大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

ミニベロ専門店の一押しはCRAZYSHEEP Corriedal

CRAZY SHEEPのスタンダードなルックスのミニベロ「CORRIEDAL」
当店でもこのジャンルのミニベロの中では一番売れていて、僕自身も価格も含めて総合的に評価するといろんなニトに乗って頂きたい一番のおすすめ車種と思っているいるこのモデルについて改めてご紹介致しましょう。


ちょっと読み慣れない単語ですがCORRIEDALと書いてコリデールって読みます。
CRAZYSHEEPのモデル名はどれも羊に纏わる(品種とか)の名前でして、例えばキッズ向け自転車のMERINO(メリノ)とかはわかりやすいですね。
コリデールも羊毛を取ったりするのにも使われるみたいです。
そんなある意味牧歌的な感じもするブランドですが、実は実は・・・
奥に秘めた性能、とりわけフレーム設計の妙はなかなかのものです。


そもそもCRAZYSHEEPは現在の車種ラインナップになってからは京都のハンドメイドブランド「E.B.S」と共同で開発をしています。
ですので、コリデールに関してはE.B.Sのロングセラーモデルのミニベロ「Horizontal451」などのノウハウをたっぷり詰め込んで設計されているんですね。
実際のところ、ジオメトリ(←フレーム設計の角度寸法のこと)はかなり似ていますし、実はコリデールも少しずづ微妙にジオメトリを修正していて、Horizontal451にかなり近いものになっています。

僕の印象としては、ミニベロらしい乗り味の楽しい部分が最大に生かされたフレームだと思っています。
一般にミニベロは大きな車輪の自転車に比べると安定感が落ちると言われています。車輪が小さくなればジャイロ効果が薄れて姿勢を維持しようとする力が働きにくくなるので当然ですね。
でも、このコリデールがうまくできている点は、どこまで不安定になっても大丈夫なのかを知っている点なのかな、と思っています。この辺がCRAZYSHEEPとE.B.Sのノウハウですね。
自転車の挙動が不安定になるということは、言い換えれば機敏な動きが得意になるということ、これがミニベロらしい軽くて俊敏な乗り味の「ミニベロならではの楽しさ」に繋がっていると感じています。
具体的にはヘッドチューブの角度やトップチューブやリアセンターの長さ、素材の硬さなどいろんな要素が絡み合わさってこの乗り味を体現していますのでまさにアートの世界。僕の語彙力では説明不能です。

あとパーツ構成についても触れておきますね。
前途の通りフレームはとても優秀なので、その性能を余すことなく発揮できるパーツを・・・となると正直言って車両価格が倍になっちゃいますね。
変速系はShimano clarisを使ってフロントシングル×リア8速。
シマノのパーツの考え方は単純にデュラエースを最高位としてその廉価版、ということではなく低価格帯のパーツはその価格帯に見合った使われ方を想定しているので、少々メンテナンスが悪くてもしっかり動いてくれます。逆に上位グレードは走行距離に合わせてメンテナンスしながら最高の生のを引き出すのが前提です。そういう意味ではClarisグレードってとても安心感あって個人的には好きなパーツです。
変速レバーはあえてShimanoではなくてSunRaceのサムシフターを選択しています。見た目のちょっとレトロな感じも自転車の雰囲気に合っていますし、ハンドル周りのカスタマイズをした場合にもステム側にレバーを移動できたりしてなかなか使えるパーツなんです。
ブレーキ系はノーブランドなんですが、シンプルな見た目の部品なので全体的な自転車の美しさを損ねないいいバランスです。ノーブランドですがもちろん必要十分な性能は確保しています。
あと、コリデールのおすすめポイントのひとつでもあると思ってるんですが、ホイールが結構イケてます。
以前にもこのブログでご紹介したこともあるんですが、24ホール、アイレット付き、ポリッシュリムという仕様です。もうちょっと平たく言いますと、スポーク数が少なくて軽量なんだけどスポークにかかる負担(ミニベロは特に負担が大きい)を緩和する機構(アイレット)が付いた綺麗に輝くホイール。という意味になります。ぱっと見だけの美しさではなくて、限られた予算の中でちゃんと快適に使い続けられる性能のものだと思います。
その他はそれなり、と言いますか、予算の範囲内で見た目の綺麗なものを選んでいる感じです。
例えばサドルやグリップはお好みで変えてしまってもいいと思います、逆にホイールなんかは後から交換するにはそれなりの費用がかかってしまうので初めからきちんとしたものを付けている、パーツ選びにも意思を感じる、と言うと深読みしすぎでしょうか。。。

変速レバーはあえてShimanoではなくてSunRaceのサムシフターを選択しています。見た目のちょっとレトロな感じも自転車の雰囲気に合っていますし、ハンドル周りのカスタマイズをした場合にもステム側にレバーを移動できたりしてなかなか使えるパーツなんです。
ブレーキ系はノーブランドなんですが、シンプルな見た目の部品なので全体的な自転車の美しさを損ねないいいバランスです。ノーブランドですがもちろん必要十分な性能は確保しています。
あと、コリデールのおすすめポイントのひとつでもあると思ってるんですが、ホイールが結構イケてます。
以前にもこのブログでご紹介したこともあるんですが、24ホール、アイレット付き、ポリッシュリムという仕様です。もうちょっと平たく言いますと、スポーク数が少なくて軽量なんだけどスポークにかかる負担(ミニベロは特に負担が大きい)を緩和する機構(アイレット)が付いた綺麗に輝くホイール。という意味になります。ぱっと見だけの美しさではなくて、限られた予算の中でちゃんと快適に使い続けられる性能のものだと思います。
その他はそれなり、と言いますか、予算の範囲内で見た目の綺麗なものを選んでいる感じです。
例えばサドルやグリップはお好みで変えてしまってもいいと思います、逆にホイールなんかは後から交換するにはそれなりの費用がかかってしまうので初めからきちんとしたものを付けている、パーツ選びにも意思を感じる、と言うと深読みしすぎでしょうか。。。

そんなわけで、個人的にもお気に入りのモデルなので良いことばっかり書いてますが、もし良ければお店で実物を見てみてください。
サイズも3サイズ、460mmから560mmまでございます。
ご来店お待ちしておりますー。

関連ブログ記事