大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

今こそ始めてほしい自転車通勤LIFE

毎年春先になると「今年は自転車通勤始めてみようかな」というお客様からご相談にお答えするのが自転車屋の毎年ルーティーンなんですけど、今年はやはり様相が違いまして・・・・

実はこの自転車通勤に関するブログ記事は1ヶ月以上前に書きかけていたんですけど、コロナウイルスに関する色々で時差通勤やテレワークなどなど通勤手段に関わる事も刻々と変わっています。
自転車屋としては自転車通勤は毎年春先のオススメメニューなんですけど、なんだか今年は不用意に煽るようなオススメするのもどうなんだろう。。。と悶々と考えていた訳です。
ただ、すでに一部の方からは電車通勤をやめて自転車に切り替える動きが出ているのを僕ら自転車屋も徐々に感じ始めたのがこの1週間ほど。
新規のご相談や、家で眠っていた自転車の再生のご相談など増えています。
そんな訳で、ちょっと難しい状況ですが、自転車通勤を始めたい方に自転車屋としてお力になれれば幸いです。

私もやはり自転車好きが高じてこのお仕事をさせてもらっているクチですが、普段の自転車に乗っていて満足感を得られる事の一つに”季節に敏感になる”っていうのをいつも感じています。
風に触れる感触や気温や空気の湿り具合、日差しの暖かさなどなど・・・・
他にも、走る場所ごとに変わる周りの音や匂いなどなど・・・
もともと釣りが好きだったのでその日の状況を無意識に読み取ろうとする癖があったのかも、とも思ってますが、それがたとえ都市部であったとしてもそれらは所詮大きな自然環境の中にあって毎日肌に触れる空気の質感は変化していくんです。
この春から自転車通勤を始めたいとお考えの方にもそういう事を感じてもらえたらすごく嬉しいです。

ちなみにこのブログを書いている私自身は半分自転車通勤派。
家から梅田までは電車で、梅田からお店までの4〜5kmほどを自転車通勤しています。
街中のゴチャゴチャした道なので4〜5kmとはいえ20分ほどかかりますが地下鉄乗るよりは快適・時間もほぼ同じぐらいです。
(自宅から全行程を自転車で走ると25kmで1時間20分ほどです。毎日続けたら仕事に支障が出そうな距離ですね。)


お問い合わせ頂く通勤距離でよくお聞きするのは5〜10kmほどがメイン。
実際10kmぐらいが自転車通勤としては一番ウマ味があるゾーンかなって思っています。
疲労するほどの距離ではなく、体もリフレッシュできて、億劫にならないちょうどいい距離感です。
実際、キチンとした自転車で通勤している人は感じているかもしれませんが、帰り道に電車で立ったままよりもペダルを回している方がデスクワークの足のむくみも立ち仕事の疲労感も軽減されます。
逆に距離が長くて15〜20km以上の通勤になってくると、走ること自体を楽しめるスポーツ自転車のゾーンになってくるかもしれませんが、電動アシスト自転車というテもありますね。

例として、大阪市中心部(仮に堂島としましょうか。)からの10km圏内ってこんな感じです。
北は豊中、南は堺市にかかるぐらいまで十分対応できます。
あまり普段から自転車に乗られていない方はびっくりするかもしれませんが、これぐらいは十分自転車通勤の範囲内なんですね。
余談ですが僕はずっと北のほうに住んでるので大阪市内に入るときは猪名川(兵庫と大阪の県境)の河川敷を走ります。途中に空港あり、競馬場(ちょっと臭い)あり、少年野球ありで飽きません。信号も少ないです。皆さんもお気に入りルート探してくださいね。


参考までに通勤にオススメな自転車もご案内しておきますね。

RALEIGH RSM
当店のラインナップで通勤用・普段使い用となるとまずこちらが候補に上がりますね。特に女性には人気です。
英国の超老舗ブランドラレー社の名を冠して、実際にはラレー社とこちらも日本の老舗ブランド「アラヤ」さんの共同開発になので日本人でも乗りやすく、日本で手に入りやすいパーツで構成されています。
価格以上の1クラス上のパーツ構成と、とても真面目な作りなので僕らも全幅の信頼をおいて販売しています。
前かごの取り付けや体格に合わせたハンドル周りの変更などなど、ご用途や走る距離に合わせてのカスタムアイデアも多数ご用意しています。
同じ雰囲気での他のご提案としては、ご予算にと時間に余裕があれば軽くてよく走り、カラーオーダーも可能なE.B.S LEAF451や、男性には同じRALEIGHのRSSもお勧めです。

TOKYOBIKE 26
「おしゃれな通勤自転車」の代名詞的存在ですね。
クロスバイクよりも一回り小さい26インチタイヤを採用していますので、日本人の体格で乗っても無理なくとても綺麗に見えます。
郊外ののびのび走れる環境であれば26インチのメリットが活きてきますね。(逆に市街地だと20インチの方が有利ですね)
発売開始からもう結構経っていて少しづつ改良されてきているので性能的にも熟成されてきましたね。

RINDOW parallel
近距離の通勤には最適な扱いやすさかも。
お値段もほどほどながら、こだわり満載の街乗り自転車です。
色々とカスタマイズを施して自分だけの1台に仕上げて乗って欲しいです。
UNPEUにはもうすぐ到着予定です。

上記のオススメは割と手軽に初めやすい通勤自転車として選んでみました。
本音を言うと、こだわりのスーツでビジネススタイルもおしゃれな紳士にはPashleyMoultnで格好良く通勤して欲しいですね。
他にも走る距離や通勤スタイルに合わせて色々とご用意していますのでぜひ店頭でご相談いただければ嬉しいです。

関連ブログ記事