大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

Custom

BULITT。。。

Custom
オランダ発のカーゴバイク「BULITT」。 日本で乗るにはナカナカ勇気のいる1台かも知れませんがその反面、実用性・所有感・ワクワク感を満たしてくれると思います。見た目と違い、アルミフレームなので意外と軽量、そしてバゲッジスペースも低重心なので荷物のふらつきなども抑えてくれます(ステアリングロットでの操作なので最初少し戸惑いはありますが、ある程度乗ると乗車感覚は修正されます。) 追記 451オリジナルミニベロも週明けには仕上がる予定なのでパーツ手配いたしまーす。 フレームカラーは今週末少し悩んでみます。 商品についてのお問い合わせは  up@velolife-unpeu.com  06-6616-9200(11:00~20:00) まで。 UNPEUは 大阪市西区南堀江3丁目3-4 最寄り駅は 各線「なんば駅」 地下鉄千日前線「桜川駅」 地下鉄長堀鶴見緑地線「西大橋駅」 ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしています

Manhattanのミキストモデルをカスタムです。

Custom
だいぶと前にUNPEUテイストでカスタムした Manhattanの「m451-X」 嬉しいことに同じようなテイストで仕上げてほしいとのご要望があり 製作した今回。 こんな感じ。 シート、バーテープはBROOKSのレザー。 上質感を演出できます。 ハンドルはブルホーンタイプ。 突き出し部分はあまり持つことはないでしょうけど、これだけワイド(480mm)があれば フラット部分だけでもチカラの入力に十分な幅は確保できます。 そしてこういったハンドルのメリットは握れる箇所が増えるだけでなく、 握り位置が長いのでバーテープを巻けるということ。 自転車のいでたちを大いに変えるハンドルまわり。 好きなバーテープを巻けば自分の個性を押し出せます。 革製品で上質に仕上がった全体のバランスを崩さずに、実用性を高めるための フロントバスケットを装着。 標準で付いているフレーム同色のフロントラックにSHOWAのウッドワイヤーラックを 取り付けてみました。 ウッドワイヤーラックの取付は、キャリパーブレーキのこのモデルだと通常は ハンドルから吊り下げて長い足(ステー)で支えるといった方式になるのですが、 せっかくの同色ラックがもったいないので半ば強引に取り付け。 切ったり、削ったりと少し手間がかかりましたが、仕上がりをみて満足(自己満足) 同じような取付け方をご希望の方はお気軽にご相談を。。。 写真ではペダルがついていませんが、納車時にMKSのプロムナードペダルを チョイスいただきました。 標準だとペダルやサドル、グリップなどが少し残念なこのモデル。 しかしすらっとしたミキストフレームのフォルムはとてもエレガントです。 ちょっとしパーツの交換で綺麗な佇まいの自転車に生まれ変わる「m451-X」 店頭にも標準仕様の在庫ありますのでカスタム含めで是非。 在庫状況などのお問い合わせは  up@velol

B-ant カスタム

Custom
除々にミニベロ界で浸透してきたB-ant の「a406s」 早速カスタマイズです。 もともとはセミドロップ、逆さにすればプロムナード型のハンドルバー。 これを安定・安心して乗れるよう、握るポジションを増やして幅も 抑えめにするためセミドロップ(サポートレバー付き)に。 UNPEUではすでに定番?と化した Dixnaバンディー26ハンドル + Dixnaジェイリーチレバー の組み合わせ。 さらに手前にはサポートブレーキレバーも。 B-antは標準でBROOKSの革サドルがついているので、バーテープも BROOKSであわせてみました。 これほんとに乗りやすいです。 ドロップハンドルといえども突き出しが短くてドロップ部分も浅いので、 ハンドルのトップ部やレバーブラケット部からドロップ位置への握り替えが 非常にラクチン。 また通常はドロップ部を握るとブレーキレバーに少し指がかかりにくいのですが、 ジェイリーチレバーだと難なく届きます。 ほんと日本人向け。(私の指が短いからかも、、、、) 小柄で手の小さい方や、女性には最適です。 そしてハンドル変更に伴ってシフターはステムの下にWレバーを配置。 ここ、さほどブレーキレバーからの移動距離も少なくて快適に変速できます。 あれ? a406sってVブレーキじゃなかったっけ?ドロップハンドルにできるの? ということで ブレーキは「カンチブレーキ」に変更。 Vブレーキのままでも対応できないことはないのですが、せっかくのジェイリーチ レバーが使えなくなりますので。。。。 このカンチブレーキのほうが全体の雰囲気にマッチしてるとも思います。 別の車体でも「自分に合った、乗りやすいハンドルに!」というご要望が あればお気軽にご相談下さい。 在庫状況などのお問い合わせは  up@velolife-unpeu.com  06-6445-2602(11:0

TSR-9 ゆったり仕様カスタム

Custom
BSM(ブリヂストン・モールトン)を所有のお客様。 短い距離の通勤にお使いだったのですが、より安定してゆったり通勤 したいとのことでMoulton TSR-9をお買い上げ、そしてちょいカスタム。 ハンドルはプロムナードバーに変更してゆったりポジション。 サドル・グリップはBROOKSで統一。 一気にノスタルジックな雰囲気に。 少々の雨でもコレで通勤されるとのことで、 専用のマッドガード装着。 ドイツのSKS製。タイヤとのクリアランスも絶妙。 次の生産分でオーダーいただいたオリジナルのフロントバスケットを装着する予定なので、スタンドはダブルレッグに。 こんな感じでゆるく乗れるコンフォート系にもできるし、がっちりスポーティーに カスタムしてもハマるTSR。 現在、TSR-9(分割フレーム)のホワイトとパープルが在庫あります。 あと代理店在庫でレッドが少量あるようです。 ほかの自転車とは一線を画す独特のトラスフレームをぜひ。 UNPEUは 大阪市西区土佐堀1丁目1-31 最寄り駅は京阪の淀屋橋・渡辺橋と地下鉄四つ橋線の肥後橋 大阪駅や北新地からも歩けます。 お問い合わせは  up@velolife-unpeu.com  06-6445-2602(11:00~20:00) まで。 ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしています。                          UNPEU

MASI 通勤仕様

Custom
以前にご紹介した 「MASI」のミニベロ (以前の記事) カバンを入れての通勤仕様にてご要望いただき、若干の カスタムをして完成。 カバンを入れるとのことなので、、、、 リアにRixen&Kaulの「ライゼンタール」(バロックサンド)を装着。 このライゼンタールは上をきんちゃく風に閉じれるので後ろに付けても安心。 通常は前用で、車輪の大きい自転車に付けるとタイヤを干渉するのですが、 ここがミニベロの良いところ。 後方に大きな空間があるので大丈夫、またその空間を埋めてバランスも よくなります。 取り外すとアタッチメントのエクステンダーが残るだけ。 必要ないときはワンタッチで外せます。 通勤&街乗り用なのでこれもあったら安心。 サポートブレーキレバー ただしこのレバーを付けるとライトなどを付けるスペースがほとんど 無くなります。。。。 そこで登場。 こういった場合でも対応できるライト、MOON の「Mask」 コラムスペーサー部分に横向きに取り付けでき、地面と並行・あるいは 少し下向きなど角度調整が自由自在。 サポートレバーの追加やカゴ・バッグの取り付け等、ご相談受け賜ります。 お気軽に御問合せ下さい。 お問い合わせは  up@velolife-unpeu.com  06-6445-2602(11:00~20:00) まで。 UNPEUは 大阪市西区土佐堀1丁目1-31 最寄り駅は京阪の淀屋橋・渡辺橋と地下鉄四つ橋線の肥後橋 大阪駅や北新地からも歩けます。 ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしています。                          UNPEU

インチアップカスタムです。。

Custom
数年前にお買い上げいただいたBRUNOの20ROAD。 痛んでいる箇所も多く、消耗部品の交換の話しから一大決心で 大幅カスタムになりました。 こんな感じで まず目を見張るのが大径化されたホイール。 ノーマルの20インチ(406)から451サイズにインチアップ。 しかもH+SONのDEEPリム。 いかつくなりました。 フレームやブレーキとのクリアランスも確認済み(ぎりぎり。。。) 大径化にともない標準のカンチブレーキは使えなくなるので、 少々強引にキャリパーブレーキに変更。 ええ、苦労しましたとも。 使い込まれた革サドル。BROOKSのB-17SPが良い味だしてます。 そのサドルにあわせてバーテープもBROOKSのレザーテープに。 まとまり出てます。 ハンドルはそのままでブレーキレバーを交換。 いま1番おすすめしているDIXNAの「ジェイリーチ」 レバー部の曲がり具合が絶妙で、とてもにぎりやすいのです。 手の小さい方や女性にはとくにおすすめ。 最初は消耗部品の交換やメンテ目的だったのですが、どうせココ変えるなら ちょっといいやつに的なカンジでこうなりました。 ブレーキワイヤーやレバーが痛んでいて交換するときなどは、どうしても 一緒に交換しなければならない部品がでてきます。 そんなときに元と同じものにするよりかは、品を変え、色を変えで イメージチェンジやグレードアップできて、愛車をリフレッシュできます。 これを変えるならコレがおすすめですよ! などアドバイスさせていただきますので、メンテついでにグレードアップを お考えの方はお気軽にご相談ください。 UNPEUは 大阪市西区土佐堀1丁目1-31 最寄り駅は京阪の淀屋橋・渡辺橋と地下鉄四つ橋線の肥後橋 大阪駅や北新地からも歩けます。 お問い合わせは  up@velolife-unpeu.com  06-6445-26

APBその後です。。。

Custom
少しあいだがあきましたが。。。。 こないだご紹介したAPBのカスタム後をようやくご紹介。 カスタム前 この頃は前後サス部分にブーツがついてました。 そしてカスタム後 Vブレーキに対応できるレバーにして、シフトレバーはオリジナル台座を用いて ステムにすっきり。 ハンドルはB135ランドナーバー バーテープはおススメしたBROOKSのマスタード。 ブリティッシュグリーンとの相性ばつぐん。 そしてクランクには高級感を高めるホワイトインダストリーズ。 これだけでグッと引き締まります。 リムもポリッシュなので、前・中・後とピッカピカ。 ペダルには個人的にも気に入っているMKSのアーバンペダル+ハーフクリップのベストカップル。 サドルはもともと使用されていたものをそのまま。 使い込まれたRegalも良い味出してます。 コンポはほとんどが105。全体的に性能もUPです。 トータル費用は15万円ほどかかっていますが、車体のもとの価格や これまでの使用年数、そしてこれだけの変身ぶりを考えると価値はあるかと。 こんな感じのカスタムをされたいとお思いのかたはご相談を。 UNPEUは 大阪市西区土佐堀1丁目1-31 最寄り駅は京阪の淀屋橋・渡辺橋と地下鉄四つ橋線の肥後橋 大阪駅や北新地からも歩けます。 お問い合わせは  up@velolife-unpeu.com  06-6445-2602(11:00~20:00) まで。 台風一過のご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしています。

APBのその前に。。。

Custom
本日お客様が購入されたマンハッタン/m451T。 好みの色を入れると止まらなくなった感じで、こんな感じになりました。 色違いだけどノーマルはこんな仕様。 ハンドルとステムを交換して タイヤとペダルを交換して 少し派手なロゴ消しとキズ防止でテハマナのフレームカバーとブルックス・スイフト をインストール 大事な足元も三ヶ島に交換 走行性能も上がり、所有感もあがって、大事にいつまでも使ってもらえそうな1台に なったと思います。カスタムなどもお気軽に御知らせくださいー UNPEUは 大阪市西区土佐堀1丁目1-31 最寄り駅は京阪の淀屋橋・渡辺橋と地下鉄四つ橋線の肥後橋 大阪駅や北新地からも歩けます。 在庫状況などのお問い合わせは  up@velolife-unpeu.com  06-6445-2602(11:00~20:00) まで。

こんな時期には。。。

Custom
梅雨、 自転車通勤の人間にとってはこの響きだけでもイヤな気に なるのに、 台風まで来ています。 風が強いです。 みなさん両手でしっかりとハンドルを握りましょう。 もしくは割り切って公共交通機関を。 そんな自転車に気持ちよく乗れない時期は愛車のメンテ&カスタマイズは どでしょか? 最近はUNPEUオープン当初にお買い上げいただいた車体や、それ以前に 乗っていた古い車体などをお持込いただいて甦らすことが多いです。 こちらの車体も MOULTONのライセンシー、APBです。 このころはVブレーキ、1インチスレッドのクィルステムでした。 これを大幅にチェンジします! チェンジした姿はまた次回ということで。。。。 風がきついので早めに終了です。 UNPEUは 大阪市西区土佐堀1丁目1-31 最寄り駅は京阪の淀屋橋・渡辺橋と地下鉄四つ橋線の肥後橋 大阪駅や北新地からも歩けます。 在庫状況などのお問い合わせは  up@velolife-unpeu.com  06-6445-2602(11:00~20:00) まで。 台風一過のご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしています。

MV2-PROカスタムです。

Custom
本日はカスタム事例のご紹介。(昨日アップしてないことはさらっと流して、、、) 以前に当店でお買い上げいただいたルイガノMV2-PROのカスタムです。 ある程度ほぼノーマルの状態で楽しんでいただいてたのですが、 カスタム前はこんな感じ。 オプションパーツの追加やサドル変更はされています。 少しゴチャっとしたハンドルまわりをスッキリさせてブルホーン的にしたいとのことで。。。 こうなりました。 NITTOのブルホーンタイプに変更し、ステムもノーマルのアジャストタイプから すっきりしたDixnaのリードステムに。 バーテープはもともとインストールしていたBROOKS「COLT]のラズベリーに あわせて同じBROOKSのレザーテープを。 カラーパーツの配置バランスがとれました。 ワイヤーアウターはゴールドメッシュ。 と同時にペダルのケージもゴールドに。 ワイヤーの取り回しは少し窮屈ではありましたが、実際に走行しても なんら支障はなし! グリーンのボトルケージは少し浮いた存在になってしまったので外すそうです(正解!) カスタムはいろいろ承っていますのでいつでもご相談を。 できればカスタムする自転車とご一緒に。。。 UNPEUは 大阪市西区土佐堀1丁目1-31 最寄り駅は京阪の淀屋橋・渡辺橋と地下鉄四つ橋線の肥後橋 大阪駅や北新地からも歩けます。 在庫状況などのお問い合わせは  up@velolife-unpeu.com  06-6445-2602(11:00~20:00) まで。 ご来店・お問い合わせ楽しみにお待ちしています。                          UNPEU