毎日営業しています!大阪・南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

Blog

IDATENホイールに新色レッド追加です。

IDATENホイールに新色レッド追加です。

Custom, Mini velo
選択肢が少ないミニベロ用完組ホイール。当店でもすっかり定番になっている韋駄天のパラレル組みホイールに新色でました。 シルバー、ブラックに続いて出てきたのがこちらのマットレッド。表面がブラスト加工でざらっとした質感にマットな赤色を施してありますのでかなり落ち着いた印象の赤色になります。 とはいえレッドです。使用する車両を選ぶ色ですし、好みも分かれるところでしょう。今回はサンプルとしてternのSurgeにつけてみましたが、こういう組み合わせが多分王道でしょうね。今ざっと店内を見渡しただけでも、KHSのPシリーズ、Fシリーズ、ternのCREST、ManhattanのM451SDなど、上の写真と同様のマットブラック一色のモデルもちらほらありますので、そういう車両にもきっと似合うと思います。 ちなみにアルミ素材はブラスト加工をすると表面の強度が上がります。でもってアルマイト加工することでも強度が増します。実際のところどのぐらい硬くなるのかは、あまり詳しいデータを見たことが無いのでひょっとしたらプラセボ的な話かもしれませんが、数多のスポーツバイク用ホイールにブラックアルマイトが圧倒的に多いことを考えればきっと意味があるのでしょう。何れにせよ(ミニベロは特に)ホイールは硬いほうが良いですし、プラスに働いていると思います。 ホイールそのものは今までのシルバー、ブラックと同じ構成で、軽量リムにシールドベアリングを採用した軽量ハブ(11S対応)にサピムの#14/16という極限の細さのスポークを組み合わせた見た目にもなかなか、清々しいまでにスポークが少ない構成です。レッドの場合は前後セットで36000円(税別)です。他の色よりは少々高くなりますが、性能を考えると安すぎですね。 あと余談ですが、スポーク本数の少なさからスポ...
E.B.S-40クランカーバー発売です。

E.B.S-40クランカーバー発売です。

E.B.S / tobira, Mini velo, ハンドルバー
4作目となるE.B.SとNITTOさんによるオリジナルハンドルバーが仕上がって来ました。 今回は見ての通りクランカースタイル。渋いです。クランカーていうのは簡単にいうとマウンテンバイクっていう自転車が出来上がるちょっと前のスタイル。80年代のお話です。僕自身は90年代のマウンテンバイクブームから自転車に乗り始めた世代なので当時のムーブメントはリアルタイムでは知りませんが当時のことを見聞きすればするほどカッコいいし皆んな楽しんでいて本当にリスペクトしてます。 で、このハンドルバー何ですが、僕らも運営に携わっているGrownのATB「Hey Joe」にコンセプト的にもバッチリ似合います。 https://www.instagram.com/p/CGy7CHVhCHN/?utm_source=ig_web_button_share_sheet そんな渋いクランカースタイルなハンドルバーですが、ミニベロが得意な僕らUNPEU的視点でも非常に待ち焦がれていた製品でして、過去にも他社製クランカーバーを付けてみて非常に好評だったモデルもございますね。 注:上の写真は別メーカーのバーです。 ハンドル幅やバックスイープ角度なんかはかなり煮詰めて日本人でも使いやすいサイズ感(でもダサくならない大きさで!)に仕上がってます。是非店頭で触ってみてください。 ・幅:680mm・バックスイープ:42度・ライズ:80mm・クランプ径:25.4mm・グリップ径:22.2mm・素材:クロモリ※ステムは必ず4本締めタイプをご使用ください。 あ。オンラインショップにも早速掲載してますので遠方の方はこちらからどうぞ。>>UNPEU オンラインショップ ...
E.B.S / tobira, Mini velo
外見ではわからないカスタムメイドHorizontal451 京都に工房を構えるE.B.S のミニベロ「Horizontal451」をカスタムメイドで製作させていただきました。今回のカスタムポイントはなんとパイプ。体格に合わせて標準のパイプよりも少々頑丈なものを使って製作しています。見た目は普通のHorizontal451なんですけど、パイプの厚みが違います。 通常使っているのは福島県のカイセイ社製「022」という品番のパイプですが、今回は同じくカイセイ社の「024」を使っています。古くはランドナーやMTBなんかで使用するのには定番だったスポーツ車の標準的なパイプが022なんですが、特別大きなフレームや体格の良い方には少々頑丈な024というパイプが用意されています。パイプの肉厚は022の場合0.9~0.6ミリ、024の場合は約0.1ミリずつ厚くなります。ちなみにE.B.SのHoboなんかでも使われている軽量な019とかさらに軽いものもございます。(Horizontal451にはちょっと向いてないかもですが) 塗装はE.B.Sの定番になりつつあるマットパーカーRAWカラーです。溶接が終わったフレームを磨いて、その後防錆処理をした上につや消しのクリアー塗装を施した、ハンドメイドらしい金属の質感を生かした仕上げです。防錆皮膜のグレーっぽい色になりますが、溶接部分や金属の質感が透けて見えるので1台ずつ表情が違って面白いです。写真では伝わりにくいのが辛いところです。。。。 コンポーネントはフロント1 × リア10s。自転車の質感に合わせるためにマイクロシフト製のリアディレーラーを使っています。今現在、アルミそのものの質感で作られているものはほんの一握りですし、普通にこういったカスタム車に使用できるものとなると多分もうこれしか無いですね。頑張って...
RALEIGH RSPをストレートハンドルカスタム

RALEIGH RSPをストレートハンドルカスタム

Custom, Mini velo, RALEIGH/ARAYA
年間でかなーりの数をご納車させて頂いているRALEIGHですけどなぜかカスタム事例が少なめなんですね。なぜでしょう?元々の完成度が高いから? でも今回はドロップハンドルの正統派ツアラーRSPをガラッとイメージの変わるハンドル周りのカスタム依頼を頂戴しましたのでご紹介。 元々はクラシックなスタイルのドロップハンドル+ブレーキレバーですが、今回はストレートハンドルにブレーキレバーはオポジット(逆引き)タイプに変更です。 どうでしょう?RALEIGHらしいクラシック感は損なわず、雰囲気ある街乗り仕様に変身です。オポジットレバーは実は指掛かりも良くて見た目以上に使いやすいんですよ。ちょっとカスタム感というか見た目のインパクトも狙えるのでおすすめです。 RSPの場合、シフトレバーにはいっさい手をつけずにハンドル周りを交換できるメリットがありますので、比較的気軽にこんなカスタムも可能です。もちろん他の車種でも承りますので気軽にご相談いただければ嬉しいです。 ...
E.B.S / tobira, Mini velo
ブログ担当ナカが一番乗って欲しい自転車E.B.S のLEAF451をペールトーンで3色仕上げてみました。E.B.Sは僕らが運営にも携わっている今日に工房を構えるハンドメイド自転車ブランドで、国産のパイプ素材(作ってる工場は日本に1件しかございません)を使い1台ずつ職人がハンドメイドで仕上げています。 基本はフレームだけの状態からパーツ構成をお客様と相談しながら作り上げていくのですが、如何せん納車までに時間がかかってしまうのでこうやってすぐに乗れる状態のものも作ったりしています。 今回は僕の好みで可愛めの色で、出来るだけ飽きのこない雰囲気になるように色をチョイスしています。あと、この先永く乗っていただいた時にもしっかり磨いていつまでも綺麗に扱って頂きたいので艶あり塗装にしています。(艶なしマット塗装は強く磨くとテカテカになっちゃうので) パーツ構成は至ってシンプルに。車体の色に合わせてタイヤは真っ黒じゃあちょっと可愛くないので、ブラウンサイドに。他のパーツもキラキラとシルバー系のパーツにしています。ワイヤーもステンレスの芯が透けて見えるタイプで綺麗ですよ。 さて、お値段ですが、、、148,000円(税込)とさせて頂きます。実際にフレームとパーツと塗装代金と・・・と足し算していくともっと高いはずなんですが、怖いから正確には計算していません。正直言ってあんまり利益出てない気もしますが、皆さんに乗って欲しい1台ですのでかなりお得価格だと思います。(どれくらいお得かは怖いから計算していません) とりあえず即納できるのはこちら3台ですのでお早めにご相談いただければ嬉しいです。 ...
tokyobike Jr.の在庫。

tokyobike Jr.の在庫。

Mama`s & Utility bike, tokyo bike
べつに、、、隠し持ってた訳ではないのですが。品薄ぎみのtokyobike Jrの在庫が今日現在だとこんな感じ。 色はモモ・ブルーグレー・シダーグリーン・アイボリー。ん?廃盤カラーも混ざってますね。モモ色なんかは指名買いも多かった色なので、少し多めに倉庫に取り込んでおりました。(隠していた訳ではないのですが)あと数台しかございませんのでお探しの方はお早めにどうぞ。女子には必須の「泥除け」もご用意していますよ。 ここにないお取り寄せカラーの場合、11月末〜12月ごろのお渡しになる予定です。 ではでは2階のキッズ売り場でお待ちしております。
2021モデル tern AMP F1

2021モデル tern AMP F1

Mini velo, Tern
2020年モデルのternのミニベロの中では個人的に一番インパクトがあったのがこのAMP F1。2021シーズンも継続して作ってくれました。ちなみにGleam F1って車種もあったんですが、こちらは今期も生産されず・・・個人的には好きだったんですがちょっとマニアック過ぎましたかねぇ。。。 さて2021年度モデルのAMP F1ですが数週間前にリリースされたばっかりですがあっという間にもうほぼ在庫切れという状況になってます。。。。それぐらい人気ですし、誰が乗っても”面白いかも”って感じてもらえる自転車です。(決して速いとか運動性能が、、、とかそんな自転車ではないですよ) 今回のご納車ではちょいカスタムしてみました。カスタムといってもサドルとペダルを変えただけなんですけど、なかなかいい雰囲気出てると思います。BMX的なカスタムに偏りがちなAMP F1ですが、レザーサドルを入れたるするとちょっとクルーザー感が増していい感じです。ちょっと昔のRV車をレストアしたような、ちょっとレトロで落ち着いたテイストです。サドルはBROOKSの超定番B17スタンダード(B17スペシャルと違ってレールが黒いのでこちらを採用)とペダルはMKSのオールウェイズです。 もちろんノーマルのまんまで乗ってもらっても毎日の移動を楽しくしてくれる自転車です。今現在の在庫はシルバーが各サイズ1台のみになっちゃいましたので、きになる方は早めにご来店お願い致します。他の色や次の入荷はかなり先になるかと・・・・ ...
E.B.S FLOAT451R

E.B.S FLOAT451R

E.B.S / tobira, Mini velo, Recommend Post
E.B.SのFLOAT451Rの在庫車を製作しました。クロモリ素材の”しなり”を活かす、シーステーを長く取った独特のフレームデザインに、kitt designの3バトンカーボンホイールにコンポーネントはアルテグラをチョイス。 例えば、エッジの効いた見た目に反してしっかり抑えの効いた乗り味だったり、そのフレームに硬いカーボンホイールが絶妙な面白さだったりするのですが、この自転車についてはあまり蘊蓄を語るより実物を肉眼で見て、デザインやディテール、ハンドメイドバイクの面白さを感じ取っていただければと思います。 もちろん1台限定の在庫です。即納可能です。(税別428,000円) ...
Bruno Mixte ブルホーンカスタム

Bruno Mixte ブルホーンカスタム

BRUNO, Mini velo
続く時には続くものでして、、、このところ立て続けにBruno Mixteのカスタム依頼を頂戴しております。今回はブルホーン! こぢんまり、可愛いMixteですが、レザーサドル&バーテープが白いフレームに映える上品な街乗りスポーツに変身しました。 実はこちら、元々はチャイルドシートを付けてお子様乗せ仕様でずっと使って頂いていた自転車でして、チャイルドシートももうそろそろ卒業、ということで晴れて第2のキャリアを歩んでいただく事になりました。 自転車屋やってて個人的に一番嬉しいのはこういうカスタム。1台をずっと長く乗っていただくのが自転車や冥利に尽きるというものです。そんな訳で、フレームがホワイトなだけにそこそこ汚れていたのも結構真剣に磨き上げて、この先ずっと使ってもらえるようにしています。そもそもこういう大きなカスタムをするタイミングじゃないと分解して清掃なんてできませんもんね。 ちなみにお預かりした時にはボトムブラケットが半分抜けてました。これではすぐにチェーンが外れますね。。。こういうのもきっちり治してこれからも末長く乗っていただきます。 別件ですが、前回ご紹介したドロップバーへの変更カスタムもほぼ同様の内容でもう1台ご依頼いただいております。今回も綺麗に仕上がっております(自画自賛) ...
Bruno Mixte + ドロップハンドルでコンパクトなツアラーに。

Bruno Mixte + ドロップハンドルでコンパクトなツアラーに。

BRUNO, Mini velo
なんだか久しぶりな気がしますが、BrunoのMixteのカスタムご依頼を頂きまして。。。今回はサイクリング仕様という感じでドロップハンドルに変更です。個人的にはミキストタイプのフレームでドロップハンドルというのは好みのタイプなのでしが、いざ小径車でこれを実現しようとするとなかなか全体のバランスが歪になりまして難しいのであります。。。今回の場合はハンドルバーを超浅曲がり&超コンパクトなDixnaのバンディーを使用することで綺麗にまとまった気がします。きっとこれが最適解というやつでしょう。 ちなみにこちらが取り付け前に下ごしらえしておいたハンドル一式。もともとのハンドル周りをズボッと抜いて、ドンっと置き換えます。その後ワイヤーを適正な長さのものに変更したら出来上がりです。そんな訳でとてもコンパクトで可愛いミニベロツアラーが出来上がりました。 そもそもどうしてこのMixteをベースにドロップハンドル化することになったかと言いますと、、、オーナーさんがやや小柄な女性だったので、という訳なのです。フレームサイズ(シートチューブ:サドル下のパイプ)が420ミリで街乗りにも適したフレーム形状なのでサドル-ハンドル間も短めなのでドロップハンドルに変更しても比較的無理のない乗車ポジションでお乗りいただけますね。 この仕様だとだいたい身長が140センチ台の方からお乗りいただけます。逆にスラリと長身の方はごめんなさい、やや小さすぎるかも。。。 今回はちょっと大掛かりなハンドル交換でしたけど、もともとのストレートハンドルから手前にやや曲がったプロムナードタイプへの変更やグリップ変更なんかのプチカスタムも承ります。特にBruno Mixteあたりはご提案できるカスタムの引き出しも多いほうですので、色やデザインが気に入ってるんだけどもうちょっと...