大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

tokyobike 650c / SSと9s

大阪ですけどtokyobike入荷してます。
しばらく店頭からはご無沙汰してました、20インチよりちょい大きいタイヤの「TOKYOBIKE SS」と「TOKYOBIKE 9S」の2車種です。

TOKYOBIKE SS

変速機のついていないシングルスピードです。
トラック競技車から派生した所謂ピスト的な自転車とは違って、あくまで街中をスマートに楽しく走るためのシングルスピードという感じですね。
タイヤのサイズも競技車が700cなのに対してこちら650c。ちょっと小さめを採用しています。
ミニベロが得意な当店の視点で見ると、タイヤサイズは小さい方が漕ぎ出しも軽くて扱いやすいですし、自転車全体のサイズ感も日本人の体格に合わせやすくなるので面白いチョイスだと思います。
もちろん、シングルスピードなので変速機周りやチェーン関連のトラブルも少ない事とか、チェーンがチャラチャラ・シャーシャー鳴らなくて、ほぼ無音なのがとても気分がいいですよね。
ちなみにウチのスタッフの通勤自転車は最近はみんなシングルスピードです。
大阪市内の移動であればシングルスピードという選択肢はオススメですよ。

TOKYOBIKE 9S

こちらもSSと同じく650cタイヤを使ったモデルで9段変速付きです。
通常、クロスバイクやロードバイクに使われている700cのタイヤが、インチでいうとだいたい28インチ相当になりますが、TOKYOBIKEで使われている650cタイヤはだいたい26インチに相当します。
タイヤサイズによるメリットは前途のとおりですが、デザイン的にもヘッドチューブ(前輪の真上の縦のパイプ)を長くデザインできるので、背が高くてスマートな印象になりますね。
このへんがtokyobikeらしいフレームデザインと言えると思います。
ちなみにヘッドチューブが長いと前カゴも付けやすいので、前カゴ&プロムナードハンドルなんかでユルめの街乗りカスタムに味付けしても可愛いと思いますよ。

関連ブログ記事