大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

作者別: unpeu

KHS P-20A

KHS P-20A

KHSのPシリーズの新作でございます。 以前のブログで発売時期の事だけ少し触れていましたが、もちろん入荷しております。 遅くなりましたがあたらめましてご紹介しますね。 KHSのPシリーズといえば、走行性能を重視したやや硬派なミニベロというニッチでマニアックな存在でしたが、今回はストリートモデルとして出してきたのがP-20Aでございます。 アルミフレームで小さく組んだシンプルなダイヤモンド形状のフレームデザインは予想通り硬めの印象で、ペダルからの入力をバシッと伝えてくれます。 上位機種に使われている「ソフトテール」(後輪からの振動を吸収する機構)は省略されていますが、その分反応が良くなっていますし、ほかのPシリーズに比べて太めのタイヤ「MAXXIS TORCH 20×1 3/8」が割と相性良いようで、ほどほどにマイルドにしてくれていますので、フレームの硬さから来る乗り疲れもあまり気にしないで良いと思いますし、アスファルトへの食いつきも良いタイヤなのでキレのある走りが楽しめます。個人的にはこのタイヤ好きです。 フレームのジオメトリはシートチューブとヘッドチューブが大きく後傾した設計になっています。 これが楽しいんですよ。 シートチューブが後傾している為、ややペダルを蹴り出す感覚になり、重心が低く安定する感覚と、ミニベロらしいクイックな感覚が合わさって独特な乗り味です。 KHSさんのカタログ上でも「ストリートモデル」という言葉が使われているように、ちょっと曖昧ですがストリート感と言われればなんだか納得してしまう乗り味ですね。 体格に合わせてハンドル高さは5cmぐらいの幅で調整可能です。もちろんステムを交換すればもっと調整はできますので、身長小さめの女性の方もぜひ店頭で跨ってみてください。フレームが小さいのでサドル位置はすごーく下げられま
UNPEU 2Fの在庫をご紹介します。

UNPEU 2Fの在庫をご紹介します。

CrazySheep, Custom, E.B.S, UNPEU2F, 大径車(26インチ〜)
最近徐々に商品のご指名も増えてまいりましたUNPEUの2Fですが、今までご紹介しないと、、、と思いながらもできていなかった小さい車輪じゃない車種のカスタム車やフレームから組み上げたものをご紹介します。 2Fの商品群はコミューター/アドベンチャー/マウンテンといった感じですが、今回ご紹介する7台をご覧いただければ僕たちのカラーがきっとご理解いただけると思います。 1台づつの詳細は後日丁寧にご紹介する予定ですので、今回はダイジェスト版でご紹介です。 E.B.S Stuff 今は標準設定のディスクブレーキ仕様と、ロードバイクからの乗り換えにもお勧めなカンチブレーキ仕様を組み上げました。 Stuff Disc 標準カラーのベージュをコミューター〜ツーリング向けに組んでいます。 当店ではもっとも多いオーダー例だと思います。 Stuff Canti ハンドルバーにEBSとNITTOのコラボモデル「EBS-20(カモメバー)」を使ってスタンダードに仕上げています。 パーツのブラックとシルバーの混ぜ具合が綺麗に見せるポイントです。 タイヤにPanaracerのグラベルキングを採用してみました。走るフイールドに合わせて空気圧を変えるとめちゃ楽しいですよ。ロードバイク用のホイールが余っている方にはホイール・カセット無しでの販売も可能ですよ。 Stuff Canti こちらもカンチブレーキ仕様のフレームですが、ハンドルはドロップです。 シフトレバーをあえてのダブルレバーにしているので、ハンドル周りの自由度が高い組み上げ例です。 フレームカラーがなんとも言えないE.B.Sらしい色ですね。 E.B.S Vokka 27.5のATB。フルリジッド。 少しニッチなジャンルですが、この楽しさ、自転車好きならわかりますよね?
【2月24・25日】KHS・OX・Wind Cog試乗会

【2月24・25日】KHS・OX・Wind Cog試乗会

  高品質かつシックなデザインの「WIND COG」 もはや老舗の領域、信頼性と実績が物語る「KHS」 絶対に誰が乗っても楽しい!「OX」 個性的な3つの折りたたみブランドが同時に試せるチャンスです。 折りたたみ自転車を使った輪行サイクリングやちっちゃくて扱いやすい車種をご検討の方は是非この機会に乗り比べて各車種の個性を感じてみてください。   今回のご成約はこちら! ・KHS 輪行バッグ(KHS純正品またはオーストリッチちび輪バッグ) ・Wind Cog 専用輪行バッグ ・OX 輪行カバー「ぺコート」またはフェンダー1セットのどちらか1つ     試乗車 OX ・Pocch ・Buccho WIND COG KHS ・F-20T3・F-20R・F-20RC ・P-20R・P-20RC   「KHS・OX・Wind Cog試乗会」 日時:2月24(土)・25(日) 11:00〜17:00 ・雨天中止です。(小雨程度なら開催) ・ご試乗希望の方は、身分証明書をご持参ください。 ご予約は不要、もちろん無料です。 皆様のご来場を楽しみにお待ちしております!
小径カーボンホイール「Kitt design Carbon Trispoke Wheel」

小径カーボンホイール「Kitt design Carbon Trispoke Wheel」

Mini velo, PARTS
こんばんは、昨日に引き続きブログ担当はナカでございます。 過去にもMOULTON SSTのアッセンブルに使ったりしてかなりの存在感を放っていた小径カーボンホイールの在庫が届きましたので、ミニベロ”ほぼ”専門店のUNPEU 1Fとしては紹介しない訳にいかない商品でございます。 デザイン的には、見ての通り3バトンです。 リムハイトは見た目の存在感から8cmぐらいあるかと思っていましたが、以外と5cm(実測51mm)でした。小径なのでゴツく見えますね。 ちなみにバトン部分も5cmです。 カーボン地のマットな仕上げでロゴのみが艶ありのブラック。間違ってもロゴを剥がそうなんで思わないでください。絶対に表面が負けます。 リム周囲も全てカーボン。ブレーキ面のザラザラ加工は無しです。 ハブはカタログにも何故か堂々と書かれていますが、Novatec製です。 Novatecといえば他のホイールメーカーにも多数供給していますので安心感ありますね。 あえてどことは言いませんがシリアスレーサー御用達なロード用の手組みホイールでは定番のあのハブもNovatec製ですね。 カセットスプロケットはシマノ11s対応です。親切にスペーサーが付属していますので9・10sでもご使用頂けます。 余談ですが11s対応といえば、小径ホイールを11sで手組みする場合には「オチョコの左右差が大きくなる問題」が悩みのタネですが、バトンホイールだと一切気にしなくいていいので精神的にも安心感あります。 さて、肝心の”走り”についてですが、なにぶんまだこの写真の状態ですので、僕自身テストできてません。。。 まだ採用実績も少ないので、使ってみた方はぜひ感想を教えてください。 小径ホイールは、当たり前ですが走行距離あたりの回転数が多くなる(700cと比べると1.3倍)ので
E.B.S VOKKA

E.B.S VOKKA

E.B.S, 大径車(26インチ〜)
こんにちは。ナカです。 先週はまでCRAZYSHEEP FARMに勤めていましたが、今週からはここUNPEUに移動であります。 大阪のみなさま宜しくお願い致します。 さて、本日は先日ご紹介したSTUFFに続き、E.B.Sのダート系モデルの中でもロングセラーの VOKKAについてご紹介です。 スペックで判断できない感覚 人間は舌で甘味、酸味、塩味、苦味、うま味の5つを感じ取るそうです。 味蕾という舌にある感覚器官で味を感じて脳に伝えるというわけです。 ちなみに辛味と渋みは味ではなく刺激として感じていますので本来は”味”では無いそうです。 ただの”味”としての味覚は味蕾から感じ取る感覚だけですが、 ”美味しさ”としての味覚を考えると、香りや食感、温度などたくさんの要素が加味されて、ひいてはどんな環境で食べるか、と言うことも”美味しさ”の評価基準になるそうです。 自転車ではどうでしょうか? ギヤやタイヤ、ブレーキなどの機械的な所謂スペックでわかる部分と、乗ってみて初めて感じるハンドル・サドル・ペダルの位置関係(ジオメトリー)から来る乗車姿勢やグリップの握り心地、そしてどこを走るか・・・ 同様に複雑な要素の組み合わさっています。 なんでVOKKAの紹介でこんな話をしているかと言いますと、このVOKKAという自転車、スペック的には非常に掴み所がない自転車だからでして。。。 先日のStuffの紹介記事でも書いたのですが、僕はあまりスペックについて紹介するのが得意ではありません。 どちらかと言うと、何処を走るか、誰と走るか、何処へ行くかの方が自転車のスペックよりも重要だと思っています。 (あ、もちろん自転車のプロなのでそれなりの知識はありますよ。。。)   ニュートラルな自転車 このVOKKAという自転車を
BRUNOどう乗る?キャペーン【2月末まで!】

BRUNOどう乗る?キャペーン【2月末まで!】

BRUNO, EVENT, Mini velo, Pick Up
プラン1 ブラウン系のパーツでカラーコーディネートを楽しみたい! 【車体代金のみでOK】 車体代金:86,000円(税別) カスタム内容:タイヤ/KENDA KWEST サドル/BROOKS B-17STD バーテープ/マイクロファイバー カスタム代金:20,500円 → 0円 可愛いブラウンのカラータイヤに合わせて、 サドルとバーテープも明るめのブラウンで統一。 人とはちょっと違うポイントを押さえたカスタムプランです。 パーツの変更も追加費用で承ります! 一部例外を除き工賃無料です! プラン2 細めのタイヤでもっと走りを軽く、颯爽と走りたい! 【車体代金のみでOK】 車体代金:86,000円(税別) カスタム内容:タイヤ/Panaracer Mints tough サドル/BROOKS B-17STD バーテープ/マイクロファイバー カスタム代金:24,806円 → 0円 もともとオールラウンドなツーリング向けに、グリップ重視のタイヤが標準で付いていますが、走りの軽さを求めて標準よりやや細めのスリックタイヤに変更してみました。 まるでロードバイクのようなスムーズな走行感です。 見た目のコダワリも捨てたくないので、タイヤ・サドル・バーテープは統一感あるブラウン系でまとめました。 プラン3 フレームカラーを自分好みにチェンジ! 車体代金:86,000円(税別) 塗装代:10,000円(税別/作業工賃込) どこまでもこだわりを貫きたいアナタのために 特別プランをご用意しました。 プラス1万円でフレームカラーを塗り替えます! 15色のバリエーションからお好みの1色を選んでください。 通常だと、分解・塗装・組立で5万円前後かかりますので超お得ですよ。
こだわりのUNPEUオリジナルBruno用Rearキャリア製作。。。

こだわりのUNPEUオリジナルBruno用Rearキャリア製作。。。

BRUNO, Custom
以前にご購入頂きましたBRUNO/20RoadDropの女性オーナー、 春キャンプを計画中と言う事でRaerキャリアのご注文を頂きました。 BRUNO純正のRearキャリアも出ていますが、折角なのでよりシンプルに軽量に この時期少し手が空く京都伏見のE.B.S工房でオリジナルキャリアを製作してみました。 メッキ前の生地状態のRaerキャリア 専用品と言う事で取付の為の関節部分を排除して決め打ち設計 店頭のストック20Roadで取付確認(このカラー510mm1台倉庫から発見お探しの方はお早めに) 専用品特有のスッキリ感と水平感、使い勝手を考えてあえて少し高めにしています。 仕上はクロームメッキを予定。 今回オーダー頂いた女性オーナー分の460mmサイズ用以外にもフレームサイズは510mmを3Set製作しました。 週明けメッキに出します。 お買物バックのグロッサリーバック等付けてみたら日常使いにもホント便利です。 このバックは取り外しもワンタッチです。ストレスなく取り外し可能です。 日本ではあまり流通して無くUNPEUで直接仕入れています。日常使いにはおススメバックです。 暴れ留めのフックも掛けれるようにしています。完成しましたら御値段等含めて、追ってご案内致しますね。 寒さが厳しい時期が続きますがくれぐれも皆様お体ご自愛ください。 ご来店楽しみにお待ちしております。 P.S早速気になる方はお気軽にUNPEUお問い合わせメールにてお知らせください。
BRUNO「Mixte-Drop」。

BRUNO「Mixte-Drop」。

結構ストックしていたのですがだいぶ少なくなってきたBRUNOのMixte。次に暖かくなるといっきに無くなってしまいそうなのでお早目にどうぞ。。。   そのMixteをドロップハンドル仕様にカスタムしての納車です。 バーやブレーキレバーなどは兄貴分のBRUNOの20Dropと同じ仕様。でもシフトレバーはDIA-COMPEのサムシフターをコラムに付けてすっきりと。   とってもお上品な感じに仕上がりました。。。 シフト関係も7速から8速にグレードアップしてます。そしてサドルはBROOKSのCAMBIUM、バーテープも合わせてCAMBIUMのラバーテープ。こういったフレーム形状のモデルはドロップ化してもあまり攻め過ぎない感じになっていいですね。     ハンドルまわりは特にそうですがちょっとしたカスタムで気分がガラッと変わりますよ! 春のシーズンに向けてカスタムご検討中でしたらお気軽にご相談ください!  
Bicycle & Coffee Morning

Bicycle & Coffee Morning

E.B.S, EVENT
ご報告が遅くなりましたが、先週の日曜日に服部緑地で「Bicycle & Coffee Morning」やってみました。 内容は、朝から自転車で集まってコーヒーいれる。ただそれだけであります。 ええ。もちろん寒いですよ。 朝イチは大阪にしては珍しく地面が凍ってましたし。 でもコーヒーは寒い方が美味しいですよね。 外でお湯を沸かしてコーヒーを挽いて、、、 自転車の話やキャンプ用品の話など、ユルく楽しいひと時です。 この日は、E.B.SのWORK(ロングバージョン)で行ったのですが、荷物もガンガン詰めて、テーブルにもなって、こういう用途には最適であります。 ただ、南堀江〜豊中は1時間ぐらいかかりましたので、かなりしんどいです。。。 お付き合いいただいた皆様有難うございました。 (写真も一部SNSから拝借させていただきました。問題あればご連絡ください。) 寒いうちにもう一回ぐらいやりたいですね。 どなたでもウェルカムですので、その際はお気軽にどうぞ。
E.B.S STUFF

E.B.S STUFF

E.B.S, 大径車(26インチ〜)
こんにちは、ナカです。 普段は姉妹店のCRAZYSHEEP FARMにいますが、残念ですが間も無く閉店となりますので、2月からはUNPEUで勤務します。 ブログのほうでも当店取扱商品の情報や自転車にかするアレコレを(自分の偏見たっぷりに)お伝えしていければと思います。 本日のブログはE.B.Sのグラベルロード「STUFF」についてです。 ミニベロ中心のUNPEUですが、昨年から2Fも増床しまして、26インチ以上の自転車にも力を入れています。(今までも扱ってたんですけどね。) さて、ブログ本文へ移る前に、STUFFについて、自転車について、少し考えを整理してみました。 自分がこの数年気になってる事と、STUFFをオススメする理由について。 ”今の時代の価値観で、自転車に求められるものはなんだろうか。” 昔みたいに、溢れんばかりのモノが必要な時代じゃないし、モノで競り合ったり、着飾ったり、そんな時代じゃないような気がしています。 少し前なら、こんな風な乗り方がいいですよ、とか、この製品はこんなに素晴らしいんですよ、と言えていたんですけど、今は人ぞれぞれの乗り方に、僕の経験から少しのアドバイスをする程度になっている気がします。 何をみて美しいと思うかは人ぞれぞれ、となったのは今となっては昔の話で、深掘りすればデュシャンの時代のことかもしれないけど、最近はもっと細かく、もっと深く、人それぞれの”美しさ”があって、うわべだけでは推し量れない背景や中身の美しさも大事だったり、それが自分に何を気づかせてくれて、周りに何を与えられるか、とか、それを介して誰かと繋がったりとか、、、 人それぞれの気持ちを僕等が詮索しても到底手が届きません。 だから僕は、できるだけ長く使えて、自由で、懐の広い、そんな製品をお勧めしたいと思っているのかも知れ