大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

昨日の続き。。。(KHS F-20R451化)

昨日のカスタムの続きです。
もともとよく走るKHS F20シリーズの走行性能をさらにUP!
ということで取り付けてみました、、
まずは全体像

バランス良いです。
標準406のものと表で比べて撮ってみました。


う~ん。。。
甲乙つけがたいですな。
あとは乗り心地の差ですが。。。
どうしてもBBハイトが高くなるので少しふわふわした感じになるかなと
思っていたのですが、
まったく問題なし。
BBハイト(地面からBBセンター)は標準の406サイズで約280mm
451化したもので約296mm
違和感はほとんど感じませんでした。
安定感的なものも、インチアップの恩恵と車高のアップで相殺といった感じ。
406のほうが若干ハンドリングがクイックかなと思いました。
あまり長い距離を高速走行してはいないのですが、時速15kmを超えた
あたりから
「お~!?」
という感じの伸びがありました(たぶん)
もう少し高速で距離を走ればかなりの恩恵を得られるでしょう。 
今年のモデルは451化に対応できる専用キャリパーブレーキを採用。
こちらが406の位置。

こちらが451の位置。


こんなに差があるのに対応できて性動力も十分。
よくできたブレーキです。
フレームとのクリアランスはフロントが10mmほど、リアが6mmほどです。
これなら20x1-1/8サイズのタイヤならどこのメーカーのものでも
入りそうです。
ただ問題になってくるのがお値段。
インチアップするにあたって、ホイル・タイヤ・チューブを
丸々新調しないとなりません。
そこそこのパーツで組むと3万円前後は必要になります。
今回組んだホイル・タイヤ・チューブのセットでも¥29,800-
車体+上記費用となると結構な額になっちゃいます。
そこで!
今回のホイルに限り車体にインストールした状態で破格のご提案です。
F-20Rですと通常
・車体:¥115,500-
・451ホイルセット(タイヤ・チューブ込み):¥29,800-
=¥145,300-
となるのですが、、
それを1セット限定で  
「¥130,000-」!!
もし上位グレードのF-20RCがいい~
と言う方がいれば
通常
・車体:¥136,500-
・451ホイルセット(タイヤ・チューブ込み):¥29,800-
=¥166,300-
のところを、、、
「¥150,000-」!!
最初から451化されたF20シリーズに乗りたいというアナタ、
限定1台のみです、お早めに!!
またご購入検討中で、違いを感じてみたいという方、
売れてしまう前であれば試乗も可能です。
気になったかたは是非。
お問い合わせは up@velolife-unpeu.com までご連絡を。
UNPEUは
大阪市西区土佐堀1丁目1-31
最寄り駅は京阪の淀屋橋・渡辺橋と地下鉄四つ橋線の肥後橋
大阪駅や北新地からも歩けます。
ご来店・お問い合わせを楽しみにお待ちしています。
                         UNPEU

関連ブログ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です