大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

新生MASIのミニベロ Fennec 到着しました。

今季からブランドイメージが一新されたイタリアンブランドMASI(マジ)。
近代のロードバイクを創世記から選手として・ビルダーとして見続けてきたFaliero Masiさんの名を冠したブランドです。
去年まではクラシカルなイタリアンロードバイクの雰囲気が強かったデザインでしたが、今年からはシンプルで近代的な雰囲気になっています。

20インチ(451サイズ)のミニベロFennecはシングルスピードと8スピードの2種用意されていまして、今回はどちらも在庫が届いています。
どちらもフレームデザイン・パーツ構成共にとてもシンプル。価格も含めてとてもバランスのいいパッケージになってるかと思います。
ブランドが生まれ変わったばかりでまだ目にすることは少ないかもしれませんが、きっとじわじわ人気出ますので、今のうちに手に入れておいたほうがいいです。

写真はシングルスピードのブラックと8スピードのグレーですが、他の色も入荷していますので、このブログを書いている横で今まさに店長が組み立てております。

乗ってみた感想は、BBハイト(前ギヤの中心の高さ)が高めなのが良いですね。所謂ピストバイクからの流れを汲んだ設計と言えますね。
BBハイトが高いと何が良いかって・・・・乗ってる姿が格好良いんです。
(あ、機能的な面でのBBハイト云々は説明すると長くなるので店頭で聞いてください。)
あと、シートチューブがやや後傾ぎみなのでBBハイトのわりに乗りやすかったり、シンプルなブレーキレバーのおかげでハンドル幅がやや広めに見えたりする感じとか、見た目と乗りやすさを絶妙にうまく計算されてるんじゃないかと思います。

あと写真を見てもうお気づきかと思いますがディスクブレーキです。
リムブレーキに比べて格段に自転車が汚れないのでいつまでも自転車を綺麗に保てますし自転車のシルエットもスマートですね。あ、もちろん機能的な面も優れています。
自転車自体が綺麗で、乗ってる姿も美しく見える、ていう完璧な図式が出来上がってます。くどいようですがきっとじわじわ人気出ます。この自転車。

最後になりましたが、価格は、シングルスピードなら63,000円、8スピードなら67,000円。
どうです?個人的にはここまで作り込んでのこの価格はかなりお値打ちだと思ってます。
この価格ならプラスアルファでハンドル形状を変えたり、フロントラック やキャリアを付けたり、色々カスタマイズしていっても楽しめると思います。
是非店頭で実物をご覧くださいませ。

関連ブログ記事