大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

ミニベロにピッタリなフロントバスケット「WALD 1352」

街乗りライフスタイル系のミニベロが大得意な当店。
もちろん実用的アイテムとしてのフロントバスケット(前かご)のご用命もたくさん頂いております。

最近の個人的ビッグヒッツとしましてはこちらの「WALD 1352」でございます。

アメリカはケンタッキー州で1905年からバスケット一筋で作り続けているWALD社の製品は以前から当店でも定番アイテムとして扱っていましたが、本日ご紹介はそんなWALDさんの今まで国内入荷していなかった製品で今までより深型で実用的になっています。

今までの定番はWALD 137

今までの定番モデルはWALD 137というちょっと浅めのバスケットで、バスケット、というよりはフロントラックに柵がついている、といった感じのものでした。

ワイドサイズの139というのもあります。
浅めの137に荷物をてんこ盛りにして、ネットやゴム紐で留めるというのがとても可愛い使い方なのですが、実用面を考えるとママチャリみたいな深いカゴが便利なのは致し方ないところでした・・・

WALD 1352はミニベロに最適なのです。

今回ご紹介のWALD 1352は137に比べると深さが約2倍。
137のように荷物が転げ落ちる心配はありませんね。
そしてミニベロ専門店としてこれをオススメする理由がちゃんとありまして・・・

ミニベロってどうしてもハンドルからタイヤまでの距離が長いので今までのWALD137だとどうしてもちょっと高めの位置に付ける事になってタイヤの上に空間が出来てしまいます。
これはこれでWALD独特の太めの足がいい感じですし、バランスを微妙に崩す感じがカスタム感があって悪くない組み合わせなのですが、スマートさ重視の見た目でカスタムしたい時にはちょっとクセが強すぎるのです。
そんなわけでWALD 1352はミニベロ特有の事情に合っていて最良のバランスとなるのです。

実は価格も良心的で取り付けも簡単。

こちらのWALD 1352、価格は5,000円(税別)です。
他メーカーのバスケットだと5000円以上のものがほとんど(←当店の場合)で、さらに取り付けブラケットや足を買い足す必要がありますが、WALDの場合は全部セットになっています。

さらに取り付けも簡単なので、本体と足をつなぐネジ(場合によってはスペーサーも)があればDIYでも比較的簡単に取り付けできます。
お持ちの車種に取り付け可能かどうかはご相談ください。
浅いタイプもワイドタイプも各種取り揃えてお待ちしております。
是非店頭で試着してみてください。

関連ブログ記事