大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

Ternがやってきた!

これを書いてる自分でも意外なんですけど、Ternを新規お取り扱いはじめました。
そう、今まで扱ってなかったんです。意外と。。。

まずは手始めにCrest(クレスト)がやってきました。
アルミフレームの20インチ (451)ミニベロです。
変速は8段、この価格帯では珍しくシフトレバーがレボシフト(バイクのアクセルみたいに回すやつ)ではなく、ラピッドファイヤー(マウンテンバイクでは一般的な指先だけで操作するやつ)が使われています。ナイス。
まぁそんな細かいところは置いといて、まずは全体的な説明を。

とりあえず軽く試乗してみました。

僕の印象としましては、アルミフレームらしい反応のいいコンパクトなフレームが気持ちいい。という感じ。
Ternさんとしては「ROJI BIKE」という名称で”路地=ストリート”向けのコンセプトで設計されているので、本当にコンセプト通り、街で(路地で)乗って楽しい風味に仕上がってます。
アルミフレームの軽さと硬さに加えて、ちゃんとした数値は公表されていませんがリアセンター(クランク軸から後輪軸までの長さ)を短めに、BBハイトを高めに設計されているのがいい味付けになっていると感じました。
要するにピスト的な設計という事ですね。
そんな乗り味のCrestなので普段の足として、気軽に使うにはとても気分がいい一台だと思います。価格もいい感じに抑えめですしね。(税別51,000円です)

剛と柔のバランス。

他のTernのミニベロも同様なんですが、フロントフォークがタイヤサイズに比べて長めにしてあります。
Manhattan社のミニベロも同じようなデザインになっていますが、フォークのしなりを生かして乗り味の硬さのバランスをとるアイデアですね。個人的には嫌いじゃない方式です。
加えてCresutの場合はフレーム本体がアルミなのに対して、フォークはスチールです。この辺りも乗り味が硬くなりがちなアルミフレームを上手い具合にスチールフォークが調整しているようにも思います。

せっかくなので、ちょいカスタムがおすすめです。

ちょっと深掘りしすぎな観点で紹介しましたが、なんだかんだ言いながら実際のところCrestを含めTernのミニベロの良さって格好良さだと思います。
小細工なしに直球で格好いいフレームデザインです。
なので細部のパーツをちょっと変更するだけでさらによくなると思います。
僕がやるなら、ちょっと多すぎのヘッドスペーサーを減らして、その分アップライズしたハンドルバーに変更します。幅はわざと長めがいいですね。60cm強ぐらいとか。
グリップも元々は気持ちいいエルゴ形状のものがついていますのでもったいないですが、シンプルな丸いものにして、サドルをもうちょいストリート感あるもの(Turbo系な感じで)にするといい感じじゃないでしょうか。
ついでにワイヤーの色も変えたいかな。。。。。などなど妄想が膨らみます。
もしCrestご購入検討中な肩がいらっしゃいましたら店頭で一緒に悩みましょう。
お待ちしております。

このブログを書いている時点での在庫はライトブルー(500mm)とマットブラック(460mm)の2台です。
ご検討くださいませー。

関連ブログ記事