毎日営業しています!大阪・南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

MOULTON

TSR-9 Duck Egg Blue

TSR-9 Duck Egg Blue

Mini velo, MOULTON
ブログで告知するべきかどうか、ちょっと迷ったんですけど・・・・モールトンのTSR-9、今までにないちょっと可愛いヤツが届きました。 コロナの影響で世界的にはかなり自転車の需要が高まっておりまして、特にモールトンのように世界中に展開しているけれどそもそもの生産台数が多くないブランドの場合、商品の確保が今かなり難しい状況になっています。 でもそんな中、ひょっこり届きました。「ダッグエッグブルー」っていう可愛い水色?のTSR-9です。あひるの卵の青色です。ミント色って言っちゃってもいい雰囲気ですが、とても上品で可愛い、薄めの青緑ですね。(事前情報ではもっと青かったんですけど実際は緑に近いです。オースチンヒーレーの水色をイメージしてたんですけど、BMW Miniのアイスブルーみたいな色でした。)もちろんMoultonではこんな色は今まで作ってなかった訳で、TSR-9を作っているパシュレー社の別の車種で採用されている色なんです。どう言う経緯で作られたのかは不明ですが、新色と言うよりスポット物と考えた方がいいかもです。まぁ経緯はどうあれとりあえずめちゃくちゃ可愛いヤツが届きました。2台です。2台しかありません。西日本ではウチにしかありません。(東日本だと姉妹店のTicketにございますよ。1台のみ。) パーツ構成はいつもの通りのTSR-9です。お好みに合わせて手を加えて頂いても楽しいかと。僕のオススメとしては、クイルステム化とグリップ&サドルはハニー色のレザーにしましょうかね。フレームの色が可愛いのでワイヤーなども変更して黒色を減らしたらもっと可愛くなると思います。 なお前途の通り、モールトンは特に商品の確保が難しくなっていまして、TSR-9の場合、次の入荷は来年かもしれません。モールトンのご購入を検討されていた方はこのチャンスを逃すとしばらく...
Moulton TSR-9久々の入荷です。

Moulton TSR-9久々の入荷です。

Mini velo, MOULTON
コロナの影響で工場がストップしていたせいか入荷状況が混迷を極めているMoultonなのですが、急遽2台ほど入ってきました。なんでもイギリス国内で販売予定のものが少しあぶれたようで。。。 今回の入荷はモールトンの中でも一番スタンダードなTSR-9の分割タイプ、色はホワイトとバーガンディの2色です。バーガンディは今までTSR-30で用意されていたカラーですが、ちょっとイレギュラーで生産されたようです。ホワイトの方は今までもごくたまに入荷がありましたが、フレームデザインの美しさが映えるので僕は個人的にも結構好きな色です。 価格は305,000円(税別)、もちろん完成車価格です。上位機種(所謂お城製など)とくれべてどう違うんですか?ってよく聞かれるのですが、フレームの造りや素材など全体的に違うのですが、簡単に言うと、上位機種の方が軽くてしなやかです。「軽さ」と言う指標については軽い方が良いに決まっている、と言う意見に異論はございませんが(ただし、コストに一番響く部分でもあります)、「しなやかさ」については僕個人としてはTSRシリーズのフレームの硬さ+前後サスペンションの動きの良さ、という組み合わせは非常に好きです。モールトン以外の自転車と比べると圧倒的に違うフレームのねじれ剛性の強さをしっかり感じていただければきっとモールトンの虜になると思いますよ。 余談ですが後ろに写っているグレーのSSTは本日嫁いで行きました。TSR-9も次回の入荷は少し先になりそうですので、きになる方はお早めに店頭で実物をご覧ください、特にバーガンディは写真では伝わりにくい渋い色なので実物を見ていただきたいです。 ...
Moulton博士生誕100年記念モデル

Moulton博士生誕100年記念モデル

Mini velo, MOULTON, Recommend Post
 兼ねてからマニアの間では噂されていましたモールトン博士生誕100年記念モデルがやっと正式発表の運びとなりました。 Moulton New Series Century - a tribute to Alex Moulton 「Century(センチュリー)」と名付けられたこのモデル、フレームデザインはNewシリーズと同様ですが、モールトンのオリジナルへのオマージュとして17インチで再設計されています。 完成車とフレームセットのみの2タイプでの販売ですが、生産台数は100台限定となります。カラーは写真のオリーブグリーンのみ、フロントディレーラーは取り付けできない設計になっています。 完成車の方はSRAM製1x11コンポーネントで、リアは9-36tとなっていますのでフロントシングルの17インチでも安心の設計です。また、ウイッシュボーンステムにモールトンオリジナルの「サファリ」ハンドルバーがセットになっています。このサファリハンドルバーは扱い安い浅めのドロップでモスキートハンドルバーと同様にトップ側が内側に絞られた形状になっています、このステムとハンドルが付いているだけで完成車を選ぶ理由としては十分かと思います。 最後に気になる価格ですが、、、フレームセット:104万円完成車:125万円という設定です。去年発表されたコーンエディションもですが、完成車の価格設定が安すぎない??と思ってしまいます。フレームセットもNewシリーズですがステンレスではなくクロモリ製なのでいい感じのお値段ですね。 入荷はおそらく来年初頭(今年が100年記念なんですが・・・)かと思われます。世界で100台限定ですし、価格設定もかなり良心的ですのでご予約必須です。”じっくり検討してから・・・”という暇はないかもしれません、お早めの...
価値あるカスタム – Moulton TSR-9 –

価値あるカスタム – Moulton TSR-9 –

Mini velo, MOULTON
先日ご納車したての1台です。 Moulton TSR-9をご納車に合わせて気になる部分をカスタマイズさせて頂きました。 交換したのは、定番中の定番のグリップ&サドルをBrooksに、一緒にサドルバッグも着けて頂きました。ちなみにサドルバッグの中身はカギが入っています。カギの収納場所をちゃんと設えるこのスマートさ、Moultonにはよく似合います。 それから現行のTSR-9の場合、皆さんにオススメしたいのはハンドルバー周り。オリジナルだと黒いハンドルバーが付いているんですけど、、、、他のシートピラーやブレーキ、クランクなどなど全部シルバー系なのに何故??と感じてしまいます。って訳で交換しましょう。今回はオリジナルよりもほんの少し短めにしましたので日本人の体格にも合いますし、自転車全体のシルエットが綺麗にまとまりました。 ここまででも割りと綺麗にまとまるのですが、今回は仕上げにワイヤーも交換しています。元々はブラックですけど今回のチョイスは我らが国産ブランド(大阪です)のニッセンのクリアー色、中身のステンレスが見えてシルバー系の色味ですのでとても質感がアップします。悪い言い方をすれば元々のブラックがだいぶ野暮ったく見えますね。。。 いかがでしょう。ここまででカスタム費用は約10万円。全治的な質感は2段階も3段階もアップしているように見えますので、コストパフォーマンスは結構良いカスタム例だと思います。逆にここから先はホイールを組替えるなど大掛かりなものか、上等な軽量パーツを使うとか自己満足的な方向に向かいますので、こういった基本的なカスタマイズは躊躇せずやってしまっても十分コストに見合うリターンがあると僕は思います。ご購入検討中の方はぜひご相談ください。 ちなみに今現在、MoultonのTSRシリーズは在庫が全てなくな...
Moulton Cone Edhition

Moulton Cone Edhition

Mini velo, MOULTON
やっと来ました。赤だけですけど。。。。 昨年11月に入荷する予定だったMoultonのCone Edhitionがやっと届きました。まぁ、モールトンですし、イギリス生産ですし、少々の納期遅れで動揺しているようではディーラーとして務まらない訳ですが、今回はかなり楽しみにしていたモデルなのでやや動揺しております。ちなみにご予約をいただいておりますブルーの方はまだ届いていません。。。。 さて気を取りなおして、Cone Editionのレッドが届きました。ご存知の方も多いと思いますが、モールトンバイシクルの生みの親、アレックス・モールトン博士は自動車のMini(所謂クラシックミニ)のサスペンションを開発した天才エンジニアとして有名な方でもあります。そしてそのクラシックミニ60周年を記念して生産されたのがCone Editionなのです。ConeというのはそのMiniのサスペンションに使われていたゴム製のショックアブソーバーの事なんですね。(実際には石焼ビビンバの器みたいな外観ですが構造的にはコーンなんです。)あと、入荷したのが60周年イヤーが過ぎて61年目になっちゃってることは今後禁句とさせて頂きます。 冒頭に書きましたとおり、このモデルは本当に楽しみにしていたんです。なぜかって?お買い得すぎるからです。フレームはSSTでセライタリヤのサドル+グリップに専用フェンダーまでセットして32万円という破格です。入荷を待っている間に他の商品が値上げしていますので(苦笑)SSTはフレーム単体で購入しても29万円。その差3万円で完成車!しかもそこそこなパーツで!という嘘みたいな価格設定になっています。ちなみに、単体で購入すると、サドルだけで18500円、グリップ13000円、フェンダー8000円します。 基本的には1つ下のグレードになる...
Moulton 値上げのお知らせ。

Moulton 値上げのお知らせ。

Mini velo, MOULTON, Recommend Post
以前のブログでもご案内していましたが、いよいよモールトンが値上げということで、本日正式に新価格が発表されまして・・・・・ TSR-9が大幅値上げ! 当初は全体的に5%程度の値上げと聞いていましたが、TSR-9に関しては、非分割モデルで5万円UP、分割モデルで3万5千円UPと大幅に変更されています。モールトンの中では一番低価格なモデルですが、モールトンの楽しさが十分楽しめる(ある意味上位機種より楽しい部分もある)、個人的にも好きなモデルなのでちょっと残念ですが、最近の自転車業界全体の材料・部品の値上げ傾向とイギリス国内の情勢を考えると仕方ありませんね。 TSR-9非分割モデル:旧価格 240,000円 → 新価格 290,000円(税別)TSR-9分割モデル:旧価格 270,000円 → 新価格 305,000円(税別) このブログを書いている現時点の在庫状況はTSR-9非分割モデル:ブラック、ブリティッシュグリーンTSR-9分割モデル:ダスクブルー以上3台でございます。 ちなみに、SSTの完成車も1台ございます。→こちらのモデルです。 「値上げ前の最後かも。SST完成車在庫作りました。」SSTのフレームセットは280,000円→290,000円と値上げ幅はややマイルドですね。(ほっ) その他モデルの新価格については、輸入元ダイナベクターさんのホームページをご覧ください。>> モールトン値上げのお知らせ ...
MOULTON TSR-9 + パニアバッグ

MOULTON TSR-9 + パニアバッグ

Mini velo, MOULTON, カゴ・キャリア・バッグ
来年1月からいよいよ値上げ予報が発令されているMOULTONですが、実は今のところまだ具体的な値上げ金額が発表されてません。。。。だいたい5%ぐらいって言うことで聞いておりますので、この写真のTSR-9非分割モデル(一番お手頃価格なモールトンです)だと24万円→25万円台前半ぐらい?の値上げになりそうです。。。。 そんな折、とある筋からフロントパニアがキテる。と、まことしやかな情報をキャッチしましたので、早速モールトン純正フロントラックをセットしてみました。(どんな筋やねん。笑) 合わせているパニアバッグはNorth ST Bagsのマイクロパニア。名前の通り小さめのパニアですが、それって巨大なツーリング用パニアと比べれば、の話。実際 街乗り・普段使いとしてはとても使い勝手の良いサイズ(12リットル)です。ケータイ・財布・小物ポーチ・雑誌や本とちょっとおやつを入れてだいたい60%ぐらい埋まる感じですね。ツーリングに使うなら、もう一個用意して左右セットで使ってもらったら良い感じかも、と思います。 モールトンの場合、フロントラックはフロントフォークではなくメインフレームに取り付けてあります。ハンドルを切ってもラックは動かないので、荷物を載せてもフラフラしないのが良いですね。これってタイヤからハンドルまでの空間に余裕があるミニベロならではの発想ですね。 ちなみにパニアを外すとこんな感じ。パーツ単体の標準設定はブラックのみですが、お時間と費用、元になる車体のお預かりが可能であればフレーム同色への塗り替えも承ります。もしくはここだけメッキ加工してもかっこいいかもしれませんね。先端にはボトルケージも取り付けできますよ。で、困ったことにこちらもおそらく値上げです。今年中なら13000円(税別)でございます。 年内は2...
値上げ前の最後かも。SST完成車在庫作りました。

値上げ前の最後かも。SST完成車在庫作りました。

Mini velo, MOULTON
当店では今まで何台か作っているSSTとカーボンバトンホイールの組み合わせ。実際、めちゃくちゃカッコいいですし、とても相性のいい組み合わせなので、来年1月からの値上げ前に1台ご用意しておきました。もちろん即納OKですよ! 余談ですがこんな感じから組み上げます。 今回のこの展示車もいつもの感じでKittDesignのカーボンバトンホイールにShimano105でアッセンブルしています。あとハンドル周りとシートピラーはデザインが程よく控えめで扱いやすい(お値段もほどほど)なFizikにしました。ドロップハンドルはとてもコンパクトなのでモールトンらしくゆったりマイペースで乗るにはとてもおすすめですよ。ちなみにコンポーネントはあえて105にしています。車体のグレードからするとアルテグラなんかもいい感じですが、105のブラックの方がきっちり漆黒なので、ややグレーっぽいアルテよりも見た目的にも良いかと。。。 ハンドル高さは今の状態でほぼ最高値です。僕の身長(176cm)だともうちょっと低めでもいいかも、ですがモールトンらしいゆったりマイペースな乗り方ならあえてこれぐらいの高さでハンドル・ブラケットもやや前上がりのゆったり系の乗り方にも少し憧れたりします。もちろんご契約後に体格に合わせて調整いたしますので、その際はご相談させてください。 この車体の面白味としてはやはりカーボンホイールとの相性。これに尽きます。もともとSSTはモールトンのラインナップの中でもフレーム剛性高めな設計で、なおかつ一切たわまないカチっとした乗り味のカーボンホイールと合わせる事で、しっかりした剛性としなやかなサスペンションのコンビネーションの素晴らしさが感じられると思います。モールトンの乗り味の秘訣はただ単に柔らかでしなやかなだけじゃなくて剛と柔の組み合わせ、...
モールトン値上げのお知らせ。(一次報告編)

モールトン値上げのお知らせ。(一次報告編)

Mini velo, MOULTON
急なお知らせ、と言うか、あぁやっぱりなぁ・・・と言うか。モールトンが値上げになる見込みです。正式発表はまだ先になりますが、来年からお城製もパシュレー製もパーツ類も全部が概ね5%ほどの値上げとなります。 イギリスのアレのおかげでポンドも上下してますし、イギリス国内の製造業を取り巻く環境も色々大変みたいなので仕方ないですね。とはいえ、助かるのは事前にお知らせしてくれている点かと、、、できれば値上げ前に購入してください。(モールトンは在庫が少ないので店頭在庫で気に入ったものを見つけたら迷わず捕まえるのが良いと思われます)そろそろ私もモールトニアの仲間入りかな、と思っていた紳士淑女の皆さま。ついにその時が来ましたよ。 ここ最近で一番注目のお買い得車「CONE EDITION」も実は入荷が遅れていてまだ入ってきていません(※)が、今年中にオーダー頂ければ値上げ前にご用意できます。すでに何台かはご予約頂いてますので、どうかなくなる前にご注文お願いします。 ※:CONE EDITIONの詳細な入荷時期は只今確認中です。お問合せ・ご注文頂いている皆様には判り次第ご案内いたします。申し訳ございません。 ...
MOULTON TSR-9 新色ダスクブルーをカスタム(在庫です)

MOULTON TSR-9 新色ダスクブルーをカスタム(在庫です)

Mini velo, MOULTON, Recommend Post
先日入荷のご案内をしていましたモールトンTSR-9の新色、ダスクブルーですが、入荷時点でも軽めのカスタムを施していましたが、我慢できずやっぱりもうちょっと。。。。という事でさらに手を加えてみました。 やはりスペースフレームにはクイルステムがよく似合う。 はい、当店では割と定番になっているアヘッド→クイルステムへの変更をこちらの車体にも投入しております。(ステム変更の詳細はこちら。)ハンドル周りがスッキリ細身になるのでエレガントさが引き立ちますね。特に、深めの色合いのフレームからスラっと伸びる細身のクイルステムの美しさといったら・・・ハンドル&ブレーキレバーはブラックからシルバーに変更しています。 もちろん定番のBROOKSレザーパーツは外せません。 サドルはBROOKSの最もスタンダードなモデルB-17です。個人的にネイビー系に明るめの茶色レザーの組み合わせがツボなのでサドルの色はハニーカラーをチョイスしています。渋すぎずやや可愛いくて品のある感じですね。 リアキャリアは同色塗装なんです。 今回の新色の投入にふさわしく、数量限定で同色のリアキャリアも用意してもらえましたので思い切って採用してみました。通常はブラックのみの設定ですので、完全に同色で用意されるのは珍しいですね。実際に必要かどうかはこの際ひとまず置いといて、ビジュアル的にトラス感というかかなりただモノではない感じが増しますので素敵な組み合わせだと思います。 全体的にはつや消し塗装の質感を活かした、レトロモダンな印象に落ち着きましたでしょうか?こだわりだすとまだまだ手を入れるポイントはあるのですが、ここから先は未来のオーナー様に託すことにします。 この時点で価格は356,000円(税別)車体本体が27万円+カスタム代が8万6千...