大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

KHS・Manhattan

KHS試乗会初日です。

KHS試乗会初日です。

お天気にも恵まれ、KHSの試乗会初日がスタートしました!   店頭の特等席にKHSがずらり。。。 KHSから来てくれたスタッフさんがいろいろと説明してくれます。   受付には昨日刷り上がったばっかり?のKHS2018年カタログが。   試乗車ではないですが、お得なドロップハンドル仕様の「F20R」も鎮座しております。   走れるフォールディングバイク「KHS」の各モデルを乗り比べできる またとないチャンス! お得なご成約特典もあります。 明日・明後日も開催しておりますので是非お越しください!
いよいよ開催。KHS試乗会とお買い得カスタムモデル。

いよいよ開催。KHS試乗会とお買い得カスタムモデル。

11月3日(祝)・4日(土)・5日(日) KHSのフォールディング・ミニベロの代表車種を乗り比べできる試乗会がいよいよ開催です。 今回は、KHSの代名詞でき存在F-20シリーズと、走りに特化したミニベロP-20シリーズをご用意いたします。 さらにこの期間中にご成約いただきましたお客様には一万円分のオプションパーツをプレゼントという特典もご用意いたしました。 そんな試乗会直前の店内ではスタッフH氏が在庫のF-20Rのバーテープをペリペリと剥がしております。なぜかと言いますと。。。 試乗会に合わせてちょっとお得なカスタムモデルを急遽作ることになりました!! こちらはカスタム前の姿。 もともと完成車としては珍しいブルホーンバーを装備したこのF-20Rですが、今回のカスタムではより機能的に、ハンドル周りをドロップハンドル&STIレバーに変更します。 そして今回はこの現品1台に限り、カスタム前のお値段そのまま!でご提供いたします!! カスタム内容はこんな感じ。 ハンドルバーはDixnaのバンディーを使います。 ちょっと下ハンが広めで上下の持ち替えもしやすく、全体的に小ぶりなハンドルなので、ポジション設計もオリジナルと大きく変わりません。 STIレバーはもともと付いているコンポーネントに合わせてShimano Soraです。 一世代前のタイプですが元々のシフターに比べれば使いやすさは歴然です。 あとはドロップハンドルにしたことで多様なポジションに対応するためにステムはやや長く変更しました。 そして、出来上がりはこんな感じでございます。 夜になってしまったので、店内でごちゃっとした写真になってしまいました。すみません。 コンパクトな浅曲がりのハンドルなので、見た目のバランスも非常に良いで
BS日テレ「知らないまち紀行 折りたたみ自転車の旅」とKHS試乗会

BS日テレ「知らないまち紀行 折りたたみ自転車の旅」とKHS試乗会

12月3・4・5日のKHS試乗会を前に、BS日テレで”折りたたみ自転車で「世界が広がる」「楽しみ無限大」新感覚の旅番組”「知らないまち紀行 折りたたみ自転車の旅」が放送されます。 (番組ホームページ:http://www.bs4.jp/guide/document/shiranaimachikikou/) なんて素晴らしいタイミングなんでしょう!! 番組内ではKHS F-20RCでしまなみ街道を走ります! 放送は10月26日(木)19:00~20:54です。 番組を見てKHSが気になったら是非、試乗会に乗りに来てください! >> 試乗会の詳細はこちらをご覧くださいませ。
PeterBoro Basket入荷しました。

PeterBoro Basket入荷しました。

当店では特にCRAZYSHEEPの16インチキッズバイク「MERINO(メリノ)」との組み合わせが人気なPeretBoroのバスケット。 いつもメリノ合わせているのは一番小さい「チャイルドバイシクルバスケット」です。 このメリノくんについているのはチェリー色。 こちらの車体は以前、自転車雑誌の企画で作成した、とても大人っぽいメリノさん。 ブラックのバスケットを合わせてみました。 ちなみにこっちのバスケットはチャイルドサイズではなく、スタンダードサイズです。 もちろんお子様用だけではなく、大人の自転車にもよく似合います。 Brunoの人気車種Mixte-Fにつけてみました。見た目のバランスはぴったりですね。 (え、実用性ですか?そんな野暮な質問はやめてください・・・) こちらはCRAZYSHEEPの26インチ「Charollais(シャロレー)」 レザーサドルとレザーのフレームカバーと合わせてナチュラル系の素材でまとめると雰囲気でますね。 今回は他にもチャイルドバスケットのホワイトが入荷しています。 ベージュやホワイト系の自転車にはもちろん、ナチュラルな質感なのでどんな色にも意外と合わせやすいですよ。 取り付けは革製のベルトでハンドルに留めるだけ、なので不要な時は簡単に取り外せます。 通信販売もご利用いただけます。
KHSのチョボと折りたたみの事。

KHSのチョボと折りたたみの事。

先日のブログでもご紹介しましたKHSの試乗会を前に、KHSの魅力を少しづつ紹介していこうと思います。 F-20シリーズは息の長いモデルですので、折り畳み自転車の購入を検討された方なら1度は選択肢に入った事があるのではないでしょうか。 もうかれこれ15年!存在するモデルなので、あまりモデルチェンジもなくずっと一緒と思われがちですが、、、実は少しずつ使いやすく改良されてるんです。 もっとも最近のアップデートはここ。 ハンドルステムの継手部分に「チョボ」がつきました。 ほんの少しの事なんですが、このチョボのおかげで、万が一クイックレバーが緩んでもハンドルがグルンッと回ったり、抜けてしまったり、ということはなくなりました。 とはいえ、普通に使っていてそういう危険な事になることはあまり考えられませんので、実際のr便性としては”ハンドルの角度調整が格段に楽になる”という点でしょうか。 本当に単純な改善ですが、効果絶大です。 もう一箇所の折りたたみ部分である、メインフレームのヒンジについてはここ数年は変更なしです。 このクラスの折り畳み自転車では当たり前のことですが、馴染みが出たり、磨耗したりして、レバーの締め付けが弱くなっても簡単に調整して適正な硬さで締め付けができるように作られています。 操作感も良くて、信頼性の高い部品だと思います。 こういう風に、むやみに目新しい仕組みを取り入れずに、良いところは残して、改善できるところは改善する。こういう姿勢って大事だと僕は思います。 ちなみに折りたたみの仕組みが何年も同じということは、補修部品も入手しやすいという事にもなりますので、そういう意味でも大事なのです。 KHS各モデル・カスタムモデルはこちらをご覧下さい。 KHS-Page 「KHS試乗会」 日時:11月3
【11月3・4・5日】KHS試乗会

【11月3・4・5日】KHS試乗会

しっかり走りを楽しめる本格ミニベロ・フォールディングバイク「KHS」 F20シリーズを中心とした主要モデルの乗り比べができる試乗会を開催します。 KHSのフォールディングバイクはどれも信頼性が高くカスタムもしやすい、長く使えるモデルなので、ぜひそれぞれの車種の違いを比べて最適な一台を見つけてください! 「KHS試乗会」 日時:11月3(祝)・4(土)・5(日) 11:00〜17:00 雨天中止 おすすめご試乗プラン まずはKHSの乗り味をチェック。 どんな感じで使いたいか、用途や重視するポイントをスタッフにご相談ください。 まだ用途が絞り込めていない方は、まずは代表的なモデルとしてF-20RCを試してみるのがおすすめです。 普段使い慣れているビンディングシューズで乗ってみたい方は、ペダルとシューズをお持ちください。 もし時間が許せば、乗り比べもどうぞ。 フロントフォークがカーボンとクロモリではどう違う? ⇨ F-20RとF-20RC、P-20RとP-20RC 折りたたみすることは少ないそうだけどミニベロの方がいい?⇨ F-20RCとP20RC ロード系モデルとツーリング系モデル、フレーム設計の違いって?⇨ F-20RとF-20G 試乗会期間中だけのご成約特典もご用意しました! 11/3・4・5にご成約いただいた方に10,000円のオプションパーツをプレゼント。 当日ご成約時に一緒にご購入いただいた商品代金から10,000円(税込)を当店が負担します! 輪行バッグや、カギ、ライト、サイコン等の必需品に充てるもよし、コンポーネントやホイールのアップグレード費用の足しにするもよし。使い方は自由です! 当日試乗可能なモデルはこちら!   ご試乗希望の方は、身分証明書をご持参
Manhattan M451R入荷いたしました。

Manhattan M451R入荷いたしました。

大変お待たせいたしました。 2018年モデルのManhattanが入荷いたしました。 ミニベロ最上位グレードのM451Rです。 去年までのモデルとの違いは、ステムがアヘッドからクイルに変更されたこと。 どう言うことかと言いますと、いわゆる最近のスポーツ自転車の主流であるアヘッドタイプから、ちょっと昔ながらのスタイルに変更となった訳です。これにより自転車全体のシルエットがスッキリ見えるので、特にミニベロはステム周りが大きいと頭でっかちな印象になりますので、これはいい変更です! さっそく整備後のテストも兼ねて軽くお店の周りを1周してみましたが、やはりこの独特のフォーク形状のおかげだと思いますが、ミニベロ特有のゴツゴツした不安定感も少なく扱いやすいと思います。(最近のロードバイクだともっと硬いものもたくさんあると思います。) フレーム素材はレイノルズ製のパイプを使っていますのそう言う点での素性の良さも出ているのかと思います。 ちなみに厚さ0.8-0.6-0.8のダブルバテッドパイプです。 ですので私の印象としては、普段ロードバイクにお乗りの方の通勤用やセカンドバイクとしても楽しめるのではないかと。。。 フロント、リア共にキャリアやフェンダーを取り付けるダボが装備されていますので、用途に応じて幅広く対応できますよ。 軽く仕様にも触れておきますね。 まずSTIレバーはSHIMANO SORAです。シフトワイヤーがバーテープに巻き込まれてスッキリしていますね。 FDもSORAですがRDはマイクロシフトのR325、この辺はコストダウンのために仕方ないのですが、操作感は問題なしです。むしろその分のコストをフレーム素材にかけているあたりの考え方は僕は好きですよ。 クランクはQ2製の5アームなのでフロント歯数を大きくしたい場合にもパー
ブラックが映えるKHS F20RC完成しました。

ブラックが映えるKHS F20RC完成しました。

KHSのF20RCをシマノ105とブルホーンバーで組み上げてみました。 今回はお客様からのオーダーではなく店の在庫です。 ホイールは105のハブにH + SONのアルミディープリムをブラックで合わせてみたのですが、やはり、なんというか、攻撃的ですね。格好良さ全開です。 後ろからアオリで撮りたくなるミニベロナンバーワン(ナカ調べ)です。 黒いフレームに黒いリム、ハンドル、クランクとなっているので、全てのパーツをブラックで統一したくなるかもしれませんが、今回は良い感じにシルバーを散りばめています。 シルバーとブラックの2色用意されている105ならではの組み方ですね。 ブラックパーツだけで組んでしまうと全体的にベタっとした印象になります。(もちろんそれを狙うこともアリなのですが) でも今回は、ビシッと締まったブラックを強調するために、シルバーを織り交ぜて組んでみました。それとフレーム本体に入ったKHSとREYNOLDSのホワイトレターがホンマに良い仕事してます。 黒いフレームにお乗りの方は黒い部分とそれ以外のバランスを探りながらパーツの色をチョイスしてみてください。 組み上げた後で試乗をするのですが、ホイール外周がどうしても重くなってしまうこのリムの割に20インチらしくスイスイ加速する感じが楽しい乗り味になっています。 ホイールは意識的にちょっと固めに、前後ともスポークは6本組みにしているもの効果アリだと思います。 平地の巡航性の良いリムですが山道に持っていっても20インチらしいトルク感のある登りもまずまず楽しめると思いますよ。 あと、この車両で気に入っているのはハンドル。日東のRB-010を使っています。 平均的な男性の身長だと人によってはハンドルポジションが緩く(高く・近い)位置になりがちな KHSですが、やや肩下がりなハ
KHS/F20RG。。。

KHS/F20RG。。。

今回ご紹介のモデルは、 兎に角スピードを求めますっと言う方ではなく、快適な乗車ポジッションで LongRideを快適に気持ちよく走行したい方におススメのFoldingBikeです。 今回のご紹介のIvoryカラーの設定はStandardサイズに比べコンパクトな サイズ設定の為、小柄な方や女性におススメです。 どんなに軽量なモデルでもサイズが合っていなければ台無しです。 サドルからハンドル位置も近く無理な姿勢でDROPハンドルを握る事 がないので、長距離でも快適な姿勢で走行を楽しめます。 部品構成的にもしっかりしているので、永く使って頂けます。 そしてKHS社の代名詞ソフトレール、 路面からの振動をカット。 普段のツーリングから、折りたたんで、 お車や電車に積み込んで観光地でのサイクリングをご検討の方に。 BRAND:KHS Model:F-20RG Color:フラットタイ(Msize)ドゥーブグリーン(Msize)アイボリー(Ssize) TireSize:20(406)inch FoldingSize:680×780×400mm Price:110,000Yen+TAX  
KHS/F20RC-SpecialModel

KHS/F20RC-SpecialModel

取り急ぎですが、以前紹介しましたKHS/F20RC-SpecialModel。 GrossDeepBlue+GrossCarbonForkと MatteGray+MatteCarbonFork なかなかシンプルかつスパルタンな立ち姿。 ただ、あまりにシンプル過ぎるので、 本日はKHS社にオリジナルパーツ(?)の打合せに行ってきました。 お楽しみください。!