大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

E.B.S Leaf 451

京都の工房で、国産の素材を使用して、ハンドメイドで仕上げられるE.B.Sの自転車。
スポーツ車からカーゴバイクまで幅広く作ってる同ブランドの中でもコンスタントに売れ続けている街乗り自転車Leaf451です。

車名にある451というのはタイヤサイズのことで、旧来の20インチよりも少し(2インチ弱ほど)大きめのタイヤのことを指します。
走行性能を重視したミニベロでは近年よく使われるようになっています。
車輪径が少し大きくなって、タイヤ幅も少し細いので自転車全体のシルエットもスマートで綺麗に見えますよね。

写真のモデルはLeaf451のスタンダードモデルでカラーも標準設定の「ボルドー」。
国内生産なのでカラーはもちろんパーツ構成やフレーム加工までも全てオーダーできるE.B.Sですが、この写真状態が一番ノーマルになります。
全く手付かずの骨格だけの状態からパーツを決めてフルオーダーにするもよし、この写真の状態のまま乗り始めてみるもよしででございます。

とにかくこの細身で美しいフレームデザインが特徴です。
(もちろん機能や素材、技術に裏打ちされたものであるのは確かなのですが、そういう蘊蓄を語るのも野暮な気さえします。)
持ち物やライフスタイルにこだわる大人の女性に乗って頂きたいです。
きっと生活の一部に馴染んだ道具として長く使い続けてもらえると思います。

写真のボルドーの車体は148,000円ですが、値上がり前の車体(グリーン)もございますのでぜひ店頭でご覧になってください。

関連ブログ記事