毎日営業しています!大阪・南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

Blog

RALEIGH RSP

RALEIGH RSP

Mini velo, RALEIGH/ARAYA
指令が下りまして、RALEIGH RSPをカスタムせよと。ホンジョのフェンダーとイケてるハンドルバーに替えよと。 そんな訳で、即制作。ホンジョは東京は墨田区にある本所工研謹製のジャパンメイド。日本の伝統的なランドナー・ツーリング自転車の系譜ではホンジョかそれ以外か、というぐらいのブランドです。そんなホンジョさんの代表的な製品がこの亀甲模様のフェンダーなんですが、こちらどうやってこの凸凹をつけているかは門外不出の技術なのだそうです。実際他のメーカーさんでも同様の凸凹柄フェンダーはありますが、凸凹が浅かったり、間隔が大きかったり、表面がざらざらしていてこんなにキリッとしていないものが大半です。こんなに素晴らしくて全自転車好きが絶賛するホンジョさんですがこれがもう最高に手間のかかるやつでして、、、普通のフェンダーは自転車本体に取り付けるネジ穴などは最初から開いているのでネジで繋いでいくだけ、せいぜいステーの長さを調整する程度です。しかしホンジョの場合はフェンダー本体には何の金具も付いていない、ネジ穴も開いていない。自転車の形状に合わせて、寸法をとってネジ穴を開けたり金具をつけたりしていきます。もちろんおかしな場所に穴を開けてしまったらそれで終了。使い物にはなりません。(格安ママチャリ1台分のお値段です)ですので慎重に、一つ穴を開けては仮組みして次の穴の位置を決めて、また仮組みして・・・・・このRSPの場合ある程度の寸法のイメージはできているので比較的早いとはいえ前後の取り付けに時間をたやすこと数時間。苦労の結晶により取り付けたフェンダーはこんな感じ。通常のフェンダーに比べてアーチが深い作りなのでタイヤの太さに合わせてタイヤにピッタピタに”攻めた”セッティングに。渋いです。。。。 ハンドルは、ノーマルのものもクラシカルなドロップ部分がまん丸に曲がってい...
UNPEUオリジナル。お子様乗せBRUNO Mixte

UNPEUオリジナル。お子様乗せBRUNO Mixte

BRUNO, Mama`s & Utility bike
マジックアワーの大阪・南堀江からこんばんは。ブログ担当の長髪メガネです。(そろそろ髪切ろうと思います)僕が自転車の仕事に就いた時にはもうすでに人気車種だったので軽く10年以上のロングセラーになっているBRUNOのMixte。小ぢんまりしていて誰にでも乗りやすいサイズ感で、特に小柄な女性にはおすすめしております。当店の場合、写真のとおりチャイルドシートを着けてお子様乗せ仕様でご用意させて頂くのもすっかり定番化しております。 お子様乗せ自転車にありがちな大柄な電動アシストじゃなくて、軽くて小さくて取り回しの良いもの、お子様を乗せなくなってからも気分良く乗り続けたい、という自転車をお探しの方には手前味噌ですが大変好評なのであります。 ポイントは当店オリジナルの専用スタンド。お子様の乗せ降ろしの際にも安心の安定感。これが子供乗せ自転車には必須条件になります。でもなかなかこういった変速付きの準スポーツ車的なミニベロに合うスタンドって市販されてないんです。なので自分たちで作りました。ちなみに他の車種にもこのスタンドを取り付けたい、というご要望を頂くことが多いのですが、取り付け部分の作りがBRUNO Mixte専用になっていますので他の車種には取り付けできません。ごめんなさい。 他にノーマルと違う点はハンドル形状。前のせタイプのチャイルドシートだとお子さんが乗るスペース(お母さんの懐あたり)を広く取らないといけないのでハンドルを大きく手前に曲がっている「プロムナード」と言われる形状のものに変えています。 基本的には上記2点の変更で完成です。後ろ乗せチャイルドシートの場合はハンドルはノーマルのままでもOKです。 この展示車には前カゴも付けています。ちなみにバッグはブルーラグさん謹製のこの前かごにぴったりサイズのトートで...
tern VEKTRON S10

tern VEKTRON S10

Folding, Recommend Post, Tern, 電動アシスト
久々にternの電動アシスト自転車「VEKTRON S10」が店頭に並びました。がっしりしたフレームデザインと抑えめのメタリックカラーがかっこいい折りたたみタイプの電動アシストです。以前のブログ記事で私もそこそこ長い距離を乗らせてもらいましたが、個人的にはクイックレバー2本でハンドルポジションをスポーティにもゆったり系にも変更できる点が気に入ってまして、モーターにアシストしてもらってゆったり乗りたいときとある程度移動時間が長い時などバランスの良い乗車姿勢の方がいい場合など、状況に合わせてちょっと信号待ちの間にでも変更できるので非常にマルチな使い方ができます。ハブなどの回転系のポテンシャルも高いVektronですので、条件のいい道路環境だとアシスト上限を超える時速25キロ以上になることも十分ございます。そんな時にしっかり踏み込める前傾姿勢に変えたり、逆に街中だとあまりスピードが出せないのでアシスト中心の動力で、視界の良い高めのハンドルポジションに変えて・・・という使い分けが工具無しで数秒でできてしまうのは有り難いですよ。 ちなみに電動ユニットはBosh製。ドリルとか電動工具で有名なメーカーさんですが、欧州で高級電動アシストといえばBoshユニットが採用されていることが多いです。ハイパワーと安定感。画面表示は日本語にローカライズされています。こういう気配りは高級グレードならではです。 あとブレーキはMagra製。自転車用油圧ブレーキといえばマグラ。マウンテンバイクの世界では知らない人はいない一流ブランドですね。でもって変速系はShimano。もはや説明不要かと。このVektronにはリア10速のTiagraが採用されています。変速段数の多さも魅力ですが、Shimanoの場合フラットバー用の変速レバーはこれぐらいのグレード以上からがレバーのタ...
Moulton TSR-9を載せ替えカスタム。

Moulton TSR-9を載せ替えカスタム。

Mini velo, MOULTON
先日のブログで紹介したラレー RSPのカスタムとほぼ同時進行で実はもう一台、お手持ちの愛車からの載せ替えを進めておりまして、こちらはMoulton TSR-9。こちらもなかなか渋めのツーリングスタイルの自転車からのパーツ載せ替えで、ノーマルの9速フラットハンドルからフロント2速を追加したドロップハンドルへ。元になっている自転車がもう長年のこだわりが蓄積されていて細部までかなり選りすぐられたパーツで構成されていましたので、可能な限りこの自転車のパーツを載せ換える、というミッションでありました。結果的にコンポーネントはもちろん、クイックリリースやチェーン、ワイヤーガイドまで!できる限り移植となりました。なかなかの作業工数であります(苦笑) ベース車両は現代Moultonのベーシックモデル「TSR-9」。シンプルなフレームデザインと高いフレーム剛性で”モールトンらしさ”を感じるには十分すぎるバランスの良い自転車です。 今回は純正オプションの前後キャリアも装備してかなり良い感じのツーリング仕様の風格になっています。最近はフロントラックが人気ですね。決して新商品ではないのですが、逆に時代が追いついてきた感ありますね。 ハンドルはミニベロにも相性バッチリのDixnaのバンディーハンドル。超コンパクトな曲がりなのでミニベロに付けても頭デッカチにならないのが良いです。操作系はGevenalleのレバーにダイアコンペ のフリクションというかなりトリッキーな組み合わせ。操作感やメンテナンス性も実は良いんですが、見た目にもインパクトあって良いですね。見た目的にSTIレバーを使いたくない方や、自転車の仕様面でSTIレバーが使えない場合の参考にしてみてはどうでしょう? その他もオーナーさんのこだわり&思い入れあるパーツを可能な限り投入していま...
RALEIGH RSPを乗り馴れた愛車から組み換え。

RALEIGH RSPを乗り馴れた愛車から組み換え。

Mini velo, RALEIGH/ARAYA
コロナの影響は自転車業界のいろんなところに影響が出ていまして、、、いい影響は世界的に自転車に乗る人が増えたこと。どうしても密にならざるを得ない公共交通機関ではなく、自転車で移動しよう、という人が増えたんですね。あとテレワーク等で家にこもりがちになっているので運動のためにも一役買っています。悪い影響は、上記の理由から需要が高まりすぎて商品(特に部品類)の供給が追いつかなくなってしまったこと。それから全体的に値上げ傾向にあること。現在僕ら自転車屋さんを苦しめているのはとにかく部品が手に入らないってことでして、フレームからの組み上げや完成車のカスタムに於いてもなかなか思い通りに部品が調達できずに頓挫していることも少なくありません。 そんな状況だからこそ、という訳ではありませんが、時代にマッチしたご依頼をいただきましたのでご紹介です。 ベースになっているのはRALEIGHのRSP。ランドナーやツーリング系のミニベロの中では間違いなくお勧めの1台です。ご依頼いただいたのは自転車はもう結構なベテランの方で、ハンドメイドのランドナー(スポルティーフ)からのパーツ載せ替えとベテランならではのこだわりをさらに載っけてかなり完成度の高いミニベロランドナーが完成しました。 コンポーネントは前に乗っていた自転車からの移植でshimano Tiagraに変更、リア8段からリア10段にグレードアップしています。ハンドル周りも使い慣れたNITTOのバー&ステムにギドネットレバー。フロントバッグサポーターも前の自転車からの移植です。 泥除けは新調しまして、泣く子も黙る本所製作所の亀甲フェンダーです。最初から泥除けは標準装備されていて、それなりにかっこいいものがついているのですが、本所のこの質感と綺麗にタイヤに沿った曲線。眺めながら一杯イケる系のヤツ...
tern AMP F1 どう乗る?

tern AMP F1 どう乗る?

Mini velo, Tern
去年のデビュー以来、当店でもかなり好評なternのAMP F1。2021年モデルも第2便が到着しまして い ま な ら 在庫ございます。 80年代のBMXを現代のストリートに合うかたちにモデファイしたような・・・と解釈すれば良いでしょうか。BMXのシルエットに変速とディスクブレーキを装備した、一言で言えばストレスなく使えるBMXです。 先日のこのブログでもご紹介しているMASIのFennecやRITEWAYのGLACIERのようなひとクセあるストリート/街乗り自転車がここ最近特に人気でございます。特に女性のお客様からのご用命も多いですね。というのも乗ればすぐにわかるんですが、とにかく片意地張ってなくて乗りやすい、走行の安心感がある。という点(あ、もちろんお洒落なルックスも含めて)が人気なんだと思います。 で、こんな面白い自転車を僕らカスタム自転車屋velo life UNPEUが放っておく訳がなく。。。一つ一つはご紹介している暇がないのですが、バシバシとカスタムAMP F1を制作しております。定番はフロントバスケットやリアキャリアなど。実用性はもちろんですが、自転車にちょっとこなれた雰囲気をプラスする味付け要素としてもいい仕事してくれるアイテムです。他にもサドルやグリップを変えても雰囲気はぐっと良くなりますし、ご予算が許せばサイドスキンのタイヤにしてみてもオールドスクール感のいいアジ出してくれます。 今回のご紹介もフロントバスケットを装備。素直にド定番の浅めのバスケットをくっ付けても良かったのですが、今回はもっと雰囲気ある仕上がりを目指して、平型のフロントラックの上にバスケットを固定という少し変化球を加えています。しっかりした土台に乗せているので普通のバスケットをシンプルにつけるより「何でも積んでやる」という気概が伝...
tern Surgeをフラットハンドル化(何回め?)

tern Surgeをフラットハンドル化(何回め?)

Custom, Mini velo, Tern
書き始めて気づいたんですが、tern Surgeのフラットハンドルカスタムって以前にも何度かご紹介してますね。。。。でも今回はかなりパーフェクトに近いレベルまで仕上げてきましたので、あらためましてご紹介を。(そういえば先月ご紹介しましたKHS F-20RCもあえてのフラットバー化カスタムでしたね。) Surgeのフレームデザインはカッコいいんだけど、ドロップハンドルじゃなくてもっと気軽に扱える方がいいんだけど・・・・とお考えの方。ございませんか? 今回のカスタムはフラットハンドル & カーボンホイール & フロントシングル というSurgeにはオススメの3つの神器を惜しみなく投入しております。フラットハンドルはもっとアップライズしているものもアリかな、と思いますが、今回はフレームの美しさを邪魔しないようにシンプルに。幅は58cmのハンドルバーなので一般的なハンドルよりはほんの少し長めです。ストリート系自転車のトレンドに合わせるとハンドルバーはもっと長くてもいいんでしょうけど、ミニベロの場合は過大入力になりますし何よりアンバランスですので、このぐらいが心地よきかなと。。。 ホイールはもう説明不要ですね。間違いなくカッコイイ。超高剛性ミニベロホイールの楽しさは買った人にだけ味わえます。 最後にフロントシングル。実はSurgeのフロント変速って調整がすごくタイトで僕らショップの人間でも少し厄介なのです。ならば、ということでフロントシングル化もオススメです。個人的にはスッと前からフロントはシングル推しでしたが今はDixnaさんがナローワイド54Tという僕らが待ち焦がれていたパーツをリリースしてくれているのでカスタムの敷居がぐっと下がりました。変速機と左手のシフトレバーがなくなりますので見た目にもスッキリします。 最近は...
tokyobikeのニューモデル「 Jr. STEP」届きました。

tokyobikeのニューモデル「 Jr. STEP」届きました。

Mama`s & Utility bike, tokyo bike, 子供車
tokyobikeのニューモデルが到着しました。「tokyobike Jr. STEP」名前のとおり20インチのジュニア用自転車です。身長はだいたい115cmから乗れるサイズなので、初めての自転車で16インチを乗り始めたお子さんが2台目に乗るサイズ感です。小学校1年生〜2年生で乗り換えるこが多いかな?って印象です。(体格によりかなりバラつきあります) 今までもこの「Jr.」は作られていましたが、この「jr. STEP」は跨ぎやすいようにサドルの前が低くなっているモデル。スカートでも乗りやすいのでどちらかというと女の子向けかな?というデザインです。今まで同様サドルの前がまっすぐなモデルも「Jr. Comfy」という名前でもうすぐ届く予定です。 ちょっとややこしい話なんで恐縮なんですけど、20インチの自転車って実はタイヤのサイズが2種類ありまして、このJr.が採用しているのは大きい方の20インチで直径の規格サイズの「451(ヨンゴーイチ)」って呼ばれます。もう一つは「406(ヨンマルロク)」というやつです。10年ほど前からじわじわと451の方がスポーツ車で使われることが増えてきたのですが、元々は406の方が多数派でした。なのでジュニア用自転車の20インチというと406を指すことも多いのですが、tokyobikeさんは451を採用しています。406のサイズ感で考えると22インチよりちょっと小さいぐらいのサイズ感になります。実際のところ、お子さんの身長が大きくなったからタイヤサイズが大きくなる、という訳ではないのであまり気にする必要もないのですが、この自転車のtokyobikeらしいシンプルでスッキリしたシルエットを表現する上では一役買ってるのは確かですね。可愛い自転車です。 あと、前のモデル「Jr.」からのもう一つの変更点としては、後ろ...
MASI Fennec 2021

MASI Fennec 2021

MASI, Mini velo
昨年、2020モデルのベストオブニューカマーだったかもしれないMASIのFennecの2021年モデルが届きました。基本的なフレーム設計は変わっていませんので、乗りやすい乗車姿勢とキビキビ瞬発力のあるペダルへのリアクションは健在で、気持ちいい乗り味の自転車です。 パーツ構成は昨年のモデルからは所々変更されていますが、一番大きな変更点はハンドル形状。2020モデルはストレートハンドルでしたが、今年はアップハンドル。しかもセンターにブレース入りというのがニクいです。その他は変速が7段になったりしていますが、スポーツモデルというよりは街乗り・ストリートモデルという雰囲気の自転車ですので大きな問題では無いでしょう。ディスクブレーキは健在ですね。 カラーはマットブラック、グレー、チタンの3色。サイズは420mm、460mm、510mmの3種ありますが、ハンドル-サドル間の短さとか、ハンドルの高さとかちょっと特徴あるフレーム設計なのでぜひ店頭で跨ってサイズの確認をしてみてください。あとは前後にキャリアを付けたり、ハンドル形状変えてみたりとか、カスタマイズの幅が広いモデルなのでお使いのご用途や好みのスタイルに合わせてプラスアルファの味付けをして楽しんでもらえたらこの自転車の面白さがより活きてくると思います。ちなみに今現在の在庫状況ならこのFennecと比較検討されることが多い、グレイシアやAMP F1も在庫ありますので、見比べてくださいね(3車種揃うことはこの先ほぼ無いと思います) ...
KHS F-20RCフラットバー仕様で組んでみました。

KHS F-20RCフラットバー仕様で組んでみました。

Folding, KHS・Manhattan, Recommend Post
いやほんとの話、「今すぐ折り畳み自転車1台買って(←予算問わず)しまなみ街道走ってこーい!」って指令が出たら、僕ならこの自転車を選ぶと思います。 過去にも何台か作っているんですが、KHSを代表するフォールディングバイクF-20RCをフラットバーで組んでいます。今回はKHSさんからフレームセット単体を極秘入手しまして、完成車のカスタムではなく、フレームから1つ1つパーツを選んで組んでおります。とはいえ、昨今のコロナ禍においてはパーツが全然手に入らない、という切実な問題がございまして正直かなりハードル高めです。実際今回も駆動系はシマノティアグラですが、ブレーキは105を採用という感じでミックスになっています。 もっともシンプルにして堅実なKHSの折りたたみ方式にストレートハンドルバーを合わせるというのが非常にいい組み合わせなんだけど、なんで皆さんもっとやらないんだろう、って思います。本当に。 ストレートバーの扱いやすさに加えて、ハンドル周りもシンプルになるので軽量です(ハンドルm周りの軽量化は直感的に使いやすくなるのでオススメです)し、折りたたみサイズも小さくなる。そしてKHSならではの信頼性の高さと走りの良さ。本当にいい自電車に仕上がるんですけどね。みんなやれば良いのに。 もちろん、うんと長い距離をシリアスに走りきるならドロップハンドルにSTIレバーの組み合わせが最高ですけど、そこまでシリアスではない方や、走ること以外の楽しさ重視の方には何も気負わなくてもグイグイしっかり走るのでおすすめです。 あと今回は、僕らミニベロ(ほぼ)専門店には救世主的な新製品パーツを採用してみました。フロントギヤが1枚のみのシンプル構成ですが、マウンテンバイク等ではもう当たり前になっているナローワイドチェーンリングを使っています。ナローワイドを使うこと...