大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

当店オリジナル KHS F-20RCフラットバー仕様

走れる折りたたみ自転車の世界ではもう不動の地位を築いているKHSのF-20シリーズ、そのメイン車種となるF-20RC(クロモリフレーム+カーボンフォーク)をフレームから組み上げました。

今期のカタログ掲載モデルはもちろん完成車のみで色はブラック-シルバーとマットチタンの2色展開、ですがこちらはマットブラック。
一つ下のグレードになるF-20R(クロモリフレーム+アルミフォーク)の方ではラインナップされているカラーで人気あるのですが、残念ながらF-20RCにはラインナップされていませんでした。がしかし、ここにはあります!

フレーム単体で入手しましたので、パーツは全てこちらチョイスとなります。
せっかくなので普通にF-20らしいブルホーンバーではなくて、以前から絶対にこんなのがあったら乗ってて楽しいはず!と思っていた仕様で組み上げる事にしました。

見てのとおりハンドルはスッキリシンプルにフラットバーです。
どっしり体重を預けやすくて長距離にも向いているブルホーンはもちろん良いのですが、F-20RCの軽快な運動性能とシンプルなフレームデザイン、輪行の楽チンさ、などなど勘案しますと今はちょっとフラットバーな気分です。(僕だけ??)

メインコンポーネントはシマノ105。
ザ・スタンダード。絶大な信頼性。十分すぎる性能。
でもってフレームのマットブラックにぴったりすぎる色合い。
間違いないチョイスと言えるでしょう。(←自分で言ってる。)
通常ラインアップのF-20RC完成車はシマノ Tiagraベースなので1グレード上のコンポーネントという事になりますね。
ちなみにTiagraだとフロント歯数が最大52なのに対して、105だと53が用意されているのもミニベロ・折りたたみ派としては安心材料ですよね。

ホイールはちょっと見た目のかっこ良さ重視にしてみました。
H + Sonのディープリム(ディープと言っても42mmなんですけどね、ミニベロだとかなりディープに見えます。)
にハブも105で。
重量や回転の軽さを重視すると他の選択肢(例えば韋駄天のブラック仕様とか)もあるのですが、今回は乗ってて気持ちい、をテーマにしてみましたのでこんなホイールで、スポークパターンもこんな感じ(←詳しくは店頭で見てみてください)です。

サドル・ペダル・グリップ・ステムあたりに関してはいつもは店頭在庫の場合、乗られる方の好みや体格に大きく左右される部分なので、無駄に高価なパーツや見た目にインパクトがあるものは避けるんですが、今回はグリップだけ僕の好みでチョイスしてます。
「ERGONのGA1スリム」というモデルです。
ハンドルバーに対して微妙な角度が付いていてフラットバー特有の長時間乗った時や疲れてる時の手首から肩にかけての違和感というか、”もうちょっと体に合わせてくれないかな”感が激減します。
エルゴンと言えば幅広グリップが有名ですが個人的にはこちらも名作だと思ってます。
でもってサドルとステムは必要十分な性能のそれなりのもので、ペダルは別売りとさせていただきます(写真のは組み上げチェック用の仮ペダルです。)

最後にきになるお値段ですが、実は結構お買い得です。
198,000円(税別)とさせて頂きます。
通常のF-20RC(シマノTiagra/10速)が17万円ですからシマノ105/11速で組んでこの価格は値打ちあると思います。
もちろん乗ってて楽しい、この感覚は僕が保証します。

ちなみに実はこのフレーム単体は同色でもう1本在庫持ってます。
自分のお好み仕様で組んでみたい方は店頭でご相談ください。
お待ちしております。

関連ブログ記事