大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

Blog

Ralegh RSP の在庫ご用意できました。

Ralegh RSP の在庫ご用意できました。

Mini velo, RALEIGH
こんばんは、いつものブログ担当ナカです。 僕が好きなモデル、RSPの在庫車が届きましたので早速整備を済ませました。 今回の入荷はブラックの520mmサイズ。大きい方のサイズです。 身長170〜180cm前後の方におすすめのサイズです。 ちなみに身長176cmの僕が乗ってみてちょうどいいけどあと2センチ大きくてもいいけど(そもそもそんなサイズ設定は無い)それだとせっかくのシートピラーのRALEIGHのロゴが隠れちゃう。。。という感じです。 なおこの520mmというのはクランク中心からシートチューブ頂点までの距離です。 このモデルの場合、この縦の長さもさることながらちゃんと前後の長さ(サドル〜ハンドル)もきちんと長く、スポーツ車としての設計がなされているので大柄な人が乗ってもサマになりますよ。 冒頭に書いた通り、僕はこのモデルが好きです。 その理由は、設計、パーツチョイス、デザイン、カラー、全てに理由とこだわりがあるから。 Rareighの伝統に基づいたデザインやクラシック感あるデザインとパーツで要所要所は現代のパーツで使いやすく、現実的なお値段で、ということをかなり高次元で実現してくれています。 特に興味深いのはホイール周り。 まずタイヤは60〜70年代の英車の雰囲気があるスキンサイドで(ちょっと古臭い)低いセンターリッジ&サイドブロックのタイヤ。平たくいうと程々にママチャリ感あるパターンです。 さらにブレーキ面までポリッシュ加工されたリム。最近のリムはどれもブレーキ面はブレーキシューの食いつきが良くなるように切削されているので、この面がポリッシュでピカピカ、というのはなかなか見かけません。(シマノBR-CX50というシクロクロス用ブレーキの効きが良いのでシューの食いつきはさほど気になりません。) そして、センターリブが英車らしさを感じさ
スーツが似合う大人の自転車。CRAZYSHEEP シャロレー

スーツが似合う大人の自転車。CRAZYSHEEP シャロレー

CrazySheep, Custom, 大径車(26インチ〜)
ここ大阪で新社会人になられた方、大阪へ転勤で来られた方、いらっしゃませ大阪へ。という事で、通勤用の自転車のご用命を連日頂いております。 そんな皆さんへ見本として見て頂きたい1台がこちら。 CRAZYSHEEPの26インチコミューター「Charollais(シャロレー」を惜しみなくカスタマイズした大人な1台です。 テーマとしては”お洒落なオトナが乗れる本気の街乗り自転車”です。(”街乗り自転車”は”ママチャリ”と読み替えて頂いても結構です) シンプルなデザインで、フレーム設計や細部の作り込みもお値段以上なシャロレーなのでカスタム素材としては申しぶん無いともいます。 今回はBROOKSのレザーパーツを使いましたのでハニー色のレザーと相性の良いアイボリーのフレームカラーを選んでいただきました。 ダーク系の色が多いスーツで乗る際にも映える色合いです。 ちなみにBROOKSのレザーの基本色はブラック、ブラウン、ハニーの3色。 いちばん明るい茶色のハニー色はいちばん経年変化がわかりやすい色でもありますので、これからどんどん渋いオトナの表情になっていくと思います。 グリップはBROOKSスレンダーグリップ。名前の通り細身のグリップで女性にもおすすめです。 サドルはBROOKSの定番B-17のスペシャルバージョン。手打ちの真鍮リベットと銅メッキレールが自転車全体にさりげなく良いバランスでアクセントになります。 フレームカバーはBROOKSでは作っていないので、こちらは大阪・河内長野のレザー小物ブランド「テハマナ」さん謹製のフレームカバーです。 と、いう感じでレザーパーツが目立つのですが、実はこの車両のカスタムの核心は実はハンドルバーにありまして、E.B.SとNITTOのダブルネームのハンドルバーEBS-10を採用しています。 乗り手
BRUNO Mixte 春の新色届きました。

BRUNO Mixte 春の新色届きました。

BRUNO, Mini velo
今朝、届きました人気のBRUNO Mixteの春の新色です。 本日の入荷は3色。 まずは「MINT」 ちょっとグレーっぽい彩度落としめのミント色です。 天気が良すぎて色がイマイチわかりにくいのですがこんな色です。 どんな服の色にも合わせやすいので、この色は人気出ると思います。 ほいーやハンドルなどパーツは全てブラック系になっています。 そしてこちらは、桜の季節にぴったりな新色「SAKURA」(そのままやん。) 今朝届いたばかりなのでまだ組み立て中です。 淡くて優しいトーンのピンク色ですので、「ピンク」と聞くとちょっと可愛いすぎるんじゃない?と思う方にもたぶん悪くないって思ってくれると思います。 ブログが書き終わると同時に仕上がったので一応写真載せておきますね。 あと、最後は「WHITE」こちらもまだ組み立て整備中ですが想像つきますよね。。。。 ロゴとストライプが映える柔らかいトーンの白です。男女問わず人気ですよ。 春の新色以外にも沢山在庫ありますので、店頭で見比べてみてくださいね。 どのカラーも52,000円(税別)です。カゴやドロヨケ、ライトなどオプションも各種ご用意してますよ。お待ちしておりますー。
E.B.S FLOAT451Sという美しい自転車

E.B.S FLOAT451Sという美しい自転車

E.B.S, Mini velo
ほぼミニベロ専門店の当店の中でも特に尖った存在のE.B.S FLOAT451S。 シングルスピードでシンプルな短めブルホーンハンドルと一切無駄のないパーツ構成にこのエッジの効いたフレームデザイン。 他とは一線を画す美しい一台に仕上がりました。 写真がイマイチですみません。 (カメラにちょっと問題ありまして・・・・1枚しか写真ないんです。。。) こちらはお客様のオーダー品ですが、店頭にも別色の展示車がございますので、詳細をご覧になりたい方は是非店頭でご相談ください。 ちなみにフレーム価格120,000円(税別)です。 変速がつけられるタイプのフレームもご用意可能ですよ。
tobiraプロトタイプを販売します。

tobiraプロトタイプを販売します。

tobira, 大径車(26インチ〜)
今までも数回このブログでも紹介していたのですが、なかなか製品が届かない(笑)E.B.Sから派生した新ブランド「tobira」。。。 ちゃんと水面下では着々と準備が進んでおります。 製品は4月〜5月にかけて入荷すると思いますのが、今回はそれに先駆けてtobira2車種の試作機、2車種各1台を販売してしまおうと思います。 model – T Standard horizontal frame. 自転車のフレームデザインとしては最もスタンダードなホリゾンタルフレームです。 トップチューブが水平(ホリゾンタル)なデザインは、軽量性と強度を兼ね備えた、19世紀後半から存在する最も合理的かつ美しい自転車のデザインと言えます。 model – O Comfortable staggered frame 様々な洋服や女性の方に跨ぎ降りしやすいフレームデザインです。 跨ぎ降りのしやすさと、しっかり走ってくれる為のフレーム剛性を考えました。 あまり前傾しない乗車姿勢なので安心して楽しめます。 実際に量産されるモデルとは若干設計が異なっておりまして、製品版の方はこの試作機に比べるとかなり安定感ある落ち着いた乗り味に変更しています。 個人的には、じつはこの試作機の乗り味も嫌いじゃないんです、安定感はやや落ちますがBBが高くて、ハンドリングもキレがあるので、少しスポーツ車に近い乗り味です。例えるなら久しぶりに着たフォーマルなスーツのようなちょっと背筋の伸びるキリッとした感じです。 この試作機は展示会等でも展示していたので、オプションは全部盛り、専用フロントラックにライト・ブルックスのサドルとグリップもついています。 通常だと15〜16万円の設定ですが、どちらも135,000円で販売します。 展示中に少しキズがついたり、テストのために数十
ブルホーンのコリデール、スタメン入りです。

ブルホーンのコリデール、スタメン入りです。

CrazySheep, Mini velo
昨日の夜、こんなカスタム車が出来上がりました。 CRAZYSHEEPのコリデールをブルホーンバーに変えています。。。って前からよくやってるカスタムじゃないか。 コリデールのカスタムとしてはもうド定番のハンドル交換カスタムです。 あまりにも定番すぎてご依頼も多く、カスタム前提でコリデールを買われる方も多いので、当店の他の完成車と同じ並びでスタメン入りさせる事にしました。 今回作ったのは、Mサイズ(510mm)なので、170cm前後の方にジャストフィットでしょうか。 色は一番人気のグレー。 ご要望頂ければ他のサイズ・カラーもお作りします。 ノーマルからの変更点は、 1. ハンドルをブルホーンに。 併せてバーテープをBROOKSのラバーバーテープに、 ブレーキレバーはテスタッチのものに変更しています。 2. サドルはBROOKSのC15オールウェザーに変更です。 お値段は、ノーマル仕様から1万円アップだけ! 93,000円でご提供です。かなり頑張ってます。 他のサイズ、カラーでも同じ価格でお作りします。 通常のカスタム時のように、価格を足し算して行きますとトータル10万円は軽く超えますので、BROOKSのサドルがタダでついてくるぐらいの感覚です。 (気が変わって仕様変更や価格変更するかもしれないのでご注文はお早めに!!) ちなみにドロップハンドル仕様も同じぐらいの価格設定で考え中です。 気になる方は店頭でご相談くださいませ。
UNPEUオリジナル E.B.Sベーシックモデル計画、始動してます。(第一弾:VOKKA)

UNPEUオリジナル E.B.Sベーシックモデル計画、始動してます。(第一弾:VOKKA)

E.B.S, 大径車(26インチ〜)
こんばんは、いつものブログ担当ナカでございます。 前々から計画していましたのでE.B.Sのフレームを極力お手軽な価格で完成車に仕上げるシリーズがいよいよ始動し始めましたのでご報告です。 第一弾は27.5インチホイールのATB「VOKKA」です。 こちらをShimano SLXでフロントシングル × リア11-42tのワイドレンジで仕上げました。 極力お手軽な価格で・・・と言ってもギリギリE.B.Sのフレーム価値に見合う構成にしたかったのでドライブトレインはSLXを投入しました。 ブレーキはメンテナンス性の良いシマノのワイヤー引きディスクブレーキ、タイヤは転がり抵抗が少ないので街乗りでも十分使えるマキシスのPACE(27.5×2.1)です。 その他のパーツは比較的ベーシックで無駄に目立たないものを選んでいます。 で肝心の価格ですが、、、158,000円(税別)です! 通常カラーはダークブルーグレーなんですが、今回の在庫車はオレンジ系です。 写真でお伝えするのが難しいですが、やや明るめのオレンジで店長のネーミングでは「サニーオレンジ」、まっすんのネーミングでは「エナジーオレンジ」です、イメージ伝わりますでしょうか? 写真の状態では付いていますが、ペダルは別売です。 あと今回はちょっと保険をかけてステム下のスペーサーを多めに入れていますが、ご納車の際に調整させていただきますね。 見かけによらずとても素直な性格です。 組み上がった車体を試乗してきました。 VOKKAの素性につきましては以前にこのブログでも「ニュートラル」と表現して紹介していましたが、今回のパーツ構成でもまさにそのニュートラルな性質を十分に感じられる、乗り手の意思にとても素直に答えてくれる良い自転車です。 フルリジッドのATBなんて一癖ありそう、と感じられるかもし
BRUNO Mixteの春なんです。

BRUNO Mixteの春なんです。

BRUNO, Mini velo
春の新生活に合わせて新しい自転車を・・・というご注文で賑わっておりますUNPEUです。 有難うございます。 こちらはご納車待ちのBRUNO MIXTE(ブルーノ ミキスト)。 通勤通学にも使いやすいこの時期にご注文の多いモデルであります。 今回はオプションで前カゴ、ドロヨケ、ライトを取り付けてご用意させて頂きました。 当店に置いている自転車はほとんど(先日紹介したRaleigh RSS RSMは割と例外)でドロヨケがついていません。 でもMixteの場合は専用品が用意されてますし、他の車種でもほとんどどのモデルでもドロヨケは付きます。 もちろん無くて済むなら無いほうが軽快なんですが、実用面を考えると必要です。 そしてこの車体みたいに、きちんと実用的に仕上げつつ、可愛くも仕上げることも出来ますのでご安心を。 このMixteはブラックエディションというホイールやハンドル、クランクなどが全てブラックパーツで纏められたキリッとした仕様です。 なのでもちろんドロヨケはブラックで合わせていますが・・・・ 前カゴとライトはシルバーにしてみました。 狙いとしては「前カゴ付けたった感」。 もちろんカゴもライトもブラックにして統一感を出すもの素直な組み合わせですが、全部ブラックだと見た目が重くなりそうなのと、ともすればママチャリ感が出てしまいそうな、前カゴ&ドロヨケをきちんとカスタム感が出るように配色してみた感じです。そうこれが「前カゴ付けたった感」。雰囲気解っていただけたでしょうか? ちなみにもっとワザとらしく「前カゴ付けたった感」を出すならアメリカ製のWALDのバスケットなんかも(実用面はやや劣りますが)インパクトあって面白いと思います。 >>こんな感じです そんなこんなで、オプションコミコミで7万円代半ばほど。
RALEIGH(ラレー) RSWをちょいカスタム

RALEIGH(ラレー) RSWをちょいカスタム

Mini velo, RALEIGH
こんにちは。イギリス贔屓というわけではないですが、なぜか好きなモノや音楽はイギリス製が多いナカです。クルマもイギリス製のに乗ってます。 そんな私の本日のご紹介はラレーRSW。 イギリスの老舗自転車ブランド「RALEIGH(ラレー)」のオーソドックスなホリゾンタル形状のフレームデザインのミニベロです。 イギリスブランドのラレーですが、じつは設計しているのは日本です。 こちらも日本の自転車界では重鎮のARAYAさんが設計しています。 古くから世界中の自転車を見てきたARAYAさんがきちんとRALEIGHブランドを理解して愛を込めて設計してますのでイギリス贔屓な方もご安心を。とたえばドロヨケのリブやフレームのペイントを見てもいかにラレーさしさ、イギリスらしさを大事にしているか解ってもらえると思います。 さてタイトル通りちょいカスタムの内容を。。。 もともとハンドルはややライズ(上にせり上がった)したフラットバーなんですが、今回はこのハンドルをNITTOのE.B.S別注ハンドルバー「EBS-20」をご用命頂きました。 で、このハンドルがとにかく良いのです。 もともと素直な操作性のRSWですが、体格によってはハンドル周りがややこぢんまりしすぎている印象になってしまいます。 このハンドルに変える事でやや幅も広くなってゆとりを出しつつ脇が絞れる角度なので乗り姿も綺麗です。 モールトンのF型なんかもそうでしたが、古いミニベロ(英国車が多い)にはこういういわゆる「カモメ型」ハンドルバーが使われることが多かったので、ラレーの雰囲気とも相性良いですね。 ついでにもともとはグリップシフトだったシフターもラピッドファイヤーに変更です。 親指と人差し指の先だけで楽に操作できるタイプに変更です。 これをすると同時にグリップも変更しないといけませんが
ちょっと大人っぽいコリデールのドロップハンドルカスタム

ちょっと大人っぽいコリデールのドロップハンドルカスタム

CrazySheep, Custom
ドロップハンドルのミニベロをお探しの方へ、こんなカスタムはどうでしょう? コンスタントにご依頼いただく内容ですが、最近又問い合わせが増えていますので、もう閉店してしまったCRAZYSHEEPの専門店「CRAZYSHEEP FARM」の過去記事を転載しますね。 CRAZYSHEEPのラインナップ中で一番の自信作 「Corriedal」をドロップハンドルにカスタムしてみました。 実はこのカスタム内容はもう定番中の定番。というかハンドル変えただけ、ですからね。 というのもコリデールの場合、フラットハンドルでもドロップハンドルでもシフトレバーは同じものを流用できます。 ですのでノーマルの状態から比較的簡単に変更可能なのです。 さて、そんな定番メニューの中でも今回のテーマは”大人っぽさ”です。 ちょっと渋めのフレームカラーにブルックスのブラウンレザーでまとめています。 でも色を渋くしただけで”大人っぽい”なんて言ってたら自転車のプロとしてアレですので、今回は乗り方にも”大人っぽさ”を求めてみました。 どういう事かと言いますと、乗っている姿勢に余裕を感じられるように考慮してみました。 ドロップハンドルに変更したからと言ってロードバイクのようにハンドル遠めでペダルをグイグイ踏めるセッティングにするのではなく、あまり攻めすぎないでゆったりとした乗り方になるようにハンドルを近めにして、やや上体が起きて極力腕を前に突っ張らなくても乗れるようにしています。 使っているパーツはリーチ(前への突き出し)が極小で下ハンドルに向かって裾広がりなDixnaのバンディー。ブレーキレバーも同じくdixnaのJリーチ。この組み合わせなら、ブレーキレバーへの指の掛かりも深く、引き込みやすいので、腕を無理に伸ばさなくても余裕をもって乗れると思います。