大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

TYRELL

試乗会の前に、Tyrell「スラントフレーム」のお勉強

試乗会の前に、Tyrell「スラントフレーム」のお勉強

TYRELL
今週末、10月27・28日に開催のTyrellとMOULTONの試乗会。どちらもフレーム構造が3次元的で複雑な作りなので、この2社を乗り比べてミニベロならではの自由な設計思想に触れていただきたいと思っています。 そんな折、Tyrellさんからメールがきました「今回はモールトンとの比較試乗会との事でしたので、スラントフレームについての解説書を添付しております。」と。有難い事です。 で、頂きましたのが「Tyrellスラントフレームテクノロジー解説」という7ページに渡る資料。ご興味あある方は試乗会でお見せしますのでお声がけくださいね。 資料の内容でもっとも強調されていたのが”ヘッド周りの捻り剛性”でした。ちょっと解りにくいかもしれませんが、大雑把にいうとハンドルをギュッと強く握って、強くペダルを踏み込む姿をイメージしてみてください。もしハンドルやフレームがゴムみたいに柔らかかったらグニャっと曲がっちゃいますよね、そうならないようにフレームを固くする指標が”剛性”というキーワードです。Tyrellのスラントフレームの場合、フレーム全体の中でも特にヘッド周り(この場合フレームの一番前の縦のパイプ周辺一帯を指すと考えた方が解りやすいですね)の剛性という点で、そのメリットがあるとしています。ミニベロの場合、ヘッドチューブが長くなりますので、フレームの前半分が構造的に安定して固い三角ではなく台形に近い形になってしまい、漕ぐ力を伝える上で重要な前半分のフレーム剛性が落ちやすい構造になってしまいます。そこでTyrellのスラントフレームでは、下の図のように横から見て2つの三角(赤い線)と上から見ても1つの三角(青い線)をヘッドチューブに隣接することで、ミニベロの弱点であるヘッド周りの剛性を飛躍的にカバーしている訳ですね。 僕もまぁ一応自転車屋なのでフレ
10/27(sut)・28(sun) MOULTON & Tyrell 試乗会

10/27(sut)・28(sun) MOULTON & Tyrell 試乗会

EVENT, Folding, MOULTON, TYRELL
モールトンの提唱する「スペースフレーム」、タイレル の提唱する「スラントデザイン」 どちらも走行性能の為に「剛性」をキーワードにそれぞれ独自の理論を持って設計されています。デザイン面だけでなく、その設計思想においても共通項を感じさせる、英・日、二つのメーカーを乗り比べてみませんか? 以下、それぞれのホームページより抜粋しました。 スペースフレーム:他の乗り物も同じですが、自転車においてもフレーム強度は、そのパフォーマンスを決定する上での需要項目です。水平方向の頑固さは特に重要で、柔なフレームは乗り手のエネルギーを消耗させてしまいます。強固なフレームは正確に車輪を回転させることができ、確実なロードホールディングとコーナーリング安定性に寄与します。ユニークな形をしたモールトン車のスペースフレームは、細径のパイプを高度な技術により格子状に組合わせ、通常のダイアモンドフレームに比べ、遥かに堅固な強度を持っています。http://www.dynavector.co.jp/am/history/product.php スラントデザイン:この印象深く、見る人をひきつけるシルエットは、デザイン上だけでなく、ミニベロ独特のフレームワークを研究し、長いヘッドチューブまわりの剛性を高めつつ、フレーム全体の強度をアップさせることに貢献。そして、走行性に関係するフレームジオメトリーについては、トップチューブ等の低重心化を図り、ホイールベースの寸法を最適化しています。さまざまな視点から深く洞察し、クリエートした最高のフレームが、スラントデザインなのです。http://www.tyrellbike.com/concept/ フレーム素材やサスペンションの有無、開発背景の違いなども比べれば比べるほどに面白いこの2メーカー。エンジニアの気持ちが詰まったハイエンドミニベ
お買い得仕様のTyrell FX 即納可です。

お買い得仕様のTyrell FX 即納可です。

Folding, TYRELL
そろそろ梅雨明けでしょうか?(関東地方はもうしたとかしてないとか?) そんな日にぴったりの爽やかカラーのFXをご紹介します。 カラーはターコイズ、ギヤ周りはSimano Tiagraを使った10速(フロントシングル)でホイールはTyrell AM3と言った標準的かつ即戦力な仕様であります。 が、しかし。 タイヤだけSCHWALBE(シュワルベ ) 1( ワン)が付いています!しかもお値段は通常のまま(189000円+税) シュワルベ ワンはタイヤだけで前後で22,000もしますので、かなり大きいと思います。 ちなみに標準仕様のタイヤ「シュワルベ デュラノ」は2本で6,800円です。 自転車の乗り味が一番変わるのがタイヤの交換ですので、初めからミニベロ用タイヤの最高峰「シュワルベ ワン」が試せると言うのはなかなかいいでしょ? もちろん2台限りのご提供です。 この夏は折り畳み自転車でしまなみ海道とか言ってみたいなー、とお考えの方、 いいチャンスだと思いますよ。写真映えする綺麗なカラーのFXで行ってみませんか?  
Tyrell AM-9 + Schwalbe ONE

Tyrell AM-9 + Schwalbe ONE

Custom, TYRELL
お客様からのオーダーで入荷しました、Tyrell AM-9ホイールセット。 お客様からは、走行性能アップを命題にご相談いただきまして、このTyrell AM-9 + Schwalbe ONEという組み合わせに着地しました。 手組みホイールも多いミニベロカスタムホイールの世界ですが、完組みホイールにはやはり完組みにしかできないスペックがありますので、オーダーいただきましたこのタイミングをお借りしてご紹介おば。と思いブログを書き始めたものの・・・・書くべきことが多すぎて収集がつきません。。。。 細部まできちんと紹介したいのですが、泣く泣く1箇所だけ紹介しますと。 リムが良いです。 無駄に重くなくて扱いやすい28mmハイトですが、嬉しいのはニップル内装タイプという点。 ニップル穴が小さい=リム剛性が高くなる、という誰にでもわかる単純明快にして効果的なカラクリです。 さらにT型ヘッドのスポークと左右異径フランジのハブで効果的でバランス良いスポーク張力を発揮できます。 こういった各部品の組み合わせによるバランスの妙はやはり完組みならではという所ですね。 本当はもっと説明したいのですが、長くなるのでこれぐらいにしときます。。。 一つ一つ部品を吟味して作り上げる手組みも楽しいですが、簡単に短納期で手に入る完組みも絶対的な性能差があります。 700cに比べてミニベロの場合は1.4倍近く回転しますので、ホイールのアップグレードは間違いなく効果アリです。 お乗りの愛車を進化させたい方はご検討くださいませ。
【画像追加】Tyrell FX限定モデル予約受付開始!

【画像追加】Tyrell FX限定モデル予約受付開始!

Folding, TYRELL
こんにちは。実は折り畳み自転車も得意なナカです。 標題の通りTyrell FXの限定モデルが発表されまして、ご予約受付開始でございます。 Tyrellさんのホームページを検索すると「ロードサイクルブランドのニューカマー」と出てきますが、そんなTyrellさんもはや10周年。ちなみに当店も10周年。そんな仲で古くから仲良くさせていただいるTyrellさんから春の限定モデルのお知らせです。 FXについてももう8年目?ぐらいだと思います、今ではすっかり折りたたみミニベロの定番モデルとして折りたたみ自転車を検討中の誰もが一度は検討する1台になってますね。 今日のブログではその他の折りたたみとは一線を画す走行性能と折りたたみ性能のバランスの良さは一旦置いときまして、限定モデルのご案内でございます。 完成車は2カラー×2仕様 まずはカラー。 こちらがホワイト&レッド こちらはシャドーブラック 全く雰囲気の違う2カラーが用意されましたが、どちらも間違いのない配色である事は間違いないです。 ホワイト&レッドは一見派手ですが、ミニベロはこれぐらい勢いがあったほうが絶対映えます。 もちろんツーリング先で写真にとっても周りの景色に埋もれないのでインスタ映えもします(笑) シャドーブラックはまぁ説明不要ですね。誰が乗っても。何処へ行ってもキマる色です。 画像ではグレーとブラックのツートンみたいに見えますが、説明するためにこうなっているだけで、マットブラックとグロスブラックの黒×黒のツートンです。絶対カッコイ良いやつです。間違いない。 続きまして仕様です。 フラットバーのShimano Tiagra(2×10Speed)とドロップハンドルのShimano 105(2×11Speed)の2種。 ですが、ホイールは上位グレードのAM-10plu
SuperlightSportFoldingBike「Tyrell/FX」。。。

SuperlightSportFoldingBike「Tyrell/FX」。。。

TYRELL
軽量・高剛性・折畳時のコンパクト性に優れたスポーツフォールディングバイク として評価の高い四国讃岐Brand「タイレル/FX」 休日・連休を含めた輪行LongRideに最適な1台です。 購入時・購入後Dropハンドルに変更も可能です。 ロードレーサー・MTBのセカンドバイクとしてもおススメです。 Brand:Tyrell Model:FX Price:189,000Yen+TAX
Tyrell IVE 入荷してます。

Tyrell IVE 入荷してます。

Mini velo, TYRELL
先日店頭にあったシルバーが旅立って行きましたので、新しい在庫車が届きました。 今回はちょっと渋めな「ワインレッド&ダークグレー」です。 男女問わず人気のカラーです。 IVEの面白いところは、前フレームがきちんと三角形なところ。 フレームを三角形で構成して強度を確保するというのはもう100年以上前から当たり前のこと、基本をきちんと踏襲してタイレルらしい、折りたたみのために走りを極力犠牲にしないデザインになっています。 また、ペダルとハンドルからのいろんな方向の力を受ける前フレームに折りたたみ機構を設けないということは、ヒンジ(折りたたみのための関節)への補強が少なくて済み、重量にも影響してきます。 そんな訳で、Tyrell IVE在庫ございます。 只今、店長が整備中ですが、このブログをお読みいただいている頃には完成して、即納可能かもしれません。 ご注文お待ちしております。
Tyrell CSIご納車させていただきました。

Tyrell CSIご納車させていただきました。

Mini velo, TYRELL
ヒャ。って声が出そうなぐらい軽いです。 Tyrell最軽量モデルのCSIご納車させていただきました。 カタログ値ではフレーム重量が2,150g、完成車重量は7.5kgとミニベロ界ではかなり際立った軽さのCSIですが、上記の重量をみて、俺の超高級ロードバイクの方が軽いじゃん。と思ったあなた。侮るなかれ。 このCSI、”体感的な軽さ”がものすごいです。 小径なので車両がコンパクトです。まずは手にした時の重量バランスが非常に軽く感じます。 そして走り出すと小径ならではの漕ぎ出しの軽さ。 グッと踏んだ瞬間にロードバイクとは次元の違う立ち上がりの反応を見せます。 これだけでもう十分楽しめますが、敢えて激坂とか登ったら楽しいだろうなーと思います。 今回ご納車させていただいた車両はホワイト&レッド。 Tyrellの場合、ご注文の際にサドルやバーテープ色をブラックかレッドで選べるのですが、ここは当然レッドで統一。それぞれのパーツにTyrellのロゴが入っているのでスペシャル感ありまくりです。 さらにホイールのグレードアップもお取り寄せ時に差額だけで対応してもらえるので、こちらも上位モデルAM-9に。 700cのロードバイクのようにとんでもない価格のプロ仕様が存在しないミニベロ界ですので、迷わずアップグレードで間違いないと思います。 こちらのCSIですがメーカー側の在庫が残りわずかとのことです。(おそらく他の色はもう手に入りません) この重量スペック以上の体感的な軽さを感じてみたい方はお早めにご相談くださいませ。
TYRELL

TYRELL

Recommend brand-2, TYRELL, ブランド紹介
Tyrell(タイレル)は、2004年にアイヴエモーション社・代表の広瀬将人により設立された日本ブランド。 自分の能力や気分に合わせて、行動範囲を決め、風の匂いを感じながら自然や風景を楽しむことができる、自由な乗り物「バイク」の魅 力を伝えたい・・その意思をかたちにして、人々に届けたい・・これがタイレルの生まれた背景です。 私たちは、人力のみで操るシン プルな乗り物・バイクの持 つ固有の価値に磨きをかけ、多くの人にその魅力を伝播したいと考えています。そして、デザイン性、機能性、独創性を高いレベルで融合したミニベロのデザイ ン・製造を通じて、バイクライフの楽しさや喜び、感動 を多くの人々に伝えることがタイレルの基本理念です。 私たちのモノづくりの活動が人々に支持され、地域や人、文化をつなぐ架け橋となることが、タイレルの ゴールでありミッションであると考えています。 新着情報 >>その他のTyrell新着情報はこちら
Tyrellの「IVE」、2台揃いました。。。

Tyrellの「IVE」、2台揃いました。。。

Folding, TYRELL
「作りが丁寧で、細部まで気配りが行き届いている。。。」 最初にそういった印象を受けた折畳み自転車です。 Tyrell 「IVE」  148,000Yen + TAX (リアキャリアはオプション/9,000Yen + TAX) 今回の入荷分は「シルバーメタリックxマットブラック」 リアフレームは艶消しのブラック。 Fフォークも、定番な配色ですが、機械感を感じられるカラー。 オプションのリアキャリアもマットブラック。 シールドベアリング入りのキャスターも元から付属。 折畳み時の安定感は言わずもがな。 また取り付けて折畳んでも、未装着時とほとんど高さが変わらないのでありがたい。。。 こちらは初回に入荷した「ワインレッドxダークグレー」 こちらもオトナな色合いで永く付き合えそう。 乗り味はホントに至って普通。 ただこれだけのギミックで普通の乗りやすさを実現させたのがすごいところ。。 年配のかたや、小径車に乗りなれていないかたでも軽々乗れると思います。 秋の行楽時期はもう過ぎてしまいましたが、、、 年末年始の旅のお供に。 さらにその先の春のいろいろなイベントに。 いかがでしょうか? 商品についてのお問い合わせは メール:up@velolife-unpeu.com 電話:06-6616-9200(11:00~20:00) まで。 UNPEUは 大阪市西区南堀江3丁目3-4 ※毎週木曜定休 最寄り駅は 地下鉄千日前線「桜川駅」 地下鉄長堀鶴見緑地線「西大橋駅」 各線なんば駅(少し距離あります、、、) ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしています。