毎日営業しています!大阪・南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

MOULTON

MOULTON SST 店頭完成車

MOULTON SST 店頭完成車

Mini velo, MOULTON
先日のブログでも裸のフレーム状態でご紹介していましたモールトンのSST。結局組み上げて店頭在庫車にしております。 主なパーツ構成は、ホイールはKITT DESIGNのカーボンバトンホイールでコンポーネントはShimano105、ハンドルバーはNITTO × E.B.Sのドロップハンドルで、サドルはBROOKS カンビウム(カーボンレール!)という構成です。 今回のポイントは、今回からSSTに標準装備となった軽量シートピラーをどう活かすか、という事で、シートピラーに質感を合わせてNITTO製のCNC加工のものをチョイス。ヘッドパーツ等にもチラチラとシルバー系パーツが混ざるように配色してみました。近年のロードバイクがカーボン製が多いからか、パーツ類もそれに合わせてブラック系の方が入手が容易になってきているのですが、今回はいいバランスで収まったと思います。CNCのアルミパーツはやっぱりカッコいいですね。 乗った感じとしましては、今回は軽量シートピラーに合わせて軽量なカーボンレールのカンビウムサドルを使いましたのでモールトンらしい低重心な感じがより引き立ちます。あとEBS別注のハンドルバーがレバーへの指がかりが良くてめっちゃ使いやすいです。ほんとこのハンドルバーはお勧め。 という訳で完成しましたSST。価格は52万円(税別)でございます。組み立て工賃などちょっとサービス価格にさせてもらっております。是非店頭に見に来てくださいませ。あ、写真の車体についているペダルは仮のものです。実際にはペダル別売りとさせて頂いております。 (追記)おかげさまで、ブログ掲載後早々に売れてしまいました。同様のモデルの制作依頼もお待ちしております。お気軽にご相談ください。
Moulton SST フレーム在庫ございます。

Moulton SST フレーム在庫ございます。

Mini velo, MOULTON
MoultonのSST入荷してます。フレーム販売のSSTですがいつものように当店チョイスでパーツを組み込んで乗れる状態にして展示・販売させていただこうと思っています。 いつも好評なシマノ105とカーボンホイールの組み合わせで、ブラック系でまとめて・・・・え?シーピラー付いてるやん。しかもシルバーで。ブラックパーツにしたかったのに・・・ と言う訳でどんなパーツで組み上げるか考え中です。。。当店指定のパーツではなくて全て自分で選んで組み上げたい方は、僕らがパーツを決めちゃう前にご一報ください。 しかし、このシートピラー。今までは別売りだったんですけど、なぜか今回は軽量シートピラーが付いてます。もちろん価格はそのまま。そういえば今回から説明書も一新されていて、シートピラーの説明部分にもこの軽量ピラーの説明があったりとかして、どうやら仕様変更みたいですね。カタログの端っこ等でよく見る「製品の仕様は予告なく変更されることがあります」というアレです。英国車、ことさらモールトンの世界ではよくあることで、変わったと思ったらしれっと元に戻ってたりとか、実はちょいちょいこういう事がございます。ともあれ、モールトン社としては、TSRの上位機種で軽量なSSTをよりSSTらしく乗って頂こうと言う考えでの仕様変更だと思いますので、嬉しい話ですよね。 話は戻りまして、まだ組んでいないフレームでお店に飾っております。お好みのパーツで組み上げてみたい方は是非とも早めにご一報を。フレーム価格28万円(税別)ですので、抑えめで組んで30万円台ギリギリ、当店でよく組んでいる感じだと50万円台半ば、といったご予算感です。ご相談お待ちしております。
Moulton TSR-9FX ブリティッシュグリーン

Moulton TSR-9FX ブリティッシュグリーン

Mini velo, MOULTON, 未分類
モールトンの入荷がありましたのでご案内です。本日の入荷はTSR-9FXのブリティッシュグリーン。ザ・英国車と思わせる深みのある緑色です。ちなみに現行のTSRシリーズだと緑系の色は、もっと明るい緑色のモスグリーンと青緑系のグラナイトブルーというものあります。 本日の入荷は分割しないタイプのフレームです。なのでこのモデルが一番お手頃価格なモールトンとなっております。もともと上位クラスに比べてフレーム剛性高めのTSRシリーズですが、こちらはさらにがっちりな非分割タイプ。「メインフレームが硬い=サスペンションがきちんといい仕事する。→これがシルキーライド」という理屈を乗った瞬間に体感できる本当によくできた自転車です。 誰がどう見たって溶接箇所がいっぱいで繊細な作りのモールトンですが、これが完成車で24万円(税別)というのはかなりお買い得だと思います。過去には30万円台が当たり前、という時代もありましたし。。。 ちなみに、現在(6月6日時点)の在庫状況では、TSR-9の非分割ブラック、分割ならレッドとグラナイトブルーもございます。分割タイプのブリティッシュグリーンも輸入元には在庫ありますのでお取り寄せできますよ。あと来週には上位機種のSSTも近日中に入荷予定です。ではではご相談お待ちしております。
Moulton APBのサスペンション修理。

Moulton APBのサスペンション修理。

Mini velo, MOULTON
かなりしっかりとカスタムされたモールトンAPBの修理を承りました。もう軽く十数年経っている車体ですが交換パーツまだご用意できるのが嬉しいですね。 フロントサスペンションはちょっと動きが渋めなので分解・清掃・グリスアップをして、ついでにリンク部分のブッシュをグレードUPしました。あと、年代が経つと中の樹脂ピストンがたまに変形して動きが悪くなりますので、こちらも交換します。 そしてメインはこちら。リアヒンジです。ガタがあるとの事でお持込みだったので確認しましたが、ちょっと組み付けに問題があったようで早速分解修理です、分解のついでに、軸受になるブッシュと軸(スピンドル)も交換します。 作業としては、軸がきちんと刺さるようにリーマーで穴の大きさを調整して、そこへスピンドル(軸)を差し込みまして、仮組み。その後スピンドルの長さを0.05ミリ単位で削りながら微調整しては仮組み、を繰り返す事数回、ピタリとガタなく組み付けできました。やれやれ、手間かかります。。。。 今回はバーテープやワイヤー類も総取替えしましたのでしばらくは乗り続けられると思います。修理・オーバーホールのご相談お待ちしております。
モールトン ラバーコーンのお話(長文です)

モールトン ラバーコーンのお話(長文です)

Mini velo, MOULTON
今日のブログはちょっと小難しい話です。 先日のダイナベクター富成さんによるモールトン講習会で一番驚いた、というか感動したことをお伝えしようと思います。 ご存知の通り、モールトンには前後にサスペンションが付いていまして、前は金属のコイルスプリング(見えないけどヘッドチューブ内部に長ーいスプリングが入っています)を利用したリンク式サスペンション。 後ろは自動車のMiniにも採用されていたラバーコーンと言われるラバー(天然ゴム)を使用したサスペンションになっています。 今日はその後ろ側のお話。 前に比べて構造が簡単だと思っていたんですが、驚くべき秘密が隠れていたのでぜひ皆さんにも知っていただきたいという次第であります。 まずは素材のお話 前置きが長くなりましたが、始めますね。(深呼吸) まずはそもそもの素材のお話。 前途の通りゴムを使っています。 当たり前の話ですが、ゴムって力を加えたら変形して、また元に戻りますよね。 金属ばねも同様に力を加えたら縮んで、また元に戻ります。 でもそれぞれ特性が違いまして、金属ばねは弱く力を加えれば少し縮み、グーっと強く力を加えると大きく縮みます。 力の強さと縮む量をモデル的にグラフにするとこんな感じです。 計測方法は体重計の上に乗せた素材(ゴムや金属ばね)を上から押さえつけて、体重計の指す目盛で測ります。 「グラフ」 加えた力に比例して反発する力も多くなっていきます。 で、結論から言っちゃうとこういう変形をする素材の方がサスペンションには適しています。 対してゴムの場合はどうでしょう。 コンニャクを想像してもらうとわかりやすと思うんですが、ごく弱い力でもプルプル・クニャっと変形しますが、ある程度まで変形すると加えた力に対して変形量が少なくなります。 グラフで見るとこんな感じ。ある時
Moulton TSR-9 非分割タイプ久々に届きました。

Moulton TSR-9 非分割タイプ久々に届きました。

Mini velo, MOULTON
いつもは定番で欠かさず置いているモールトンTSR-9の非分割タイプですが、在庫の都合で久々になりましたが入荷しました。フレーム中央の分割機構を省いたモデルなので、メインフレームはさらに硬く、そしてやや軽量になっています。(お値段も分割モデルより3万円ほど軽量です) 今回の入荷はブラック。ここ最近のモデルはリムがシルバーからブラックに変更されているので、いい感じでコーディネートできてると思います。ちなみに、このTSRを作っているのは英国の老舗工場「パシュレイ」社。伝統的な英国車を今でも作り続けているメーカーさんです。古い英国車は基本的にブラックで塗装されることが多いのですが、そのパシュレイ社で塗装されているブラックなのでなんとなく重みを感じるのは僕だけでしょうか。 お値段は24万円(税別)で即納可能です。もっとも気軽に使えるモールトンだと思います。自転車好きなら一生に一度は乗ってみてください。きっと自転車に対する考え方が変わると思います。 あと、モールトン関係ではパーツもちょいちょい入荷しています。定番のハイトルクロックリングや、ワイヤージョイントのゴム(←意外と切れて無くしがち)だけ、とか。ゴールデンウィークも毎日休まずお待ちしております。
TSR-9クイルステムカスタム車、まさかのオカワリです。

TSR-9クイルステムカスタム車、まさかのオカワリです。

Mini velo, MOULTON
先週ご紹介しましたモールトンTSR-9のカスタム車が1週間と経たずに嫁いで行きましたので味をしめてもう一台作成しました。前回作成したミッドナイトブルーの紹介記事はこちらです。 >>「MOULTON TSR-9 クイルステムカスタム(在庫車)」 今回もカスタム内容は全く同じですが、色はレッドです。写真ではこのレッドの色合いがうまく伝わらない気がするんですが、英国車らしく派手派手しくない落ち着いた赤色で、ハニー色のサドル・グリップとも相性良いと思いますし、ニッセンさんのステンレス色のワイヤーも非常に映えます。 前回同様のカスタム内容ですので、オリジナルからの変更箇所は、・ヘッドパーツ/ステムをアヘッド→クイルへ・ハンドルバー:EBS-20カモメバー・サドル/グリップ:BROOKSハニー色・ワイヤー:全てニッセン製アウターに変更・ペダル:MKS シルヴァンツーリングネクストざっくりこんな感じで、価格は34万円です。 そもそも流通量が少ないモールトンですので色やカスタム内容がお気に召していただければ早めにご相談くださいませ。
本日のご納車。Moulton TSR-9spブルホーンカスタム。

本日のご納車。Moulton TSR-9spブルホーンカスタム。

Mini velo, MOULTON
以前のブログで紹介していた、モスグリーンのSTR-9のドロップハンドルカスタム車をベースにしてハンドルをブルホーンに変更してご納車しました。サドルとバーテープはブラウンに変更、ついでにタイヤもブラウンサイドのものに変更しています。 上半身の体重を預けやすいブルホーンハンドルにすることで、ちょっとゆったりした乗車姿勢でモールトンらしいあまり気負わずにゆったり乗れる雰囲気に仕上がっています。もっとスポーツ車仕様にするなたブルホーンの角度は寝かせるんですけど、モールトン博士が乗ってたブルホーンの車両はユルユルな立たせた角度だったなー、と思い出してほんの少しだけ立て気味にセットしてみました。完成後のチェックのために僕も少しだけ乗らせてもらいましたが、ずっと乗っていても疲れず乗り続けて行けそうな、ゆったりポジションだけどしっかり進む、いいバランスになったと思います。 もともとアヘッドからクイルステムに変更しているカスタム車だったので、全体的にはかなり手の込んだカスタムになっています。>>元の状態はこちらのブログで紹介しています。 クイルステムへの変更は新車購入時なら28000円のアップチャージで承りますので、人とは違うちょっとハイセンスなTSRに仕上げたい方はぜひご相談くださいませ。(持ち込み車両のカスタムも可能ですよ。) あと、本題とは関係ありませんが、ちょうど入れ替わりでTSR-9のグラナイトブルーが入荷してきました。こちらも分割式フレームで、価格は270,000円(税別)です。TSR-9は他にもミッドナイトブルーも即納可能な在庫がありますので、気になる方は店頭でご相談くださいませ。
Moulton Grand Union special editionこれが最後の入荷かも。

Moulton Grand Union special editionこれが最後の入荷かも。

Mini velo, MOULTON
昨年、英ヘンリー王子とメーガン妃の結婚を記念したロイヤル・ウエディング記念モデルのモールトン。少量ずつ生産されるごとに国内に届いていましたが、いよいよ最終入荷となります。 前半分がユニオンジャックを、後ろ半分を星条旗(星は入らず、しましまのみです。)をモチーフにしたグラフィックが施された、ホワイト&ネイビーです。 ベースになっている車両はTSR-9、分割式フレームです。モールトン本社工場の所謂「お城製」ではなく、同じく英国のパシュレイ社で作られているモールトンです。モールトンといえば高級でお城製でなければ・・・と(ある種、盲目的に)言われがちですが、TSRもモールトンの設計思想を完全に表現できていて素晴らしい自転車なので、先入観無しで一度店頭にみに来てくださいね。今ならお城製との乗り比べもできますよ。 この限定モデルだけの特別なポイントとしてはサドルがBrooksのB-17 Std(国内では流通していないクロームレールですね!)に革巻きグリップ、モールトン純正のデイキャリア(もちろん同色塗装です!)がセットになっています。 価格は30万円(税別)です。通常のTSR-9の価格が27万円なので、価格だけ捕まえてもややお得感ありですね。(そもそもTSR-9のベース価格がお得すぎます!)そんな価格面よりもこのツートンカラーやグラフィックの可愛さで気に入った方は無くなる前にご用命ください。
Moulton試乗会まさかの延長です!

Moulton試乗会まさかの延長です!

MOULTON
3月2日〜3日に開催しましたモールトンの試乗会ですが。。。。なんと国内代理店のダイナベクターさんのご厚意により期間を延長して試乗車をお借りできる事になりました。 というわけで試乗会は次の週末も開催です。(もちろんそれまでの平日でもOKです) 今回も試乗会だけの特典として、試乗してその場でご成約なら英国車の定番BrooksのサドルB-17stdを1個お付けします。(革サドルがどうにも苦手・・・という方には1万円分のパーツをサービスいたします) 乗れる車両は、上の写真のお城(モールトン本社工場)製のAMスポルティフ、英国パシュレイ社製のTSR-9です。日本製のDV-1はあと数日店頭に置いていますが、週末まであるかどうかは未定です、お電話等でご確認ください。 また先日3月2日には、ダイナベクターの富成さん(DV-1の生みの親です)によるモールトン講座も開催しました。私も仕事を忘れて全編聞かせて頂きましたが、モールトンの設計の奥深さに本当に感動しました。 例えば、講座中に富成さんから出た名言(たくさんあったのでいくつかメモしています)の一つが「フレームは固ければ固いほど、サスが良い仕事する」。軟弱でしなるフレームだとサスペンションが活きてこないのは想像が活きますが、では実際にどのパートがどの方向にどのぐらい硬くないといけないのか、といった事にモールトン博士なりの明確な答えがあって、信念を持ってそれを製品化しているという事などなど・・・200年近くある自転車の歴史とか全く別の切り口で乗り物を開発してるというのが感じられました。講座の内容をもっとお伝えしたいのですが文字で伝えるには難しすぎるのでできれば店頭でお話しさせてください。 追記です。モールトン&DV-1講座の第3回目が東京・秋葉原のダイナベクター研究室で開催されます