毎日営業しています!大阪・南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

Mini velo

大事にすれば。。。

BRUNO, Mini velo
UNPEUがオープンした年、 5年前にお買い上げいただいた初期のBRUNO「Mixte」 何度か消耗したパーツの交換やメンテにお越しいただいていて、 今回もリアタイヤの交換でご来店。 「ほかのダメになってる部分も交換しといて下さい」 とのことでしたので、動きの悪いブレーキワイヤーなども交換。 そして清掃。 きれいになりました。 たぶんお仕事先の都合上、野外での保管かと。 チェーンも錆びて、5年間の使い込まれた汚れが染み付いていました。 メカ系も動きが悪かったですが、注油してやれば十分使えました。 初期のMixteはフロントWギア。 シフターはWレバー。ヘッドチューブに付いていました。 ハンドルは早い段階で変更していて、オーソドックスなマース型のドロップ仕様。 タイヤはノーマルタイヤがダメになった時点で、よりクッション性の高いファットタイヤに変更。Schwalbeの「BigApple 20x2.00」 現行のモデルだとこのサイズはムリかもですが、標準の20x1.50から1.75に変えるだけでもだいぶ変わります。 お店の仕入れなんかに使うとのことでしたので、リアにはRixen&Kaulのエクステンダーを装着。 確かお使いのバッグは「マッチパック」かなり使い込まれて色あせてますが、まだまだ現役。 かわいらしい街乗り用のフレーム設計ですが、ドロップハンドルで太いタイヤが 入っていると、とてもバランス良く見えます。 サポートレバーもあるのでドロップハンドルでも楽な姿勢はとれますし、 実際に街中をちょろちょろするなら段差などに対応しやすい太いタイヤのほうがいいですね。 カスタムの構成もいいのですが、やはり実用的に使い倒して、消耗したパーツは交換して 長年乗っていただいているのを見ると感慨深いです。 今のっている自転車にさほど愛情を感じていなくても、壊れたりなくなったりしたら 困り

鈍色に輝くのが入荷してきました。

BRUNO, Mini velo
待ちに待ったコヤツが入荷してまいりました。 B-ant 「Rord 406 Steel」 ・・・ ¥79,800- BRUNOの兄貴分として今年から登場した「B-ant」。 先行して入荷していたのはトラス構造フレームのVentura系でしたが、 ようやくスタンダードフォルムのものが入ってきました。 飽きのこないフレーム形状に、高級感あふれるCPフィニッシュの Chrome仕上げのフレーム。 フロントフォークは上位モデルの「Ventura451 Steel」と同じ3ピース構造の 独特な形状。タイヤはBRUNOの初期に使われていたブラウンサイド。BRUNO現行モデルに装着されているテラコッタ(ブラウン&クリームサイド)より確実に似合います。ナイスチョイス。 サドルは定番BROOKSの「B-17 AGED」Aged加工、いわゆるユーズドっぽい加工をしてあるので革サドル独特の固さが少なく、最初からなじみやすくなっています。 ブレーキはBRUNOの20Roadと同じカンチブレーキですがなぜかシマノ。シクロクロス用の高性能カンチがリリースされたのでもうないかと思っていた品。 まだあったんですね。。。 でもBRUNOについてるのよりかは高性能。 フレーム素材は「日本製軽量高強度スティールチューブ」 ドライブトレイン系はBRUNOの20Roadとほぼ同スペックながらも、 素材・カラーにこだわり、革サドルまでついて¥79,800-は安い。あっぱれです。 今回の入荷は1台限り、次回はまだ未定。。。。 早い者勝ちですよ- 在庫状況などのお問い合わせは  up@velolife-unpeu.com  06-6445-2602(11:00~20:00) まで。 UNPEUは 大阪市西区土佐堀1丁目1-31 最寄り駅は京阪の淀屋橋・渡辺橋と地下鉄四つ橋線の肥後橋 大阪駅や北新地からも歩けます。

Carradiceのバッグ。。。

BRUNO, Mini velo
先日カスタムでもご紹介した「B-ant」 ・・・ 詳細はコチラ アルミフレームのハイエンドモデル「a451S / RAW」が再入荷です。 ハンドル位置は比較的高めで、ドロップハンドルといえどもゆったり快適な 乗車ポジション。 日帰りのちょっとしたツーリングにはもってこいではないでしょうか。 そんな1dayトリップのツーリングだとやはり荷物がつきもの。 そこでこんなのはいかがでしょか? 70年以上の伝統を誇るイングランドの老舗バッグメーカー Carradice(キャラダイス)の「SQR SLIM」・・・¥15,540- ・サイズ/H26xD29xW15cm ・容量/16L ・耐荷重/10kg ・素材/コットンダック ・SQRアタッチメント付属 a451S の場合、リアエンドにはキャリア用のダボ穴が付いてるのですが、 シートステーのほうにはありません。 また衝撃緩和のための「ソフトテール構造」(下の画像)のため、BRUNOの20ROAD のようにシートクランプ一体型のダボも使えません。 シートステーに別売りのバンドでキャリアステーを固定する方法もありますすが、 なんかごちゃごちゃつけるもな~と。 「そんなときにはシートポスト直付けでしょ。」 てゆう感じで今回おすすめするこのバッグ。 シートポストに専用のSQRアタッチメントを取り付け。簡単です。 これにバッグをワンタッチでカチャリ。 SQRとは「シートポストクイックリリースシステム」の略です。 全体像はこんな感じ ミニベロのデッドスペースであるシート下と後輪の間をきれいに埋めてくれます。 リアの菱形のCarradiceマークはもちろん反射素材。 泥や水が跳ね上がるであろう底面中心部分には樹脂のガードが縫い込まれてます。 細かいとこも考えられてます。 中身は割り切ったほぼ1ルーム。小物を入れるためのジッパー付きのポケットが一つ

Moulton/TSR-9FrontBasket。。。

Mini velo, MOULTON
何とか昨年末にお待たせしていたTSR9のFrontバスケット納品されて、無事御取付完了。 趣味性の高いモールトンに実用的なカゴをつけるとどうしても、残念になってしまうので、 出来るだけ、フレームの雰囲気を損なわないように、意匠・パイプ径等考慮して製作しております。 形状はD型、1個1個ロウ付け・手噴きの焼付け塗装です。 カラーはグロスブラックとブリティッシュグリーン。 メッキなら艶なしのダルメッキが対応可能です←すっきりしてキズに強いので実用的です。 取付けた立ち姿も問題ないかと思います。 お気に入りのトートバックやドクターバックなど載せてもらえたらよいと思います。 御値段は24,800円。国内ハンドメイドではかなり頑張っている金額だと思います。 ただ、いつも納期でご迷惑お掛けしております。そう、E.B.Sの工房でフレーム製作の合間に手が開いた時にしか製作出来ないので、いつも2-5個しか上がって来ないのです。 お買い物や春に向けてのピクニックなど気になる方はお早めに(既に通販でバックオーダーで次回分も締め切り間近)。次の製作はスイマセン2月か3月予定です。上がるのはその一ヵ月後かと思います。 気になる方はコチラからお問い合わせ下さい。 在庫状況などのお問い合わせは  up@velolife-unpeu.com  06-6445-2602(11:00~20:00) まで。 UNPEUは 大阪市西区土佐堀1丁目1-31 最寄り駅は京阪の淀屋橋・渡辺橋と地下鉄四つ橋線の肥後橋 大阪駅や北新地からも歩けます。 ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしています。

モールトンTSR9用Frontバスケット。。。

Mini velo, MOULTON
年内ギリギリにTSR9用のバスケットが工房から入荷、明日塗装屋さんがPickUp して頂いてなんとか年内ギリギリでオーダーのお客様にお渡しできる感じ (お休みやなのにPickUp無理なお願いしていつもスイマセン。。。)です。 その中で1個エスプリ用、一応塗装前に位置確認をさせて頂いて塗装です。 全体像はこんな感じ 取り付けたらこんな感じ 抜群に便利になりますよー。もし気になる方はコチラ そんなモールトンに似合う、こちらもクラフトシップ溢れるパーツ、「ホワイトインダストリーズ」 も入荷。 キラキッラな、かなり刺激される雰囲気、勿論中身もパキパキです。 シールドベアリングやマシニングがドンドン向上されてスモールファクトリーでもメジャー に対抗しうるこんな逸品を作れるんでしょうね(勿論作り手のセンスと情熱が必要なのは 言うまでもなく)。 新型のロードhubも入荷 取付けるとこんな感じ(写真はH3) クリスマスを迎えてほんと年末一直線ですねー 2012年最後のご来店楽しみにお待ちしておりまーす。 そして「クリスマスB&Bキャンペーン」は25日まで。 在庫状況などのお問い合わせは  up@velolife-unpeu.com  06-6445-2602(11:00~20:00) まで。 UNPEUは 大阪市西区土佐堀1丁目1-31 最寄り駅は京阪の淀屋橋・渡辺橋と地下鉄四つ橋線の肥後橋 大阪駅や北新地からも歩けます。 ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしています。                          UNPEU

TSR-9カスタム。。。

Mini velo, MOULTON
UNPEUの少し定番なTSR-9のカスタム、街中を主体に使われている方にお薦め しているのがこちらのカスタム、 フラットバーより持ち手の自由度が高いブルーホーンハンドルと 効果的なカスタムの、足回りのアップグレード。 純正のホイルのまま乗られている人は、ほんと勿体無いですよー、 ルックス的には地味ですが、効果はもっとも大きいです。まずはホイルだけでも! 確実に走行感は変わります(まあ、それだけ純正ホイルは抑え気味ではあるのですが)。 もっと軽快に走りたい、通勤で使いたい、荷物を載せれるようになど、自転車を購入して からはじまる自転車LIFE、よろしくご相談ください。 商品についてのお問い合わせは  up@velolife-unpeu.com  06-6445-2602(11:00~20:00) まで。 UNPEUは 大阪市西区土佐堀1丁目1-31 最寄り駅は京阪の淀屋橋・渡辺橋と地下鉄四つ橋線の肥後橋 大阪駅や北新地からも歩けます。 ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしています。                          UNPEU

漆黒のGIOSです。

GIOS, Mini velo
秋本番です。 秋ににこの言葉はどうかと思いましたが、、、思い浮かんだ 言葉はそのまま吐き出してしまいます。 続々と? NEWモデルが入荷されてきてBLOGの更新が 滞っておりました。 こちらはNEWモデルとは違い継続モデルですが、それだけ根強い 人気のGIOSのミニベロ。 ・GIOS 「FELUCA」(フェルーカ)・・・¥81,900- 今回の入荷はご予約分のGIOSブルーとブラック。 ブルーは今日乗って帰られました。 写真撮り損ねた。。。 しかしこちらは在庫でございます。 GIOSのブラックは渋いです。 メインコンポは変わらずSHIMANOの「SORA」ですが、 このSORAがシルバー色からブラックに変更されてるので、 黒光りしたフレームにベストマッチです。 遠くから見るとゼブラっぽいバーテープはGIOSロゴ。 サイズは510と480. カタログ表記では。。。 実際にはなぜか520と490(センター/トップ)でした。 なぜ? 今なら2サイズとも在庫しています。 他のカラーもメーカーストックがまだあるようですので 取り寄せ手配可能です。 「売り切れたら次はないです」というものではなく 待てばいずれ入ってきますが、間が数ヶ月空くこともしばしば。 アンテナにひっかかったならお早めに。 お問い合わせは  up@velolife-unpeu.com  06-6445-2602(11:00~20:00) まで。 UNPEUは 大阪市西区土佐堀1丁目1-31 最寄り駅は京阪の淀屋橋・渡辺橋と地下鉄四つ橋線の肥後橋 大阪駅や北新地からも歩けます。 ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしています。                          UNPEU

GIOSのNEWモデル

GIOS, Mini velo
またもや展示会でみてきた情報を。 根強い人気を保っている「GIOS」 人気を保っているからなのか、ここ数年ミニベロには大きな変化も なくほぼ継続。 変わらずに人気を保ち続けているところはスゴイです。 なので来期もほとんど変わらず、SHIMANOのコンポが変われば 同じく変わるといった具合で、PANTO・FERUCA・MIGNONなどは 変更なし。 ステムのトップキャップが変わったぐらいでしょうか。 そんな中、期待のルーキーが登場! 期待されてるのか? 期待しましょう! MIGNONとANTICOのあいだに分け入る 「ENRICO」 (エンリコ) ・・・¥69,090- フレームはMIGNONと共通ながら、細かなパーツが グレードアップ。 このグレードアップ部分を大きな違いとして体感できるかどうかは 別として、街中でよくみかけるようになったMIGNONとの差別化を 図るには良いかな、、、と カラーは潔くGIOS BLUE オンリー 前三角・3辺の胴抜きホワイトが違いを物語ってくれます、たぶん。 ご予約などのお問い合わせは  up@velolife-unpeu.com  06-6445-2602(11:00~20:00) まで。 UNPEUは 大阪市西区土佐堀1丁目1-31 最寄り駅は京阪の淀屋橋・渡辺橋と地下鉄四つ橋線の肥後橋 大阪駅や北新地からも歩けます。 ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしています。                          UNPEU

真っ白なTSR-9です。

Mini velo, MOULTON
昨日、チラッと箱だけご紹介した分の中身を。。。。 Alex Moulton 「TSR-9」(分割)/ホワイト ・・・ ¥249,900- 綺麗です。 通常、白系のカラーは膨張して見えてクロモリの細いフレームには もったいない感があったりするのですが、 全くそんな感じにみえません。 やはりトラスフレームのなせる業か。。。。 写真はドノーマルの状態ですが、カスタム意欲を湧かせるカラーですね。 どんなカラーパーツも受け入れてくれそう。 定番的なのは革サドル。 革サドルや革バーテープ、グリップなどもカラーバリエーションが多くなって きたので、少し遊び心をもったカラーのモノをチョイスしてもおもしろいかも。 (左)Coltのターコイズで爽やか系に (中)B-17のマンダリンでキレイなコントラストにしても。 (ハニーブラウンではないです、少しオレンジがかってます) (右)B-17のグリーンで少し渋めにしてもOK。 プロムナードハンドルに変更して革サドル・革グリップ、スタンド付けて ゆったり仕様もいいですし、 ドロップハンドルでパーツはブラックに統一も良し。 純白のフレームがさらに際立つかもです。 あいかわらず次の入荷予定などはまったくの未定、というか不明。 TSRの気に入ったカラーは「ある時にGET」が1番です。 お問い合わせは  up@velolife-unpeu.com  06-6445-2602(11:00~20:00) まで。 UNPEUは 大阪市西区土佐堀1丁目1-31 最寄り駅は京阪の淀屋橋・渡辺橋と地下鉄四つ橋線の肥後橋 大阪駅や北新地からも歩けます。 ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしています。                          UNPEU

便利なヤツの続き。。。

Mini velo, MOULTON
以前ご紹介しました。 MoultonTSR-9用のFrontバスケット入荷しました。やはりあれば確実に便利な 1アイテム。フレームの雰囲気とパイプ径・バランスを考慮した仕様になっているかと 思います。 完全手作業の為、無くなっては作っての繰り返し。なので勢いで買える価格で 抑えております。 余り大量では作れないので声高には喧伝出来ませんが、如何でしょうか? 気になるお値段は Price:24,800Yen Color:Green・Black 詳しくはコチラでも UNPEUは 大阪市西区土佐堀1丁目1-31 最寄り駅は京阪の淀屋橋・渡辺橋と地下鉄四つ橋線の肥後橋 大阪駅や北新地からも歩けます。 在庫状況などのお問い合わせは  up@velolife-unpeu.com  06-6445-2602(11:00~20:00) まで