大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

エトセトラ

ミニベロという自転車について

ミニベロという自転車について

いつの間にか夏も終わってますね。もう秋ですよ。自転車屋さんとしては「スポーツの秋」って言った方が良いのかもしれませんが、当店としましてはスポーツ自転車以外の比率も高めなので個人的には「文化の秋」も推しています。ぜひ自転車で公園に行って日陰で読書してください。外で本を読むのはすごく気分が良いのでオススメです。 さて。本日のブログは、当店がオススメしている「ミニベロ」って言う自転車について。僕らがオススメしている理由やミニベロのメリット&デメリットについて改めてご紹介しようと思います。 ざっと店内の9割がミニベロと言う商品構成の当店。ミニベロ推しでかれこれ10年目となります。 ミニベロの定義 「ミニベロ」ってどんな乗り物何でしょう?言葉の通り”ミニ(Mini:小さい)” な”ベロ(Velo:自転車の意味)”と言うわけですが、具体的にはタイヤ径が24インチ以下の自転車をミニベロって言ってます。日本語でいうと「小径車」になります。ですので、折り畳み自転車でも車輪の24インチ以下のものはミニベロと括ることができます。 そもそもなぜ車輪が小さいのか? 自転車の歴史はもう200年以上になりまして、発明された当初から車輪は大きなものが中心でした。もちろん時代ごとの進化の過程で色々な車輪径の自転車が作られてきましたが、今現在僕らが販売しているミニベロの生い立ちを遡ると、都市部での取り回しの良さや収納性の良さ(盗難の多い海外では室内保管が基本なので)を意識して便利な街乗り自転車として世に出た商品が「ミニベロ」という一つのジャンルを築いたと言えます。そこから技術の進化によってものすごくよく走るスポーツタイプのミニベロや、より収納性を高めた折りたたみ自転車や、小さい車輪の利点を生かしたカーゴバイク等色んなタイプに進化しています。 ミニベロはいっぱ
今年もお世話になりました。。。

今年もお世話になりました。。。

2017年の営業が終了しました。 最終日後半は恒例の店内&店まわりの大掃除。掃除している写真はございませんがウソではないです。ちゃんと掃除しましたよ。 誰が見てもなにも楽しくないでしょうが入り口前の溝掃除して水をまいたあとです。。。。   画像では全くわかりませんが、一年溜まった埃や汚れや誇りを一掃して新年の皆様のご来店を楽しみにお待ちしております!   2018年は5日(金)から本格始動です。 2017年お世話になりました。引き続き2018年も宜しくお願いします!!
年末年始のお知らせ。。

年末年始のお知らせ。。

年内営業12/29(午後3時まで)、30日、31日、1月1日、2日、3日、4日、5日~通常営業 年の瀬も押し迫ってまいりました。。。 皆さま2017年はどんな年だったでしょうか? 今年のUNPEUは店内のレイアウトをいろいろと変更して、什器作りばかりしてた気もします、、、足場板には少し詳しくなりました。。   来年も壁の落書きに負けず、 なんとかシャッターの落書きだけは消していこうと思います。。  今年最後の投稿のようになってしまいましたが違います。遅くなりましたが年末年始営業日のお知らせです。 年末は29日の午後3時まで、年始は5日から営業しております! 今年も残りわずか、あと少しよろしくお願い致します。
オーバーホウルのご依頼もお気軽にどうぞ。

オーバーホウルのご依頼もお気軽にどうぞ。

もうすぐ10年を迎える当店。過去にお買い上げいただいた車両のオーバーホウルのご相談も多数いただいております。 例えばこんな感じ・・・ もう数年お乗りいただいているBRUNOのMiniVelo20Road。 消耗品をチェックしながらダメなものは交換します。 今回は、チェーン・ワイヤー4本・バーテープを交換、あとついでにブレーキレバーのブラケットが痛んでいたのと、前ブレーキのカンチ受けがサビサビだったので交換しました。 逆に、ブレーキシューとタイヤはまだ使えそうなので今回は保留としました。 (タイヤは後ろの方が磨耗が早いので前後ローテーションしました。) と、こんな感じ。 車両の状態は人それぞれですので、日頃の乗る距離や使い方に合わせて部品交換など相談させていただきます。 ご予算の範囲で早めに対処した方が良いところから順に、というものアリですので、たまには愛車を労ってやりたいなーとお考えの方はお気軽にご相談ください。 梅雨も明けましたので良いタイミングですよ。 余談ですが、今回のようにたくさん部品を外した時でないと掃除ができない箇所があります。 せっかくなのでそういうところはちょっと掃除してからお返しできるように心がけています。 (できるだけ追加予算が発生しない範囲で。。。) ですので、オーバーホウル時のお預かり期間はちょと余裕を持ってご依頼いただけると助かります。
velo style TICKET SHIBUYA。。。

velo style TICKET SHIBUYA。。。

先日6月2日に姉妹店のvelo style TICKETの2号店がvelo style TIKCET SHIBUYA を渋谷区神山町にOPEN致しました。 渋谷駅からセンター街を抜けて宇田川遊歩道を通りNHKに通じる道すがらに ございます。駅を出て徒歩約10-15分程です。 出張でお近くの際や関東方面へ引っ越しをされた方など、お時間許せば一度 お立ち寄りください。 velo style TICKET SHIBUYA 住所:東京都渋谷区神山町6-4 電話:03-6804-9183 OPEN/11:00-20:00 CLOSE/木曜日
CRAZYSHHEP FARM  2.11OPEN

CRAZYSHHEP FARM 2.11OPEN

本日はちょっと楽しいお知らせです。 当店も製品開発に関わらせて頂いている自転車ブランド「 CRAZYSHEEP」のオフィシャルショップを開店することになりました。 「CRAZYSHEEP FARM」 http://crazysheep-farm.com/ 場所は京都 堀川二条。鴨川を二条通りに沿って少し東側に入ったあたりです。 当店の姉妹店としましては、E.B.Sの直営店である「velo stand kyoto」に続いて2店舗目の単一ブランドだけを扱うショップです。 車両はCRAZYSHEEPだけですが、パーツや用品はCRAZYSHEEPに似合うものを色々なメーカーから厳選してご提案していこうと思います。 オープンは来月、2月11日(土・祝)です。 CRAZYSHEEPはもうすぐ新車種も発売になりますし、面白いお店になるんじゃないかと思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 こちらは現在のお店の状況。まだまだ先は長いです。。。 ちなみに店の奥にはカウンターとキッチンが。活用して何かイベントも積極的にやりたいですね。 オープンまでの間もお店作りの進行状況やCRAZYSHEEP情報を、ブログ、フェイスブック、インスタグラムからも発信しておりますので、是非ともフォローお願いいたします。  
じわり、じわーり。オンラインショップ始めています。

じわり、じわーり。オンラインショップ始めています。

実はもう1ヶ月以上前からあったんですけど、当店もオンラインショップというのをやっています。 そう、ページの右側に、いつの間にかひっそりとバナーがございます。 掲載したい商品はまだまだ山ほどあるのですが、今のところまずは定番商品&UNPEUオリジナルパーツを中心にやっております。これからもっと商品点数は増えていきますが、もし欲しい商品がオンラインショップになければリクエストしてください。遠方の方でもネットでお買い物できるようにしたいと思っております。 >>UNPEUオンライショップはこちら。 (クレジットカード・コンビニ決済もご利用いただけますよ。)
手前味噌ですが。

手前味噌ですが。

以前、撮影があった日にはブログにも書いていたんですが、阪急百貨店のフリーペーパー「FASHION NEWS」の撮影に当店を使って頂きました。 あらためて紙面で見るとウチのお店もお洒落に見えますね。 (モデルさんとカメラマンさんが良いからなんでしょうけどね。笑)
UNPEU工務店

UNPEU工務店

こんばんは。大阪は南堀江のUNPEU工務店でございます。 現在、自転車屋さんの棚を作っております。 折り畳み自転車コーナを拡充するそうです。 店内の棚は基本的にDIY。なにげに本格的です。(本職は自転車屋です) 折りたたみ自転車はTyrell、KHS、DAHON、STRiDA、MOULTONを中心に在庫しております。 造りが特殊な車両ばかりの折りたたみ自転車の世界。当店の得意分野でもあります。ぜひご相談くださいませ。 ●改装作業中にご来店されたお客様、店内見にくくて申し訳ありませんでした。 ======================================= 商品についてのお問い合わせは メール:up@velolife-unpeu.com 電話:06-6616-9200(11:00~20:00) まで。 UNPEUは 大阪市西区南堀江3丁目3-4 ※毎週木曜定休 最寄り駅は 地下鉄千日前線「桜川駅」 地下鉄長堀鶴見緑地線「西大橋駅」 各線なんば駅(少し距離あります、、、) ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしています。 ======================================
推薦図書。

推薦図書。

当店で販売している訳ではないのですが、ちょっと面白い本を読んでいるのでご紹介しますね。 「ジャスト・ライド」 著者はサンフランシスコの自転車ブランド「リーベンデール」の設立者、グラント・ピーターセンさん。 まだ私も半分しか読んでないのですが本の中に度々出てくる「アンレーサー」という言葉やプロレーサーの装備を採用しなくても、1回のライドがたった5分でも、ギヤが27段もなくても幸せな自転車乗りでいられるんじゃないか?という視点には多いに共感しながら読んでいます。 そして正にそれは当店の方向性とぴったりな部分でもあります。 この本の全てが正解でこの本さえ読んでいれば幸せな自転車乗りでいられるとは決して言い切れない部分もありますが、グラントさんが言ってることも正解のひとつなんじゃないかな。って思います。 そんなこの本の内容に共感してくれる人がもっと増えて、また僕らのお店を通じてそういうことを感じてくれたらすごく嬉しいです。