大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

Mini velo

BRUNO/Ventura18年モデルあと少し在庫あります。。。

BRUNO/Ventura18年モデルあと少し在庫あります。。。

BRUNO, Mini velo
本日は2018年venturaBlackのご紹介。先日ご紹介したグレーブラックと言いBROOKSカンビュームとの 組み合わせは良い感じです。 落ち着いたグラフィックとブラックパーツでまとめられています。 残りの在庫も少なくなってきています。タウンユースは勿論休日のツーリングにもおススメです。 ダイヤモンドフレームと違いコンパクトにも保管が可能なフレームデザイン。 電車に積み込んだりお車に入れたりご夫婦で使う自転車としても良いと思います。 フレームカラーはこちらのブラックとレッドとグレーブラックの3色展開です。 ぜひぜひ店頭でお確かめ下さい。コンパクトサイズのミニベロですが 驚くほどしっかり走ってくれます。 ご来店楽しみにお待ちしております! Brand:Bruno Model:Ventura Color:Black/Red/GrayBlack Price:115,000Yen+tax
BRUNO/20mixteそろそろ在庫が少なくなってきました。。。

BRUNO/20mixteそろそろ在庫が少なくなってきました。。。

BRUNO, Mama`s & Utility bike, Mini velo
アンプ定番カジュアルモデルBRUNO「mixte」。 初めてのミニベロでも安心して皆さんいちように走行の軽さに驚いてもらっています。 こちらはUNPEUでベージュフレームにシルバーパーツを移植した限定モデルです。 スカイブルー 落ち着いた雰囲気のグリーン ルックスはカジュアルですがしっかりスポーツ自転車になっています。 こちらのモデルもタイヤやブレーキやチェーンなどの消耗部品を交換して いつまでも快適にご利用頂けます。2-3年御利用と言うより10年以上しっかりっと 使って頂きたい自転車です。大きなカゴを取り付けたり、子供乗せを付けたり使われる方のLifeStyleの 変化対応できる自転車です。 在庫数は少なくなってきていますがまだフレームカラーは豊富に揃っています。 ご来店楽しみにお待ちしています! >>その他のBRUNO新着情報はこちら
BRUNO20RoadDrop…

BRUNO20RoadDrop…

BRUNO, Mini velo
本日はBRUNO/20RoadDropのご紹介です。 UNPEUがOPENして来年で10年ですがOPEN時からLineUpされているモデル、 あまりにもいつも存在している自転車なので、いつもご紹介が遅れてしまっています。 OPEN当初御購入された方もタイヤ消耗部品の交換を繰返してしっかりとご利用頂いております。 それだけ安心度の高い1台です。 通勤や休日のポタリングを楽しみたい方、女性男性問わずおススメしています。 2018年モデル3色の内の1色メタリックグリーン、標準装備の英国製BROOKSB17Brownとの相性は落ち着いた雰囲気でマッチしています。 変速はWレバー仕様。壊れにくくメンテナンスもイージー、タウンユースには良いですよ。 ブレーキレバーもハンドルフラット部分・ドロップ部分を握っても安心のセーフティーレバー はじめてのミニベロ・女性の方には安心だと思います。 店頭にはターコイズ・レッド、メーカーLineUpの3色でS/Mの2サイズ在庫OKです 日常使いに便利なカゴ・バスケットもご希望の場合はお薦めのモノもございます。 ご購入後のお客さん、新しくご購検討のお客さんなんなりお気軽にご相談下さい。 明日は通常営業で、定休日の木曜日も祝日と言う事でOPENします。 いつも木曜日お休みでお会い出来ないお客さんぜひぜひご来店下さい。 クリスマスプレゼント検討のお父さんサンタさん初めての自転車でおススメの CrazySheepMerino&TokyoBikeLittlもストック中です。 楽しみにお待ち致しております! >>その他のBRUNO新着情報はこちら
BRUNO/VENTURA。。。

BRUNO/VENTURA。。。

BRUNO, Mini velo
いよいよ肌寒く自転車に乗ればすぐに体が温まって快適に風を感じれる季節到来ですね。 本日ご紹介のモデルは通勤は勿論ですが休日には快適にLongRideを楽しめるモデル BRUNO/ベンチュラのご紹介です。 2018年モデルがBROOKSカンビュームを標準仕様で取付てより快適に楽しんでもらえると仕様になりました。 フレームカラーは画像のグレーブラックとブラックとレッドの3色 いずれも在庫はOKです。個人的好みはこのグレーブラック落ち着いていい感じです。 パーツ関係もブラックで統一して引き締まった印象です。以外に女性が乗ってもかっこいいと思います。 フレームデザインが特徴的なベンチュラ、異形サイズゆえに小柄な方から大柄な方までカバー出来る 懐の広さを持っています。お気軽に跨って下さい。 DROPハンドルながらセーフティーレバーなのでフラット部分を握ってもレバーに指を掛けれるので安心です。 街中・ツーリングにも使い勝手の良い仕様です。 変速はステムポストにWレバーを取付、この手の自転車にはSTIよりメリットの方が多いと思います。 英国BROOKSカンビューム、座り心地の良いサドルです。標準で付いてくるのはホントありがたいです。 普段の通勤や休日は気の向くままに足を延ばして存分に楽しめる自転車です。 部品関係の互換性もノーマルなのでメンテナンスを繰返して長く使えます。 他とは違うデザインのスポーツミニベロをお探しの方に如何でしょうか? ご不明点等はお気軽にお声がけ下さいね。 ご来店楽しみにお待ちしています。 BRAND:BRUNO MODEL:VENTURA SPEED:16Speed PRICE:115,000Yen+tax
E.B.S Leaf Long

E.B.S Leaf Long

E.B.S, Mama`s & Utility bike, Mini velo
現在、店内に3台のLeaf Longさんがおりまして。 安定してご注文をいただいている車種ですが、3台並ぶのは珍しい光景なので、この機にご紹介いたします。 まず、はっきり言いましてお子様と一緒に乗る自転車です。 そう言い切っても差し支えないぐらい、チャイルドシートをつける前提でご注文をいただいております。 チャイルドシートをつけても安定して乗車できる長めのホイールベースに、扱いやすく低重心な小径ホイール(20インチ[406])。 前のせチャイルドシートをつけても問題ない懐の広い設計、2人・3人で乗っても安心感のあるVブレーキなどなど。。。至る所にチャイルドシートをつける前提の設計がなされています。 こちらは、素敵なグリーンでオーダー頂きましたLeaf Long。 標準設定はシンプルなグレーですが、せっかくのハンドメイド自転車ですから、色はお好みに合わせてオーダーしていただくのがおすすめです。 オープションパーツは、泥除け・フロントバスケット・リアキャリアです。 リアキャリアはYeppのチャイルドシートがピタリと付けられる形状の特別仕様です。 2台目もグリーン系でオーダー頂きましたが、こちらはちょっと深めの色合いです。こういう微妙な色の加減も自由自在でありますので、迷ってしまうかもしれませんが徹底的にこだわり抜いて頂きたいです。 こちらは、リアキャリア無しで前のせチャイルドシートのみです。採用いただいたのはこちらもYeppのチャイルドシート。 Yeppはウレタンの厚さもしっかりしていて安心感があるのと、前のせには子供ちゃんが掴むためのハンドルがついているのが可愛いです。 こんな感じで、リアキャリアが無いと重量も軽くてとても扱いやすいです。 E.B.Sの製品は国産のKaisei社製のパイプを使っています。
B-ant 406 steel 限定モデル ラスト1台となりました。

B-ant 406 steel 限定モデル ラスト1台となりました。

BRUNO, Mini velo
すでに生産終了となっているBRUNOのハイライン「B-ant」の406 steel。 限定仕様のポリッシュがいよいよ在庫がラスト1台となってしまいました。 この車両はちょっとワケありでございまして、当初付属していたBROOKS製のフロントバッグが付属しません。その代わり、お値段は考慮させて頂きまして、147,000円で販売いたします。※完売いたしました。 さて、そんな406 steelですが、大まかなご紹介は入荷時にブログに書いていましたが、今回もちょっと追加でご紹介です。 全体がポリッシュで、シートチューブにレザーの胴巻き(ハラマキではないですよ。自転車用語でこういう風に色を塗り分けるのを胴巻きって言います)そして、ヘッドバッジもレザー、というこだわり。 もちろんサドルはBROOKS、B-17スタンダードが標準装備です。色もいいですよね。 ハンドル周りは他のBRUNOのモデルでも採用されている、ちょっと手前が握りやすい幅広めのドロップハンドル&ギドネットレバーなので、街中でも気軽に乗れますね。 メッキ仕上げのフレームは実はよく見るとツルツルピカピカのメッキではなくて(←逆に安っぽく見えることがあるので難易度高いのです)よーく目を凝らすとうっすらとヘアライン仕上げのパイプにメッキで仕上げているのがわかります。 個人的には普通のメッキよりもこちらが好きです。 細かい部分ですが、ワイヤーの受け金具も肉抜きされていてカッコいいですね。 この価格帯でここまでこだわってる完成車は少ないです。 ジオメトリー(フレームの設計)は他のBRUNOのモデル、近い車種で例えれば20ROAD DROPに比べてシートチューブがやや立ち気味に設計されています。 カタログの数値では20ROADが70度、この406 steelは72度で
BRUNO VENTURA 新色入荷してます。

BRUNO VENTURA 新色入荷してます。

BRUNO, Mini velo
本日のブログ。 まずは店内の様子から。 入ってすぐはBRUNO、CRAZYSHEEP、RAREIGHなど人気の街乗りさんのミニベロをずらりと。 こちらは、ちょっとスポーツよりなミニベロコーナー。 GIOS、KHS、Manhattanもあります。 こちらは、人気のBRUNO Mixteコーナー。 カラーバリエーションが多いので専用コーナーになっちゃってます。 びっしり詰まってます。 少し奥には、こだわりのハンドメイドブランドE.B.Sコーナー。 一番奥にはMoulton様も鎮座しております。 こんな感じで、(ほぼ)ミニベロ専門店の当店1階。 ミニベロの在庫量はかなり多い方だと思います。(いつも100台弱ぐらいです。) さて。本日の本題。 BRUNO VENTURAの新色。グレーとブラックが入荷しました。 こちらがグレー。 こちらもグレーです。 そしてこちらも・・・ はい。すみません。 ブラックの写真がございません。 店内の在庫が多すぎて商品を出すスペースが確保できませんでした。冒頭の店内写真は言い訳です。 ブラックの方はパーツの色は全て一緒でフレームカラーも艶ありのブラック。という感じです。 BENTURAのフレームカラーに合うキリッとした色ですよ。 パーツはブラックエディションなのでハンドル周り、クランク、ホイール、ブレーキなどなど、全てのハードウェアがブラックです。 サドルもBROOKSのカンビウムのブラックカラーで合わせています。   おそらくこのブログをお読みいただいている頃には、店頭に出せていると思います。 もしブラック目当てでご来店いただける際は、できれば事前にお電話またはメールでご確認いただけると助かります
【11月3・4・5日】KHS試乗会

【11月3・4・5日】KHS試乗会

しっかり走りを楽しめる本格ミニベロ・フォールディングバイク「KHS」 F20シリーズを中心とした主要モデルの乗り比べができる試乗会を開催します。 KHSのフォールディングバイクはどれも信頼性が高くカスタムもしやすい、長く使えるモデルなので、ぜひそれぞれの車種の違いを比べて最適な一台を見つけてください! 「KHS試乗会」 日時:11月3(祝)・4(土)・5(日) 11:00〜17:00 雨天中止 おすすめご試乗プラン まずはKHSの乗り味をチェック。 どんな感じで使いたいか、用途や重視するポイントをスタッフにご相談ください。 まだ用途が絞り込めていない方は、まずは代表的なモデルとしてF-20RCを試してみるのがおすすめです。 普段使い慣れているビンディングシューズで乗ってみたい方は、ペダルとシューズをお持ちください。 もし時間が許せば、乗り比べもどうぞ。 フロントフォークがカーボンとクロモリではどう違う? ⇨ F-20RとF-20RC、P-20RとP-20RC 折りたたみすることは少ないそうだけどミニベロの方がいい?⇨ F-20RCとP20RC ロード系モデルとツーリング系モデル、フレーム設計の違いって?⇨ F-20RとF-20G 試乗会期間中だけのご成約特典もご用意しました! 11/3・4・5にご成約いただいた方に10,000円のオプションパーツをプレゼント。 当日ご成約時に一緒にご購入いただいた商品代金から10,000円(税込)を当店が負担します! 輪行バッグや、カギ、ライト、サイコン等の必需品に充てるもよし、コンポーネントやホイールのアップグレード費用の足しにするもよし。使い方は自由です! 当日試乗可能なモデルはこちら!   ご試乗希望の方は、身分証明書をご持参
Moulton TSR-9オーバーホールのご紹介。

Moulton TSR-9オーバーホールのご紹介。

Mini velo, MOULTON
ROTORの楕円クランクにドロップハンドル、コンポーネントのアップグレード( Shimano 105)、極め付けはWhite Industriesのハブを使った手組みホイール。 がっつりカスタマイズを施して、がっつり乗り込まれているMoulton TSR-9のオーバーホールのご依頼頂きました。 内容としては、消耗部品のリフレッシュとフロントサスペンションの清掃&グリスアップ、その他は全体的に分解清掃&グリスアップです。 オーバーホールのご依頼の場合は、だいたいこんな感じのメニューになります。 あとは、作業後にチェックしてみて、修正箇所があれば(例えばディレーラーハンガーの歪みとか)修正していく形になります。 こちらが作業前の車両です。 写真では分かりにくいのですが、それなりにくたびれています。 余談ですが、ちゃんと使い込まれてくたびれてきた車体と、お手入れを怠っていてくたびれちゃった車体は一目瞭然で判ります。もちろん今回は前者ですね。こういう車体はやりがいがあります。 全ての作業をご紹介すると、長い(割に面白くない)記事になってしまいますので、今回は目玉であるフロントサスペンション周りの作業をご紹介します。 こちらはまだ作業前、分解中のフォークです。 プラスチック製のブッシュもそれなりに汚れて、残念ながら微量ですがサビも出ています。 そして完全に分解するとこんな状態に。 やや乾燥気味の餡子のようなグリスでべったりしています。 これを完全に落として、工場出荷時よりもハイグレードなグリスに入れ替えます。 いつも当店で使っているグリスは、ダレにくくて、防水性の高いものを使っています。なかなか頻繁に開ける機会のない部分ですので、少々高級すぎるかも?と思いながらも惜しげも無く全体に塗っていきます。 他の部分も磨耗や損傷、フォーク