大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

まさにハンドメイドの魅力が詰まったE.B.S Float451S

みなさま地震の経経過はいかがでしょうか?
当店は特に被害もなく通常運転しております。

そんな折、塗装工場から届きましたのがこちら、E.B.SのFloar451Sでございます。
今日届いたということは、地震のその日にもお仕事されてたんですね、ありがとうございます。

色はRAWフィニッシュという金属の素地にクリア塗装をしただけの仕上げにしています。
ただそれだけではつまらないのでシートステーの集合ラグのみに色を着けてみました。

RAWというのは、直訳すると”生”とか”生地”という意味で、このフレームも金属の生の質感を感じさせる仕上げになっています。
正確には、まず溶接が終わったフレームを磨いてから艶のあるクリアーでコーティングしています。ほんとうに生のままだと錆びますもんね。。。
ですので、溶接の際に用いるロウの金色がところどころに見え、パイプ表面の鉄の質感など、手作業で作られるフレームの息使いが感じられます。

サイズはSとMがそれぞれ1本ずつで、Sのほうは渋みのある赤(ボルドー色)で、Mのほうは濃い目の緑(ブリティッシュグリーン)でラグ1か所のみ塗り分けています。抑えが効いてて渋いチョイスだと思います。
Float独自のフレームデザインもあって、全身RAWでも相当な存在感があるのですが、一部を塗り分けにすることで既製品にはないカスタム感というか、色気があるというか・・・店頭で実物を見ていただけると良さをわかって頂けると思います。

なんだか色の話に終始しましたが、今までの組み上げた事例やFloatの特徴については過去のブログをご覧いただければ幸いです。

このフレームは今後、組み上げて完成車の状態にして店頭に並ぶ予定ですが、今すぐお声掛け頂ければフレームのみでの販売も可能です。その場合はフレーム+フォークで14万円となります。
もちろんお好みの仕様で組むこともできますので、早めにご相談ください。

関連ブログ記事