大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

ケミカル

年末の大掃除に。

年末の大掃除に。

ケミカル
クリスマスも終わりましたし、次はお正月ですね。日本人は忙しいです。 そしてその前に晴れて新年を迎えるために大掃除というのが日本全国の掟らしいです。 私もシクロクロスのレースで泥だらけにした自転車を1ヶ月放置したままなのでこの機に綺麗にしたいと思います。 と言うわけで、メンテナンスグッズをご紹介します。 今回は超初級編で基本のポリッシュ(ワックス)とチェーンオイルです。 空気は自分で入れるけど、自転車を拭いたりチェーンにオイルを注したりしたことがないと言う方、結構多いはずです。 私の敬愛する自動車評論家の三本和彦さんも再三仰ってました「クルマ好きなら月に一度は洗ってあげましょうよ」と。 自転車の場合は月に1度ではなくてもいいと思いますが、イヤイヤ乗っている訳でなければたまには拭いてあげてください。 まずは車体の目立つところから拭いてあげましょう。 何にも難しいことはないですよ、カークリームを布に取って拭いてあげるだけ。 昨日のブログで紹介した車両もこれで拭いています。 ちょっとこだわってピッカピカに仕上げたい方はクリーンイノベーターを使ってあげてください。 あとはチェーンに注油。 初級編としてはフィニッシュラインのドライルブ。スポイト式なので飛び散りにくく誰にでも扱いやすいと思います。 お店ではヴィプロスのレイキッシュを使ってます。 私は自宅にも常備していてかなり信頼しているオイルです。 初級編としてはこれぐらいで十分です。 泥だらけの自転車を1ヶ月放置している私が言うのもアレですが、普段からワックスがけと注油ができていれば自転車の寿命はぐっと伸びますし、フレームを拭いてあげることで、部品の歪みやネジの緩みに気づく事も多いので細かいところまで観察しながら拭いてあげて欲しいです。 要は健康診断みたいなものですね。病気の原因

こんなWAX使っています。。。

ケミカル
お客さんと話をしていたりで(初めて購入される方)よく聞かれる事の 一つで、「どんなメンテナンスしたらよいですか?」ってよく聞かれます。 まずはタイヤの空気!と出来たらワックスをしてください。 とお答えしています。 ブレーキや変速調整なんかは、う~ん?っと思ったら いつでもお店に来てくれたらよいので、まずは自分に出来る事で、 普段の作業をして頂きたいと思っています。 空気はまた後日という事で、本日は汚れたフレームや部品をきれいに してくれるワックス、そして油分なので保護膜にもなってくれるので、 塗装焼けや小キズからもフレームを護ってくれます。 普段お店で使っているワックスはご他聞に漏れず、大体のお店で 使われている普及率NO1かと思われるユニコーンワックス。 汚れが気になったら、 まずはいらなくなったタオルやTシャツの端切れに付けて、 後はフレームや クランクやハンドルなど ハブやDISCブレーキならリムも往っちゃいます。 リムブレーキはワックスは油なのでNGです。 お値段は525円。ワックスのお手入れをやっている人とやっていない人とは 大違い。キッチン周りと一緒でこびりついてから落とすのは難儀するので、 まずはメンテナンスの第一歩として自転車のワックスがけ如何でしょうか? そんなUNPEUは 大阪市西区土佐堀1丁目1-31 最寄り駅は京阪の淀屋橋・渡辺橋と地下鉄四つ橋線の肥後橋 大阪駅や北新地からも歩けます。 穏やかな天気の祝日の土曜日でした。 明日も楽しみにお待ちしています。 UNPEU