毎日営業しています!大阪・南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

E.B.S / tobira

E.B.S Horizontal 451 ご注文は今がチャンスです。

E.B.S Horizontal 451 ご注文は今がチャンスです。

E.B.S / tobira, Mini velo
「いつかはずっと使えるハンドメイド車を・・・」とお考えの方、チャンスがやってまいりました。京都のハンドメイドフレーム工房E.B.Sさんから、当店でも定番のHorizontal451の在庫が仕上がった、との連絡が入っております。 ハンドメイドということもあり年間数十本しか作られないこのフレームですが、E.B.Sのミニベロフレームの中では一番スタンダードなスタイルで、僕らもこれがミニベロフレームの完成形のひとつだと思っています。 フレーム素材は福島県のKaisei社の「022」厚み0.9mm - 0.6mmのバテッドパイプで、クロモリらしい乗り味というものをたぶん乗った瞬間に感じてもらえると思います。実際、量産車で使用されるノーブランドのクロモリパイプと比べると肉厚や重量はもちろん、素材の特性(ハリやシナリ)が違うのをはっきり感じられると思います。 E.B.Sさんの販売方法としましては、在庫は無塗装の状態で保管されますので、色とパーツ仕様を決めてご注文いただければ、塗装→組み立てを経てお渡しできます。納期は概ね1〜2ヶ月ぐらいですね。塗装に時間がかかりますので、パーツの詳細仕様は後回しでもOKです。ちなみに次回の製作時期はまだ決まっていないみたいです。きっと次に出来上がる頃には消費税も上がっていることでしょうし、今のうちにご検討ください。 E.B.SのHorizontal451、気になる方は店頭にもサンプル車がございますので、お気軽にご相談くださいませ。ご予算感は、シマノ105をフルセットで組んだ場合で24万円ぐらいになります。フラットバーで抑えめの予算で組んだ場合は15万前後でお考えいただければと思います。
本日のご納車。E.B.S Horizontal451

本日のご納車。E.B.S Horizontal451

E.B.S / tobira, Mini velo
写真ではわかりにくいんですが、ものすごく大きいサイズです。シートチューブ長が600ミリというカスタムサイズで制作させて頂いたE.B.SのミニベロHorizontal451です。 購入されたのは大柄な外国の方だったので体格に合わせてE.B.Sさんの元々の設定にはない特大サイズを特注で制作しました。ちなみに通常だと日本人向けの大きめサイズでもせいぜい560ミリぐらいですので、かなりでっかいです。 大柄な方なので身長はもちろん体重も力もありますので、E.B.Sさんからの提案で通常よりも肉厚のパイプを使っています。 それなりの時間と少々のコストはかかりますが、こんなリクエストにも答えてくれます。気になる方はお気軽にご相談くださいませ。ちなみにこの車体は、カスタムサイズ・カスタムカラー・アヘッドステムに変更、シマノ105、ホワイトインダストリーのハブ、クリスキングのヘッドパーツといった仕様で35万円ぐらいでした。
E.B.S Horizontal451/105

E.B.S Horizontal451/105

E.B.S / tobira, Mini velo, Recommend Post
メイドイン京都の本気のミニベロ E.B.S「Horizontal451」の店頭展示車が完成しました。 今回はグロスブラックのフレームにコンポーネントはShimano 105のブラックで、ホイールやステム等にバランスよくシルバー系のパーツを配しています。バーテープのみちょっと色を入れてるのがいいアクセントになってますね。 そもそも自転車の基本とも言えるホリゾンタルデザインのフレームで、E.B.Sが長年実績を積んできたモデルでもありますので、まさにこれがミニベロのスタンダードと言っても良いんじゃないか?と思います。さらに今回はshimano 105というシマノのスポーツ(コンペティション)用パーツの基礎となるグレードで組み上げましたので、まさにスポーツミニベロのお手本みたいな1台になっています。これならきっといつまでもトレンドに左右されることもなく、色褪せずに乗り続けていけると思います。あと個人的な感想ですが、これが700cだったら優等生すぎてつまんない奴なんだろうな。って思います。 店頭に写真の状態で在庫していますので、即納可能です。GWに乗りまくれますよ。サイズはMサイズ(520mm)、価格は240,000円(税別・ペダル別売)です。
通勤自転車をオーダーメイドなんてどうでしょう?E.B.S LEAF451

通勤自転車をオーダーメイドなんてどうでしょう?E.B.S LEAF451

E.B.S / tobira, Mini velo, Recommend Post
多分当店に置いている自転車の中で、一番エレガントな自転車だと思います。京都産ハンドメイド自転車工房E.B.Sの「LEAF451」。 日本で唯一自転車用パイプを製造しているKaisei社のクロモリ※素材を使用して、同じカテゴリの自転車に比べて少し線の細いシルエットと、またぎやすいように大きく下がったフレームデザインがスマートな印象の自転車です。 見た目のエレガントさは見ていただいた通りですが、素材にもこだわっているE.B.Sさんなので、自転車自体の重量も軽くてしっかり進む設計なのできっと乗っている姿もエレガントなはずです。 ご注文を受けてから塗装をしますので、ご納車まで早くても1〜2ヶ月程度かかってしまいますが、何百色もあるカラーチャートから選べますので、きっとお好みの色が見つかると思います。 仕様にもよりますが、だいたい14万円代ぐらいからご用意できますので、ちょっとこだわって、鞄やスーツをオーダーする感覚で、長く使える良いものを作ってみませんか?ブログのタイトルにもあるように通勤用として普段使いだけど、ちょっと良いモノを、っていう感覚で選んでもらえたら嬉しいです。そうそうE.B.Sが10年前から掲げ続けているテーマは「普段づかいの一点モノ」だそうです。お仕事や普段の生活でも、着るものや身の回りの道具にはこだわって吟味するタイプの方はぜひ店頭で相談してみてください。ちなみにすでに塗装済みで完成している車体も3台ほど店頭にございます。もし色が気に入っていただければ即納もできますよ。
E.B.S Horizontal451を大人なレトロ調に。

E.B.S Horizontal451を大人なレトロ調に。

Custom, E.B.S / tobira, Mini velo
昨日のブログに続きまして、本日もカスタムネタです。今日のご紹介はちょっと濃いめの味付けでレトロ調にカスタムしたE.B.S Horizontal451。 ハンドル周りをセミドロップハンドル&オポジット(逆引き)レバーに変更してみました。当店の得意分野ですね。小慣れたもんです(笑) E.B.S Horizontal 451 ClassicalCustom なかなかクセが強いパーツ達ですので、ベースになる自転車を間違えるとただのオモシロ自転車になっちゃいます。今回は、渋めのメタリックに塗られたHorizontal451ですので、フレームデザインも細身でとてもシンプル。大人な感じで粋な街乗りに仕上がりました。ツイードとか着たくなります。 細かいところを説明しますと、バーテープはBrooksのラバーバーテープ。こちらもなかなかクセのある見た目ですが、ライトブラウンやタン系のコットンテープと同じ感覚で色をチョイスするのが正解のようです。Aged仕様のサドルとも相性良いです。あとブレーキはダイヤコンペのDC510。いわゆるセーンタープルブレーキという今ではあまりお目にかからないパーツです。(なぜか当店には各種在庫あります。)ブレーキ&シフトワイヤーもこう行ったレトロ調カスタムには欠かせない、ニッセンさん(made in Osaka!)のワイヤーです。より雰囲気あるシルバー系の色にするかどうかも迷いましたが、今回はちょっとおとなしめのクリアーブラックにしました(ハンドル周りが十分インパクトありますからね。) ちなみに、この写真の状態で店頭に並べていますが、かなりお得価格の16万円(税別)です。同車種のフラットハンドルの完成車定価が148,000円なので、カラーオーダーとサドルが無料ぐらいの価格設定です。もしこのフレームカラーが気に入ってもらえたらすごくお買い
E.B.S Leaf 451

E.B.S Leaf 451

E.B.S / tobira, Mini velo
京都の工房で、国産の素材を使用して、ハンドメイドで仕上げられるE.B.Sの自転車。スポーツ車からカーゴバイクまで幅広く作ってる同ブランドの中でもコンスタントに売れ続けている街乗り自転車Leaf451です。 車名にある451というのはタイヤサイズのことで、旧来の20インチよりも少し(2インチ弱ほど)大きめのタイヤのことを指します。走行性能を重視したミニベロでは近年よく使われるようになっています。車輪径が少し大きくなって、タイヤ幅も少し細いので自転車全体のシルエットもスマートで綺麗に見えますよね。 写真のモデルはLeaf451のスタンダードモデルでカラーも標準設定の「ボルドー」。国内生産なのでカラーはもちろんパーツ構成やフレーム加工までも全てオーダーできるE.B.Sですが、この写真状態が一番ノーマルになります。全く手付かずの骨格だけの状態からパーツを決めてフルオーダーにするもよし、この写真の状態のまま乗り始めてみるもよしででございます。 とにかくこの細身で美しいフレームデザインが特徴です。(もちろん機能や素材、技術に裏打ちされたものであるのは確かなのですが、そういう蘊蓄を語るのも野暮な気さえします。)持ち物やライフスタイルにこだわる大人の女性に乗って頂きたいです。きっと生活の一部に馴染んだ道具として長く使い続けてもらえると思います。 写真のボルドーの車体は148,000円ですが、値上がり前の車体(グリーン)もございますのでぜひ店頭でご覧になってください。
E.B.S Leaf451(アズキ&アイボリー)

E.B.S Leaf451(アズキ&アイボリー)

E.B.S / tobira, Mini velo
久々に濃い目のカスタムを施しましたLEAF451をご用意しましたのでご案内です。 (写真撮ってる僕の写り込みが激しいですが気にしないでください。)フレームカラーはあずき色をベースに足元だけをアイボリーで塗り分けました。写真で伝わりますでしょか、この絶妙なあずき感。とても綺麗な色なので全体があずき色でもお洒落かもしれませんがちょっと暗く・重くなってしまいそうですし、レトロな自転車の文脈に則ってフレームの足元をアイボリー色の靴下にしてみました。ミニベロの場合、足が短いのでどこで塗り分けるか判断が難しいところですが、おそらくこれが正解でしょう。 ハンドルバーはNITTO×E.B.Sのプロムナードタイプ。肩が下がる向きで取り付けているので”近くて低い”ハンドル位置になります。見た目の可愛さもありますが、これからの季節、コートなど厚着をしても乗りやすくてスマートに見えるのでグリップもちょっとアクセントをつける意味でBrooksの定番モデルSlemderGripのバイオレットを選んでみました。真鍮ベルの金色もいい感じにアクセントになっています。ハンドルやグリップ周りは乗っている時も常に自分で見えるので少し味のある部品をチョイスするのがおすすめです。 僕としてはこんなおしゃれな自転車で通勤なんかに使って頂けたら本望でございます。これからの季節、コートにマフラーに手袋に。。。通勤でもお洒落しやすい季節ですし、こんな他にはないカラーリングの自転車ならきっと通勤も楽しくなりますよ。ちゃんと泥除けもつけておきましたので、必要あれば前カゴは色々種類がございますので、店頭で試着しながら決めてみてください。 価格は、展示車ということもあり、通常のオーダーよりも少々サービスしまして180,000円(税別)となっております。キャラダイスのサドルバッグ(ハリ
E.B.S Horizontal451

E.B.S Horizontal451

E.B.S / tobira, Mini velo
ご納車から少し時間が経ちましたが、シンプルさが活きる綺麗な車体をご納車しましたのでご紹介を。 E.B.Sのホリゾンタル451ですが、こちらはちょっとイレギュラーなディスクブレーキ仕様。今回は街乗り用としてご注文頂きました。 グロスブラックのフレームにハニー色で揃えたBROOKSのレザーサドル&グリップ。パーツ類はブラックとシルバーを程よくミックスしています。コンポーネントはshimano SORAをメインにしているので、ブラックで合わせられるのも隠れたポイントです。(ティアグラやクラリスだとグレーになるので。) こういう究極にシンプルな車体を作るとなると、フレームのバランスが重要になります。ミニベロの場合、スポーツ車に比べてサイズ展開が少ないこともあって誰にでも乗りやすいようにトップチューブはやや短めに設定されているモデルも多くあります。そんな中E.B.Sのホリゾンタル451は他車種に比べてトップチューブがやや長めです。きちんと前傾姿勢でしっかり踏み込める設計のためこうなっているのですが、このトップチューブの長さが奏功して今回のようなプロムナードハンドルバーとも相性が良く、あまり窮屈にならずゆったり乗れる1台に仕上がりました。 意外と反響があったディスクブレーキ仕様のホリゾンタル451は残念ながら次回生産未定ですが、通常のキャリパーブレーキ仕様はメーカー在庫ありなのできになる方はご相談ください。(受注後に塗装しますので早めのご注文をおすすめします。)
程よく抑えたE.B.S Horizontal451完成車在庫ございます。

程よく抑えたE.B.S Horizontal451完成車在庫ございます。

E.B.S / tobira, Mini velo
即納できるE.B.SのHorizontal451のご紹介です。グロスブラックのフレームをシンプルにドロップハンドルで組み上げました。 ハンドル周りはスタンダードなオーバルな曲がりのドロップハンドルにBrooksのレザーバーテープのマルーンカラーを選んで程よいアクセントになっています。ブレーキレバーはハンドルの一番手前〜ショルダーあたりを掴む設定にしていますので、ゆったり街乗りからそれなりのスポーツ的な使い方まで気分で乗ってみてください。 その他はBrooksのカンビウムサドル、クランクはスギノ、ペダルは三ヶ島、変速系はシマノ クラリス(2×8speed)とスタンダードで信頼できるパーツで組み上げています。 あまり文字で書くよりもできれば店頭で見ていただきたい車体です。展示在庫車ということでスタンダード&ちょっと抑えめのパーツ構成ですが、見れば見るぼど味のある1台ですね。 サイズは520mm(Mサイズ)で適応身長は160〜175cm前後、価格は193,000円(税別)です。
Leaf long picnic

Leaf long picnic

E.B.S / tobira
今日のブログは当店のInstaramからの転載です。読みものとしても面白いインスタなのでチェックしてみてくださいね。velo_life_unpeu Instagram ツーリングバイクからライフスタイルまで他にはない視点で自転車作りをする手作り自転車結社「E.B.S」よりE.B.Sらしいインダストリアルなオーダーのカラーリング。そしてお客様の要望と僕のワガママでスタートしたsuper bigなフロントバスケット。 これだけ見るとなんでも積めそうないい感じのカーゴバイク、って感じなんだけども実は何かがそのまま乗る様になってる。 答えは「可愛い柴犬。」製作前に持ってきてもらったキャリーバッグを計測して、後ろにはキャリーのベルトが巻けるように。視界を妨げないように、ギリギリのところに枠を。 後は皆様ご存知ミニベロ専用の両立スタンドで停車時の安定をハンドルが振られないように強めのスプリングで走行時の安定を国産パイプでひとつひとつ作られたフレームは良く走り、走りも重量もかなり軽いです。 で、もうひとついつもと違うところに工作を。ABUSのロックは自社設定のセキュリティレベルが7を超えると、通常使用での盗難被害にお見舞金がついてて、10万円返ってくる。もちろんかなり丈夫な鍵で、まず切れないけど、10万円ってのははじめてのハンドメイドバイクを買う、駐輪するって時にはかなり精神的負担を軽減してくれるはず。 そんでUNPEUで一番売れてるABUSの「BORDO LITE LV.7」はドリンクホルダーの台座にそのままオンできるようになってる所を活用して、手元ですぐ鍵を出せるようにフロントバスケットに組み付け。せっかくオーダーするなら便利なところに便利なものをつけよう◡̈ こういった車体以外の特別製作は、お金がかかるって