.B.S, Mini velo
先日のブログで紹介しましたFloat451Sのフレームを組み上げてみました。 実は過去にもFloat451をRAWフィニッシュで組んだ事例は結構あるのですが、何度見ても素晴らしく雰囲気のいい1台に仕上がっています。 RAWの質感にシルバーパーツ、レザーサドル。小細工のないこの雰囲気がたまりません。 僕はE.B.Sの持つ性格の一つに「道具っぽさ」があると勝手に思っています。 LEAF LONGのような実用的なモデルやカーゴバイクも作っているからなのか、競技者から作り手に転身したチーフビルダーの佐々木さんらしい実用主義を感じさせる雰囲気からなのか、過度な装飾や必要以上の作り込みはありませんが、実直に使っていて楽しいいい仕事をする自転車だと思っています。 今日ご紹介するこの1台も、RAWフィニッシュにした事でその道具っぽい性格がより感じて頂けるのではないかと思っています。 見ようによっては無骨や素朴と言う言葉が連想されるRAWフィニッシュですが、いい素材と、職人の手仕事、ブランドやモデル設計思想などいろんな要素が合わさる事でとても深みのある表情が出ていると思います。 今回は割とオーソドックスな組み方で、ダイアコンペのハブで組んだホイール、スギノのクランク、日東のステムハンドルと日本製品多めですが、サドルはブルックスのスイフトです。 ペダル別売ですが、展示車に限り230,000円+税で販売致します。サイズはSサイズです。 先日紹介したMサイズの方もまだフレームの状態で在庫していますのでご希望の方はご相談ください。
まさにハンドメイドの魅力が詰まったE.B.S Float451S

まさにハンドメイドの魅力が詰まったE.B.S Float451S

E.B.S
みなさま地震の経経過はいかがでしょうか? 当店は特に被害もなく通常運転しております。 そんな折、塗装工場から届きましたのがこちら、E.B.SのFloar451Sでございます。 今日届いたということは、地震のその日にもお仕事されてたんですね、ありがとうございます。 色はRAWフィニッシュという金属の素地にクリア塗装をしただけの仕上げにしています。 ただそれだけではつまらないのでシートステーの集合ラグのみに色を着けてみました。 RAWというのは、直訳すると”生”とか”生地”という意味で、このフレームも金属の生の質感を感じさせる仕上げになっています。 正確には、まず溶接が終わったフレームを磨いてから艶のあるクリアーでコーティングしています。ほんとうに生のままだと錆びますもんね。。。 ですので、溶接の際に用いるロウの金色がところどころに見え、パイプ表面の鉄の質感など、手作業で作られるフレームの息使いが感じられます。 サイズはSとMがそれぞれ1本ずつで、Sのほうは渋みのある赤(ボルドー色)で、Mのほうは濃い目の緑(ブリティッシュグリーン)でラグ1か所のみ塗り分けています。抑えが効いてて渋いチョイスだと思います。 Float独自のフレームデザインもあって、全身RAWでも相当な存在感があるのですが、一部を塗り分けにすることで既製品にはないカスタム感というか、色気があるというか・・・店頭で実物を見ていただけると良さをわかって頂けると思います。 なんだか色の話に終始しましたが、今までの組み上げた事例やFloatの特徴については過去のブログをご覧いただければ幸いです。 このフレームは今後、組み上げて完成車の状態にして店頭に並ぶ予定ですが、今すぐお声掛け頂ければフレームのみでの販売も可能です。その場合はフレーム+フォークで14万
オススメ仕様のE.B.S LEAF451在庫車

オススメ仕様のE.B.S LEAF451在庫車

E.B.S
1台限りのお買い得車のご案内です。 国産パイプ(Kaisei 022)を使った京都産ハンドメイド自転車E.B.SのLEAF451を1台限りの特価で販売中です。 写真のとおり雰囲気ある深めのグリーンにレザーサドルとレザーグリップで大人がフォーマルに乗れる自転車に仕上がっています。 一番価格を抑えたパーツ構成(118,000円からご用意できます)にサドル・グリップ・変速系を10速に変更、そして専用の可愛いフロントバスケットをつけた感じです。 通常だと186,800円(税別)になりますが、展示車両を入れ替えたいのでお手頃な価格で販売いたします。 販売価格は156,600円(税別)です。この内容でこの価格はかなり良いと思いますよ。 サイズはLサイズです。 適応身長は160〜175cmぐらいですので男女問わず扱えるサイズですね。 手足がすらりと長いスタイル良い方でなら150cm代でも乗れるかと思います。 もちろんこんな価格で出せるのは1台限りですので気になる方はぜひ一度店頭で触ってみてください。 昨日は梅雨入りしたとは思えない良い日差しがでましたのでここぞとばかりに写真を撮ってみました。 抑えめのカラーですが陽の当たり方で良い感じに表情が変わってくれる良い色です。抑えの効いた色合いですのでどんな服装にも合わせやすくてオススメですよ。 ちなみに店頭には即納可能なLEAF451はブリティッシュグリーンのSサイズとグレーのLサイズがそれぞれ1台づつございます。価格はどれも118,000円(税別・フロントバスケットなしノーマル仕様)です。 LEAF451の詳細についてはこちらとかこちらのページも参考にしてみてください。
E.B.S カラーオーダー無料キャンペーン[6/30まで]

E.B.S カラーオーダー無料キャンペーン[6/30まで]

Custom, E.B.S
  ハンドメイドの良さは、素材の吟味や溶接の制度、少量生産ならではの特徴あるデザインなどなどいろんな要素が考えられますが、フレームカラーも自由に選べる、というもの実は大きな要素なんじゃないかな、って思います。 国産素材を使ってシンプルに作られた自転車は素材の劣化も少なく、お手入れ次第では一生モノの1台になってくれるかと思います。 そんなE.B.Sの自転車だからこそ、自分らしく仕上げてみてください。 6月末までは塗装代(単色のみ:通常10,000円UP)を当店が負担いたします。 パーツの適合・組み付けもお気軽にご相談を。 ロードバイクやマウンテンバイクだけではなく、グラベルロードやファットバイク、コミューターなど自転車のジャンルが増えたことに伴いパーツ企画や互換性も年々複雑になっていますね。 お手持ちのパーツが使えるかどうか、とか、ご希望のパーツ構成が実現可能かどうかはお気軽にお問い合わせください。 もちろん車種を決めていただいて、「後はお任せ」でも承ります。 また、フレーム単体でのお渡しも可能です。 オーダーメイドをもっと手軽に。 フレームから組み上げるとなると、特別な知識が必要なような、難しい印象はありませんか? E.B.SのVooka、Stuff、Horizotal451、Leafシリーズ、Floatシリーズなどはお手頃な価格で手に入る当店独自のコンプリートモデルもご用意しています。 すぐに走り出せる状態のパーツ構成が決まっていますので、そのままでもOKですし、これを元に自分だけのアレンジを加えてもOK。 完成車をご注文いただくのと変わらない手軽さでご用意いたします。 キャンペーンは6月末まで ・6月30日までにご注文手続きが完了し、代金を全額または内金をお支払いいただいた場合にのみ適用いたします。 ・ご指定いた