大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

Let’s Start はじめての自転車用チャイルドシート [1.チャイルドシートの基礎知識]

お子様も大きくなって、そろそろ自転車で一緒にお出かけや通園に、とお考えの方。
実際に始めようと思っても安全に乗れるかどうか、何を用意すれば良いのか、心配事も多いんじゃないでしょうか?
そんな疑問や不安を解消できれば…とこのページを作成しました。

チャイルドシートの取り付け実績も豊富なUNPEUにお任せください。
実際にパパとして使っているスタッフもいますのでお気軽にご相談くださいね。
(お電話・メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ。)


目次


チャイルドシートの基礎知識

・どんな種類があるの?

大きく分ければ、小さなお子様にはハンドル側に取り付ける「前乗せ」タイプ。
少し大きくなれば「後ろ乗せ」タイプ、と使い分けます。

前乗せ 後ろ乗せ

 

・何歳から使い始める?何歳まで?前と後ろの使いわけ

使い初めの目安は1歳前後から
2〜3歳で後ろ乗せに乗り換えて、小学校1年生ぐらいまで使えます。
各社とも欧州の安全基準に沿って作られていますので、体重9kgから22kgまでを想定しています。
日本人の平均体重と照らし合わせると、前後の使い分けはこのようになります。

前乗せ 後ろ乗せ
体重 9kg〜15kg 22kgまで
年齢 男の子 9ヶ月から 3歳8ヶ月まで 2歳半ぐらいから 6歳7ヶ月まで
女の子 1歳1ヶ月から 3歳11ヶ月まで 2歳半ぐらいから 6歳9ヶ月まで

 

・前乗せと後ろ乗せは使い分けないとダメ?

実はこれ非常によくあるご質問なのです。
すぐに大きくなるのだから最初から後ろ乗せじゃだめかな?とご質問をお受けしますが、メーカーが推奨しない年齢(概ね2歳半ぐらいまで)の小さなお子様を後ろ乗せにするのは絶対にNGです

シートが大きすぎて体をホールドできないですし、何より慣れてない小さなお子さまを、目の届かない後ろに載せるのはかなり不安が伴います。


目次