大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

カゴ・キャリア・バッグ

C/Sシャロレーをより実用的に。

C/Sシャロレーをより実用的に。

CrazySheep, カゴ・キャリア・バッグ, ライト, 大径車(26インチ〜)
雨、雨、雨、、、 梅雨時期のほうが降ってませんでしたね。。 近畿も今晩にかけてひどくなりそうですので皆様お気を付け下さい。 そんな台風接近中の時はさすがに店内ゆったりですので、お掃除やら カスタムやらをいろいろとしておりまして、 「こいつはしっくりとまとまった!」 というのが仕上がりました。 シングルスピードながら、近所のお買い物やワンちゃんのお散歩、 はたまた通勤用や子供乗せまで多岐に渡ってご利用いただいている CrazySheepの「シャロレー」 荷物を載せても最適に扱えるように、チャイルドシートを付けても 安定するように、 より実用的にカスタマイズ。 フロントラックはBASILの「Portland Front Carrier」 大きめのバッグだけでなく、箱物なんかも載せれます。(積載した状態は後日晴れの日に。。) そして荷物を載せててもしっかり駐輪できるワイド両立スタンド。 この手のスタンドを付けるとなんとなくママチャリ化してしまうことも多いのですが、 シャロレーの場合はより武骨さが増して実用車チックに。 このスタイルにはベストマッチでしょう。 tobira select の「townscape lighting」 店内での写真なので少しイメージ湧きにくいかもですね、、、 後日屋外でバッグ載せたりしたのをご紹介します。 店頭に実物ございますので、台風の後ろにピタッとつけてぜひ見にきてください~
PeterBoro Basket入荷しました。

PeterBoro Basket入荷しました。

当店では特にCRAZYSHEEPの16インチキッズバイク「MERINO(メリノ)」との組み合わせが人気なPeretBoroのバスケット。 いつもメリノ合わせているのは一番小さい「チャイルドバイシクルバスケット」です。 このメリノくんについているのはチェリー色。 こちらの車体は以前、自転車雑誌の企画で作成した、とても大人っぽいメリノさん。 ブラックのバスケットを合わせてみました。 ちなみにこっちのバスケットはチャイルドサイズではなく、スタンダードサイズです。 もちろんお子様用だけではなく、大人の自転車にもよく似合います。 Brunoの人気車種Mixte-Fにつけてみました。見た目のバランスはぴったりですね。 (え、実用性ですか?そんな野暮な質問はやめてください・・・) こちらはCRAZYSHEEPの26インチ「Charollais(シャロレー)」 レザーサドルとレザーのフレームカバーと合わせてナチュラル系の素材でまとめると雰囲気でますね。 今回は他にもチャイルドバスケットのホワイトが入荷しています。 ベージュやホワイト系の自転車にはもちろん、ナチュラルな質感なのでどんな色にも意外と合わせやすいですよ。 取り付けは革製のベルトでハンドルに留めるだけ、なので不要な時は簡単に取り外せます。 通信販売もご利用いただけます。
小径+フロントラック

小径+フロントラック

CrazySheep, Mini velo, カゴ・キャリア・バッグ
ほぼ毎日更新を心がけていた当ブログですが、姉妹店の「CRAZYSHEEP FARM」ができたバッタバタの煽りを受けまして、数日間更新できていませんでした。スミマセン。 今日のブログも一部の方に人気の”荷物載せシリーズ”です。 パニア・前かごときまして今回はフロントラック。 今までちょっとマイナーな存在でしたが、時代は巡り移ろうものでありまして、非常に今風なアイテムとしてオススメしております。 いきなりですが、ハイ。付けてみました。(今回も店長が) 今回も例に洩れず小径車のフレーム形状の問題で、付けてみるまで付くかどうかわからない。という試行錯誤を前提で組み付けます。 良く見ると、、、お判りいただけますでしょうか、ラック本体とセンターの足の間にスペーサーが。 このラック自体は700c(ロードバイクのタイヤサイズね)に対応する造りになっているので、左右の足が長すぎるため調整しています。 車種によって解決策は異なると思いますがCRAZYSHEEPのコリデールであればこんな感じです。 このフロントラック自体は4200円(税別)とコスパもいいのでオススメですよ。
小径+ドロップハンドル+前カゴ

小径+ドロップハンドル+前カゴ

BRUNO, Mini velo, カゴ・キャリア・バッグ
お客様から前カゴのお取り付けのご依頼を頂きました。 お取り付けします車体は、ブルーノのミニベロ20ドロップ。 現行のモデルと違い標準的なハンドル幅(現行のものはやや広め)のドロップハンドルが装備された20インチミニベロであります。 世の自転車パーツの多くは汎用性を高く考えますので、ちょっとニッチな小径車だと取り付けも一筋縄ではいかないことも多いのです。 (付けてみないとちゃんと付くかどうかわからないこのドキドキ感、ぜひ共有して頂きたいです。) さて、この車体の場合は、 ・カンチブレーキ ・ブレーキレバーが2ヶ所 ・ハンドル幅 などなどの制約が出てきます。 カンチブレーキなのでブレーキワイヤーがど真ん中に通っていますので避けないといけませんし、カゴの位置が高すぎると手元のブレーキレバーに当たります。そしてドロップハンドルに入る横幅。。。。他にも足の取り付けなどいくつかのチェックポイントをクリアしまして。。。。 出来ました! (ピタリと収まった時の感動、ぜひ共有して頂きたいです。) 使用したカゴは当店でもよく使うアルミフレームバスケット3兄弟の一番小さいやつです。 次男だと下ハンドルを握る時に手が当たってしまいました。 ドロップハンドルのミニベロで通勤されている方にはこの組み合わせ良いんじゃないでしょうか。 ブルーノさんの純正バスケットもオシャレでいいのですが、浅めなのと対荷重が2キロ程度なので、毎日しっかり使いたい方にはオススメです。 カゴはアルミ製で軽いのでハンドルの操作性への影響も最小限ですよ。 ご相談お待ちしております。
小径+リアキャリア+パニアバッグ

小径+リアキャリア+パニアバッグ

CrazySheep, カゴ・キャリア・バッグ
以前からパニアバッグ推しの当店ですが、店頭のパニアバッグのバリエーションが増えてきたので、展示用にバッグが付けられるリアキャリア付きの展示車を用意しました。 リアキャリアは以前から気になっていたDixnaのクラウドキャリア。 天板の面積を最小限にしてパニアバッグをスマートにつけるために作られたリアキャリアです。 個人的にはステンレス製という点にも萌えます。 車体はCRAZYSHEEPのコリデールです。 小径+リアキャリア+パニアバッグ となると組み合わせ次第では取り付けできないことも多々ありまして。 最終的にはつけてみないとわからない、という場合も多いです。 で、早速付けてみました。(店長が。) うむ、潔い。 リアライトの取り付け台座すら無いこのシンプルさ、求めていた通りです。 展示用なので前側のステーの先端が上に飛び出していますが、実際に納車する際にはカットしますのでご了承ください。 実際にパニアをつけるとこんな感じ。 付けているのはNorth St.のグロッサリーパニア。 シンプルで使いやすい街乗り用パニアバッグの正統派ですね。 取り回しが楽な小径車とパニアの組み合わせは街中で使うにはすごく楽しいと思います。 後ろから見ると、、、 どうですかこのスッキリ感。 車体にぴったり寄り添っています。 これなら左右の重心の傾きも最小限に抑えられますね。 先日このブログでも紹介しましたGREEN GURUのパニアトートバッグならさらにスッキリ。 横への張り出しが少ないので、狭いところでも引っ掛ける心配が少ないと思います。 ちなみに小径車にパニアバッグを付ける際には、高さがきちんと確保できていることと、ペダルを漕いだ時のかかととのクリアランスが重要なチェックポイントになります。 例えば大きめの
GREEN GURUのパニアトートバッグ

GREEN GURUのパニアトートバッグ

カゴ・キャリア・バッグ
当店でも初の入荷になりますGREEN GURUというメーカーのパニアバッグが届きました。 一見トートバッグなんですが、裏面のフラップを剥がすと・・・・ パニアバッグとしてリアキャリアに引っ掛けられる作りになっています。 非常に簡単な作りなので軽量ですし、パニアとしての機能的にはこれで十分と感じられている方も多いのでは。 こちらのGREEN GURUというメーカーさんはリサイクル素材が得意なメーカーでして、アウトドア用品(テントやクライミング用のロープ)や自転車のタイヤチューブなどの廃品をリサイクルして製品に使用しています。 製品の全体をリサイクル素材で作るのではなく適材適所で使用しているのが良いですね。 通信販売も承ります。 リサイクル素材で1点づつ柄が異なりますので、それぞれ1点モノになります。
使いやすいパニアバッグの新色きました。

使いやすいパニアバッグの新色きました。

カゴ・キャリア・バッグ
ちょっと小さめのフロント用パニアですが、リア用の「サフォーク」と大きさが違うぐらいなので、リアでお使いいただいても大丈夫です。 というよりロングツーリングではなく普段使いとしてお使いいただく場合にはこのぐらいのサイズも扱いやすいと思いますよ。 このノーフォークが10〜13リットル。サフォークだと18〜22リットルとなります。 ちなみにミニベロが得意な当店としましては、ミニベロにはサフォークは大きすぎる(かかとが接触する場合もあります)のでこちらをおすすめしております。 今までブラックとダヴ(dove)色のラインナップでしたが、他のBROOKSのラインナップと同様にグリーンが新入荷です。 キャリアへの取り付け方法はオルトリーブのQL2アタッチメントシステムを使っていますので取り付けの自由度はかなり高いと思います。 引っ掛けるキャリアのパイプの太さは8〜16ミリが推奨です。 あと個人的にこの商品のおすすめポイントとしては、畳むと意外と薄い。という点です。 毎日使うほどではなくて、必要な時にだけさっと取り付けして使いたい、という方には重宝すると思います。 こちらから通信販売も承ります。
BRUNO Mixteにカゴ&チャイルドシート。

BRUNO Mixteにカゴ&チャイルドシート。

こんにちは。今日も大阪・南堀江よりブログをお届けしてまいります。 ここ南堀江エリアは近くに道頓堀川が流れていて昔は木材の輸送に便利だったことから家具屋さんが多く、家具やインテリア関連のお店が多く、おしゃれなショッピングエリアなんですが、意外とマンションも多くて大阪市内にお勤めの比較的若いご家族が多いエリアでもあります。 そんな訳でこんな子供乗せ仕様のご要望を頂戴することも多いんです。 ・元から子供乗せが付いている自転車よりも可愛いくしたい。 ・子供が乗る年数は限られているので、その後を考えて自分の好きなデザインを選びたい。 と言うことでお洒落なママさんよりたくさんご用命いただいております。 今回ご納車した車両もなかなかいい感じです。 お子さんが少し大きくなってきたとのことで、一緒に乗る機会がそんなに多くないそうですので、こんな仕様に落ち着きました。 ・お子さんが乗らないときはワンタッチで簡単に外せるHamaxのチャイルドシート。 ・お子さんが大きくなってきたので、乗り降りするときはどのみちお母さんが支えてないと不安、なので敢えてスタンドは頑丈なものに変えずノーマルのまま。 ・デイリーユースなので泥除け・前カゴは必須。(カゴは頑丈で大きめに!) で、こんな感じに仕上がっております。 カゴはBRUNO純正もありますが、最近はなぜかこのタイプのお取付が多いです。 足がしっかりしていて、カゴ自体も頑丈、底が木張りではないので雨に濡れても安心、サイズが選べる、お値段もほどほど・・・などなどの理由で好評です。 右から、大・中・小・小の板付き。 板付きのものは木のように見えて実は樹脂なので雨でも平気です。 Hamaxのチャイルドシートは大きく分けて3つのグレードがあるのですが、今回は真ん中のゼニスを採用。 この製品はシ
まだあるよ。英国コンビのサドルバッグ

まだあるよ。英国コンビのサドルバッグ

昨日に引き続きサドルバッグをご紹介します。 - 紹介しだしてから結構な量があることに気づきましたので、数日に分けて休み休み行きます。 さて、本日はCARRADICE(キャラダイス)です。 英国は北イングランドの自転車バッグ専門メーカーです。 最近はサドルバッグ以外にもバッグパックなんかのちょっとお洒落なバッグやレインウェア、レザーサドル等もラインナップされていますね。 日本ではクラシカルな帆布のサドルバッグが人気ですが、コーデュラナイロンのものや意外と完全防水の機能性バッグもたくさんラインナップしています。 今日はそんなキャラダイスの定番商品の一つ「ジップサドルロール」をご紹介。 キャラダイスのサドルバッグのラインナップ中で一番小さいバッグで容量は2リットル。 ペットボトルの飲み物と財布、スマホが入る大きさです。(前回のカゴと違って真面目に表現してみました) 昨日紹介したBROOKSのISLE OF WEIGHTのような所謂サドルバッグ的な形状のものだとちょと容量が心配という方や本当は特に入れるものは無いんだけどスタイル的にサドルバッグつけてみたいわ〜という方におすすめです。 ワイヤーの取り回しに少し悩みますが、小さいバッグなのでハンドル側に取り付けても可愛いかと思います。 カラーは基本のブラックとグリーンはもちろん、以前入荷時にこのブログでも紹介していたハリスツイードを使用した物もまだ少量ですが在庫が残っています。 次回入荷は来年なので”自転車好きなあの人へのクリスマスプレゼントを・・・”と悩み中の方は今すぐご注文ください。 通信販売でもお求めいただけるようにご用意いたしました。 ご注文、一日千秋の思いでお待ちしております。
ワイト島サドルバッグ

ワイト島サドルバッグ

レザーサドルでお馴染みのBROOKSのサドルバッグ「ISLE OF WEIGHT」の新色が入荷しています。 ISLE OF WEIGHT(アイル オブ ワイト) = ワイト島。 実にニクいネーミングであります。 イギリスの南の方にある島の名前で、音楽好きの方にはピンとくるんじゃないでしょうか、巨大な野外フェスが行われるあの島です。 ちなみにBROOKSの製品にはもう一つISLE OF SKYE(スカイ島)というフロントバッグもあります。 そんな余談は置いといて。。。 今まで、カラーバリエーションはブラック・オリーブ・ダヴ(鳩色)の3色だったのですが、今回写真のグリーンが登場しました。 ハリのある帆布の質感ですが、なんと防水です。 止水ファスナーも使われているので安心感あります。 個人的には止水ファスナーは砂が噛み込みにくく、埃が溜まりにくいという点が嬉しいです。 本日時点で在庫があるのはラージとミディアム。 こちらがラージ こちらがミディアム もう一種類、スモールというのがあるのですが、ユーティリティ性重視の当店としましては、ラージないしはミディアムがおすすめであります。 なお他の色の在庫はダヴとブラックのラージがございます。 なぜかブラックのフラップだけ色違いというのがあります。 (グリーンが登場した代わりにオリーブとダヴはカタログから消えているのでこのまま終了かも?) あと、皆さんサイズ感や自転車本体との色の調和で悩まれるかと思います。 可能な方は自転車でご来店いただき、店頭で当てがって確認してみてくださいね。 今日のブログはもっと他のサドルバッグも紹介するつもりだったのですが、長くなりますのでまた後日。 【12月11日-ちょこっと追記。】 通販でもお買い求めいただけるようになりま