毎日営業しています!大阪・南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

Mini velo

E.B.S Float451S

E.B.S Float451S

E.B.S / tobira, Mini velo
最近お問い合わせが多くて、でもあまり車種の選択肢がないシングルスピードのミニベロ。選択肢が少ないならオーダーメイドでつくてみるというのはどうでしょう?例えばこんなのです。 E.B.Sのアイコン的モデルFloat451Sです。今回は通常の塗装ではなく”磨き+クリア塗装”のRAWフィニッシュで仕上げてみました。パーツ構成はシングルスピードとしては標準的なスギノのクランク周りとハンドル周りはNITTOにしています。 本当は、もうちょっと贅沢してWhoteIndustriesのハブでピカピカにかっこいいホイールにするつもりでしたが諸般の事情でホイールはちょっと廉価モデルをつけています。(でもかっこいいでしょ?) この日は天気が良すぎて陰影出過ぎの渋ーい写真になっていますが、フレームの質感は写真では表現しきれない味わいがありますので是非店頭で見てみてください。ちなみにこの状態でお値段27万円でございます。パーツ構成次第ではもう少し抑えることもできますし、前途のWhiteIndustriesのホイールをブチ込んで40〜50万円コースで仕上げてみてもぐうの音も出ない完璧な1台に仕上げても・・・・。最後のパーツチョイスはお客様にお任せいたします。ご注文お待ちしております。
RALEIGH RSMをちょいカスタム。

RALEIGH RSMをちょいカスタム。

Mini velo, RALEIGH/ARAYA
3連休の初日ですが生憎の雨ですね。。。今日はブログ用の写真が撮れないので以前撮り溜めしていたカスタム事例のご紹介を。 当店での売り上げ台数ではトップクラスのRAREIGHのミニベロ「RSM」。毎月かなりの台数を納車していますが、いつもさらっとご納車してしまうことが多く、カスタム事例のご紹介が少なかったので改めてご紹介いたします。 今回は一旦ほぼノーマルでしばらく乗って頂いていたお客様からのカスタムご依頼。ハンドルバーを手前に曲がった「プロムナードタイプ」に変更。大きめの前かごもセットしました。 ハンドルバーはもともと少し上にせり上がったフラットバーが標準設定ですが、グリップが体に近くてゆったり乗りやすい、見た目にも雰囲気がでるプロムナードタイプです。フレームデザインがしっかり綺麗に出来ているのでプロムナードハンドルに変えると上品で素敵なお姉さん感(←わかりにくい表現すみません)出ますね。ちなみにハンドル交換の際におすすめなのは、シフトレバーの交換。通常ではグリップシフトっていうバイクのアクセルみたいにグリップをグリグリ回して変則を切り替えるタイプですが、今回はラピッドファイヤーというボタンを押して指先だけで変速するタイプに変えています。マウンテンバイクや競技用の自転車ではほぼ100%このタイプが使われていますね。もちろん操作性はこちらの方がグッとよくなります。そしてもう一つ嬉しいのはグリップの選択肢が増えます。普通のグリップシフトだと左右のグリップの長さが異なるのでそれに適合する製品の中から選ぶのですが正直言って選択肢はちょっと少なめです。ちなみにシフトレバーは2000円程度ですのでハンドル周りのカスタムなら一緒にやっちゃうのがおすすめです。 続きまして、前カゴ。かっこ良くフロントバスケットって言った方が良かったでしょうか。
Moulton Cone Edhition

Moulton Cone Edhition

Mini velo, MOULTON
やっと来ました。赤だけですけど。。。。 昨年11月に入荷する予定だったMoultonのCone Edhitionがやっと届きました。まぁ、モールトンですし、イギリス生産ですし、少々の納期遅れで動揺しているようではディーラーとして務まらない訳ですが、今回はかなり楽しみにしていたモデルなのでやや動揺しております。ちなみにご予約をいただいておりますブルーの方はまだ届いていません。。。。 さて気を取りなおして、Cone Editionのレッドが届きました。ご存知の方も多いと思いますが、モールトンバイシクルの生みの親、アレックス・モールトン博士は自動車のMini(所謂クラシックミニ)のサスペンションを開発した天才エンジニアとして有名な方でもあります。そしてそのクラシックミニ60周年を記念して生産されたのがCone Editionなのです。ConeというのはそのMiniのサスペンションに使われていたゴム製のショックアブソーバーの事なんですね。(実際には石焼ビビンバの器みたいな外観ですが構造的にはコーンなんです。)あと、入荷したのが60周年イヤーが過ぎて61年目になっちゃってることは今後禁句とさせて頂きます。 冒頭に書きましたとおり、このモデルは本当に楽しみにしていたんです。なぜかって?お買い得すぎるからです。フレームはSSTでセライタリヤのサドル+グリップに専用フェンダーまでセットして32万円という破格です。入荷を待っている間に他の商品が値上げしていますので(苦笑)SSTはフレーム単体で購入しても29万円。その差3万円で完成車!しかもそこそこなパーツで!という嘘みたいな価格設定になっています。ちなみに、単体で購入すると、サドルだけで18500円、グリップ13000円、フェンダー8000円します。 基本的には1つ下のグレードになる
Bicycle with Dog

Bicycle with Dog

Mini velo, RALEIGH/ARAYA
2月に入りまして、お店のショーウィンドウに飾る自転車を作成しました。テーマは「Bicycle with Dog」。犬くんと一緒に出かけよう!というご提案です。このブログを書いている僕も胸を張って言えるほどではありませんが、まぁまぁの愛犬家(家にブルテリアが居ります。)ですので、この春に向けて何か面白いご提案ができればと思っております。 今回ご用意した車体は、当店でももともと人気車種な英国ブランドRALEIGH(ラレー)社のRSM。特に女性に人気で、跨ぎやすく服装を選ばないのとしっかりした走行性能に加えて同価格帯の自転車ではありえないハイグレードなパーツチョイスなのが好評です。 そのRSMに犬くん用バスケットを装着してみました。使っているのはオランダの自転車カゴやバッグのブランドBASIL(バジル)の「プルート」バスケット。犬を載せるために作られたバスケットであります。 仮にぬいぐるみを載せていますが、このぬいぐるみでだいたいトイプードルぐらい?の大きさです。(鼻先からしっぽの付け根までで30cmちょいぐらい。)バスケット自体の耐荷重は15kgなので、小型犬なら概ねOK。中型犬でも小柄な子なら大丈夫だと思います。バスケットの内寸は横:約40cm、奥行き30cm、カバーの一番高いところで35cmぐらいになります。(店頭用の仮付けのためちょっと前下がりになってますが、ご納車時にはまっすぐ付きますのでご安心を。。。) カバーの部分はこんな感じでパカっと開きます。バスケットとカバーは別売りなので、飛び出しの危険性がない子にはハーネスだけしっかり留めておいてカバーなしでも大丈夫かもしれません。バスケットの底面は木製ですので、DIYでハーネスを止めるフックとかをつけてもいいかもしれません。もちろんクッションも付属しています。汚れた
tern AMP F1が想像以上にいい自転車だった。

tern AMP F1が想像以上にいい自転車だった。

Mini velo, Tern
実は店頭在庫は持ってなかったモデルなんですが、お客様からご指名でご注文いただきまして、UNPEU初入荷でございます。 ternさんの資料によると「マルチなシーンに対応した次世代ストリートバイク」ということで、、、、正直この自転車をどう扱っていいものか、若干迷いがありましたが、実際乗ってみて判りました。ものすごく楽しい・・・ 今回ご注文いただいたのは比較的小柄な女性でしたが、きっとよく似合うと思います。大阪市内のような都市部で乗るにはかなり気分良く乗れて、使いやすい一台だと思います。 納車整備の為に組み上げた後に必ず試乗するのですが、BMXみたいにゆったり乗れてミニベロのキビキビさもあって、太いタイヤ&ディスクブレーキという安心感もいいですね。BMXとスポーツミニベロを足して2で割ったようなデザインですが、ほんといいとこ取りですね。さらに変速も付いてますので10キロ圏内の移動ならこれで十分でしょ。前カゴを付ける為のネジ穴も用意されてますのでワイヤーバスケットを合わせて通勤に使ってもいいかもです。価格も63,000円(税別)なので普段使いにはちょうどいい価格帯ですね。 とはいえ、店頭在庫はございません。。。ごめんなさい。メーカー在庫があればすぐにお取り寄せ可能です。 あと、ternといえば、高コスパで人気のCREST(53 ,000円)がボチボチ人気のサイズ・カラーから欠品が始まってます。春の新生活からの自転車に狙っていた方はそろそろご用意くださいませ。
E.B.S HORIZONTAL451 マットパーカーRAWフィニッシュ

E.B.S HORIZONTAL451 マットパーカーRAWフィニッシュ

E.B.S / tobira, Mini velo, Recommend Post
本当は去年の年末のブログをこの1台で締めくくろうと思っていたのですが、モールトンの値上げだったり、年始のセール準備(おかげさまで好評です)でやむなく年を越しまして。。。 E.B.S、HORIZONTAL 451であります。ご存知の方もあるかと思いますが、E.B.Sと当店は同じグループ傘下の会社でして、当店のようにミニベロに関しては一言も二言もあるお店と、今日ご紹介のホリゾンタル451のようなド本気のミニベロを作っているE.B.S、実はリンクしているんですね。覚えていてもらえたら嬉しいです。(ちなみに姉妹店の東京・銀座のTICKETはアドベンチャー系な等も得意です。) さて今回のご紹介車両ですが、人気のカラーで仕上げてみました。「マットパーカーRAWフィニッシュ」という仕上げです。日本語にすると、「艶のない、リン酸塩で防錆処理したそのままの鉄の色」ということになります。(逆に解りにくい。。。)”RAWフィニッシュ”は自転車好きな方ならちょいちょい耳にしたことはあるかもしれませんが、”RAW=生のまま”という意味なので金属の素地そのままの仕上げ(実際には磨き&クリアコートです)になりますが、写真のマットパーカーRAWだと、金属の防錆の為に”パーカライジング”というリン酸塩による防錆処理を施したもののままつや消しのクリアコートをした状態になります。通常のRAWに比べると重みのある独特の質感になります。溶接跡や金属の風合いは残っています。もちろん防錆性能も通常のRAWに比べると格段に安心感あります。仕上がりの雰囲気は、男前っぽい素材感もあり、見方によってはアンティークな風合いでもあり、何と言っても溶接の具合が透けて見えるので、いつまで眺めてても飽きない味のある雰囲気です。 今回はこの「素」の金属を感じさせるクロモリフレームをシンプルなパー
Moulton 値上げのお知らせ。

Moulton 値上げのお知らせ。

Mini velo, MOULTON, Recommend Post
以前のブログでもご案内していましたが、いよいよモールトンが値上げということで、本日正式に新価格が発表されまして・・・・・ TSR-9が大幅値上げ! 当初は全体的に5%程度の値上げと聞いていましたが、TSR-9に関しては、非分割モデルで5万円UP、分割モデルで3万5千円UPと大幅に変更されています。モールトンの中では一番低価格なモデルですが、モールトンの楽しさが十分楽しめる(ある意味上位機種より楽しい部分もある)、個人的にも好きなモデルなのでちょっと残念ですが、最近の自転車業界全体の材料・部品の値上げ傾向とイギリス国内の情勢を考えると仕方ありませんね。 TSR-9非分割モデル:旧価格 240,000円 → 新価格 290,000円(税別)TSR-9分割モデル:旧価格 270,000円 → 新価格 305,000円(税別) このブログを書いている現時点の在庫状況はTSR-9非分割モデル:ブラック、ブリティッシュグリーンTSR-9分割モデル:ダスクブルー以上3台でございます。 ちなみに、SSTの完成車も1台ございます。→こちらのモデルです。 「値上げ前の最後かも。SST完成車在庫作りました。」SSTのフレームセットは280,000円→290,000円と値上げ幅はややマイルドですね。(ほっ) その他モデルの新価格については、輸入元ダイナベクターさんのホームページをご覧ください。>> モールトン値上げのお知らせ
MOULTON TSR-9 + パニアバッグ

MOULTON TSR-9 + パニアバッグ

Mini velo, MOULTON, カゴ・キャリア・バッグ
来年1月からいよいよ値上げ予報が発令されているMOULTONですが、実は今のところまだ具体的な値上げ金額が発表されてません。。。。だいたい5%ぐらいって言うことで聞いておりますので、この写真のTSR-9非分割モデル(一番お手頃価格なモールトンです)だと24万円→25万円台前半ぐらい?の値上げになりそうです。。。。 そんな折、とある筋からフロントパニアがキテる。と、まことしやかな情報をキャッチしましたので、早速モールトン純正フロントラックをセットしてみました。(どんな筋やねん。笑) 合わせているパニアバッグはNorth ST Bagsのマイクロパニア。名前の通り小さめのパニアですが、それって巨大なツーリング用パニアと比べれば、の話。実際 街乗り・普段使いとしてはとても使い勝手の良いサイズ(12リットル)です。ケータイ・財布・小物ポーチ・雑誌や本とちょっとおやつを入れてだいたい60%ぐらい埋まる感じですね。ツーリングに使うなら、もう一個用意して左右セットで使ってもらったら良い感じかも、と思います。 モールトンの場合、フロントラックはフロントフォークではなくメインフレームに取り付けてあります。ハンドルを切ってもラックは動かないので、荷物を載せてもフラフラしないのが良いですね。これってタイヤからハンドルまでの空間に余裕があるミニベロならではの発想ですね。 ちなみにパニアを外すとこんな感じ。パーツ単体の標準設定はブラックのみですが、お時間と費用、元になる車体のお預かりが可能であればフレーム同色への塗り替えも承ります。もしくはここだけメッキ加工してもかっこいいかもしれませんね。先端にはボトルケージも取り付けできますよ。で、困ったことにこちらもおそらく値上げです。今年中なら13000円(税別)でございます。 年内は2
2020モデル Raleigh RSP

2020モデル Raleigh RSP

Mini velo, RALEIGH/ARAYA
入荷するのを待っていた方、いらっしゃるんじゃないかな、と思ってます。ラレーの正統派ミニベロツアラー RSP の2020年モデルが届きました。2020モデルとはいえ内容は好評だった2019モデルと何も変更なし、安定のかっこ良さと価格以上のハイスペックは変更なしです。素晴らしい。 今シーズンもブラックとアイボリー(割と白に近いです。)ですが、昨日入荷したのは人気のブラック。早速今朝から組み上げて写真撮ってきました。 やはり艶ありブラックにシルバーパーツが映えて最高に美しいです。特にクラシックなデザインのステムがいい雰囲気です。 ステムだけじゃなく、マッドガードもラレーオリジナル。こういったこだわりを形にすると結構コストがかかっちゃうのですが、さらにパーツ類はほとんどシマノ製(ワイヤーまでシマノです!)に加えてクランクはスギノ!。本当に利益出てるのか心配になりますね。。。。 ここまでスキのないパーツ構成なRSPですが、こうなると逆に力を抜いている部分がちょっと目立ってしまいます。できればサドル・バーテープはBrooksのレザーで(ブラックで統一するのが僕のおすすめです)とペダルはMKSのNEXTシリーズでキメて欲しいです。このたったの3つだけでもうほぼ完璧。誰が見てもカッコいいツアラーが完成します。あ、完璧の向こう側を見たい方はさらに上のカスタムご提案もたくさん引き出しありますのでお気軽にご相談くださいね。 写真の車体はもちろん即納OKです。価格は96,000円(税別)です。キャッシュレス決済なら5%のキャッシュバックも対応していますよ。
値上げ前の最後かも。SST完成車在庫作りました。

値上げ前の最後かも。SST完成車在庫作りました。

Mini velo, MOULTON
当店では今まで何台か作っているSSTとカーボンバトンホイールの組み合わせ。実際、めちゃくちゃカッコいいですし、とても相性のいい組み合わせなので、来年1月からの値上げ前に1台ご用意しておきました。もちろん即納OKですよ! 余談ですがこんな感じから組み上げます。 今回のこの展示車もいつもの感じでKittDesignのカーボンバトンホイールにShimano105でアッセンブルしています。あとハンドル周りとシートピラーはデザインが程よく控えめで扱いやすい(お値段もほどほど)なFizikにしました。ドロップハンドルはとてもコンパクトなのでモールトンらしくゆったりマイペースで乗るにはとてもおすすめですよ。ちなみにコンポーネントはあえて105にしています。車体のグレードからするとアルテグラなんかもいい感じですが、105のブラックの方がきっちり漆黒なので、ややグレーっぽいアルテよりも見た目的にも良いかと。。。 ハンドル高さは今の状態でほぼ最高値です。僕の身長(176cm)だともうちょっと低めでもいいかも、ですがモールトンらしいゆったりマイペースな乗り方ならあえてこれぐらいの高さでハンドル・ブラケットもやや前上がりのゆったり系の乗り方にも少し憧れたりします。もちろんご契約後に体格に合わせて調整いたしますので、その際はご相談させてください。 この車体の面白味としてはやはりカーボンホイールとの相性。これに尽きます。もともとSSTはモールトンのラインナップの中でもフレーム剛性高めな設計で、なおかつ一切たわまないカチっとした乗り味のカーボンホイールと合わせる事で、しっかりした剛性としなやかなサスペンションのコンビネーションの素晴らしさが感じられると思います。モールトンの乗り味の秘訣はただ単に柔らかでしなやかなだけじゃなくて剛と柔の組み合わせ、