大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

意外と簡単でコスパ&満足度高め。グリップシフトからラピッドファイヤーへ。

最近のカスタムご依頼で何件か同じ内容を承りましたのでちょっとご紹介です。

例えば7段変速の車両(BRUNOMixteやRaleigh RSM)のグリップを交換しようとした場合・・・・
グリップシフトのせいで左右のグリップの長さが違うので、グリップの選択肢が少なかったり、付けたかったグリップが付けられなかったり。残念な思いをしたことはないでしょうか。

だったらその原因のグリップシフトを交換してみては。というご提案です。
部品のグレードはかなり少ないですが例えばシマノさんがまだ作ってくれています。
7段変速のラピッドファイヤーレバー。


(※「ラピッドファイヤー」とは親指でシフトダウン、人差し指でシフトアップするマウンテンバイクでは一番一般的で操作しやすいレバーの事です。)

これで好きなグリップを選べますよ。


ちょっと勿体無いけどさようなら、左右長さ違いのグリップたちよ。
(新品の場合は補修用やお店の代車用に使用させていただいています。)
グリップを変えて握りやすくなった上に、シフトレバーの操作性もグッとよくなります。

レバー自体の費用は2000円以下ですのでグリップ交換の際にはちょっとご検討してみてください。
価格以上の快適性はあると思いますよ。

関連ブログ記事