大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

Recommend brand

E.B.S

E.B.S

E.B.S, Recommend brand, ブランド紹介
一般に実は流通量の少ない日本製の自転車、E.B.Sの自転車は京都のE.B.S工房にてハンドメイドにより一本一本生み出されております。 使う人の背景を考え設計された各モデルのデザインと暖かみのある質感は使用感、乗り心地へとフィードバックされております。   MADE IN JAPAN FROM KYOTO Engineered Bike Service ”E.B.S” http://www.ebscycle.com/ E.B.S直営店 VeloStand Kyoto(2016 new open!) http://velostandkyoto.jp/ E.B.S新着情報 >>その他のE.B.S情報はこちら
CRAZY SHEEP

CRAZY SHEEP

CrazySheep, Recommend brand, ブランド紹介
新たに生まれ変わりましたCRAZYSHEEP。 子供車のmerinoから20インチモデルのCorriedale、700cモデルのPerendaleと続々と各モデル発表中です。 今後もNEWモデル発表予定です。 見た目は羊、走りはオオカミ是非ご体感ください! 新着情報 >>その他のCRAZY SHEEP情報はこちら。
Alex Moulton

Alex Moulton

MOULTON, Recommend brand, ブランド紹介
1950年代にオースチン・ミニをはじめ自動車のサスペンションにゴムを使った独自の構造を開発した、モールトン博士による緻密に計算された3Dフレーム構造構造(スペースフレーム:フレーム部材が上下・前後だけでなく左右方向にも構成されている)を特徴とする自転車です。 基本的に全てイギリスで生産されており、上位モデルはモールトン自社工場(所謂お城製)、ベースグレードとなるTSRシリーズ等は英国パシュレイ社にてOEM生産されています。 また2000年からは日本でもブリジストン・モールトンとして、モールトン初期のモデルFタイプの進化系とも言えるモデルを日本国内で生産・販売しています。 Moultonの特徴 小径ホイールと高圧タイヤ モールトンは最初のモデルを開発した当初から、一貫して小径ホイールを採用しています。 現行モデルでは主に上位グレードで採用されている17インチ及び20インチ、TSR等では20インチを採用しています。 理論的にはタイヤと路面との転がり抵抗はホイール径ではなく、空気圧と素材によって決定されるという点と、小径ホイールの方が空気抵抗を少なくできるという理論に基づいて小径ホイールを採用しています。 サスペンション 小径ホイールと高圧タイヤを採用すると乗り味が硬くなるため多くのモデルではサスペンションを採用しています。 また、サスペンションを搭載することによる路面とタイヤとの安定した接地も意図しています。 高剛性フレーム モールトンの最大の特徴とも言える細身のパイプを格子状に組み合わせたフレーム構造は、一般的なダイヤモンドフレームよりも高剛性となり、エネルギー効率の良いデザインです。 分割機構 多くのモデルでは分割機構が採用されています。 自動車のトランクに安全に収納することができます。 よりフレーム剛性の高い、分割
TOKYO BIKE

TOKYO BIKE

Recommend brand, tokyo bike, ブランド紹介
トーキョーバイクはそのネーミングを思いついたときから全てが始まりました。山を走るのが「マウンテンバイク」なら、東京を走るのが「トーキョーバイク」 だと。 私たちが思い描いたのは、トーキョーバイクに乗る人々の楽しそうな笑顔でした。 速く走ることや移動することだけが目的ではなく、なんでもない日常に ささやかな変化を加えるツール。そんなものを作ろうと思いました。   https://www.tokyobike.com/ tokyo bike新着情報 >>その他のtokyo bike情報はこちら
BRUNO

BRUNO

BRUNO, Recommend brand, ブランド紹介
安定した人気のBRUNO、ミニベロといえばまず選択肢に上がるBRUNOですがモデルも各種、カラーリングも毎年豊富にご用意。 女性にも使い易いデザインと普段使用で十分お使い頂けるスペックのミキスト、ツーリングモデルのMinivelo Drop、女性でもまたぎ易いデザインのスポーツタイプVENTURAとモデルも豊富です。   http://brunobike.jp/index.html 新着情報 >>その他のBRUNO新着情報はこちら
Velo Orange

Velo Orange

Recommend brand, ブランド紹介
アメリカ メリーランド州の自転車ブランドVELO ORANGE レーシングバイクよりもリラックスできて快適性を重視したスタイルを提唱するメーカーです。 クラシックでモダンなスタイルのフレームや、もはやビンテージ ともてはやされるパーツを現代的にブラッシュアップして提供するアーバンクラシックにも欠かせないブランド。よく考えられたプロダクトと良心的な価格で世界中から支持を得ています。 古くはフランスを発生とするランドナー、スポルティーフやパスハンター、70’Sに流行のサイクリングブームを彷彿とさせるクラシックスタイルが再燃の兆しで御座います。 ピストブーム以降クロモリの細めのフレームの美しさは広く一般に認知される事となりましたが、アーバンクラシックなカスタムから、またさらにロングツーリングを想定した、パニアやフロンバッグを装着したトラベルバイクへと、指向を変換していく事もまた必然ではないでしょうか。行き着く先はクラシックモダンスタイルのランドナーやスポルティーフへと意識が向いて行っているのでしょう。 レースバイク、カーボンフレーム、ハイエンドパーツの進化は目覚ましく電動などアイデアもとどまる事がありません。一方で美しい細めのクロモリのフレーム、メッキ処理でラグを塗分けるなどしたビンテージライクなフレームに魅せられる方も多く、根強い人気で。カーボンやアルミのレースバイクからゆったりと乗れるしなやかな乗り味のクロモリフレームに乗り換える方も少なくありません。またクラッシックなライディングスタイルから新しいファンの獲得も御座います。 クラシック、モダンなフレームに足りないものが御座います。そのフレームに見合うパーツが少ない事。コンプリートの際はシルバーパーツが圧倒的に人気で御座いますがクラシックで懐かしい雰囲気のパーツ、