大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

BESV 電動アシストはじめます。

ついにUNPEUにも電動アシストの波がやってきました(遅っ)
今回、取り扱いを開始したのはBESVという電動アシスト専門のブランド。
「ベスビー」って読みます。

見ての通りとてもお洒落。
所謂ママチャリの延長上にある電動アシスト車とは一線を画していますね。
実物をじっくり見ても細部まで安っぽくないきちんとした造りで、デザイン先行じゃなくて製品としてすごくしっかりしているのが解ります。

さっそく実際に乗ってみましたが、まぁ快適。
前後サスペンションで歩道の凸凹も全く気になりませんし、何より車体が軽い!
今回入荷したPSA1のカタログスペックでは19.6kgで、上位モデルののPS1よりは2キロちょい重いのですが、この重量なら走行中はまず何も気になりませんし、小径ホイールととコンパクトなフレームデザインのせいもあってか非常に取り回しが良いです。

バッテリー満充電での航続距離は約90km。
日本国内で使える規格なので時速20キロ手前ぐらいからアシストが弱くなり始めるのでもちろんビュンビュンスピードがでるわけじゃないですけど、普通にボーッと漕いでいても20キロ〜22キロぐらいで巡航できます。
ただただ足を回してさえいれば一定ペースで走ってくれますし、前後サスペンションで路面状況に神経を尖らせる必要もない、ほんと何も気にしないでボーッと乗れてしまいます。
そのぐらいのペースでのんびりサイクリングするのも楽しいかもですね。

ちなみにアシストの特性は、漕ぎはじめから一瞬遅れてググッとアシストが始まる安全&やさしさ設計です。(海外製の電動ユニットに多く見られるタイプですね。)自転車の運転がやや不安。。。という方には漕ぎ出しが不安定になりにくいので安心ですよ。
あとブレーキも電動ユニットに繋がっていまして、ブレーキレバーを握っている間はアシストが切れる「エレクトリックブレーキ」という機能も付いています。
そもそも制動力が安定しているディスクブレーキ採用(車重が重くなりがちな電動アシストはこうあるべきたと僕は思います)なのでかなり安心感ありますね。

価格は185,000円(税別)です。
見た目の素敵さと機能性に反して控えめなお値段でございます。
店頭の1台は試乗も可能ですので、ぜひお試しください。
フレームが低めのデザインなので女性の方も服装を選ばずお乗りいただけますよ。
お待ちしております。

関連ブログ記事