大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

LINUS BIKEの取り扱いを始めました

久々に車輪の大きな自転車の話題です。
アメリカのおしゃれな自転車ブランド「LINUS(ライナス)」の取り扱いを始めました。
って先日ちらりとバッグだけ紹介したんですけどね。
ちゃんと車体も扱っております。

2009年カリフォルニアのベニスビーチでAdam McDermott氏とChad Kushner氏により誕生した自転車ブランドです。
二人は高校時代からの友達で、世界中を旅しヨーロッパやアジアのクラッシックなヴィンテージバイクににインスパイアーを受けました。
そして自分たちが住むアメリカにもこんな素敵な自転車があったらという思いから、ビンテージルックスだけど、モダンな機構を盛り込んだ自転車を作り上げました。


と言う訳でカリフォルニアのブランドですが、世界のビンテージ自転車の要素を取り込んだシンプルでおしゃれな自転車を作っています。

今回の入荷は「Roadstar Classic」のスレートカラーです。
クラシックなイギリスの自転車を彷彿とさせるルックスで男女問わず街乗りにオススメなモデルです。
写真の在庫車はSサイズで適応身長は150cm台半ば 〜 160cm台前半ぐらい方にちょうど良いと思います。
ホイールサイズがサイズによって異なりまして、Sサイズは26インチ。M・Lサイズは700cとなっています。
Sサイズを26インチにすることで見た目のバランスを崩さず、トップチューブが地面と平行を保ったままサイズダウンしていますので嬉しい配慮ですね。

とてもシンプルで綺麗なバランスですが、そのシンプルさに一役買っているのが、後ろのブレーキ。
リアハブの中にブレーキが入っている「コースターブレーキ」と言う代物です。
ブレーキレバーとワイヤーが必要なくて、ペダルを逆回転させるとブレーキがかかります。
コースターブレーキは握力が小さくて手も小さい子供でもしっかりと制動力が得られるので、キッズ用の自転車に使われることも多いですが、街中でうまく使いこなすには最初のうちはちょっと慣れが必要です。
とはいえ慣れればとても楽なのでなかなか面白いチョイスだと思いますよ。
ちなみにアメリカ本国では前ブレーキが付いていなくてワイヤーが1本もない本当にシンプルなのですが、日本では法律の関係でどうしても必要なので前はブレーキが付いています。

写真の在庫車だとオプションのフロントラックが付いていますが、こちらもLINUSの製品で、とてもシンプルな仕上げです。
そのままカバンを乗っけてもいいですし、ちょっとしたカゴを固定してもいい感じだと思います。

と言う訳で、新しく取り扱い始めたLINUSのご紹介でした。
このモデルだと価格は66,000円(税別)です。細部までこだわった作りなので、自転車屋視点でみてもなかなか的を得た価格設定だと思います。

関連ブログ記事