毎日営業しています!大阪・南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

もう他のは乗れなくなるかも。BESV再入荷です。

この春から非常にたくさんのご用命を頂いております電動アシストのBESVですが連休の最初にすぐ売り切れてしまってせっかくの連休中なのにオススメのBESVを見てもらうことができす。。。。

本日再入荷いたしましたのでご案内致します。
あ、明日も追加で1台入荷します。

今回の再入荷は最もスタンダードなPSA-1。
価格はお手頃(185,000円)ながらBESVらしい他の電動アシスト自転車とは一線を画す超オシャレなデザインに、前後サスペンション搭載で乗り心地も最高でございます。

僕は長年自転車屋やってきまして、こうやってブログ記事をもう数千件書いてると思うんですけど「乗り心地」って言葉はほとんど使ったことがないんです。
なぜかって言うと「乗り心地」って人それぞれ感じ方が違いますし、いわゆる「乗り心地」がよく感じる”理由”を僕らは伝えないと、と思ってたんですが、、、このBESVは単純に乗り心地がいいです(笑)
電動アシストの楽さも言うまでもありませんし、もうこれに慣れてしまったら他の自転車には乗れなくなるかもしれませんよ。

では乗り心地のいい”理由”をご紹介しましょう。
もちろん、一番の要素は前後に装備されたサスペンションですね。
前はコイルスプリングを使ったトラベル量(へっこむ量ですね)50mmのものを使っています。街乗りだとちょうどいい?もしくはトラベル量ありすぎ?ぐらいの感じです。
乗られる方の体重に応じて硬さの調整はできるのですが全体的にはかなりソフトなサスペンションです。
ちなみにあまり使われる方はいないかもですが、全く動かなくするロックアウト機能もついています。
後ろはコイルスプリングではなくエアサスです。
空気を圧縮してクッションにしています。
こちらも乗られる方の体重に合わせて空気圧を調整しますのでお好みに合わせて調整させていただきます。

で、スペックや機能の説明だけで「乗り心地」を説明した気分になっているようでは自転車屋としては失格ですのでもう一歩突っ込んで説明いたしましょう。
ポイントになるのはハンドル位置とハンドル位置が活きるサドル-ペダルの位置関係です。
ハンドルが高くて体に近い位置にあると楽に乗りやすい(逆に遠いと前傾姿勢になっていきます。)のはなんとなくご理解いただけると思います。
身長176cmの僕が乗っても、サドルよりハンドルの方が5cm近く高くなりますのでわりとゆったり無理せず気持ちよく乗れるバランスです。
さらにBESVの上手いところは前途のサドル-ペダルの位置関係で、他の一般的なスポーツ車に比べるとサドルはやや前寄りになっています。
説明すると長くなるので省略しますがサドルが後ろ寄りについていると腰が引けて前傾姿勢になり、足を動かす範囲も大きくなります。
スポーツ車として強く踏み込むのであれば必要な設計ですがBESVのような電動アシストなら強く踏む必要はありませんので、サドルは前寄りで楽に乗れるのが良いです。
と言うわけで、柔らかな前後サスペンションと楽な乗車姿勢でとても乗り心地よくなっておりますです。

と、まぁ店頭で乗ってもらえれば一瞬でわかることを長々と説明してしまいましたが、こんな時期ですし、あまりお店にも来られない方も多いかと思います。
他に何か気になるところとか、BESVをこんな用途で使いたいんだけど、、、とかお店に来られない方はお電話でも結構ですのでまずはご相談いただければと思います。

本日はこの写真のホワイト/ブラックが入荷していますが、明日はブラック/グレーが届く予定です。
あとBESVではこのPSA-1の上位機種にあたるPS-1(カーボンフレーム/航続距離100km!)も近日入荷予定であります。
コロナの影響で即戦力になる移動手段をお考えの方も多い時期ですので、売り切れ前にお早めにお声がけくださいませ。

関連ブログ記事