大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

10/27(sut)・28(sun) MOULTON & Tyrell 試乗会

モールトンの提唱する「スペースフレーム」、タイレル の提唱する「スラントデザイン」

どちらも走行性能の為に「剛性」をキーワードにそれぞれ独自の理論を持って設計されています。
デザイン面だけでなく、その設計思想においても共通項を感じさせる、英・日、二つのメーカーを乗り比べてみませんか?

以下、それぞれのホームページより抜粋しました。

スペースフレーム
他の乗り物も同じですが、自転車においてもフレーム強度は、そのパフォーマンスを決定する上での需要項目です。水平方向の頑固さは特に重要で、柔なフレームは乗り手のエネルギーを消耗させてしまいます。強固なフレームは正確に車輪を回転させることができ、確実なロードホールディングとコーナーリング安定性に寄与します。
ユニークな形をしたモールトン車のスペースフレームは、細径のパイプを高度な技術により格子状に組合わせ、通常のダイアモンドフレームに比べ、遥かに堅固な強度を持っています。

http://www.dynavector.co.jp/am/history/product.php

スラントデザイン
この印象深く、見る人をひきつけるシルエットは、デザイン上だけでなく、ミニベロ独特のフレームワークを研究し、長いヘッドチューブまわりの剛性を高めつつ、フレーム全体の強度をアップさせることに貢献。そして、走行性に関係するフレームジオメトリーについては、トップチューブ等の低重心化を図り、ホイールベースの寸法を最適化しています。さまざまな視点から深く洞察し、クリエートした最高のフレームが、スラントデザインなのです。

http://www.tyrellbike.com/concept/

フレーム素材やサスペンションの有無、開発背景の違いなども比べれば比べるほどに面白いこの2メーカー。
エンジニアの気持ちが詰まったハイエンドミニベロの世界を感じてください。


試乗車
・MOULTON AMスポルティーフ
・MOULTON TSR-9
・DYNAVECTOR DV-1
・TYRELL FSX(ドロップハンドル)
・TYRELL IVE


MOULTON & TYRELL 試乗会
・2018.10.27(sut)・28(sun)
・11:00〜日没まで。
・身分証明書をご持参ください。

関連ブログ記事