大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

コリデールのハンドルカスタム多数用意しました。

CRAZYSHEEP Corriedal(コリデール)のハンドル違いカスタム車の店頭在庫をご用意しました。
ハンドル交換カスタムのご依頼が多いコリデールなので、車両の在庫に余裕があるときはできるだけ先に作っておくことにしています。

まず、こちらがノーマルのコリデール。
ストレートバーが標準装備です。
このハンドルは幅51cm。じつは今店頭にあるどのミニベロよりも短いんです。
日本人の体格だとこれぐらいがちょうど良いと思います。この辺が「コリデールさん解ってるわー。」と思わせてくれるポイントです。
無駄に広いと疲れますし、乗ってる姿も綺麗に見えませんからね。小柄な女性ならあと1〜2cm短くカットしてみても良いかもしれません。

そしてこちらがブルホーン仕様。
NITTO製のブルホーンバーを少し先端をカットして、コンパクトで扱いやすく、ブレーキレバーも握りやすくしています。
ややスポーティな印象になりますので、サドルも合わせてBrooks カンビウムオールウェザーに変更しています。
ハンドル・バーテープ・ブレーキレバー・ブレーキワイヤー・サドルを交換してお値段90,000円(税別)はお買い得ですよね。
前回作った時の詳細はこちらに掲載しています。
今お店にあるのはMサイズ(510mm)のグレーです。

こちらはドロップハンドル。
これも当店ではすっかり定番で、コリデールのカスタム件数ではこのハンドルの組み合わせが一番多いと思います。
とにかく小さく作られたハンドルなのでストレートハンドルからの乗り換えでも違和感少ないですし、ミニベロのシルエットともバランス良いのでオススメです。
ポイントは、シフトレバー。
ブルホーンのカスタムも同じですがステムにシフトレバーを引っ越しています。
これなら新たにシフトレバーを用意する必要もないですし、ドロップハンドルにSTIレバーを用意するとそれだけで数万円のカスタム費用になっていますのでとても経済的ですね。
このカスタムも以前に詳細を紹介していますので、きになる方は是非ご覧ください。
本日時点の在庫はMサイズ(510mm)のチャコールです。

最後に。こちらは定番ではないのですが、ご提案モデル。
NITTOのEBS別注カモメバー「EBS-20」に変更しています。
手前に曲がっていて持ちやすいハンドルバーですが、主張の少ないデザインですのでコリデールのシンプルなデザインを邪魔しませんね。
ハンドル幅がやや広くなりますので、体格に合わせてカットしても良いかもしれません。

店頭の作り置きカスタム車は通常お受けするカスタム代金よりちょっとサービス価格にしています。
サイズが合えば即納可能ですし、他サイズでもお作りすることもできますので、”わかってる”メーカーさんが作った優秀なミニベロが気になった方は是非ご相談くださいませ。

関連ブログ記事