大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

Alex Moulton

1950年代にオースチン・ミニをはじめ自動車のサスペンションにゴムを使った独自の構造を開発した、モールトン博士による緻密に計算された3Dフレーム構造構造(スペースフレーム:フレーム部材が上下・前後だけでなく左右方向にも構成されている)を特徴とする自転車です。
基本的に全てイギリスで生産されており、上位モデルはモールトン自社工場(所謂お城製)で生産されます。


ラインナップ

モールトンの代表的なモデルを紹介します。

TSR・SSTシリーズ

「シルキーライド」が味わえる上級機種と同じサスペンションを持つ普及モデル
その走行性能の高さと数々の記録を打ち立てたモールトンAMシリーズの成功ののちに、生産性も加味したフレーム設計で、英国の老舗ブランド「パシュレイ」社の最上級ビルダーの手によって制作されるモールトンがTSRシリーズです。(SSTはフレーム溶接の一部をモールトン自社工場(お城)で行なっています)
AMシリーズで完成された設計理論を元に作られたフレームは非常に高剛性で、他シリーズとのグレードの上下ではなく、TSRはTSRの乗り味としてファンが多いシリーズです。
またサスペンションのパーツの多くはAMシリーズと共用ですので非常にコストパフォーマンスの良いシリーズです。

完成車価格 24万円〜

AMシリーズ

シンプルな構造、トラスフレーム・モールトンの原点
1962年ビートルズがレコードデビューしたその年にアレックス・モールトン博士はサスペンション付きの小径自転車「Fシリーズ」の販売を開始し好評を博します。
その後さらなる開発を進め、83年に高剛性フレームに前後サスペンションを搭載したモールトン博士の考える理想を形にしたモデルを発表します、それがAMシリーズです。
リーディング式フロントサスペンションとラバーコーンを採用したリアサスペンション、トラス構造のスペースフレームはここに一旦の完成形となり、最もモールトンらしい佇まいでモールトンのスタンダードと言えるシリーズです。

フレームセット価格 51万円〜

NEWシリーズ

シルキーライドの極致
スペースフレームの基本的な構造の設計から約15年、前後サスペンション構造を一新したのがNEWシリーズです。
機械的摩擦を無くしよりスムーズな動きを実現した「フレクシター」フロントサスペンションと、液体封入によるダンパーを備えた「ハイドロラスティック」リアサスペンションを搭載します。

また、シートチューブもトラス構造で組み上げた「シングルパイロン」とヘッドチューブまでトラス構造になっている最上位機種「ダブルパイロン」が作られています。

フレームセット価格 120万円〜


なぜこのデザインなのか

モールトンの設計思想の根底にあるのは下記の3点
・跨ぎやすいフレーム形状であること
・1つのフレームサイズであらゆる体型の方に対応すること
・荷物を積むことができること
これらを一般的な自転車とは全く別の高次元の完成度で実現させているのがモールトンです。

そのために、前後にサスペンションを搭載し、そのサスペンションを完全に機能させるためのベースとして非常に剛性の高いフレーム本体と小径で高圧なタイヤを設計に取り入れています。
結果として、他に類を見ないこの複雑なフレームデザインは機能美という言葉がこれ以上なく似合います。
そのデザインの根底にはモールトン博士の自動車エンジニアとしてのキャリアや、既存の自転車とは違う次元で完璧な乗り物を作り上げるという信念を感じさせます。

まずはTSRシリーズを体験してください。

構造の複雑さゆえに価格が高く(最上位機種で250〜300万円)、高級志向とされるモールトンですが、一番お手頃なモデルはTSR-9の非分割モデル(FX)で24万円(税別)です。
私たちUNPEUのスタッフはこのTSRやSSTも強くおすすめしています。
まるでスーパーカーのようなダブルパイロンは誰もが憧れる存在ですが、モールトンは乗れば乗るほどに自転車と乗り手の相性が良くなる、そんな自転車だと感じています。
出来れば通勤や普段使いにも日常的に使っていただきたいのです。


MOULTON新着情報

MOULTON SST 店頭完成車

先日のブログでも裸のフレーム状態でご紹介していましたモールトンのSST。結局組み上げて店頭在庫車にしております。 主なパーツ構成は、ホイールはKITT DESIGNのカーボンバトンホイールでコンポーネントはShimano […]

コメントなし

Moulton SST フレーム在庫ございます。

MoultonのSST入荷してます。フレーム販売のSSTですがいつものように当店チョイスでパーツを組み込んで乗れる状態にして展示・販売させていただこうと思っています。 いつも好評なシマノ105とカーボンホイールの組み合わ […]

コメントなし

Moulton TSR-9FX ブリティッシュグリーン

モールトンの入荷がありましたのでご案内です。本日の入荷はTSR-9FXのブリティッシュグリーン。ザ・英国車と思わせる深みのある緑色です。ちなみに現行のTSRシリーズだと緑系の色は、もっと明るい緑色のモスグリーンと青緑系の […]

コメントなし

Moulton APBのサスペンション修理。

かなりしっかりとカスタムされたモールトンAPBの修理を承りました。もう軽く十数年経っている車体ですが交換パーツまだご用意できるのが嬉しいですね。 フロントサスペンションはちょっと動きが渋めなので分解・清掃・グリスアップを […]

コメントなし

モールトン ラバーコーンのお話(長文です)

今日のブログはちょっと小難しい話です。 先日のダイナベクター富成さんによるモールトン講習会で一番驚いた、というか感動したことをお伝えしようと思います。 ご存知の通り、モールトンには前後にサスペンションが付いていまして、前 […]

コメントなし

その他MOULTON新着情報はこちら。

関連ブログ記事