毎日営業しています!大阪・南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

MOULTON

Moulton Cone Edhition

Moulton Cone Edhition

Mini velo, MOULTON
やっと来ました。赤だけですけど。。。。 昨年11月に入荷する予定だったMoultonのCone Edhitionがやっと届きました。まぁ、モールトンですし、イギリス生産ですし、少々の納期遅れで動揺しているようではディーラーとして務まらない訳ですが、今回はかなり楽しみにしていたモデルなのでやや動揺しております。ちなみにご予約をいただいておりますブルーの方はまだ届いていません。。。。 さて気を取りなおして、Cone Editionのレッドが届きました。ご存知の方も多いと思いますが、モールトンバイシクルの生みの親、アレックス・モールトン博士は自動車のMini(所謂クラシックミニ)のサスペンションを開発した天才エンジニアとして有名な方でもあります。そしてそのクラシックミニ60周年を記念して生産されたのがCone Editionなのです。ConeというのはそのMiniのサスペンションに使われていたゴム製のショックアブソーバーの事なんですね。(実際には石焼ビビンバの器みたいな外観ですが構造的にはコーンなんです。)あと、入荷したのが60周年イヤーが過ぎて61年目になっちゃってることは今後禁句とさせて頂きます。 冒頭に書きましたとおり、このモデルは本当に楽しみにしていたんです。なぜかって?お買い得すぎるからです。フレームはSSTでセライタリヤのサドル+グリップに専用フェンダーまでセットして32万円という破格です。入荷を待っている間に他の商品が値上げしていますので(苦笑)SSTはフレーム単体で購入しても29万円。その差3万円で完成車!しかもそこそこなパーツで!という嘘みたいな価格設定になっています。ちなみに、単体で購入すると、サドルだけで18500円、グリップ13000円、フェンダー8000円します。 基本的には1つ下のグレードになる
Moulton 値上げのお知らせ。

Moulton 値上げのお知らせ。

Mini velo, MOULTON, Recommend Post
以前のブログでもご案内していましたが、いよいよモールトンが値上げということで、本日正式に新価格が発表されまして・・・・・ TSR-9が大幅値上げ! 当初は全体的に5%程度の値上げと聞いていましたが、TSR-9に関しては、非分割モデルで5万円UP、分割モデルで3万5千円UPと大幅に変更されています。モールトンの中では一番低価格なモデルですが、モールトンの楽しさが十分楽しめる(ある意味上位機種より楽しい部分もある)、個人的にも好きなモデルなのでちょっと残念ですが、最近の自転車業界全体の材料・部品の値上げ傾向とイギリス国内の情勢を考えると仕方ありませんね。 TSR-9非分割モデル:旧価格 240,000円 → 新価格 290,000円(税別)TSR-9分割モデル:旧価格 270,000円 → 新価格 305,000円(税別) このブログを書いている現時点の在庫状況はTSR-9非分割モデル:ブラック、ブリティッシュグリーンTSR-9分割モデル:ダスクブルー以上3台でございます。 ちなみに、SSTの完成車も1台ございます。→こちらのモデルです。 「値上げ前の最後かも。SST完成車在庫作りました。」SSTのフレームセットは280,000円→290,000円と値上げ幅はややマイルドですね。(ほっ) その他モデルの新価格については、輸入元ダイナベクターさんのホームページをご覧ください。>> モールトン値上げのお知らせ
MOULTON TSR-9 + パニアバッグ

MOULTON TSR-9 + パニアバッグ

Mini velo, MOULTON, カゴ・キャリア・バッグ
来年1月からいよいよ値上げ予報が発令されているMOULTONですが、実は今のところまだ具体的な値上げ金額が発表されてません。。。。だいたい5%ぐらいって言うことで聞いておりますので、この写真のTSR-9非分割モデル(一番お手頃価格なモールトンです)だと24万円→25万円台前半ぐらい?の値上げになりそうです。。。。 そんな折、とある筋からフロントパニアがキテる。と、まことしやかな情報をキャッチしましたので、早速モールトン純正フロントラックをセットしてみました。(どんな筋やねん。笑) 合わせているパニアバッグはNorth ST Bagsのマイクロパニア。名前の通り小さめのパニアですが、それって巨大なツーリング用パニアと比べれば、の話。実際 街乗り・普段使いとしてはとても使い勝手の良いサイズ(12リットル)です。ケータイ・財布・小物ポーチ・雑誌や本とちょっとおやつを入れてだいたい60%ぐらい埋まる感じですね。ツーリングに使うなら、もう一個用意して左右セットで使ってもらったら良い感じかも、と思います。 モールトンの場合、フロントラックはフロントフォークではなくメインフレームに取り付けてあります。ハンドルを切ってもラックは動かないので、荷物を載せてもフラフラしないのが良いですね。これってタイヤからハンドルまでの空間に余裕があるミニベロならではの発想ですね。 ちなみにパニアを外すとこんな感じ。パーツ単体の標準設定はブラックのみですが、お時間と費用、元になる車体のお預かりが可能であればフレーム同色への塗り替えも承ります。もしくはここだけメッキ加工してもかっこいいかもしれませんね。先端にはボトルケージも取り付けできますよ。で、困ったことにこちらもおそらく値上げです。今年中なら13000円(税別)でございます。 年内は2
値上げ前の最後かも。SST完成車在庫作りました。

値上げ前の最後かも。SST完成車在庫作りました。

Mini velo, MOULTON
当店では今まで何台か作っているSSTとカーボンバトンホイールの組み合わせ。実際、めちゃくちゃカッコいいですし、とても相性のいい組み合わせなので、来年1月からの値上げ前に1台ご用意しておきました。もちろん即納OKですよ! 余談ですがこんな感じから組み上げます。 今回のこの展示車もいつもの感じでKittDesignのカーボンバトンホイールにShimano105でアッセンブルしています。あとハンドル周りとシートピラーはデザインが程よく控えめで扱いやすい(お値段もほどほど)なFizikにしました。ドロップハンドルはとてもコンパクトなのでモールトンらしくゆったりマイペースで乗るにはとてもおすすめですよ。ちなみにコンポーネントはあえて105にしています。車体のグレードからするとアルテグラなんかもいい感じですが、105のブラックの方がきっちり漆黒なので、ややグレーっぽいアルテよりも見た目的にも良いかと。。。 ハンドル高さは今の状態でほぼ最高値です。僕の身長(176cm)だともうちょっと低めでもいいかも、ですがモールトンらしいゆったりマイペースな乗り方ならあえてこれぐらいの高さでハンドル・ブラケットもやや前上がりのゆったり系の乗り方にも少し憧れたりします。もちろんご契約後に体格に合わせて調整いたしますので、その際はご相談させてください。 この車体の面白味としてはやはりカーボンホイールとの相性。これに尽きます。もともとSSTはモールトンのラインナップの中でもフレーム剛性高めな設計で、なおかつ一切たわまないカチっとした乗り味のカーボンホイールと合わせる事で、しっかりした剛性としなやかなサスペンションのコンビネーションの素晴らしさが感じられると思います。モールトンの乗り味の秘訣はただ単に柔らかでしなやかなだけじゃなくて剛と柔の組み合わせ、
モールトン値上げのお知らせ。(一次報告編)

モールトン値上げのお知らせ。(一次報告編)

Mini velo, MOULTON
急なお知らせ、と言うか、あぁやっぱりなぁ・・・と言うか。モールトンが値上げになる見込みです。正式発表はまだ先になりますが、来年からお城製もパシュレー製もパーツ類も全部が概ね5%ほどの値上げとなります。 イギリスのアレのおかげでポンドも上下してますし、イギリス国内の製造業を取り巻く環境も色々大変みたいなので仕方ないですね。とはいえ、助かるのは事前にお知らせしてくれている点かと、、、できれば値上げ前に購入してください。(モールトンは在庫が少ないので店頭在庫で気に入ったものを見つけたら迷わず捕まえるのが良いと思われます)そろそろ私もモールトニアの仲間入りかな、と思っていた紳士淑女の皆さま。ついにその時が来ましたよ。 ここ最近で一番注目のお買い得車「CONE EDITION」も実は入荷が遅れていてまだ入ってきていません(※)が、今年中にオーダー頂ければ値上げ前にご用意できます。すでに何台かはご予約頂いてますので、どうかなくなる前にご注文お願いします。 ※:CONE EDITIONの詳細な入荷時期は只今確認中です。お問合せ・ご注文頂いている皆様には判り次第ご案内いたします。申し訳ございません。
MOULTON TSR-9 新色ダスクブルーをカスタム(在庫です)

MOULTON TSR-9 新色ダスクブルーをカスタム(在庫です)

Mini velo, MOULTON, Recommend Post
先日入荷のご案内をしていましたモールトンTSR-9の新色、ダスクブルーですが、入荷時点でも軽めのカスタムを施していましたが、我慢できずやっぱりもうちょっと。。。。という事でさらに手を加えてみました。 やはりスペースフレームにはクイルステムがよく似合う。 はい、当店では割と定番になっているアヘッド→クイルステムへの変更をこちらの車体にも投入しております。(ステム変更の詳細はこちら。)ハンドル周りがスッキリ細身になるのでエレガントさが引き立ちますね。特に、深めの色合いのフレームからスラっと伸びる細身のクイルステムの美しさといったら・・・ハンドル&ブレーキレバーはブラックからシルバーに変更しています。 もちろん定番のBROOKSレザーパーツは外せません。 サドルはBROOKSの最もスタンダードなモデルB-17です。個人的にネイビー系に明るめの茶色レザーの組み合わせがツボなのでサドルの色はハニーカラーをチョイスしています。渋すぎずやや可愛いくて品のある感じですね。 リアキャリアは同色塗装なんです。 今回の新色の投入にふさわしく、数量限定で同色のリアキャリアも用意してもらえましたので思い切って採用してみました。通常はブラックのみの設定ですので、完全に同色で用意されるのは珍しいですね。実際に必要かどうかはこの際ひとまず置いといて、ビジュアル的にトラス感というかかなりただモノではない感じが増しますので素敵な組み合わせだと思います。 全体的にはつや消し塗装の質感を活かした、レトロモダンな印象に落ち着きましたでしょうか?こだわりだすとまだまだ手を入れるポイントはあるのですが、ここから先は未来のオーナー様に託すことにします。 この時点で価格は356,000円(税別)車体本体が27万円+カスタム代が8万6千
Moulton Cone Edhition 限定はSSTベースでこの価格です!

Moulton Cone Edhition 限定はSSTベースでこの価格です!

Mini velo, MOULTON, Recommend Post
OLYMPUS DIGITAL CAMERA モールトンの生みの親アレックス・モールトン博士はクルマのMiniのサスペンションを設計した天才エンジニアであることはもう皆さんご存知かと思いますが、初代Miniの発売から60周年をお祝いして?限定モデルが発売になります。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA SSTのフレームをベースに、特別カラー、専用フェンダー、TSR-9相当のパーツ、サドル&グリップをアップグレードした完成車でのご用意です。で、びっくりしたのはそのお値段、320,000円(税別)でございます!フレームだけで280,000円(税別)なのに完成車でこのお値段です。 モールトンをご検討中の方はもうすぐにご予約でもいいかもしれませんね。入荷は11月初旬の予定です。(あくまで予定です。余裕を持ってご検討お願いします。) 入荷がやや遅れておりまして11月下旬以降の予定です。。。ちなみにフレームにはラバーコーンとクルマのイラストが。(どこからどう見てもあのクルマの絵ですが、大人の事情で車名は書かれていません。) あと、上記の価格ですが、今月中のお支払いの場合はもちろん(当たり前ですが)消費税は8%です。お店としては仕入れは10月以降になりますので、実質的に損するのですが、今月中にお支払いいただければ消費税は8%で対応させていただきます。
Moulton TSR-9新色です。

Moulton TSR-9新色です。

Mini velo, MOULTON
先月末の増税前のバタバタの生であまり更新できていないブログですが、新たな商品は続々入荷しておりまして、モールトン関連の記事が続きますがお許しを。。。 モールトンのTSR-9に新色登場です。ダスクブルーと言う色名でして、おそらく夕闇の意味のDuskだと思います。深いネイビーブルーのような感じですが、、、この新色の新しところはなんと艶消しってとこです。ふと過去を振り返ってみると今まではどれもツヤありカラーでしたね。なかなか新鮮な気もします。艶消しになったおかげでちょっとモダンな感じがするような、クラシックカーのような雰囲気にも見えるような、そんな雰囲気です。個人的には60年代ぐらいのボルボにありそうな色合いって思ってます。 写真の車体はちょっとカスタムしていまして、サドル・グリップを定番のブルックスの本革のものに、ハンドルバーとペダルは他のパーツとの調和を考えてブラックからシルバー系に変えています。全くノーマルのTSR-9もありますのでどっちが良いか店頭で見比べてみてください。ちなみに僕なら次はブレーキレバーも変更しますね。そんな感じでまだまだお好みに合わせて個性を出せる余地はたくさんありますので妄想を膨らませてみてください。 あと、数量限定にはなりますが、フレームと同色で塗られたリアキャリアもご用意できますので、さらに可愛く仕上げたい方はご検討くださいませ。価格は分割タイプなら27万円、非分割タイプなら24万円、リアキャリアが14500円、デイキャリア(小さいリアキャリア)は9000円です。(全て税別)ご検討中の方はぜひ店頭で色をチェックしてみてください。
Moulton SST Airforce blue 入荷しました。

Moulton SST Airforce blue 入荷しました。

Mini velo, MOULTON
お盆前に入荷してくれてホッとしています。久しぶりに店頭に並びました、SSTのブルーです。 正式にはエアフォース・ブルーと言う色名で濃いめのブルーグレーといった感じです。色名からするとカッコいい系の攻撃的で男性的な印象ですが、実際の色はとても落ち着いていて60年代のヨーロッパの自動車のような趣にも感じられます。Brooksのレザーパーツなんかで甘めの味付けをしてあげてもきっと似合うと思いますよ。 まだフレームのままで展示していますが、部品が届き次第組み立てを進めていきたいと思います。完成状態で約50万円ぐらいになるんじゃないかと想像中です。どんな感じになるかはお楽しみに。 こんな風に組んでみたいな、ってプランをお持ちの方は是非店頭でご相談させてください。今なら納期は(部品がすんなり入荷すれば)2週間程度かと思います。
MOULTON SST 店頭完成車

MOULTON SST 店頭完成車

Mini velo, MOULTON
先日のブログでも裸のフレーム状態でご紹介していましたモールトンのSST。結局組み上げて店頭在庫車にしております。 主なパーツ構成は、ホイールはKITT DESIGNのカーボンバトンホイールでコンポーネントはShimano105、ハンドルバーはNITTO × E.B.Sのドロップハンドルで、サドルはBROOKS カンビウム(カーボンレール!)という構成です。 今回のポイントは、今回からSSTに標準装備となった軽量シートピラーをどう活かすか、という事で、シートピラーに質感を合わせてNITTO製のCNC加工のものをチョイス。ヘッドパーツ等にもチラチラとシルバー系パーツが混ざるように配色してみました。近年のロードバイクがカーボン製が多いからか、パーツ類もそれに合わせてブラック系の方が入手が容易になってきているのですが、今回はいいバランスで収まったと思います。CNCのアルミパーツはやっぱりカッコいいですね。 乗った感じとしましては、今回は軽量シートピラーに合わせて軽量なカーボンレールのカンビウムサドルを使いましたのでモールトンらしい低重心な感じがより引き立ちます。あとEBS別注のハンドルバーがレバーへの指がかりが良くてめっちゃ使いやすいです。ほんとこのハンドルバーはお勧め。 という訳で完成しましたSST。価格は52万円(税別)でございます。組み立て工賃などちょっとサービス価格にさせてもらっております。是非店頭に見に来てくださいませ。あ、写真の車体についているペダルは仮のものです。実際にはペダル別売りとさせて頂いております。 (追記)おかげさまで、ブログ掲載後早々に売れてしまいました。同様のモデルの制作依頼もお待ちしております。お気軽にご相談ください。