大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

E.B.S Horizontal451を大人なレトロ調に。

昨日のブログに続きまして、本日もカスタムネタです。
今日のご紹介はちょっと濃いめの味付けでレトロ調にカスタムしたE.B.S Horizontal451。

ハンドル周りをセミドロップハンドル&オポジット(逆引き)レバーに変更してみました。
当店の得意分野ですね。小慣れたもんです(笑)

なかなかクセが強いパーツ達ですので、ベースになる自転車を間違えるとただのオモシロ自転車になっちゃいます。
今回は、渋めのメタリックに塗られたHorizontal451ですので、フレームデザインも細身でとてもシンプル。
大人な感じで粋な街乗りに仕上がりました。ツイードとか着たくなります。

細かいところを説明しますと、バーテープはBrooksのラバーバーテープ。こちらもなかなかクセのある見た目ですが、ライトブラウンやタン系のコットンテープと同じ感覚で色をチョイスするのが正解のようです。
Aged仕様のサドルとも相性良いです。
あとブレーキはダイヤコンペのDC510。いわゆるセーンタープルブレーキという今ではあまりお目にかからないパーツです。(なぜか当店には各種在庫あります。)ブレーキ&シフトワイヤーもこう行ったレトロ調カスタムには欠かせない、ニッセンさん(made in Osaka!)のワイヤーです。より雰囲気あるシルバー系の色にするかどうかも迷いましたが、今回はちょっとおとなしめのクリアーブラックにしました(ハンドル周りが十分インパクトありますからね。)

ちなみに、この写真の状態で店頭に並べていますが、かなりお得価格の16万円(税別)です。
同車種のフラットハンドルの完成車定価が148,000円なので、カラーオーダーとサドルが無料ぐらいの価格設定です。
もしこのフレームカラーが気に入ってもらえたらすごくお買い得だと思います。(写真より実物の方が綺麗ですよ。)

今回は、当店のラインナップの中でとりわけシンプルなE.B.S Horizontal451で作成しましたが、CRAZYSHEEPのコリデールやBRUNOのMinivelo 20Road、はたまたMoultonなんかで試しても面白いハンドル周りのカスタムだと思います。
お持ちの車体でチャレンジしてみたい方もぜひご相談くださいませ。

関連ブログ記事