毎日営業しています!大阪・南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

Mini velo

RITEWAY GLACIER BLOCK

RITEWAY GLACIER BLOCK

Mini velo, RITEWAY
先日このブログでも紹介したばっかりのライトウェイ グレイシアですが、実は同じタイミングでこんなのも入荷していました。 「GLACIER BLOCK」車体は今までのグレイシアと同じですが、タイヤがスキンサイドで太っといブロックタイヤに変わっている今年からの新バージョンです。実は僕らもグレイシアには太めのタイヤをスキンサイドで太めのものに変えるカスタムはよくやっていて、かなり好評をいただいておりました。それの後を追って(ニヤリ)ライトウェイさんが最初からスキンサイド+太めというタイヤ設定で出してきてくれた訳であります。 僕らがいつもお勧めしていた交換用のタイヤは主にMAXXSISのグリフターやシュワルベのビリーボンカーズなど。タイヤ代だけで軽く1万円を超えてきますので、最初からタイヤがカスタムされていると考えればかなりコスパ良しですね。ただし、MAXXISやシュワルベは競技仕様のタイヤなのでめっちゃくちゃ走りが軽くなりますよ。そこは十分に1万円以上の価値ありです。 いつもカスタムの制作事例ばかり紹介していたので逆に新鮮ですが、此方のグレーのものがノーマル仕様です。標準的なフラットハンドルが付いています。 「BLOCK」ではない普通のグレイシアだとタイヤが真っ黒でツルッとした少し細めになります。「GLACIER BLOCK」の場合はタイヤがゴリッとマッチョになってますので同じようにハンドルも少々迫力のあるヤツに、、、サドルやペダルももうちょっと、、、、とか、ついつい思ってしまいます。 グレイシアブロックはマットブラックも入荷しています。で。。。性懲りも無くハンドル・サドル・ペダルはカスタムしているわけで。。。こちらも店頭に置いていますのでノーマルと見比べてみてくださいね。 ...
DAHON CALM

DAHON CALM

DAHON, Mini velo
ダホンさんからある意味究極の一台、届きました。DAHON CALM ダホンといえば、世界最大の折り畳み自転車専門メーカーでその歴史は80年代からずーっと折りたたみ自転車だけを作り続けてきて、本格的な折りたたみ自転車メーカーとしては間違いなく生産台数は一位です。そんなダホンさんが遂に・・・・畳 ま な い 自転車を作ってしまいました。いやほんとびっくり。 元々ボードウォークのような街乗り用としても超優秀なモデルも作っていましたし、Dashシリーズのような一見折りたたみには見えないモデルもありました。だからという訳ではありませんが、ダホンの歴史から考えても十分にノウハウをお持ちのメーカーなので、とても信頼の置けるダホンらしいミニベロに仕上がっています。 ブログ担当の僕の印象では「とても良い意味で普通」。という感じです。街乗り自転車として全くストレスなく、長く、安心して使っていただける自転車だと思います。例えば今年から自転車通勤始めてみようかな?とお考えの方で、ママチャリよりはもう一歩良いものをちゃんと選びたい方はこういう自転車をどうぞ。とお勧めしたくなる一台です。 このクラスのミニベロになるとペダル1回転に対して自転車が進む距離は車輪の大きな自転車(26インチとか)と比べても遜色なく進んでくれます。前ギヤをうんと大きく、後ろギヤをうんと小さくしているので、小さい車輪でもしっかり進みます。ミニベロはいっぱい漕がないとスピード出ないというのはこのクラスの自転車においてはもう忘れて頂いて大丈夫です。ちなみに車輪が小さいとスピード0kmからの漕ぎ出しが軽いという特性があります。車輪が大きければ大きいほど加速に時間がかかるんですね。そんな訳で信号の多い街中なんかではミニベロのメリットって多いんですよ。 当店の定番ラインナップでライバ...
ライトウェイ グレイシア(Lサイズ)

ライトウェイ グレイシア(Lサイズ)

Mini velo, RITEWAY
2021年の営業日もあと1日とちょっと。というタイミングでやっと届きました。ライトウェイのグレイシア。今回は新しい大きめサイズの470mmが新登場。男性のお客様で、今までのサイズだとちょっと小さいんだよなぁ・・・と感じて諦めていた方も多いのでは?早速私(身長175cm)も乗ってみましたが、全く違和感なし。これで街中や公園をユルユル流すとか最高やろなー、と想像できるサイズ感です。 で、届いたグレイシアをその日のうちに速攻カスタム。せっかくの大きいサイズなのでメンズ向けの漢のカスタムをキメてやりました。 ハンドルバーは僕らの企画でもあるE.B.Sの「EBS-40ハンドルバー」所謂クランカースタイルのハンドルです。元々はブラックのフラットバーなんですが、ガラッと印象を変えて漢らしいイメージでCP仕上げで、それに合わせてステム・ヘッドスペーサー、シートピラー、シートクランプまで全部交換です。自転車の上半身をシルバーでキメてます。ハンドル幅もかなり広めになるので見た目の迫力も乗り味もかなり上がります。ちなみにグリップはOURY。前から見て文字が読めるように付けるとドヤ感2割増しですね。 タイヤはノーマルよりも少し太めの幅2.3インチの「MAXXIX GRIFTER」ボリュームもありながら回転も軽いし何よりカッコイイ。人気のタイヤです。ここ半年ぐらい入荷がなかったのですが、ちょうど先週入荷しました。 ここまででも十分サマになるのですが、さらにダメ押しというか仕上げというか、サドルをBrooksに。ペダルも交換して、チェーンリングもチェーンガードがなくても大丈夫なUNPEUオリジナルの56tナローワイドチェーンリングを。ナローワイドだとギヤ板がむき出しの状態でも基本的にチェーン外れしないので自転車がシンプルで綺麗に仕上がります。 ...
モールトン用D型バスケット

モールトン用D型バスケット

Mini velo
モールトン用シートシムや56tナローワイドチェーンリングに続いてこんな運ぺうオリジナルパーツが届きました。「モールトン用フロントバスケット」いつはこちら、UNPEUでは結構昔から作っていた商品ですが、作ってくれている京都のEBSさんが多忙を極めているのでなかなか製作できずにいました。 久々に作成した今回はほんの少量ですが在庫もご用意しました。街乗りモールトンには最高に可愛いデザインとサイズ感。いい雰囲気です、カラーはブラックのみですが、できれば純正リアキャリアも付けてもらえたらきっと可愛いと思います。 在庫分はまだこれから塗装しますので、お渡しは来年になりますが、モールトンにフロントバスケット付けてみたい方はぜひご検討ください。TSRとSSTにネジ4本で簡単い取り付け可能です。 残りわずかですのでお早めにどうぞ! あ、ちなみに。こちらは参考出品ですが、こんなのも作ってみました。トラックの幌に使われる頑丈なキャンバス地で留め具部分は本革です。使い込んでもい雰囲気出そうなアイテムです。気になる方はお問い合わせください。 ...
Fuji HERION

Fuji HERION

FUJI, Mini velo
本日のブログですが、Fujiのヘリオンが久々に届いたから待ってた皆様はお早めにどうぞ。っていうので伝えたいことのおよそ半分は終了なんですが、、、、 もう少しご案内しておくと、今回のロットから使用しているパーツ類がちょっとずつ変えてきています。 わかりやすところではタイヤがアメ色とブラックのツートンだったのがブラック1色に変わりました。最近の自転車界のトレンドではアメサイドが優勢?な気もしますが、Fujiのブランドイメージで言えばシンプルな真っ黒も良いし・・・どちらが正解とは言いにくいですね。料金アップチャージにはなりますが、色付きのタイヤにも変えられますのでご相談くださいませ。 他にはブレーキとはクランクとか、ちょいちょい変更されていますが、多分言われないと気づかないかも、ってぐらいの変更です。逆に変えてくれなくて嬉しかったパーツはリム。ポリッシュ仕上げ(普通のアルミ色やブラックよりもちょっと高価)を採用してくれているのはこの自転車の性格を体現する上でかなり重要だと思うのです。 そんな訳で、お伝えしたかったのは以上です。自転車そのものはFujiさんらしくシンプル&スタンダード、コスパも良いので写真の見た目だけで気に入って選んでも間違いないですよ。写真のもの以外の色・サイズも入荷しています。 ...
レアカラーのMoulton TSR-9、3色入荷しました。

レアカラーのMoulton TSR-9、3色入荷しました。

Mini velo, MOULTON
MoultonのTSR-9が入荷してまいりましたのでご案内を。今回は3色。どれも分割モデルです。そしてどでもちょっと珍しい色です。 まず1台目「オールドイングリッシュホワイト」ほんのりクリーム色が入った感じの柔らかいホワイトです。僕の印象では「カニ目」ですね。オースチン ヒーレーの白を連想させる可愛い色です。 そして2台目「グラファイト グレー」こちらはちょっと渋めのモールトンスペースフレーム創生期によく見かけた雰囲気のカラーで、ある意味これぞモールトン的な気もしてます。80年代のAM-7とかはこれに近い色が多かったですね。英国的な絶妙に落ち着いた飽きが来ないいい色です。 最後に3台目「マットバーガンディ」今回の入荷で一番期待していたこの色、間違いなくかっこいいです。写真はちょっと赤っぽく写っていますが、照明次第ではちょっとマットブラックに近い感じにもめるやや暗めのあずき色って感じです。この1〜2年ぐらいでモールトン社がちょいちょい作っているマットカラーですが、ほんとどれも人気です。そしてこの車体は前後キャリア装備!もちろん同色で!(ご不要な方は外してご納車も可能です。)そのほかもハンドル和まりやサドル、クランクもUNPEUオリジナルの56tナローワイドギヤなどちょっとカスタム済みですが、在庫で全くノーマル状態のものもありますのでご相談ください。 今回の入荷はどれもTSR-9です。9段変速がついた完成車モデル、モールトンらしく人気の分割フレームです。価格は385,000円、前後キャリア付きのものは422,400円です。 どれも1〜2台の入荷です。イレギュラー生産のモデルなのでこれから先も作ってくれるかどうかわかりません。気に入った方はお...
AMP F1 2021モデル最終入荷かな?

AMP F1 2021モデル最終入荷かな?

Mini velo, Tern
インスタグラムの方でもご紹介していましたが、ternのAMP F1入荷しました。他に代用の効かない唯一無二のルックスなので、どうしてもこれじゃなきゃ!という方も多く、今回の入荷では10ヶ月ほどお待ち頂いた方もありました。。。。どうもすみません。 さて、そんな訳で、AMP F1久々の入荷であります。今回の入荷分はまだ2021年モデルという扱いですので、今までのモデルと変更なし。2022年モデルからはちょっと色が変わる予定ですが、入荷はいつになるやら未定ですので、2021年モデルの色が嫌いでない方、むしろ好きな方は今すぐ店頭までお越しください! 写真のは「アイアン」カラー。あれ?もっとシルバーぽくなかったかっけ?と本体の色を忘れるぐらいご無沙汰しておりました。深みのある鉄色のメタリックシルバーです。車体の雰囲気にもぴったりですね。 こちらは「サンド」カラー。こちらも男女問わず人気カラー。アウトドア感増し気味って雰囲気ですね。ラックやバッグ類をモリモリつけても可愛いです。 あともう1色、「Cooper」カラーも届きましたが、大きいサイズは多分このブログをご覧いただいてる頃にはもう完売かと。。。小さい方のサイズも少量なら在庫あるかも、いや、ないかも。。。微妙なところです。 自転車の詳細とか、過去のカスタム事例なんかはこちらをご覧いただけましたら幸いにござります。>> ブログ記事「AMP F1」 ...
HOW I ROLL – THE ROOTS – CP

HOW I ROLL – THE ROOTS – CP

Mini velo, その他ブランド
このブログ記事を読んでもらっている時にはもう入手困難になっているかもしれないので、ここで紹介するかどうか迷ったんですが・・・・ How I RollのオールドタイルのBMX「The ROOTS」です。色はCP、いわゆるメッキ仕上げです。渋い。 そこに往年のBMXキッズの憧れキャストホイールを突っ込んでやりました。キャストホイールは日本のっていうか大阪のOGKさん謹製で、現在は受注生産なんだとか。それでもって材料の確保が難しくてしばらく作れないかもしれないんだとか。。。。 キャストホイールを入れるだけでも十分すぎるぐらいに雰囲気あるオールドスタイルBMXにキマるんですが、追い討ちをかけるようにWALDのバスケットです。同じような形のバスケットは各社からたくさん出ていますが、オリジナルはこのWALDです。ワイヤーの1本1本が細いのがいい雰囲気出すんです。 その他こまごまカスタムもしていますが、全体的にいい雰囲気のオールドBMXに仕上がりました。ほぼ同じテイストで複数台作らさせて頂きまして、予想以上に反響頂いております。そんな訳で在庫が確保できるかどうか、、、とりあえず店頭でご相談ください。 ...
Moulton SST

Moulton SST

Mini velo, MOULTON
ゾクゾクするほど美しいブラックのMoulton SSTを組ませて頂きました。 ブラックのモールトンは今までにも沢山製作させて頂いておりますが、今回は全体的にブラック成分多めでキリッとした仕上がりになっております。例えば前回製作したTSR-9はブラックフレームにシルバーパーツを配することで煌びやかな印象を作っていましたが、今回は全体的に基本的にブラックがメインです。ただこの場合に全てのパーツを何でもかんでもブラックでまとめてしまうと、全体的に重く見えて高級感が損なわれます。 その点、今回のSSTの製作では効果的にシルバー系がチラチラと見え隠れする程度で狙っています。例えば、サドルレールに、チェーンリングのフチ取りに、SST特有のエンド金具やハブに、、、フレームのブラックのハイライトになるようにシルバーがいい仕事をしていますね。思わず自画自賛であります。 コンポーネントはシマノ アルテグラです。昨今のコロナ禍の影響でパーツの入手はとにかく大変なんですが、虎の子のワンセットを使用させて頂きました。SSTのグレード感ともマッチします。クランク周りのみシマノを使っていません。どうしてもアルテグラのクランクそのままではあまりにもスポーツバイク感が強すぎるのでここはSUGINOのクランク&55Tの大径チェーンリングを採用しています。その他、ホイールを手組みでご用意させて頂いたり(コダワリのスポークパターン!)、クイルステムへの変更など、ただパーツを組み付けるだけではない当店らしいカスタムモールトンに仕上がりました。 オーナー様にはこの場をお借りして再びお礼申し上げます。楽しい仕事させて頂きました。 さて、SSTは現在店頭に4台フレームセットの在庫がございます。弟分のTSR-9も2台ほどございます。また来週以降にはまたちょっと...
tern CREST

tern CREST

Mini velo, Tern
ternの「ROJI BIKES」シリーズは僕らもこの数年特に力を入れて販売させてもらっていますが、とりわけもう訳の分からない台数を年間で販売させていただいているのがこのCREST。毎年人気なので度々店頭在庫を切らしてしまいますが、今はまだなんとか頑張ってご用意しております。(一部の色・サイズは売り切れで次回は来年の入荷予定ですが。。。) 数年にわたってかなりの数を見てきているのでそろそろ気づいてきたのは「ひょっとしてトラブル少ないんじゃない?」ってこと。ブレーキ周りの汚れはどうしても避けられませんが、基本的にブラックパーツで構成されていることもあり、サビが目立って残念な見た目になるようなケースは比較的少ないみたいですね。普段の足として使われている方が多い車種なのでノーメンテでできるだけ綺麗に乗れた方がいいですよね。もちろん僕らとしてはこまめにお店にメンテナンスに持ってきてもらったほうが嬉しいんですが。 意外とカタログ上やネットで見る写真ではわかりにくいのですが、フレームはただの丸パイプではなくて、デザインと強度設計を兼ねてセミエアロ形状に整形されたパイプを使用しているので店頭で実車を見て一目惚れ。という方も結構多いですよ。 あと女性でも扱いやすい小さめサイズも用意されているのが良いですね。この価格帯の自転車で2サイズ展開というのは実は珍しいんですよ。ハンドルの下にスペーサーが多めに入っているの分かります?これによりハンドルの高さ調整は”下げる方向には”可能です。ハンドルを高くしたい方はハンドルそのものを変えちゃいましょう。BMX系のハンドルバーに変えたこともありますが、ゆるゆるな乗り味で楽しかったですよ。 ノーマルの状態ではちょっとクロスバイク色が強すぎるかなっていうのが僕の気持ち。ちょっと今の雰囲気じゃないかなって。なの...