大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

Custom

HOBOが快適仕様に。

Custom
1週間ほど前にご紹介したカスタム入院中の「HOBO」 もとはこの状態 アップライトな快適仕様に変更でこうなりました。 ハンドルはアップバーになりラクチン姿勢 スマートなスタンドも装備 フェンダーも装着。 Curanaのシーライト700x30mm スマートです。 そしてなんと言ってもコレが目を引きます。 BUSCH+MULLERのクラシックな砲弾型LEDライト「ルモテック クラシック」 Schmidtsの高性能ハブダイナモ「SON Delux」の組合せ。 暗くなったら点灯するセンサー付き。もちろん点けっぱなしもOK。 そして点灯しててもペダリングは重くない。 そして電池いらず。ランニングコストかからず。 対面から来る電動自転車の明る~いライトにジェラシーを感じたことの あるかたは迷わずコレを選んでください。 趣のある立ち姿。 でも構成しているパーツなどは最新式。 10年後、20年後も変わらず美しいと思えるバイクです。 商品についてのお問い合わせは  up@velolife-unpeu.com  06-6616-9200(11:00~20:00) まで。 UNPEUは 大阪市西区南堀江3丁目3-4 最寄り駅は 各線「なんば駅」 地下鉄千日前線「桜川駅」 地下鉄長堀鶴見緑地線「西大橋駅」 ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしています  

STUFFを ゛旅" 仕様に。。

Custom
2年ほど前にお買い上げいただいた EBSの「STUFF-Disc」 最初は太めのタイヤ、キャリアにフェンダーのコミューター仕様でしたが、 消耗品の交換メンテとあわせてさらなるロングライドにも対応すべくこのたび大変身。 BROOKSのレザーサドル・バーテープハンドルは言わずと知れた?「Dixnaバンディー」 Curanaのスマートなフェンダーにある程度のエアーボリュームと抵抗軽減をあわせ持つ700x28cのタイヤに。 アメサイドが雰囲気も変えてくれます。 フロントギアもシングルからダブルに。追加したアウターギアもSUGINOで統一。 そしてド迫力のWパニア。BROOKSの「LAND’S END PANNIER」 x 2 かなりの容量です。 後ろから見ると一見ロングテール こいつでどこまで走りに行かれるのか。。。 携わったものとしても楽しみです。 商品についてのお問い合わせは  up@velolife-unpeu.com  06-6616-9200(11:00~20:00) まで。 UNPEUは 大阪市西区南堀江3丁目3-4 最寄り駅は 各線「なんば駅」 地下鉄千日前線「桜川駅」 地下鉄長堀鶴見緑地線「西大橋駅」 ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしています

誰もが羨むであろう、かっこいいFX。

Custom
本日もカスタムネタ。 がっつりカスタムです。 前にご紹介した「王様のハブ」で組んだホイールはコレに装着されていたのです。 さらもROTORまで、アウターはエアロの56T、インナーは44T。 もちろん共に楕円形のQリング。 メインコンポは6700アルテグラ。 だったのを6800系11速にチェンジ。 ブレーキのみ6700のままですが、ブレーキシューはTRPに変更。 全体像がこちら とてもバランスの取れたカスタムで、欲しい機能とカラーとデザインを全て取り込んでます。(ご本人談) ハンドルは上も下も持ちやすいDixnaのバンディー。 でもノーマルとは少し違う? そう、 小径車の大きさとのバランスを考え、不要な部分はいらないと考え、ノーマルから先端5cmほど切り落としてます。 タイトルに「かっこいい」とありますが、 かっこよさもさることながら、 オーナーさんがこのFXでスピードや距離を求めていくうえで 必要と感じた部分をカスタマイズしてこの形になりました。 より上の性能を求めながらも、配色やスタイリングに気遣って仕上がった1台。 お薦めしたい誇れるカスタムです。 商品についてのお問い合わせは  up@velolife-unpeu.com  06-6616-9200(11:00~20:00) まで。 UNPEUは 大阪市西区南堀江3丁目3-4 最寄り駅は 各線「なんば駅」 地下鉄千日前線「桜川駅」 地下鉄長堀鶴見緑地線「西大橋駅」 ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしています

古いPanaをサクッとイメチェン

Custom
本日はお日柄もよく。。。 多数のお客様にご来店いただき、 アップしようとおもっていたモノの写真すら撮れず、、、 苦し紛れにアップするのがこれです。 お店近くのおにーさんがお持ち込みされた古いPanaのロード。 このドロップハンドルを「こんな感じでこんな塩梅でこんな雰囲気で~」 というご要望のもとに、 こんなになりました。付いていたドロップハンドルぶった切って逆さ付けのブルホーン。 そこにBROOKSの本革バーテープ。 これまでも何回かやっってきたこのスタイル。 だいぶ手早くなりました。 お客様にも「乗りやすくなったー!」とご好評いただき満足。 古い自転車もそれはそれで趣きがあってよいです。 乗りやすくなったので、さらに乗り続けていただきたいです。 反対側のほうがピンクが濃いというアシンメトリーなグラデーションカラー(日焼けです) こんな切った張ったのカスタムもやっておりますので、ご希望の方は 少し暇なときに来ていただければ幸いです。 お問い合わせは  up@velolife-unpeu.com  06-6616-9200(11:00~20:00) まで。 UNPEUは 大阪市西区南堀江3丁目3-4 最寄り駅は 各線「なんば駅」 地下鉄千日前線「桜川駅」 地下鉄長堀鶴見緑地線「西大橋駅」 ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしています

フラットバーのMASIをドロップ化。。

Custom
1週間ほど前にご成約いただいた MASIの「MINIVELO UNO RIZER」 名前の通り、ライザーバーが付いていたのですが、 「このモデルには惹かれたけどもドロップハンドルがいい。。。」 とのことで部品を手配してドロップ仕様に変更。 つや消しブラックのフレームに、ステムのみシルバーを入れてアクセントに。 UNPEUのステッカーも良い塩梅に。 チョイスしたハンドルバーはDixnaの「ジェイフィット」 小柄な女性オーナーなので、突き出し80mm/W380mmのこのハンドルが 扱いやすいかと。 1x9ですが、店頭にあったSORAのSTIを使用。 割り切って左シフターは使いませんが、ゆくゆくフロントW化したときにも対応できます。 もちろんの付属スペーサーでレバーリーチも短く。 こんな感じで、 ドロップ → フラットバー フラット → ドロップバー などの変更カスタムも承りますのでお気軽にご依頼下さいー。 商品についてのお問い合わせは  up@velolife-unpeu.com  06-6616-9200(11:00~20:00) まで。 UNPEUは 大阪市西区南堀江3丁目3-4 最寄り駅は 各線「なんば駅」 地下鉄千日前線「桜川駅」 地下鉄長堀鶴見緑地線「西大橋駅」 ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしています

BRUNOのMixteさんをチョイと。

Custom
今日はひっさしぶりにBRUNOの「Mixte」をちょいとカスタム。 まず1段階目の全体像。 ハンドルはもうおなじみとなったプロムナードバーに。 そしてタイヤをPanaracerの「HP406」に。 ノーマルの20x1.50から「20x1.75」になってエアボリュームもUP。 BMXフリースタイル用なので転がり抵抗も少なく、 トレッド面はブラック、そしてサイドはオープンサイドのベージュという配色で 全体の引き締め効果も。 標準のタイヤが磨耗して交換される方にはオススメです。 そんなちょこっとカスタムしたMixteさんに、、、 さらにちょいと取付けて変貌を遂げさせました。 リアキャリアを付けて、以前に入荷をご紹介した BASILの「CENTO LATTAN」を。 ではいろんな角度からどーぞ、 キャリアへの固定用に革っぽいバンドx2本とタイラップが一応付属しているのですが、 それだけでは心もとないので余っていたトーストラップでフォロー。 軽~いモノをいれるだけならどうにか耐えれそうですが、 結構お買い物する人やペットを乗せたいという人は別のプレートなんかで 挟んでネジ留め固定したほうがいいですね。。 少しバスケットが大きすぎのように見えますが、実際に人が乗ると バランスがとれて良い感じになります。 (ご検討中のお客様に跨ってもらったらめちゃくちゃかわいかったです。) 店頭に展示していますので是非見に来てください。 この仕様のままであれば、少しお求めやすい価格設定にいたします! 商品についてのお問い合わせは  up@velolife-unpeu.com  06-6616-9200(11:00~20:00) まで。 UNPEUは 大阪市西区南堀江3丁目3-4 最寄り駅は 各線「なんば駅」 地下鉄千日前線「桜川駅」 地下鉄長堀鶴見緑地線「西大橋駅」 ご来店・お問い合わせ楽

TSR-9のカスタム第2期。

Custom
数日前にプチカスタムをご紹介した TSR-9のホワイト。 2段階目の大幅カスタムが完成しましたのでお披露目です。 本日来店された別のTSRオーナーの方が食いついていらっしゃいました。。。 ハンドルはモスキートバーではなく、NITTOのブルホーンタイプ。それにDIA-COMPEのWレバーをサムシフター仕様で取り付け。 バーテープは前から付けていた革サドル「SWALLOW」にあわせて BROOKSのレザーバーテープ「ハニー」 クランクは雰囲気的に良くマッチする IRDの「ディファイアントロード」 ホイール・タイヤなどの足回りは標準のままですが、 充分に「ノーマルとは違う!」と感じさせる仕上がりに。 足回りはまたおいおいですな。 第3期カスタムがあるかな。。。 ドレスアップ系カスタムをお考えの方にご参考いただければ幸いです。。。 商品についてのお問い合わせは  up@velolife-unpeu.com  06-6616-9200(11:00~20:00) まで。 UNPEUは 大阪市西区南堀江3丁目3-4 最寄り駅は 各線「なんば駅」 地下鉄千日前線「桜川駅」 地下鉄長堀鶴見緑地線「西大橋駅」 ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしています

BULITT。。。

Custom
オランダ発のカーゴバイク「BULITT」。 日本で乗るにはナカナカ勇気のいる1台かも知れませんがその反面、実用性・所有感・ワクワク感を満たしてくれると思います。見た目と違い、アルミフレームなので意外と軽量、そしてバゲッジスペースも低重心なので荷物のふらつきなども抑えてくれます(ステアリングロットでの操作なので最初少し戸惑いはありますが、ある程度乗ると乗車感覚は修正されます。) 追記 451オリジナルミニベロも週明けには仕上がる予定なのでパーツ手配いたしまーす。 フレームカラーは今週末少し悩んでみます。 商品についてのお問い合わせは  up@velolife-unpeu.com  06-6616-9200(11:00~20:00) まで。 UNPEUは 大阪市西区南堀江3丁目3-4 最寄り駅は 各線「なんば駅」 地下鉄千日前線「桜川駅」 地下鉄長堀鶴見緑地線「西大橋駅」 ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしています

Manhattanのミキストモデルをカスタムです。

Custom
だいぶと前にUNPEUテイストでカスタムした Manhattanの「m451-X」 嬉しいことに同じようなテイストで仕上げてほしいとのご要望があり 製作した今回。 こんな感じ。 シート、バーテープはBROOKSのレザー。 上質感を演出できます。 ハンドルはブルホーンタイプ。 突き出し部分はあまり持つことはないでしょうけど、これだけワイド(480mm)があれば フラット部分だけでもチカラの入力に十分な幅は確保できます。 そしてこういったハンドルのメリットは握れる箇所が増えるだけでなく、 握り位置が長いのでバーテープを巻けるということ。 自転車のいでたちを大いに変えるハンドルまわり。 好きなバーテープを巻けば自分の個性を押し出せます。 革製品で上質に仕上がった全体のバランスを崩さずに、実用性を高めるための フロントバスケットを装着。 標準で付いているフレーム同色のフロントラックにSHOWAのウッドワイヤーラックを 取り付けてみました。 ウッドワイヤーラックの取付は、キャリパーブレーキのこのモデルだと通常は ハンドルから吊り下げて長い足(ステー)で支えるといった方式になるのですが、 せっかくの同色ラックがもったいないので半ば強引に取り付け。 切ったり、削ったりと少し手間がかかりましたが、仕上がりをみて満足(自己満足) 同じような取付け方をご希望の方はお気軽にご相談を。。。 写真ではペダルがついていませんが、納車時にMKSのプロムナードペダルを チョイスいただきました。 標準だとペダルやサドル、グリップなどが少し残念なこのモデル。 しかしすらっとしたミキストフレームのフォルムはとてもエレガントです。 ちょっとしパーツの交換で綺麗な佇まいの自転車に生まれ変わる「m451-X」 店頭にも標準仕様の在庫ありますのでカスタム含めで是非。 在庫状況などのお問い合わせは  up@velol

B-ant カスタム

Custom
除々にミニベロ界で浸透してきたB-ant の「a406s」 早速カスタマイズです。 もともとはセミドロップ、逆さにすればプロムナード型のハンドルバー。 これを安定・安心して乗れるよう、握るポジションを増やして幅も 抑えめにするためセミドロップ(サポートレバー付き)に。 UNPEUではすでに定番?と化した Dixnaバンディー26ハンドル + Dixnaジェイリーチレバー の組み合わせ。 さらに手前にはサポートブレーキレバーも。 B-antは標準でBROOKSの革サドルがついているので、バーテープも BROOKSであわせてみました。 これほんとに乗りやすいです。 ドロップハンドルといえども突き出しが短くてドロップ部分も浅いので、 ハンドルのトップ部やレバーブラケット部からドロップ位置への握り替えが 非常にラクチン。 また通常はドロップ部を握るとブレーキレバーに少し指がかかりにくいのですが、 ジェイリーチレバーだと難なく届きます。 ほんと日本人向け。(私の指が短いからかも、、、、) 小柄で手の小さい方や、女性には最適です。 そしてハンドル変更に伴ってシフターはステムの下にWレバーを配置。 ここ、さほどブレーキレバーからの移動距離も少なくて快適に変速できます。 あれ? a406sってVブレーキじゃなかったっけ?ドロップハンドルにできるの? ということで ブレーキは「カンチブレーキ」に変更。 Vブレーキのままでも対応できないことはないのですが、せっかくのジェイリーチ レバーが使えなくなりますので。。。。 このカンチブレーキのほうが全体の雰囲気にマッチしてるとも思います。 別の車体でも「自分に合った、乗りやすいハンドルに!」というご要望が あればお気軽にご相談下さい。 在庫状況などのお問い合わせは  up@velolife-unpeu.com  06-6445-2602(11:0