大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

Mini velo

【速報】MOULTON ロイヤルウエディング記念モデル発売です!

【速報】MOULTON ロイヤルウエディング記念モデル発売です!

Folding, Mini velo, MOULTON
モールトンより、英王室のヘンリー王子とメーガン・マークルさんのロイヤルウェディングを記念した限定モデルが発売になります。 本日このブログを書いている時点では、入荷時期等詳細は未定ですが、価格は30万円台半ばぐらい。オールドイングリッシュホワイトのフレームに、写真のとおり前半分イギリス、後ろ半分がアメリカをモチーフにしたペイントになっています。 塗り分けが施されたフレームは少ないのでとても新鮮な印象ですね。 車両はTSR-9をベースに、Brooksのレザーサドルとリアにデイキャリアが付属します。グリップもレザーグリップです。 近日中に入荷時期等の詳細はお伝えできるかと思いますが、非常に人気が出ると思われますので、絶対に手に入れたい、という方はお問い合わせフォームまたはお電話でご連絡ください。 >>お問い合わせはこちらからお願いします。
E.B.S Horizontal451 Disk仕様を極秘入手

E.B.S Horizontal451 Disk仕様を極秘入手

E.B.S, Mini velo
スペシャルな1台が届きました。 Horizontal451のディスクブレーキバージョンです。 もちろん、通常のラインナップにはない特注モデルです。 東京の姉妹店「Velo style TICKET」が別注オーダーしていたのを少々分けてもらいました。 ディスクブレーほどの制動力が必要??って声が聞こえてきそうですが、この仕様の場合、メカニカル(ワイヤー引き)なので油圧ディスクブレーキほどの過度な制動力になっていません。まぁ仮に油圧だったとしても少ない力でブレーキ操作ができる、という程度なので、コントロールしにくいほどの強烈なブレーキ力、という事はございません。 個人的には雨でも制動力が変わらない、とかリムサイドが汚れない、という点が嬉しかったりします。 それと一番の利点は後ろ姿がカッコよくなる事。 シートステー(後ろハブからサドルにつながるパイプ)がミニベロの場合長く見えますので、ここにブレーキがつかない、しかも特に線が細くて美しいHorizontal451ならなおさら後ろ姿がカッコ良く見えます。 カラーはグロスブラック。 ツヤッツヤのウエット塗装で仕上げています。 個人的にはパウダー(粉体塗装)よりウエット(液体塗装)の方がなまめかしい艶が出るので好きなんです。 展示車は写真の通りブラック&ポリッシュで仕上げてみました。 間違いなくカッコいいです。 総ブラックパーツで組み上げるのもアリだと思うんですけど、シルバー(ポリッシュ)をバランスよく配置することでブラックが引き立ちます。 写真のこの状態で約20万円ほどになります。(←ちょっと展示車割引しています) コンポーネントはShimano Soraグレードでフロントシングル× 9スピード、Brooks カンビウムオールウェザー&ラバーバーテープ。サイズは520mmなので
人気のRALEIGH。ハンドルをちょいちょい。

人気のRALEIGH。ハンドルをちょいちょい。

Mini velo, RALEIGH
今年の春はもうやたらと売れておりますRALEIGH(ラレー)のミニベロ達。 このブログでも取り扱いの各車種については度々ご紹介しておりますが、その英国情緒あるルックスだけじゃなくて品質もしっかり、さらにコスパもかなりなものなので、僕たちも安心してお勧めしています。 そもそもRALEIGHはイギリスを代表する老舗自転車ブランドの一つ。 1886年創業なので130年前からある自転車メーカーということになります。 ちなみに日本の年号でいうと明治19年ですって、すごいですね。 そんな超老舗ブランドのRALEICHですが、現在日本国内で流通している製品はこちらも日本の老舗ブランド新家工業(ARAYA)さんが企画して製造販売しています。って普通はこんなウラ話はしないんですけどね。 アラヤさんの場合は、そもそもが非常に優れた自転車メーカー(ARAYAブランドやツバメ自転車然り)ですし、アラヤさんのRALEIGH愛というか自転車愛が製品からひしひしと伝わってきますのでただの名前貸しのライセンスではなく、非常にいい形のライセンス契約になっているんだろうなぁと個人的には思っています。 詳しくはラレージャパンのホームページで感じてみてください。 そんな訳で、ブランドバリューを抜きにしても非常によくできた自転車のラレーのミニベロたちですが、当店のように立て続けに何台も販売しているとちょいちょい気になる(というか好みの問題??)も出てきます。 それは、ハンドルバー。 オリジナルの物も程よい幅と扱いやすいアップライズ&バックスイープで使い勝手は申しぶんないのですが、優等生すぎると言いますか、悪く言えば平凡に感じてしまいます。(見慣れてしまったが故の病でしょうか・・・) 例えばこんなの。 ハンドルバーはやはり自転車の性格をい
MOULTON BICYCLE in the PORTER Gallery 1

MOULTON BICYCLE in the PORTER Gallery 1

Mini velo, MOULTON
大阪の話ではないのですが・・・ 東京は表参道のPORTER OMOTESANDOさんにて「MOULTON BICYCLE in the PORTER Gallery 1」が開催中であります。 PORTER OMOTESANDOさんは「PORTER」ブランドのバッグを世界中の逸品とともに販売する旗艦店。 以前からMoultonの自転車は置いていただいていたのですが、今回はこのイベントのために作られた限定商品やお城製Moultonも展示されます。 ちなみに、PORTER OMOTESANDOさんのMoultonの整備およびご購入後のアフターメンテナンスは当店のグループ店舗Ticketが担当させていただいております。 東京方面に行かれる方は是非お立ち寄りくださいませ。 MOULTON BICYCLE in the PORTER Gallery 1 会期:2018年5月3日(木・祝)~6月3日(日) 場所:PORTER OMOTESANDO the PORTER Gallery 1 後援:駐日英国大使館 国際通商部
CRAZYSHEEP Corriedal 小さめサイズが残り僅かです。急いで。

CRAZYSHEEP Corriedal 小さめサイズが残り僅かです。急いで。

CrazySheep, Mini velo
GWの終わりとともに雨がぱらつき始めた大阪南堀江よりこんばんは。 GW中はさして新しい商品の入荷もないので取り立ててニュースはないのですが、逆に出ていく商品は多いのでありがたい限りでございます。 そんなわけで、タイトル通りCRAZYSHEEPのミニベロ「Corriedal(コリデール)」の一番小さいサイズ(460mm)が残り僅かです。 僅かって言うか、具体的にいうと残り1台です。 次の入荷は少し先になりそうなので、ご検討中の方はとりあえずご連絡ください。写真のカラー”ボルドー”これ1台です。(写真はちょっと暗く写っちゃったかも) 460mmなので身長150〜165cmぐらいの身長の方にちょうど良いと思います。 コリデールに関してはこのブログでもたくさん書いてきましたが、本当にオススメなんです。 ミニベロ専門店の当店が自信を持って信頼しておすすめできるミニベロです。 どれぐらいオススメしているかって言うと店内にコリデールコーナーがあるぐらいです。 ハンドルを変更したカスタムモデルも常時置いていますので、参考にしてみてください。 一番小さい460mmは残り僅かですが、他のサイズ(510mm、560mm)はまだ在庫ありますので、ご安心を。
GWにギリギリ間に合いました!E.B.S LEAF451

GWにギリギリ間に合いました!E.B.S LEAF451

E.B.S, Mini velo
4月に入ってからも順調にご用命いただいております、国産ハンドメイドメーカーE.B.S のちょっと本気のミニベロ「LEAF451」ですが、、、 どうしてもハンドメイドという性格上、最小限のストックしかございませんので店頭在庫数が怪しくなって来ました。 と言う訳で各方面に少々無理を言いまして手配しました。 Mサイズ(小さい方)の色は深めのグリーンです。 こちらは即納可能。すぐに乗って帰れます。 最も価格を抑えた設定の場合は118,000円(税別)でご用意していますが、せっかくのきれいなハンドメイドフレームにはちょっと寂しいパーツ構成なので、今回はサドルのみ変更しましてBROOKSのB-17Agedにして見ました。 なのでお値段は130,000円(税別)になります。(サドル代はちょっと値引きしてます。) サドル界のド定番B-17を乗り始めの時期からすぐに馴染むようにエイジング加工しているモデルです。 乗る頻度や時間が少ない方でも安心してレザーサドルの乗り心地をすぐに体感して頂けます。 この在庫車はMサイズなので適応身長は150cm〜165cmぐらい。 主に女性に乗って頂きたいサイズ感です。(もちろん男性もOK。ちなみにLサイズはサドル位置が5cm高くなります。) ご検討中の方はぜひ店頭でまたがって見てください。 その際は慣れない車体でちょっと怖いかもしれませんが、サドル位置はほんの少し高め、を意識してもらえるとLEAF451らしいスマートな乗車姿勢を感じてもらえると思います。 冒頭でハンドメイドなので最小限のストックしか・・・と申し上げましたが、逆に言いますと他の大量生産モデルとは違いオーダー頂ければあなたのための1台をお作りしますので、車体の色やハンドル形状など自分なりのこだわりの一台を作ってみるのもオススメですよ。
即納できるMoulton SSTございます。

即納できるMoulton SSTございます。

Mini velo, MOULTON
モールトンのスタンダードモデルで僕も愛してやまないTSRシリーズを発展させたフレーム販売オンリーのモデル「モールトンSST」 フロントフォークの軽量化やメインピポッド、ポリッシュが美しいステンレス製前後エンド金具など、TSRを進化させたモデルです。 クルマに例えるなら普通のBMWじゃなくてMのような、ガンダムでいうとシャアザクのような、、、、普通のグレードでは満足できない貴方のためのモデルです。 店頭にあるのはそんな特別感あるSSTをちょっと戦闘的にかつ精悍なイメージで組み上げてみたモデルです。 主なパーツ構成は、20インチ(406)ホイールの中ではある意味最強なKitt Designのフルカーボンホイールに、シンプルなデザインながら変速性能に定評あるPracsis Worksのクランクセット、コンポーネントはブラックが綺麗なShimano 105です。 サドルとバーテープはイギリス繋がりでBrooksのカンビウムサドルとラバーバーテープを使っています。 近年のBrooksは革製品以外もかっこいいですよね。 でもって、、、 パーツだけじゃなくて実は大技なカスタムも施しています。(気づいてました?) 通常、SSTのヘッドセットはアヘッドタイプですが、こちらはスレッドタイプに変更しています。 スレッドのヘットセット+ステムというと、アヘッドに比べてどうしても重くなってしまいますが、見た目は細くてモールトンの線の細いシルエットとは非常に相性が良いんです。 それなりの日数と費用がかかる作業ではありますが、SSTやTSRを美しく作る上ではオススメのカスタマイズであります。 そんなわけで、この写真の状態で店頭展示・販売中でございます。 価格は53万円(税別)です。展示品なので組み立て工賃等かなりサービスさせてもらって
キャンプの話

キャンプの話

Mini velo
僕が初めて自転車でキャンプに行ったのは高校の時かな。 シートポストに付けるタイプのリアキャリアとリュックと寝袋をそのキャンプのために買ったような気がします。 (今の僕ならリュックはやめとけ、って言うでしょう。) 調理道具や大型のテントはみんなで分担して積んで、服装は全くの普段着、パンク修理の道具も持っていたかどうか怪しいところです。 自転車はマウンテンバイクでブロックタイヤをブリブリ言わせながらアスファルトの上を走ってました。 当時はマウンテンバイクブームだったのでそれが当たり前だと思ってましたが、相当体力とタイヤを消耗してたと思います。 でも道具なんか何でも良くてとにかく楽しかったですよ。 そんなこんなで大人になって同じようなことして遊んでます。 こちらは店内で絶賛プッシュ中の自転車キャンプコーナー。 最近はキャンプが目的で自転車を購入される方も多くて、ご相談に乗らせて頂くことも多いです。 (じつは男性より女性からのご相談が多いです。) オススメの基本的な構成は大体こんな感じ。 扱いやすいミニベロにリアキャリア&パニアバッグ。ボトルケージも忘れずに付けましょう。 他にはスマホホルダーやキャリア用のゴム紐なんかも意外と大切だったりします。 なかなかネットで調べても実際のバッグの大きさや積載量とか実感しにくいと思いますし、普段使いにも両立できる自転車やグッズなど、やってみたいアウトドアのレベルに合わせて、僕らの力になれる範囲で相談に乗らせて頂きますよ。 ちなみにゴールデンウィークの最終日、5月6日予定でミニベロ好きな方々とちょっとしたアウトドアでゆるく集まれるイベントができればなぁ。と考え中です。 近々ご案内できると思いますので、6日は空けておいてくださいね。(ナカ)
カスタムホイールという選択

カスタムホイールという選択

Custom, Mini velo
ゴールデンウィークのご予定はお決まりですか? 仲間とちょっと頑張って長距離のツーリングとか? そんな方にオススメのホイールをご紹介します。 White Industories T11 + H+Son SL42 前後セット:80,000円(税別) カリフォルニアのカスタムパーツブランド「White Industories」のハブに42ミリハイトのリムを組み合わせました。 スポーク、ニップルまで全てブラックで統一してかなりカスタム感ある組み合わせになっています。 White Industories T11ハブの性能についてはここであまり説明する必要もないかもしれませんが、とにかく性能も見た目も間違いない。とだけ言っておきます。 リムは小径ホイールにしてはありえないぐらい(実際どうやって作っているのか想像しづらいですね)高ハイトな42ミリ幅!、バランス的には80ミリぐらいあるように見えますが、小径なので42ミリでもかなりの太く見えます。 ですので、見た目以上に軽いですし、見た目以上にクセのないリムです。 低ハイトのリムに比べると空力特性がいいのはもちろんですが、小径では以外と重要なファクターになる"硬さ"も十分すぎるぐらい確保できるリムなのです。 サイズは406なので、モールトンやブルーノなんかにどうぞ。 Shimano ULTEGRA + Alex Rims R390 前後セット:39,000円(税別) こちらは対照的にシルバー系でまとめた、定番の組み合わせ。 リムは451サイズでは定番で信頼性の高いR390です。 ローハイト+ポリッシュ+ハトメ付きというとても品の良い見た目になります。 リムサイドのステッカーは剥がしておきました(わかってるでしょ?) こちらは451サイズなので
Moulton TSRを買ったなら。。。。

Moulton TSRを買ったなら。。。。

Mini velo, MOULTON
今年度はどのメーカーさん完成車・パーツ共に値上げ傾向にありまして、このモールトンも例外ではなく、、、、 値下げの時も、値上げの時も判断が早い輸入元のダイナベクターさんはいち早く値上げを発表していましたが、特に売れ行きが変わらないのがこのモールトンTSR。 少々値上げしたと言っても分割モデルで27万円、非分割なら24万円で、あのモールトンが手に入るのですから。 モールトンのラインナップ中では一番低価格なこのモデル。 自転車好きの一つの終着地点=モールトン として購入される方もあれば、これをきっかけにモールトンの魅力にハマって上位モデルへと・・・という新たな終わりの始まりを迎える方もあります。 そんなTSRですが、いわゆる「お城製」とは違い、英国パシュレー社の熟練の職人さんによって作られています。 しかし、サスペンションなどはお城製のAMシリーズと共用のパーツも多く、他メーカーの自転車とは完全に一線を画す乗り味は十分に味わえます。 個人的にはもちろん上位グレードの乗り味がいいのはわかりますが、このTSRシリーズの乗り味も大好きです。 クルマ言うとフェラーリもいいけどアバルトも楽しいぞ。と言う感じでしょうか?(どっちも乗った事ないけど) さて、前置きが長くなりましたが今日は、そんなTSRのカスタム基本編のご紹介。 まずはノーマルのまま乗っていただくことをお勧めすることが多いのですが、どんな車種でもコストの都合や大人の事情でちょっと残念なパーツが採用されていることもままありまして。。。。 TSRにつきましては、やはりモールトンですし、ちょっと細部にもこだわって素敵な一台に仕上げてあげたいと思うわけです。 そんなわけで、TSRの私のお勧めカスタムポイントをご紹介いたします。 まずはサドル。 もうここは説明